2018年04月20日 (金)スティーブン・スピルバーグ監督にインタビュー


廣田直敬です。

hirota2018.jpg

今回はアメリカの映画監督、
スティーブン・スピルバーグさんに話を聞きました。

20180420_hirota_03.jpg

「報道の自由」がテーマの社会派作品と、
VR(バーチャル・リアリティ)=仮想現実を舞台にしたSF作品が公開中の、
アカデミー賞受賞監督に会うのです。
ドキドキしながらお待ちしました。

お会いしてみると、ざっくばらんで、映画の話を始めると実に楽しそうでした。
分刻みの時間制限さえなければ、一日中でも話を聞いていたくなる方でした。

「我が家には7人の子供がいるんだけど、同じ部屋にいるのに目も合わさず、
自分のスマホ画面ばっかり見てメールでやりとりしてるんだよ?
アイ・コンタクトしよう、目を合わせよう、って言いたくもなるじゃないか!」

わあ、私の家と同じような悩みを抱えてるなあ、
と親近感が増すような話も飛び出したりして。

そんなスピルバーグさんがどんな風にVRに取り組んだのか?
興味深い話が次々と出てきます。

20180420_hirota_01.jpg

71歳の年齢にも関わらず、ものすごい勢いで、
立て続けに映画を作り続けているスピルバーグさん。

「いつかミュージカル映画をつくりたいんだ」と目を輝かせたので、
え?という顔をしてしまいました。

「だってミュージカルは今までに一本もつくったことがないんだよ。やってみたいじゃないか」
と無邪気そうに笑っていました。

心底、映画が好きな方なんだなぁ、と感じたインタビューでした。

4月21日(土)の「おはよう日本」7時台で放送予定です。
ぜひご覧ください。

投稿時間:19:00

ページの一番上へ▲