リポーター

2018年12月07日 (金)ヘリコプター中継「空でしゃべる」


廣田直敬です。

hirota2018.jpg


20181207_hirota_01.jpg

緊急報道をはじめ、空からの放送に欠かせないヘリコプター。
上空からしゃべっているのは、ほとんどの場合はカメラマンです。
11月上旬、全国から参加した若手カメラマンに
「ヘリコプターリポート研修」を行いました。

20181207_hirota_02.jpg
<手もとのコントローラーでカメラ操作しながらしゃべる>

放送に映ることはありませんが、
「カメラを操作しながらしゃべる」というのはとてつもなく難しい技術です。
私は講師役として参加。主にリポートの仕方を訓練します。
「しゃべることがなくなる」と誤解をして怖がっているカメラマンに、
私がいつも言うのは「答えは自分の中にある」。
禅問答のように聞こえるかも知れませんが、
自分がその映像を撮った理由を言葉で説明する、ということです。
詳細は省きますが、訓練を積むと皆上手くなって行きます。

収録した映像を見ながら講評を加えていく研修の時に、
「手本を見せて下さい」と言われました。
「偉そうに言っているけど、自分で出来るのかよぉ」
と言われたように聞こえました。
冷汗三斗。

20181207_hirota_03.jpg
<右端が大沢アナウンサー>

ふっと見ると、今回受講している、大沢幸広アナウンサーと目が合いました。
「大沢さん、お手本をお願いします」
口調としては、「助さん、格さん、やっておしまい」
とか何とか言っている水戸黄門に聞こえるようにゆっくりと言いました。
身内を褒めるのはみっともないのは承知で言いますが、上手でした。
私は先輩から教わったことを伝えているだけなのに、
後輩達は勝手に「教えた覚えのないこと」まで学んで帰るのです。

今回、私が学んだことが一つあります。

「救急車でしょうか、3台見えます」と受講者。
分からないこと、確認出来ないこと、不確かなことはコメントしないように、と注意して、
「家の周りには白い車が3台停まっています」と、上空から分かることだけを
コメントするといい、と言った時です。

「なるほど、思考を一つ戻せばいいのですね」

お~、すげ~、と心の中で手を叩きました。
これ、おススメです。
夫婦げんかになりそうな時、子どもを叱りとばそうになった時、
感情が先走りそうになった時、「思考をひとつ戻す」のです。
すると「自分にも悪いところがあった」と冷静になり、
そもそもの原因を俯瞰して見ることが出来ます。
私はヘリコプターに乗った訳ではないのに、空からの視点まで手に入れた気分でした。

教えに行ったはずが、教わった話、でした。

 

投稿者:リポーター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年11月02日 (金)5年ぶりに静岡局へ


リポーターの大槻隆行です。

otsuki2018.jpg

先日、かつての勤務地だった静岡放送局に、5年ぶりに行ってきました。

20181102_ootsuki_01.jpg

5年ぶりといっても、実はこの建物は初訪問。
静岡局は今年3月に新会館に移転したばかりなんです。
真新しい建物が目を引きます。

20181102_ootsuki_02.jpg

受付ロビーもより明るく、開放的な空間になりました。
「ずいぶん変わったなー」と実感。

20181102_ootsuki_03.jpg

そんな中、なつかしい姿が。
このぬいぐるみ、静岡局マスコットキャラクターの『しずくん』です。
私がいた頃から活躍していた『しずくん』。
「せっかくだからマスコットもリニューアルしよう」なんてことにならなくて
本当によかった。

20181102_ootsuki_04.jpg

こちらは静岡局の吉田一貴アナウンサー。同期です。

20181102_ootsuki_05.jpg

同期ですので、「お前が持てよー」「いやいいよー」という小競り合いも。
ちょっと熱くなって、『しずくん』がひしゃげてしまいました。

静岡局に行ったのは同期と親交を深めるためではありません。
災害対応訓練に参加するためでした。
南海トラフ巨大地震で津波の襲来が予想される静岡県。
この日は、速やかな避難を促すための呼びかけなどの訓練を行いました。

