2016年6月

たった一本の木、されど一本の木


気象予報士 平井信行です。

まず、虫の苦手な方はご遠慮ください。
我が家のベランダには鉢植えの柑橘系の木があります。
20年程前、息子が子供のころに
柑橘類の種を植木鉢に埋めました。
今や、1メートルほどの高さの木に成長しました。

ohayou20160630_1_1.jpg

この木には、ある年からアゲハチョウが
卵を産みに来るようになりました。

ohayou20160630_1_2.jpg

初夏にアゲハチョウが生んだ卵が幼虫になりました。

ohayou20160630_1_3_2.jpg

幼虫がさらに大きくなりました。

ohayou20160630_1_4.jpg

そのうち、サナギになりました。

ohayou20160630_1_5_2.jpg

ついに、ことしも立派に羽化しました。

ohayou20160630_1_6_2.jpg

たった一本の木でも、こうして一つの命が育まれ、
自然環境に役立っているのだなァ~と、
感動する天気おじさんでした。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

同郷アナシリーズ(2年連続)


早朝キャスターの芳川隆一です。
こちらは、今年度から「おはよう日本」の
まちかど情報室を担当している新井秀和アナとの1枚。
私たち、同じ群馬県高崎市の出身なんです。

ohayou20160629_1_1.jpg
 
NHKに入ってからこれまで、
西日本での勤務が多かった私。
群馬県出身ですと言っても、
「群馬ってどこ?」とか
「行ったこと無い~」といった反応は日常茶飯事(笑)。
東京に来て、なんと群馬県のプレゼンス(存在感!)が
大きいことかっ!
やっぱり地元に近いっていいな~と感じる今日この頃です。

ところで、「おはよう日本」アナウンスには、
もう1人、群馬県出身者がいます。
堀越アナウンサーです。
そういえば去年の今頃、
同じような内容でブログを書いた事を思い出しました。
 
ohayou20160629_1_2.jpg

これがその時の写真。
まだ東京に転勤してきたばかりの私にとって、
「からっ風」と「上毛カルタ」の話ができる先輩がいることが
心強かったです(笑)。
少しずつ、しかし確実にその勢力を拡大しつつある、
「おはよう日本」群馬勢!
これからもその存在感をひそかにアピールしていきます!
ということで、最後にもう一度、新井アナウンサーとの1枚です。

ohayou20160629_1_3.jpg

って、おや!!??1枚目の写真と同じかと思いきや、
よ~く見ると・・・!
あ、ちなみにこの方は、群馬県出身ではありません(笑)。
それでは群馬の皆さん、「きょうも1日、お元気で!」

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

放送中のハプニング!!


スポーツコーナー担当の森花子です。
突然ですが、これはなんでしょう?
↓↓↓
ohayou20160628_1_1.jpg

少しアップにすると、こんな感じ!
ちなみにアスパラガスではありません!!

ohayou20160628_1_2.jpg

正解は・・・・!!





ohayou20160628_1_3.jpg
    
靴のヒール部分でした(笑) 
「おはよう日本」は、毎朝、生放送・・・・
であるがゆえに様々なハプニングが起こるのですが・・・。
6月9日の7時30分。
スポーツコーナー1分前の出来事です・・・。
気持ちを整えようと大きく息を吸い込んだその時・・・。
「ボキっ!」という鈍い音・・・。
足元を見ると、ヒールだけ床に転がっています。
「げ?折れた」「私太った?」「なんで?」と、
自問自答するうちに、
スポーツコーナーの開始を告げる音楽が・・・・。
放送中は、片足のかかとを上げた状態で、
プルプルしながらなんとか乗り切りました。
靴は現在修理中です・・・。
こんなハプニングを想像しながらご覧頂くと、
普段とは違う楽しみ方が出来るかもしれません。
これからも「おはよう日本」をよろしくお願い致します。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

梅雨空が似合う花


土日の天気予報を担当しています南利幸です。

梅雨時期の花が咲いています。
まずはアジサイ。
各地の気象台でもアジサイの開花を観測しています。

ohayou20160627_1_1.jpg

花びらに見える部分は「がく」にあたり、
気象台は「がく」をかき分けたところに咲いている
真花(しんか)の開花を観測しています。

ohayou20160627_1_2.jpg

これを見極められるかどうか? 
「開花には 真価が問われる アジサイは」

続いてドクダミ。

ohayou20160627_1_3.jpg

少し光の当たりの弱い道端に繁茂しています。
白く見える花びらは総苞片(そうほうへん)と呼び、
葉が変形(進化)したものです。
花は総苞片の真ん中にある柱状に立っている部分です。
ドクダミはお茶や生薬にも使われ、
別名十薬(じゅうやく 重薬)とも呼ばれています。
「十薬を 煎じて飲めば 重役に」

