2018年1月

一瞬にかける集中力


三條雅幸です。

sanjo.jpg

大相撲初場所を観てきました!
初めての国技館。

一歩入ると、そこは日常から離れた異空間。
歴史と伝統が凝縮された独特の雰囲気に圧倒されました。

20180130_sanjo01.jpg

土俵上の力士が1つ1つの所作をするたびに、仕切りを繰り返すたびに、
気合いの入っていくのがビシビシと伝わってきます。
多くの場合、「はっけよ~い」と始まると勝負が決まるまでの時間はほんの数秒。
その一瞬にかけて集中力を最大限まで高める姿に、
大いに刺激を受けました。

僕も放送という限られた時間内に最大の集中力が発揮できるよう
気持ちを込めていきます!


投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

だって、そこにあるから・・・


高瀬耕造です。

takase.jpg


以前番組で紹介し、大きな反響を頂いた「銀山ボーイズ」。

20180129_takase_01.jpg


行ってきました生野銀山!(兵庫県朝来市)
雪に覆われて寒そうですが、鉱山の中は常に13度。

20180129_takase_02.jpg


銀が発見されたのは、なんと1200年前。
昭和48年に閉山するまでの歴史を体感できます。

その途中・・・いました!銀山ボーイズ。

20180129_takase_03.jpg

見たことあるような濃い顔。
私の先祖だったらどうしよう。


20180129_takase_04.jpg

まさかの「銀山ガールズ」?
かなめちゃんA と かなめちゃんB らしいです。


20180129_takase_05.jpg

20180129_takase_06.jpg
 
土産物売り場にいたボーイズ。
バレンタインバージョンだそうです。

ふと見ると、そこに・・・。

20180129_takase_07.jpg

見つけてしまったのです。

ついうっかり手にとって・・・

20180129_takase_08.jpg

やってしまいました。
だって、そこにあるんですもん。

対応してくださった生野銀山の皆さん、
本当にありがとうございました!
生野銀山も銀山ボーイズも面白いですので、
皆さんもぜひ行ってみてくださいね。

投稿時間:17:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

お正月の風景


お久しぶりです。
リポーターの赤松俊理です。

akamatsu.jpg

新年のご挨拶が随分遅くなりましたが、今年もどうぞ、よろしくお願いします。
ビビットで楽しく、心がザワザワするような中継を目指して、新年も頑張りたいと思います。

さて昨年は「ゆく年くる年」の中継で新宿のバスタで新年を迎えましたが、
今年は久しぶりに、ゆっくりと自宅で過ごしました。

子供たちとお餅をついて、お正月飾りをして、

20180126_akamatsu01.jpg

20180126_akamatsu02.jpg

お節とお雑煮も妻と一緒に作りました。
うーん、見た目は微妙ですが・・・
実家に帰省していた頃は全部、親に任せていたのですが、いざ作ると大変でした(汗)

ちなみに我が家のお雑煮は、「醤油だし」に「丸もち」、しかも「あんこ」入り。
お雑煮に「あんこ」!?と顔をしかめた方。
これが、美味しいんですよっ!!
北海道の実家のお雑煮を踏襲していますが、そもそものルーツは香川県だそうです。


そして、北海道のお正月といえば、こちら。

20180126_akamatsu03.jpg

いつも実家では、こんな感じでした。
一面、真っ白。
子供たちは毎日、雪遊び。
写真のようにスキーの練習もできるくらいです。
まぁ、実家がお寺ということで境内が広いこともあるのですが。
雪を見ているとスキーに行きたくなるのは道産子だからでしょうか。

皆さんは、どんなお正月を過ごしましたか?