20181102_ootsuki_06.jpg

訓練には吉田アナも参加。スタジオからの避難呼びかけを担当しました。
かつて『おはよう日本』でリポーターを務め、
いまは静岡局のニュース番組のキャスターを担当してる吉田アナ。
声を張り上げて避難を呼びかける姿に、「地域を守る!」という気迫を感じました。
こうした全国の仲間とともに、これからも災害に立ち向かっていきます。

投稿者:リポーター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年10月26日 (金)プロ野球・日本シリーズに思うこと


リポーターの髙橋康輔です。

20181026_takahashi_profile.jpg

あす(10月27日)からプロ野球・日本シリーズが始まりますね。
祖父の代からカープファンの「髙橋家」。
ふるさと・広島を離れていてもカープファンの誇りを忘れておりません。

ふだん、通勤に使っているリュックサックには、

20181026_takahashi_01.jpg

さりげな~く「カープ坊や」が刻印された皮のアクセサリーをつけ、
リュックを開け閉めするたびに、カーブ愛を再確認。

ことしのカープのセ・リーグ3連覇。
3連覇を達成したのは、あのV9で知られる巨人以来、2球団目の快挙だそうです。
カープはいま、球団史上最高の成績を挙げ、新たな歴史を紡いでいることになります。

20181026_takahashi_02.jpg

わたしが幼ない頃、祖父母の家に遊びに行くと、
いつもカレンダーに試合結果を書き込みながらカープの話題で盛りあがっていた
祖父母の姿を思い出します。

「どうしておじいちゃんやおばあちゃんは、こんなにアツいんだろう?」
幼心ながらに不思議でしたが、
戦後、焼け野原の広島に満州から引き揚げてきた祖父母にとっては、
カープは何よりの生きがいだったそうで、
いまを生きる私たちには想像もつかない大切な存在だったのでしょうね。

そんなカープの「昔話」を若いファンの皆さんも、ぜひ聞いてください。
手元に思い出の品がありました。
いまから30年以上前、カープが3回目の日本一を決めた1984年のものです。

20181026_takahashi_03.jpg

絵はがき付きの記念乗車券です。
3回目の日本一なので「J3記念」となっています。
いま「J3」といえば、サッカーですから、面白いですね。

この年の日本シリーズのMVPは、当時22歳だった長嶋清幸選手(左上)。
そして、古葉竹識監督と一緒に、
チームの先頭でチャンピオンフラッグを手にしているのが、
ことし4月に亡くなった衣笠祥雄さんでした(右下)。

赤い封筒の内側には、選手・チームスタッフの一覧と
阪急との7試合の試合結果が印刷されています。

20181026_takahashi_04.jpg

一覧には、山本浩二さんと衣笠祥雄さんがともに37歳で、
肩書きは、プレーイングコーチと記されています。
一方、先発投手陣は、25歳前後の選手が多く、
このあと、カープは「投手王国」と呼ばれるようになりました。


今シーズン限りで、長年チームを引っ張ってきた新井貴浩選手が引退します。
ことしのカープは、強かっただけでなく、いろいろあったんです。


クライマックスシリーズ、そして願わくば、日本シリーズも勝ち抜いた
その果てに、
カープがどんな進化した姿を見せてくれるのか。
これからもずっと、注目しています。

投稿者:リポーター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年10月19日 (金)"被災地"を走る夢


リポーターの中澤 輝(あきら)です。

nakazawa2018.jpg

季節は、秋。
私にとっては“食欲の秋”のための・・・“スポーツの秋”です!
美味しいモノを堪能し尽くしたいから体を動かしています。

そんな不純な(!?)動機で久々に再開したランニングだったのですが、
ご褒美に預かれました。

20181019_nakazawa_01.jpg

夜空に一輪の花が!と思っていると・・・カラフルな花も咲きました!!

20181019_nakazawa_02.jpgのサムネイル画像
無数の花まで咲き誇りました!!!

