2015年11月10日 (火)マシュマロマン


キャンプが苦手です。

どうも、リポーターの吉田一貴です。
そう、得意じゃないんです。好きとか嫌いとかじゃなく。

何をしたらいいか分らなくなるんですよね。

「よーしテント立てるぞー!!」ってみんな盛り上がってる中で、
組み立て方よく分からないから、触らないようにして、
何の役にも立てないこととか。

「よーしバーベキューだー!!」ってみんな盛り上がってる中で
火の起こし方よく分からないから、触らないようにして、
何の役にも立てないこととか。

じゃあ食材でも切るか、これならできるよーってやってみても
元来人間が小さいからなのか、
肉も野菜もこうバーベキューらしく豪快に切ることができず、
お前、ミネストローネでも作る気かよみたいなサイズで切っちゃうとか。
千切り得意なんですけどね。キャンプで千切り。いらないですかそうですか。

あと寝袋でぐっすり寝る自信がないとか、
なぜかえらい虫にさされるとか、
火を囲んで語らうような話題がないとか、
そもそも車もないとか、
みんながウェーイってなってると、こういう時どんな顔すればいいかわかんないのとか、
様々な一身上の都合からキャンプを苦手としてきました。

そりゃね、キャンプが得意な男って、かっこいいと思いますよ。
複雑なテントをささっと組み立てちゃったり、
火なんて簡単に起こせちゃったり、
そうかと思ったらダッチオープンで、ほーらローストチキンだよーなんて
そりゃ素敵ですよ、わーかっこいーってなりますよ。
何なんですかあの人たち、ええ!?もう誘わないでよ!巻き込まないでよ!!
 
・・・・自分でも何を言っているのかよく分からなくなってきましたが、
ここからようやく本題。写真の一つもなく長文駄文で本当にすみません。

さて、先日「気になるLIVE」で紹介した「グランピング」。
「グラマラス=魅力的、魅惑的」な「キャンピング(キャンプ)」ということで、
手軽さや豪華さなど、キャンプに新しい魅力を加えることで、
これまでキャンプをしてこなかったような方たちを取り込もうというものです。



お邪魔したのは、手軽なキャンプを楽しめる場所。
テントも備え付け、寝床には枕もマットもあり、
バーベキューでは、火の起こし方も調理法もマニュアルがあり、
食材もあらかじめ切って用意してある!
何とも私にぴったりじゃないですか。千切りの腕が披露できないのは残念ですけどね。

中継では紹介しませんでしたが、
キャンプらしいこともしてきましたよ。



焼きマシュマロ!
うわあアメリカに来たみたい。行ったことないけど。





僕の人生観くらいとっても甘くて、美味しかったです。

こういうキャンプなら僕のようなインドア派でも安心です。

こうして一つ一つ苦手意識を払しょくしていけば、
いつか私も、キャンピングカーにダッチオーブンで
ほーらローストビーフだよー、
わー吉田さんすごーい、かっこいー。
なんて日が来るのも夢ではないのではと感じます。
グラマラスですね!

それでは!

投稿時間:19:00

ページの一番上へ▲