2017年10月

秋のルーティンワーク


早朝キャスターの田所拓也です。

1017_tadokoro_05.jpg

早朝生活も2年目、私なりにリズムの作り方が見えてきました。

1017_tadokoro_02.jpg

それは早起きと運動。
日曜の朝は4時過ぎに起きて準備体操を終え、
4時半過ぎにランニングへ。
約2時間、距離にして20キロ弱です。

先日は秋ならではの景色や香りに出会いました。

6時半頃、運動会で我が子の活躍を少しでも良い場所で見ようと、
幼稚園の門の前に20人ほどのお父さんお母さんの列が。
キャンプ用のいすで束の間の睡眠を取る姿は、子に対する深い愛情の結果。
優しい気持ちになりました。

1017_tadokoro_03.jpg

そして、ふと鼻先をかすめる甘い香りはキンモクセイ。
朝のしっとりとした空気の中にやさしく溶け込むほのかな香りは、走る私の呼吸を深くさせます。

このあとが一番重要です。
昼寝をせずに眠気をためてためて夕方5時に就寝。

秋の、私のルーティンワークです。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

2020


和久田麻由子です。

wakuda.jpg

先日、放送センター内のとある場所で、この二人を発見!!

1013_wakuda_01.jpg

三條アナ 「あ!高瀬さん、それ良いですね~!!」
高瀬アナ 「そうだろ~?(にんまり)」

1013_wakuda_02.jpg

三條アナ 「あれ・・・?ちょっと『心』が大きすぎたかなぁ?」
高瀬アナ 「おいおい!バランス悪いよ~」

1013_wakuda_03.jpg

二人が何を書いていたかというと・・・こちら!
2020年東京オリンピック・パラリンピックまでの「目標」や「夢」などを書いて、
ポートレートとして公開する企画に参加していたのです!

詳しくは↓↓↓
『TOKYO2020 NHK情報サイト』
http://www.nhk.or.jp/tokyo2020/change/messages/
をご覧くださいね!!

書いた後は、カメラの前で、はいポーズ!!

1013_wakuda_04.jpg

1013_wakuda_05.jpg

高瀬アナ、胸を張って、きまっていますね~♪
三條アナも、さすがのさわやかさです♪

1013_wakuda_06.jpg

そして、二人の撮影が終わったころ…!!
あっ!!新井アナも登場!!
撮影が終わりホッとした表情の高瀬アナが、後ろからのぞき込んでいます。

さあ!大トリの新井アナ!!!
いったいどんなポーズをとるのか注目していると・・・!

1013_wakuda_07.jpg

なんと!!誰よりも、ドヤ顔できめていました♪
上記二人のポーズと比べてみてください。
左手でボードを下から持ち!右手はズボンのポケットへ!
笑顔も100点満点ですね~!
「自撮り」だけでなく、誰かに撮ってもらうのも、得意なんですねぇ!

撮影の仕上がりはどうなっているのか、気になる方は、
『TOKYO2020 NHK情報サイト』
http://www.nhk.or.jp/tokyo2020/change/messages/
をご覧ください!

近日、公開予定です。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

秋ちゃんのペットは?


みなさん、こんにちは。
気象予報士・平井信行です。

hirai.jpg

すっかり秋本番となり、さわやかな陽気の日が訪れるようになりました。
今回は、秋のお天気キャラクターの「秋ちゃん」のことを紹介いたします。

秋ちゃんは、私が発案した天気キャラクターの一つです。
秋ちゃんは、この夏からしばしば登場していたのをお気づきでしょうか。

8月は天候不順のため、東京や仙台では雨の日が多かったですよね。
それは、秋ちゃんがいつもより早くから、みなさんにご挨拶をしたかったからです。
秋ちゃんに代わって、私から謝っておきます。ごめんなさい<(_ _)>

これは、8月16日におはよう日本で放送した画像です。

1010_hirai_01.jpg

8月はオホーツク海高気圧の勢力が強く、
涼しい空気が北日本や東日本を中心に流れ込んでいました。
夏将軍が率いる太平洋高気圧は南に後退し、
その間に入った日本列島は曇りや雨が多くなりました。

ここで、秋ちゃんの秘密をばらしましょう。

1010_hirai_02.jpg

実は、ウサギを飼っているのです。

なぜでしょうか?
私の想像の範囲なのですが、秋と言えば月見。
月見と言えば、月の中にはウサギがいますよね。

1010_hirai_03.jpg

十五夜、この秋は10月4日でしたね。
みなさんは、お月見できましたか?
秋ちゃんが月見をするコスチュームもやはり古風ですよね。
 
そういえば、前回に私が書いたブログで訂正があります。
またまた、ごめんなさい<(_ _)>
夏ちゃんが飼っている動物は、ネズミではなく、犬でした(汗)

1010_hirai_04.jpg

ネズミと書いたら、管理人さんに怒られちゃった。。。
もう、来年までは夏ちゃんは見られないでしょうから、
今のうちにお知らせしておこうと思いまして訂正しておきました。
 
では、みなさん、楽しい秋をおすごしくださいませ。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

満喫 尾瀬の秋!!