そして、甘い香りがするクチナシ。

ohayou20160627_1_4.jpg

この花を見ると渡哲也さんが歌っていた「くちなしの花」を
口ずさんでしまうのは、
年齢がそれなりになっているから?
「くちなしの花」のフレーズに
「花の香りが旅路の果てまでついてくる」とありますが、
この時期はどこへ行ってもこの香りが鼻をくすぐります。
また、「くちなしの雨が・・・」というフレーズもあり、
雨の時期に咲く花であることがよく分かります。
雨の時期に香りも色も楽しめることができる貴重な花ですね。
「クチナシに 雨が降っても 愚痴はなし」

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

30年前のスタート地点に立つ!


阿部渉です。
先日、忘れられない建物の前を通りました。
様々な思いがこみ上げてきます。

ohayou20160624_1_2.jpg
 
この○○ハイツ…
1986年4月、岩手から大学進学のため上京した私が、
初めて親元を離れ一人暮らしを始めた場所です。
2階の手前、窓が見えているところが私の部屋でした。
一人の寂しさを感じていたのも、
その後、友人たちのたまり場になったのも、
様々なことに悩んだのも、
将来を夢見たのも、まぎれもなくこの場所でした。
とある用があり久々に訪れた街は、
だいぶ様子が変わっていましたが、
このアパートは当時のまま。

風の中、声が聞こえたような気がしました。
「おーい、元気か?」 
時を越え、18歳の阿部渉が声をかけてくれたのでしょうか?

心の中で答えました。
「何とかやってるよ。お前もしっかりがんばれよ!」

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

梅雨に備えて・・・


早朝キャスター担当の黒田信哉です。
本格的な雨の季節を迎えました。

雨が降ると水が溜まり、
蚊が発生しやすくなります。
私はあまり蚊に刺されない体質なのですが、
あの蚊の羽音は気持ちのいいものではありませんよね。

そこで、気合いを入れて排水溝の掃除をしました!

ohayou20160623_1_1.jpg

まず、この重厚なフタを持ち上げなくてはいけません。
これが一苦労。
腰を傷めないよう気をつけつつ、慎重にゆっくり・・・。
 
ohayou20160623_1_2.jpg

どうだ!
この時点で汗びっしょりです。

ohayou20160623_1_3.jpg

スコップで格闘すること数分・・・。

ohayou20160623_1_4.jpg
 
意外と落ち葉やごみ、
ヘドロがたまっているものです。
こういったものが原因で、
大雨の時には水があふれ
周囲が冠水してしまうこともあります。

よし、これで梅雨・大雨の対策はばっちり!
・・・と思ったら排水溝はまだ何か所もありました・・・。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

朝ごはん


先日、「食べ物に気を使ってますか?」と聞かれ、
「よく食べることです」と答えてしまった、中村慶子です。
そう、食べることが大好きなんです。

おはよう日本を担当することになって、
よく「朝ごはんってどうしているの?」と聞かれます。
朝2時半くらい(まだ夜?)に
おにぎりを食べているのですが、
それがこちら。

ohayou20160622_1_1.jpg

巨大おにぎりです!!
この前、和久田アナにびっくりされました。
そりゃあそうですよね。
おなかがすくのが不安で、
いつも必要以上に食べてしまうんです。

朝が弱いわたしは、小郷アナウンサーのように、
ご飯を作るために早起きできないので
5月20日のブログをご覧ください。
温めるだけで食べられるように、
まとめて作って冷凍していますが、、、