偶然にも地元の花火大会開催日だったのです。
打ち上がる花火を見ながら走る。最高に贅沢な時間でした。


振り返れば、今年の夏は、ランニングをする時間をなかなか確保できませんでした。


「西日本豪雨」。
7月の発生直後に被災地へ入りました。
高知県・大月町 → 愛媛県・宇和島市 → 岡山県・倉敷市真備町と移動しながら
「おはよう日本」で、1週間にわたって毎朝、中継しました。

20181019_nakazawa_03.jpg

基幹産業のかんきつ栽培に大きな爪痕を残した土砂災害の惨状や
町のおよそ3割に及ぶ浸水被害が生み出した過酷な現実などを伝えました。

ひと月後の8月も1週間、ふた月後の9月も1週間、被災地に向かい取材を続けました。
被災者の皆さんが苦悩する姿だけではなく、
立ち上がって前を向く姿もお伝えしたいと考えたからです。

しかし、西日本豪雨の被災地から帰ってきた3日後・・・
「北海道地震」。
発生当日に北海道入りしました。
札幌市 → 北海道・厚真町 → 北海道・むかわ町と取材拠点を移しながら
地震翌朝の「おはよう日本」から4日連続で中継しました。

20181019_nakazawa_04_a.jpg

20181019_nakazawa_04_b.jpgブラックアウトによって機能不全に陥った大都市のもろさや
大規模な土砂崩れによって寸断したライフラインの市民生活への深刻な影響、
北の大地の農畜産物への甚大な被害を発信しました。


通算1か月に及ぶ2つ被災地での取材。
思い返せば、撮影が終わってカメラが止まると・・・
「西日本豪雨」では、被災者の皆さんが絞り出した将来への不安の言葉を聞いて、
絶句してしまう瞬間がありました。
「北海道地震」では、被災者の皆さんが語った大切な命をつなぐ決意を耳にして、
涙を流してしまう瞬間がありました。


花火を見上げながら走っているうちに、
被災地で出会った皆さんの顔を思い出していました。
懐かしくなると同時に、また会いたい、今度は笑顔を見たいと思い始めました。

20181019_nakazawa_05.jpg
故郷の長野を始め、愛媛、東京と、赴任した場所でフルマラソンを走ってきました。
被災地が復興し、いつの日か走れるようになったら、また訪れたいと思っています。
被災した皆さんに笑顔が戻り、街が活気を取り戻すことを願っています。

投稿者:リポーター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年10月02日 (火)「奇跡の清流」の裏側にも、奇跡?あり


リポーターの大沢幸広です。

oosawa2018.jpg

以前(8月7日)このブログで「全国をフィールドに・・・」と書きましたが、
さっそくその機会がやってきましたよ!三重県です!
9月24日(月)放送の祝日特集「奇跡の清流・銚子川」の中継で
紀北町にお邪魔しました。

実は、直前までくもりや雨の予報が続いていたので、
当日の天気がとても心配でした。
しかし、朝に中継場所に行くと・・やりました!!

20181002_oosawa_01.jpg

時折日も差すほどのいい天気で、川の透明度も抜群。本当に気持ちよかった。
カヌーを操縦して頂いた中継のゲスト、田上さんと。

20181002_oosawa_02.jpg

そして、ウナギです。もちろん、やらせなしの真剣勝負ですよ!
ここにも不安材料がありました。
ウナギは明るさを嫌うとあって、
地元では月が明るい夜にはあまり漁をしないそうです。
今回は何と「中秋の名月」の前夜。空には見事なお月さま。
「今夜は厳しいかもなあ・・」との地元の皆さんのつぶやきを踏まえ、
結構真剣に「残念ながら1匹も獲れまれせんでした」のコメントを考えていました。

しかし当日、放送でお見せした通り・・やりました!!!

20181002_oosawa_03.jpg

ちょっと小ぶりでしたが、2匹もゲット(さらにカニのおまけつき)。
私たちスタッフの期待に見事に応えて頂いた地元のもんどり名人の皆さん、
本当にありがとうございました!

20181002_oosawa_04.jpg

・・と、ここまで書けば、
放送では明かされなかった私の喜びが伝わるでしょうか。
奇跡の清流を無事に紹介できた、奇跡?に支えられた中継でした。

そして、この清流・銚子川の素晴らしさをじっくり堪能出来る
「NHKスペシャル」も11月ごろに放送予定です。
こちらもお楽しみに!

