2018年06月19日 (火)終わった人...?


廣田直敬です。

hirota2018.jpg

「廣田さんにぜひやっていただきたいリポートがあるんですが…」
「喜んでやらせていただきます。テーマは何ですか?」
「定年をテーマにした、終わった人、というタイトルの…」

遠慮がちに頼みに来たディレクターと、
舞い上がった50代の私のかみ合わない会話です。

ロケで本屋に行きました。

20180619_hirota_01.jpg

若いときは気にもしなかったのですが、最近気になるのが…

20180619_hirota_02.jpg

「定年」に関するコーナーがまとめられたコーナーです。
40代の人もこのコーナーの本を買っていく、と聞いて、出遅れた感すら抱きました。

6月4日(月)に「けさのクローズアップ」で放送した、
いまなぜ「定年後」が気になるのか、というテーマのリポートです。


「人生100年時代」
定年後に、社会人としてもう一度やり直すくらいの時間があるかもしれない、
考えておかないといけないなあ、
とぼんやり考え始めた52歳としては、色々と刺激のあるリポートでした。

20180619_hirota_03.jpg

「恋をしなきゃ」と、舘ひろしさんはおっしゃいます。

「舘さんにしか出来ません」と突っ込みつつ、考え方を改めればいいのか、とも思いました。
「気持ちに歳をとらせててはいけない」という意味にとらえて、
色々なものに興味を持とうと決めました。

だからと言って、後輩に迷惑をかけるような居座り方はしたくないなあ
と思い始めたときに、こんな一言をききました。

「今の自分ができることは何か 真摯に考える」。

20180619_hirota_04.jpg

内館牧子さんの同名の小説を映画化した「終わった人」。
監督の中田秀夫さんが話していた言葉です。

「昔の自分はこんなにすごかった」と思ってはいけない。
「今の自分はどんなことができるか」を考えなければいけない、
ということなのですね。

人生の先輩たちも色々悩みながら歳をとっていらっしゃるのだ、
とわかって、少し気持ちが楽になりました。

投稿時間:19:00

ページの一番上へ▲