2019年7月29日

熱中症について


土日の気象情報を担当している南利幸です。

minami2019.jpg

私が住んでいる関西は、梅雨が明けたとたん急に暑くなりました。外に出るのをためらうぐらいの暑さです。このようなときは熱中症に注意をしないといけません。その、熱中症には3段階の症状があります。
第1段階は、めまい、立ちくらみ、筋肉痛
第2段階は、頭痛、吐き気、体がだるい
第3段階は、けいれん、歩けない、意識がない です。

20190729_minami_01.jpg

このなかで、第1段階は、経験したことがある人も多いのではないでしょうか?
「めまい」などが起きるメカニズムは、人間は暑くなると汗をかくために、皮膚の下に血液が集まります。頭の血液が少なくなるため、「めまい」が起き、そのような状態で座った姿勢から立ち上がると重力の関係もあり、頭に血液がすぐに上がらず、「立ちくらみ」が起きるのです。また、塩分は筋肉を調整する役割を担っているため、汗をかいて体の塩分が少なくなると「筋肉痛」が発生します。 
熱中症は放置すると死に直結する緊急事態です。このような症状が起きたときは、涼しい場所に移動して体を冷やし、水分や塩分を補給するようにしましょう。しかし、すぐに回復しないようなときはすぐに病院へ行くようにしましょう。

20190729_minami_02.jpg

7月下旬から8月の中旬にかけては1年で最も気温が高い時期です。熱中症にかかりやすい時期でもあります。我慢をせず、適切に冷房をかけ、こまめに水分を補給するようにいたしましょう。

投稿時間:16:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

ページの一番上へ▲