投稿者:リポーター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年09月21日 (金)備えについて


リポーターの廣田直敬です。

hirota2018.jpg

今年は、猛暑、台風、大地震、と自然災害に振り回され続ける夏でした。

平成7年の阪神・淡路大震災の時に取材先の被災者の方から教わって、
それ以来欠かさずにやっていることを紹介します。

寝床で本を読みながら、眠りに入る、というのが好きな方もいらっしゃるかと思います。
どうしても、メガネを近くに置いたまま寝てしまうことも多くなります。

20180921_hirota_01.jpg
【メガネ出しっぱなしで寝る悪い例】

地震があればもちろん、夜起きて自分で踏みつけたり、
寝ている間に身体の下に入れば、メガネが壊れてしまいます。

「メガネがないと日常生活が不便だと自覚のあるはずの人ほど、
メガネを雑にあつかいがち」なので、
「メガネをケースに入れるだけで大分違いますよ」
という教えを、20年以上も守っています。

メガネをケースに入れるだけです。習慣にしてしまうのがよいと思います。
ケースを開けてしまうだけ。ほんの二手間です。

20180921_hirota_02.jpg
【メガネケースを開けて】

20180921_hirota_03.jpg
【メガネケース閉める】


20180921_hirota_04.jpg
【メガネをケースに入れて寝る良い例】

普段から気にして後回しになっていた「非常食」も揃えて、味見してみました。
左上から時計回りに「サバの味噌煮」「肉じゃが」「炊き込みご飯」です。
炊き込みご飯はお湯でも、水でも、かければすぐに食べられるタイプ。
この20年で品数が実に豊富になりました。

20180921_hirota_05.jpg
【非常食】

何か月に一日、日を決めて一番古い備蓄してある非常食を食べ、新しいものを補充する
「ローリングストック」というのもやらなければなあ、と気持ちを新たにしました。

以下、NHKのホームページです。参考になさってください。

「NHK そなえる防災」

「防災グッズリスト 家庭用」

「災害もしもブック」「もしもマニュアル」

投稿者:リポーター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年08月14日 (火)広島にて


リポーターの大槻隆行です。

otsuki2018.jpg

先月、2回にわたって広島に行ってきました。
西日本豪雨での応援業務のためです。

私が担当したのは、
被災した方々の生活に役立つ情報を伝える「ライフライン放送」です。
皆さんにお伝えする情報の取材と原稿のチェックをしていました。
放送では、例えばこんな情報をお伝えしていました。

20180814_ootsuki_01.jpg

実際に使った原稿の数々です。
「託児」「洗濯支援」「各種相談窓口」などなど…
被災した皆さんがいまどんなことを必要としているのか、
必死に考えながら取材と出稿を繰り返しました。

20180814_ootsuki_02.jpg

これはテレビの「ライフライン放送」オンエア画面。
広島出身の杉浦圭子アナウンサーが、
地域の人に寄り添いながら伝えていました。

情報取材や原稿執筆を支えていたのが、広島局の番組キャスターの皆さん。

20180814_ootsuki_03.jpg

写真は、「ひるまえ直送便」の矢田美沙希キャスターと坂本有花キャスター。

20180814_ootsuki_04.jpg

こちらは、「お好みワイドひろしま」の岡裕美キャスターです。
普段はそれぞれの番組に出演している皆さんも、
災害時は取材や原稿執筆にあたるんです。

役所や交通機関、NPOなどに取材をして、
り災証明書の受付や交通情報、ボランティアの受け入れなどの情報を
原稿にまとめていました。
特に発災直後は、朝から夕方まで取材と原稿執筆を続けていました。

前回の私のブログ
「水戸局で災害時に生活情報を伝える研修会に参加した」と書きましたが、
広島局でも、今年5月に同じような研修会と訓練を行っていました。
やはり、日頃からの備えは大事です。
もうこんな災害は起きないことを願いながらも、
いつか来るかもしれない「その日」のために備えを続けます。

投稿者:リポーター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年08月07日 (火)よろしくお願いします!