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

ピョンチャンへ行ってきました


「まちかど情報室」担当の新井秀和です。

arai2.jpg

去年の大みそかから今年の元日にかけて放送した「ゆく年くる年」で中継するため、
韓国・ピョンチャンへ行ってきました。

オリンピック・パラリンピックの開幕を前に、
韓国・金浦空港では、それぞれのマスコットキャラクターが迎えてくれました。

20180123_arai01.jpg

番組では、開会式・閉会式が行われるオリンピックスタジアムから中継しました。

20180123_arai02.jpg

大みそかも、開会式の準備が行われていました。
前日の夜に雪が降ったこともあり、会場内には雪が積もっているところもありました。
年が明け、午前0時を過ぎたころの気温は、手元の温度計で氷点下10度ほど。
積もった雪は、もちろん解けません。
私の顔も・・・

20180123_arai03.jpg

「白すぎる」と数人から言われましたが、寒さのためです。
厚底のブーツに、厚めの靴下を履いていたのですが、
足元から冷たさが伝わってくるような状況でした。
これから観戦に行く予定のある方は、足元の寒さ対策をお忘れなく!

日本から行ったスタッフは、私を含めて3人。
現場では、NHKソウル支局を中心とした現地スタッフと一緒に中継しました。

20180123_arai04.jpg

寒さの中では、機材の電源が突然切れたり、私の口が回らなくなったり(これは言い訳ですね)、
様々なことが起こります。
比較的大人数が関わる「ゆく年くる年」ですが、
少ないメンバーで力を合わせて乗り切った!という感じでした。

これまでに、テレビの「ゆく年くる年」を担当したのは2回目。
年に一度の番組ですから、そう何度も担当することはできません。
今回は海外からということもあり、貴重な経験でした。

せっかくピョンチャンに行ったので、ご当地グルメが食べたいと思った私なのですが、
顔が真っ白になるほどの冷たい風を生かした、「干し物」がありました。

20180123_arai05.jpg

「ファンテ」と呼ばれる、スケソウダラの干物です。
肉料理のイメージがあった韓国ですが、ピョンチャンはファンテが有名だということです。

鍋に入れるとこんな感じ。

20180123_arai06.jpg

20180123_arai07.jpg

↑これです。

干したせいか、噛めば噛むほどうま味が出るようなおいしさで、冷えた体にしみました。
冷たい風をいかし、寒さともに暮らしながら、昔から食べられてきたのでしょう。

まもなく始まるオリンピック・パラリンピックを前に、
少しだけ会場の雰囲気を感じられたのと食文化にも触れられ、
大会を、より身近に感じられそうです。

ちなみに、ピョンチャン周辺では、あの韓国ドラマのロケも行われたということで・・・

20180123_arai08.jpg

これでは、冬のドナタ?という感じですね。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

おふくろの味・・・?


赤木野々花です。
今年もよろしくお願いします!

akaki.jpg

あっという間に小正月もすぎましたね。
実家で、おふくろの味を堪能された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私も1月中、実家、岡山に帰省する機会がありました。

久しぶりの岡山の食材、冷蔵庫も大きいので、
帰省すると太りますよねぇ・・

といっても、料理が苦手な赤木家。
おふくろの味・・・というと
なぜか母の得意料理、石焼ビビンバでした。

↓わざわざこの石鍋を買ったんです。

20180119_akaki01.jpg

(パジャマ・髪ぼさぼさの実家モードで失礼しますm(_ _)m)

そんな中、
去年、家族が一人増えまして、
今年から、赤木家の食卓がよりにぎやかになりました!

加わってくれたのは、関東出身の方。

料理がとっっっても上手なので、
いつもご飯はまかせっきりになってしまいました。

20180119_akaki02.jpg

(↑こうしたものをささっと作ってくれます、すごーい!)

味も旨味がたっぷり染み込んでいて、美味!!なんですが、
やはり、西日本とは味付けが違います。

私個人の意見では
西は、薄め、だしベース。
それよりも関東は、すこし濃いめ、しょうゆベースの味付け。なのかなぁ。

卵焼きには、なんと、めんつゆと砂糖を入れていました!

ゆでたまごに何をつけるか、という論戦はいまだ絶えませんが、
改めて、食のカルチャーショックを体験したのでした。

ちなみに、地域の特色が現れる食べ物といえば、お雑煮。

岡山(もしや赤木家だけ?)のものは、こちら!

