2017年10月06日 (金)満喫 尾瀬の秋!!


おひさしぶりです。リポーターの井原陽介です。

ihara.jpg

今回は、山に行ってきましたという話です。

私のこれまでの人生で最高峰だったのは、こちら。神戸市の六甲山(標高 931メートル)。

1006_ihara_01.jpg

今回、その記録を大幅に更新する場所に行ってまいりました。
そこは・・・

O・Z・E 。尾瀬!

1006_ihara_02.jpg

1006_ihara_03.jpg

9月23日(秋分の日)の特集で、本州最大の高層湿原が広がる尾瀬ヶ原からの中継を
担当したんです。
群馬県側の入山口、「鳩待峠」から尾瀬へ。
歩き始めてびっくりしたのは!!

1006_ihara_04.jpg

石積みの階段で、いきなりの下り。「登山」じゃないじゃん・・・

1006_ihara_05.jpg

私の下手な図でもうしわけありません。鳩待峠の標高は、1591メートル。
そして目指す尾瀬ヶ原は、だいたい 1400メートルのところにあるんです。
ええ、日ごろ運動不足の私にとっては、たいへん助かりました。
風がヒンヤリとしていて、抜群に空気がうまい。

1時間ほど下っていった先に広がる、尾瀬ヶ原。
背の低い草が色づく「草もみじ」の様子を中継でお伝えしました。ここでまたびっくり。
取材に入る前、「草が色づくって、要は枯れ草ってことでしょ?」と
半分ナメてかかっていましたが、さにあらず。
なかなかに美しいものでした。池に浮かぶ水草まで、色づくんですね。

1006_ihara_06.jpg

1006_ihara_07.jpg

1006_ihara_08.jpg

さらに、高地湿原ならではの花々も。

1006_ihara_09.jpg

エゾリンドウは咲き始め、といったところでした。
これが咲き終わるころには、尾瀬に冬の足音が聞こえてくるといいます。

中継当日は明け方まで大粒の雨が降りましたが、本番直前に雨はやみ、
生中継で映像を送るドローンも無事飛ばすことができました。
山を下りるころにはこの天気!

1006_ihara_10.jpg

写真中央に見えるのは、中継の前線基地ともなった山小屋。
主人の萩原さんはじめ山小屋のみなさんには、
植物の生態や天候の見立てなど、心強いアドバイスをいただきました。
ありがとうございました!

1006_ihara_11.jpg
(『龍宮小屋』の萩原澄夫さんと)

ミズバショウだけではない尾瀬。堪能しました!!

投稿時間:19:00

ページの一番上へ▲