2016年7月 4日

限界のその先へ


土日祝日スポーツの向井一弘です。
6月下旬に40歳になりました。

守りに入らず、常に新しいことに挑む気構えを見せようと、
先日初めて『フットケア』を受けてきました。
「痛気持ちいいものだろう」とは思っていましたが、
全く覚悟が足りませんでした。

最初のひと揉みで、
「うっ!」と目をひん剥くほどの激痛!
しかし自分の隣の若い女性は、
目を閉じて平然とした表情で受けています。
「男がここで騒いじゃダメだ」。
ジッと耐えるしかありません。
すると、しばらくして施術しているスタッフの方が
「お客さん、初めてにしては結構イケるクチですね。
もうちょっと行きましょうか(笑)」

「へっ?」

「ギャー!」

ohayou20160704_1_1.jpg

「おう!あはっ!」

ohayou20160704_1_2.jpg

「あははは!ははっ!」

ohayou20160704_1_3.jpg

耐え難い痛みを受け入れようとすると、
人は笑えてくるようです。
身悶えしながら、最後はよく分からない感情に包まれ、
クチビルと手の指先がプルプルして、
酸欠の一歩手前というところで終了!

達成感というか、長い戦いを終えた清々しさというか、
何か自分の限界を一つ越えた気持ちになりました。
ベテランの客になると、痛みを感じなくなる人もいるようです。
越えるべき限界はまだまだあって、
自分が変わっていく手ごたえにハマっていくのでしょうか。
またチャレンジしようと思います。
ちなみに、体調も良い気がします。
40代の良いスタートが切れました。
それでは、また。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

ページの一番上へ▲