20180119_akaki03.jpg

すまし汁に
丸もち、
ほうれん草、
金時人参、
ゆりね、
だてまき、
広島産の牡蠣、
鶏肉、
といった、具沢山で甘い汁です!

食べ物の話は尽きませんが、

1月29日(月)のおはビタでは
ちょっと変わった!?
みなさんがお正月に食べたかもしれない、あの食べ物が登場します!

どうぞお楽しみに!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

ブラインドサッカーと新年の抱負


2018年もどうぞよろしくお願い致します。
早朝キャスターの田所拓也です。

tadokoro.jpg

20180116_tadokoro01.jpg

まだ年明けの雰囲気残る1月初旬の千葉県。
視覚障害者サッカー、「ブラインドサッカー」の日本代表合宿にお邪魔してきました。

2020年東京パラリンピックでメダル獲得を目指す代表チーム。
その新年初練習は、寒空のもと熱気を帯びたものでした。

20180116_tadokoro02.jpg

「ブラインドサッカー」は、ゴールキーパー1人(弱視、または目の見える選手)、
フィールドプレーヤーは4人、相手ゴール裏から指示を出すコーラーが1人の計6人。
フィールドプレーヤーはアイマスクを装着し、何も見えない状態でのプレーです。

「○○!右に2メートル動いてパスコースを切れ!」
「□□!後ろ1m下がってスペース埋めろ!」
監督やコーチの指示は、選手名のあとに端的かつ具体的な言葉が続きます。

20180116_tadokoro03.jpg

耳に入る音から、認知、判断、実行を繰り返しながらプレーする選手たち。
その精度とスピードをさらに高めるメニューが随所に取り入れられていました。

「もっと感じろよ!」。
ピッチに飛び交う言葉が胸に刺さります。
ことしも、等身大の自分をもって全力で感じながら言葉をつむいでいきます。

 

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

この冬は寒いですね~、ご自愛くださいませ


2018年、新年、明けましておめでとうございます。
気象予報士・平井信行です。

hirai.jpg

ことしも、皆さんにとりまして良き一年になりますよう
心よりおイヌりいたします(失)

さて、「三寒四温」という言葉をご存知だと思いますが、
この冬は“六寒一温”というところでしょうか。
三寒四温は冬の季語で、冬の寒さの強弱を表します。
春に使うのは誤りです。

冬将軍は、冬の寒さを擬人化したものです。
この冬は大活躍!冬将軍はあまりお休みしないです。

20180112_hirai01.jpg

小寒は、二十四節気の一つですが、
寒さが厳しくなって行くころ、という意味があります。
これから節分までは「寒の内」といますが、
一年で最も寒い時期になります。
天気予報で“真冬の寒さ”というのも、
このころの寒さのことです。

20180112_hirai02.jpg


ここで登場する冬ちゃんは、実は、冬将軍のライバルになります。
飼っているペットは、フクロウのフクです。

冬ちゃんはクールに見えて、実は。。。。。。

20180112_hirai03.jpg

冬ちゃんのアドバイスは、情熱的!
背後に冬将軍がバックアップ。
実は二人は心が温かい冬の使者なのです。

これからも二人の熱い共演があることでしょう。
皆さんもお身体ご自愛くださいますよう
おイヌりいたします(失)

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

見つめるだけで


リポーターの井原陽介です。

ihara.jpg

旧年中は、皇居からの中継にはじまり、北は尾瀬、南は沖縄まで取材で各地にうかがいました。
(西日本の出身だからか、行き先が東京より西に偏っているような気もしますが…)
今年は新たな気持ちで、全国各地を駆け回る決意であります。

年末年始は、心身ともにリフレッシュ。
そのために向かったのは、この場所です。

20180109_ihara01.jpg

20180109_ihara02.jpg


福岡県は北九州市・門司。
故郷・下関の対岸です。
それは駅の改札を通ってすぐに現れます。

見えませんか?もっと近づいてみましょう。ほら!

