2015年09月15日 (火)聖なる怒り


どうもリポーターの吉田一貴です。

先日、「アンガーマネージメント」についてお伝えしました。
アンガー、つまり怒りの感情をうまくコントロールし、
よりよい人間関係を築いていこうというものです。



世の中、どうしてもイライラしてしまうことってありますよね。

仕事の場なら
「部下が指導を守らない」「上司に理不尽に怒られた」
「会議が無駄に長い」「やっと終わりか」「おいなんで蒸し返す」
などなど。
いやあくまで一般論ですよ。

日常生活でも
「エレベータがなかなか来ない」
「友人の寝てないアピール」
「ATMがなかなか空かない」「何件目の振り込みだそれ。」
などなど。
私はそんなことで怒りませんけどね。

時期的なものもありますよね。
「ハロウィンの渋谷センター街」
「クリスマスの渋谷センター街」
「日本代表戦後の渋谷センター街」
などなど。あくまで一般論ですよ。
私はそんなことで怒ったりしません。怒らないって言ってるじゃないですか!

他にも、
「『ヘビメタ』という言い方」
「『BABYMETALはメタルじゃない』とかしたり顔でいう人」
「『サバスが来る』って言ってたのに、フタを開けたらやっぱりオジーだった」
というような誰もが一度は感じたことのあるイライラもありますね。

いずれにせよ、人間、怒りの感情を無くす、というのは不可能です。
ですからアンガーマネージメントで大切なのは、
怒るべき所と、そうでない所をしっかりと区別しておくことだそうです。

あとは自分でどうにもならないことについては、やり過ごす方法を身につけること。
例えば「渋滞にはまった」→「イライラする」「無駄に車線をかえる」ではなく
「渋滞にはまった」→「自分では変えられないのだから、好きな音楽でもかける」
というようなことだそうです。
私もハロウィンのセンター街は、Helloweenを聴いてやり過ごそうと思います。



さて、
長いだけで意味のわからない文章を読んでしまった方こそ
怒りの感情を覚えてしまったかと思いますが、申し訳ありません。
ただ、皆様が怒るべき所は、かような駄文についてではないはずですので、
ブログの内容についてのご批判はどうぞ控えめにお願いたします。

毎日穏やかに過ごせるといいですよね。

それでは!

投稿時間:19:00

ページの一番上へ▲