2017年10月 3日

半世紀の伝統


関口博之です。

sekiguchi.jpg

休日の土曜日、暑さも和らぎ、気分ウキウキで、
地元、横浜元町の「チャーミング・セール」に行ってきました。
赤い袋のパン屋さんの前で、まず一枚。

1003_sekiguchi_01.jpg

毎年2月と9月にある恒例のセールですが、どうですか、ごらんのにぎわい。
まるで、お祭りの縁日にやってきた人波のようです。

1003_sekiguchi_02.jpg

お店の中も、お目当ての品物を求め、ごったがえして大変なことになっていますよ。
買い物に付き合わされる男性陣は、外で待つしかありません。

1003_sekiguchi_03.jpg

このセール、実は昭和36年、1961年から始まっていて、半世紀以上の歴史があります。
横浜市民(のうちでも特に女性のみなさん)は、大概知っているようです。
おしゃれなモノが値段も魅力的に、ということで「チャーミング」と名づけられたそうです。


こちらは、昔のチャーミング・セールの様子。
地元スーパーの壁に古い写真が描かれています。

1003_sekiguchi_04.jpg

商店を歩くと、地元ではおなじみ、家具店の大きな赤いイスにも、
バッグの店の赤いクラシックカーにも、きょうばかりは所狭しと商品が並べられています。

1003_sekiguchi_05.jpg

1003_sekiguchi_06.jpg

商品の補充追加でしょうか、商店街の共同配送の方も忙しそうです。

1003_sekiguchi_07.jpg

こんな具合に景気も上向いて行ってくれればいいな、と街の活気を見て思いつつ、
「2本でいくら」という店頭売りのワインを買って、家に帰ったのでした。

1003_sekiguchi_08.jpg

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:その他 | 固定リンク

ページの一番上へ▲