20180109_ihara03.jpg

マンションとマンションの間に、コンテナ船。
関門海峡を東に進んで、これから関門橋をくぐろうというところでした。
声が届きそうなほど近くに見えています。
この海峡は1日500隻あまりが行きかう国際航路。
これで終わりませんよ。

さらに歩いていきましょう。

20180109_ihara04.jpg

20180109_ihara05.jpg

東側・瀬戸内海方面に目を向けると、赤い船が。
石油製品を運ぶケミカルタンカーですね。
お世話になっています。
海峡を通り抜け、東シナ海の方に向うのでしょうか。

その、海峡を通過する際に見えるのがこれ。

20180109_ihara06.jpg

うしろに煙突やタンクを背負うこの景色。
北九州の工業地帯です。
こんな「ザ・仕事の海」ともいうべき眺めが、たまらなく好きなのです。

もう1ヵ所、海峡ウォッチングにおススメの場所は、関門橋のすぐ下あたり。

20180109_ihara07.jpg

本州と九州が最も接近しています。
その距離、なんと約650メートル。
船は原則右側通行で、航路標識にしたがって順序良く通過していきます。
 
20180109_ihara08.jpg

20180109_ihara09.jpg

赤のタンカー、橋をくぐった後、警笛を鳴らしました。
大迫力。
赤い船を見送ると、次にこちらに来る船が。

20180109_ihara10.jpg

20180109_ihara11.jpg

ほら、近い。
岸から100メートルくらいでしょうか。
今度はコンテナ船とすれ違います。
韓国のプサン港でよく見るコンテナなので、この船も向うのかな?
3段、4段重ねで、何を積んでいるんでしょうか?

運河のように狭い海、されど、世界へとつながっている海。
それが関門海峡なのです。
見つめるだけで、ゆったりと大らかな気持ちになれる。
世界への視野が育まれる。
関門海峡は、そんな心のふるさとです。

20180109_ihara12.jpg

お立ち寄りの際は、旬のふぐもいいですが、他にはないこの景色を、ご堪能ください。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

ことしもよろしくお願いいたします


和久田麻由子です。

wakuda.jpg

あけましておめでとうございます。
みなさんは、どんな年末年始を過ごされたでしょうか??

私は今回も、恒例の「ゆく年くる年」の放送で年越しを迎えました!!

0105_wakuda_01.jpg

今回お邪魔したのは、神奈川県川崎市にある川崎大師です。

0105_wakuda_02.jpg
 
この立派な山門の前には、仲見世商店街が続いています。

0105_wakuda_03.jpg
 
これらの写真は、前日30日に撮ったものですが、
当日近江アナウンサーが商店街から中継をしたときは、こんなにぎわいでした♪

0105_wakuda_04.jpg

キーステーションが設けられたのは、境内が見渡せるこちらの場所。(30日撮影)

0105_wakuda_05.jpg

こちらも、大晦日は、このにぎわいでした↓↓↓

0105_wakuda_06.jpg
 
新年を迎えた瞬間は、自然とみなさんから歓声が上がり、非常ににぎやかな年越しでした!!

ちなみに休憩時間には、こんな楽しみも・・・

0105_wakuda_07.jpg
 
川崎大師名物のくず餅です。
さらに、年越しには欠かせないコレも・・・!!

0105_wakuda_08.jpg

0105_wakuda_09.jpg
  
3人でしっかり「年越しそば」を食べ、放送を迎えました!!

ことしも「ゆく年くる年」の放送を通して、
全国のみなさんと、心静かに旧年を振り返り、明るい気持ちで新年を迎えられ、幸せな時間でした。
川崎大師のみなさまはじめ、放送にご協力くださったみなさま、どうもありがとうございました。


2018年も、「おはよう日本」は、
最新の確かなニュースから、みなさんの生活を明るくする情報、心を豊かにしていただける話題まで、
毎朝スタッフ一同、全力でお伝えしてまいります!!

本年もどうぞよろしくお付き合いください♪♪

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

ページの一番上へ▲