おひさしぶりです。リポーターの井原陽介です。

ihara.jpg

今回は、山に行ってきましたという話です。

私のこれまでの人生で最高峰だったのは、こちら。神戸市の六甲山(標高 931メートル)。

1006_ihara_01.jpg

今回、その記録を大幅に更新する場所に行ってまいりました。
そこは・・・

O・Z・E 。尾瀬!

1006_ihara_02.jpg

1006_ihara_03.jpg

9月23日(秋分の日)の特集で、本州最大の高層湿原が広がる尾瀬ヶ原からの中継を
担当したんです。
群馬県側の入山口、「鳩待峠」から尾瀬へ。
歩き始めてびっくりしたのは!!

1006_ihara_04.jpg

石積みの階段で、いきなりの下り。「登山」じゃないじゃん・・・

1006_ihara_05.jpg

私の下手な図でもうしわけありません。鳩待峠の標高は、1591メートル。
そして目指す尾瀬ヶ原は、だいたい 1400メートルのところにあるんです。
ええ、日ごろ運動不足の私にとっては、たいへん助かりました。
風がヒンヤリとしていて、抜群に空気がうまい。

1時間ほど下っていった先に広がる、尾瀬ヶ原。
背の低い草が色づく「草もみじ」の様子を中継でお伝えしました。ここでまたびっくり。
取材に入る前、「草が色づくって、要は枯れ草ってことでしょ?」と
半分ナメてかかっていましたが、さにあらず。
なかなかに美しいものでした。池に浮かぶ水草まで、色づくんですね。

1006_ihara_06.jpg

1006_ihara_07.jpg

1006_ihara_08.jpg

さらに、高地湿原ならではの花々も。

1006_ihara_09.jpg

エゾリンドウは咲き始め、といったところでした。
これが咲き終わるころには、尾瀬に冬の足音が聞こえてくるといいます。

中継当日は明け方まで大粒の雨が降りましたが、本番直前に雨はやみ、
生中継で映像を送るドローンも無事飛ばすことができました。
山を下りるころにはこの天気!

1006_ihara_10.jpg

写真中央に見えるのは、中継の前線基地ともなった山小屋。
主人の萩原さんはじめ山小屋のみなさんには、
植物の生態や天候の見立てなど、心強いアドバイスをいただきました。
ありがとうございました!

1006_ihara_11.jpg
(『龍宮小屋』の萩原澄夫さんと)

ミズバショウだけではない尾瀬。堪能しました!!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

半世紀の伝統


関口博之です。

sekiguchi.jpg

休日の土曜日、暑さも和らぎ、気分ウキウキで、
地元、横浜元町の「チャーミング・セール」に行ってきました。
赤い袋のパン屋さんの前で、まず一枚。

1003_sekiguchi_01.jpg

毎年2月と9月にある恒例のセールですが、どうですか、ごらんのにぎわい。
まるで、お祭りの縁日にやってきた人波のようです。

1003_sekiguchi_02.jpg

お店の中も、お目当ての品物を求め、ごったがえして大変なことになっていますよ。
買い物に付き合わされる男性陣は、外で待つしかありません。

1003_sekiguchi_03.jpg

このセール、実は昭和36年、1961年から始まっていて、半世紀以上の歴史があります。
横浜市民(のうちでも特に女性のみなさん)は、大概知っているようです。
おしゃれなモノが値段も魅力的に、ということで「チャーミング」と名づけられたそうです。


こちらは、昔のチャーミング・セールの様子。
地元スーパーの壁に古い写真が描かれています。

1003_sekiguchi_04.jpg

商店を歩くと、地元ではおなじみ、家具店の大きな赤いイスにも、
バッグの店の赤いクラシックカーにも、きょうばかりは所狭しと商品が並べられています。

1003_sekiguchi_05.jpg

1003_sekiguchi_06.jpg

商品の補充追加でしょうか、商店街の共同配送の方も忙しそうです。

1003_sekiguchi_07.jpg

こんな具合に景気も上向いて行ってくれればいいな、と街の活気を見て思いつつ、
「2本でいくら」という店頭売りのワインを買って、家に帰ったのでした。

1003_sekiguchi_08.jpg

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:その他 | 固定リンク

ページの一番上へ▲