この夏からリポーターに加わりました、アナウンサーの大沢幸広です。

oosawa2018.jpg

転勤後に新たな職場で挨拶するたび「高瀬アナに似てるねえ」と言われ続けていた私。
いよいよご本人のいる本丸(?)で勤務することになりました。
ちなみに、私のまゆ毛です。↓

20180807_ohsawa_01.jpg

さらに放送前のメイクで書き足されることもしばしば。
まだ足りないのでしょうか。

最初なので少しだけ自己紹介を。出身は栃木県です。
NHK入局後は九州、東北、近畿と割と全国幅広く転勤し、
東京に来る前は地元の宇都宮放送局で勤務していました。

下の写真は先日「あさイチ」のロケでと栃木県佐野市で古代原人体験をして、
つかみどりの魚を取り逃がしてしまった瞬間です。
私が川に帰してしまった魚は二度と姿を見せてくれませんでした…

20180807_ohsawa_02.jpg

先月までは主に首都圏で放送されるニュースや中継などを担当していました。
関東各地の様々な話題を現場から伝え、また各地で発生する自然災害などの
緊急報道に携わってきました。
「おはよう日本」ではフィールドが一気に全国に広がります。
いっそう精進いたしますので、これからどうぞよろしくお願いいたします!

投稿者:リポーター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年07月13日 (金)夢を諦めないで


リポーターの髙橋康輔です。

西日本豪雨で被災された皆さまに心からお見舞い申し上げます。
わたしのふるさと、広島県も甚大な被害に見舞われています。
引き続き多くの支援が被災地に寄せられるように、
また、被災地に笑顔が広がる話題や情報をお届けしたいと決意を新たにしております。


takahashi2018.jpg


♪タ・タ・タ、ターン、ターン、タ・タ・タ、ターン、タン♪
心躍りますね、スターウオーズ。
第1作が公開されたのは、41年も前のことですが
シリーズ10作目となる最新作が全国で公開されました。

個性的なキャラクターが印象的なこの映画。
中でもこれまでハリソン・フォードさんが演じ、人気のキャラクターがハン・ソロです。
今作では、若き日のハン・ソロが描かれています。

ハン・ソロが自由自在に操る宇宙船がこちら。

20180710_takahashi_01.jpg
ミレニアム・ファルコン号。上の画像は、最新作での姿です。

ダイナミックな世界観を作り出す上で、CGの技術が欠かせませんが、
なんと、この宇宙船のCGを制作したチームの日本人リーダーにお話を伺いました。

20180710_takahashi_02.jpg
成田昌隆(なりた・まさたか)さん(55)。

「CGモデラー」という仕事をされています。

髙橋  「CGモデラーってどんな仕事ですか?」
成田さん「簡単に言うと、コンピューターの中でプラモデルを作っている感じですね」
髙橋  「ほー」
成田さん「部品をひとつ一つ、最初からデザインして部品を作って組み立てるのが
     CGモデラーです」
髙橋  「なるほど」


20180710_takahashi_03.jpg
↑仕事のようす

幼いころからプラモデル作りが大好きだったという、成田さん。
その趣味を生かして細部まで作りこんだ高い造形力がハリウッドで評価されています。

デザイナーが書いた絵が仕事の出発点だと聞きました。

髙橋  「デザイン画は、何枚くらいもらえるのですか?」
成田さん「これ1枚ですね」
髙橋  「これ1枚!?」

20180710_takahashi_04.jpg
↑これ1枚。十分カッコイイのですが、よく見ると機体の表面はツルツル。

この絵をパソコンに取り込んで、CGに仕立てるのではありません。
成田さんは、この宇宙船がどんな部品で成り立っているのか、部品レベルで考え抜いて
いわばひとつ一つの部品の集合体として、宇宙船を作り上げるという
気の遠くなるような仕事に取り組んでいるのです。
かなり集中力と我慢強さが必要だそうです。

その過程がこちら。

20180710_takahashi_05.jpg
20180710_takahashi_06.jpg

ツルツルだった2次元のデザイン画が数々の部品を装着するなかで、
立体的なCGとしての姿で現れます。
緻密な検討を繰り返し、部品をなんと5万点も考え上げて作り上げた結晶が
一番初めにのせたミレニアム・ファルコン号のCGです。
部品作りの参考にするのは、戦車や飛行機、自動車など日本のプラモデルだそうです。


55歳の成田さん。
こどものころから、映画製作に携わりたいという夢はもっていたものの、
実は、10年ほど前までまったく別の仕事をしていました。

20180710_takahashi_07.jpg
↑金融関係の会社で働いていた成田さん

サラリーマンとして働きながらも映画に携わりたいという思いは持ち続けていた成田さん。
その会社でアメリカに駐在した経験が、大きな転換点になります。

成田さん「1995年にトイ・ストーリーという映画を見たとき、
     感動とともに非常にあせりを感じて、
     人生を無駄にしているような気分を味わったんです。
     今まで、映画を見てそんなふうに思ったのは初めてだった」

夢への思いがあふれてきた成田さん。

成田さん「チャレンジしなかった後悔だけはしたくないと思いました」

会社を辞め、ハリウッドの専門学校でCGを本格的に学び始めます。

髙橋  「夢を諦めなかったのは、どうして?」
成田さん「本当に映画が好きで、映画館に行って、暗い中で銀幕に映った世界に
     自分を投影して入り込むというのが子どものころから染みついていて、
     映画に対する憧れがかなり強かった。それが原動力になったと思います」

20180710_takahashi_08.jpg

髙橋  「CGの可能性をどう感じていますか?」
成田さん「映画を無限の可能性に導く技術だと思います。
     まだ俳優さんをCGにすることは、始まったばかりですけど、
     数年でそれが当たり前のような世界になってくると、
     オードリー・ヘップバーンの新作が公開される。
     そんな可能性もあるんじゃないかなと思います」

成田さん、ますます大忙しですね。
オードリー・ヘップバーンの新作、見てみたいですね。

投稿者:リポーター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年06月19日 (火)終わった人...?


廣田直敬です。

hirota2018.jpg

「廣田さんにぜひやっていただきたいリポートがあるんですが…」
「喜んでやらせていただきます。テーマは何ですか?」
「定年をテーマにした、終わった人、というタイトルの…」

遠慮がちに頼みに来たディレクターと、
舞い上がった50代の私のかみ合わない会話です。

ロケで本屋に行きました。

20180619_hirota_01.jpg

若いときは気にもしなかったのですが、最近気になるのが…

20180619_hirota_02.jpg

「定年」に関するコーナーがまとめられたコーナーです。
40代の人もこのコーナーの本を買っていく、と聞いて、出遅れた感すら抱きました。

6月4日(月)に「けさのクローズアップ」で放送した、
いまなぜ「定年後」が気になるのか、というテーマのリポートです。


「人生100年時代」
定年後に、社会人としてもう一度やり直すくらいの時間があるかもしれない、
考えておかないといけないなあ、
とぼんやり考え始めた52歳としては、色々と刺激のあるリポートでした。

20180619_hirota_03.jpg

「恋をしなきゃ」と、舘ひろしさんはおっしゃいます。

「舘さんにしか出来ません」と突っ込みつつ、考え方を改めればいいのか、とも思いました。
「気持ちに歳をとらせててはいけない」という意味にとらえて、
色々なものに興味を持とうと決めました。

だからと言って、後輩に迷惑をかけるような居座り方はしたくないなあ
と思い始めたときに、こんな一言をききました。

「今の自分ができることは何か 真摯に考える」。

20180619_hirota_04.jpg

内館牧子さんの同名の小説を映画化した「終わった人」。
監督の中田秀夫さんが話していた言葉です。

「昔の自分はこんなにすごかった」と思ってはいけない。
「今の自分はどんなことができるか」を考えなければいけない、
ということなのですね。

人生の先輩たちも色々悩みながら歳をとっていらっしゃるのだ、
とわかって、少し気持ちが楽になりました。

投稿者:リポーター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

ページの一番上へ▲