この前、ひやっとした事件が。

ohayou20160622_1_2.jpg

シメジと油あげとにんじんをお米にのせ、
「これで一週間、朝ご飯をしっかり食べられる~☆」と
ルンルン気分で炊飯器のスイッチを入れ、
安どしたのもつかの間。
台所を片付けようと振り向くと、そこには

ohayou20160622_1_3.jpg

炊き込みご飯の中で、
私にとって最も大切な、鶏肉が!!
すでに炊飯が始まっていましたが、
鶏肉抜きの炊き込みご飯なんて、
私には考えられません。
一度取り消しボタンを押して、
鶏肉を追加しました。

ohayou20160622_1_4.jpg

無事に7個、鶏肉入りの巨大おにぎりができました。

そんな私の最近の悩み。
こんなに大きなおにぎりを食べているのに、
本番中におなかが鳴りそうになるくらい、
おなかがすくことです。
どれだけ食べたら良いのやら。。。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

運動会の思い出


気象予報士 平井信行です。
先日、高校3年生の末っ子(次男)の運動会を見学してきました。
息子にとって最後の運動会、
平井家にとってもこれで最後です。

ohayou20160616_1_1.jpg

この写真は、息子の運動会のようすです。
息子は二人三脚競走でビりに近い順番で
ゴールをしていました(泣)

運動会を見ていると、昔の自分の運動会が
走馬灯のようによみがえってきました。
運動会では、まさに「天国と地獄♪」を味わいました。
甘いも酸っぱいも思い出の一つです。

ohayou20160616_1_2.jpg

これは、いい思い出です。
小学6年生、クラス対抗リレーで優勝しました。
当時の運動会は地域の一大イベント。
町内の皆さんが炊き出しをして、
町内対抗リレーまで行われていました。
テントの数が半端じゃありません。

ohayou20160616_1_3.jpg

これは中学2年生の運動会、つらい思い出です。
トップを走っているのが私ですが、
その後ズルズルとライバルたちに抜かれて
悔しい思いをしました。
家族と一緒に弁当を食べている時も泣いていました。

ohayou20160616_1_4.jpg

これは高校3年生の運動会、
今でも青春の思い出の一つです。
「緑団」の応援団を任され、
ジャニーズ気取りでした。
同じ応援団の女子に、この衣装を作ってもらいました。

このような思い出がいっぱいあった運動会です。
今でも運動会で定番の曲「天国と地獄♪」がかかると、
ソワソワして足踏みをするのは私だけでしょうか。
これを運動会版、“パブロフの犬”現象といいます(笑)

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

メッセージ


望月啓太です。
今も地震がつづく熊本から、
なんと、こんなものが届きました。

ohayou20160620_1_1.jpg

特産のメロンです。
実は、初任地時代にお世話になった方が
いつも送ってくださるんですが・・・
熊本地震からまだ2カ月ほど、
この方は自宅に被害を受けていました。

こんなときにまで本当にいいのに・・涙
しばし伝票を見ていますと、

ohayou20160620_1_2.jpg

御礼の電話をかけました。
「変わらず元気にやってるよ、と伝えたくて」。
逆に、力をもらってしまいました。

家は瓦屋根が壊れシートを張っているといいます。
これから雨の時期、やはり心配だそうです。
熊本の激しいスコールの記憶がよみがえります。
なんとか、目の前の季節、乗り切りましょう。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

ツバメのその後


小郷知子です。

日曜日の気象解説のコーナーでは、
キャスター陣がその時々の季節感や気象にまつわるネタを
身近なところからお伝えしようと
写真を撮影してくることが度々あります。

これまでも何枚か撮って放送したのですが、
中でも思い出深いのがこちら。

ohayou20160617_1_1.jpg

ツバメの写真。
わかりづらいのですが、
巣の中にすっぽり隠れてしまって
なかなか姿を捉えることが難しく、
2、30分ねばってようやくこの一部分が撮れました。
人通りが多く、カメラを構えてずーっと待ってるのが
かなり恥ずかしかった・・・。

先日、また同じ巣があるところを通りかかったら、なんと!

ohayou20160617_1_2.jpg

子供たちがこんなにたくさん!!
5羽見えました。
しかも巣の外に向かって
まさに首を長くして何かを待っています。

すると!

ohayou20160617_1_3.jpg

ohayou20160617_1_4.jpg

親鳥が食べ物を食べさせにきたのでしょうか。
2羽続けて巣に来て、
またすぐ外に飛んで行いきました。
すごい瞬間が撮れた!と嬉しくなって、
これはブログに載せよう!と思いました。

ここで一つ疑問が。
このスペースに7羽家族は入るんだろうか・・・。

また何か発見したらカメラを構えようかと思います。
日曜のおはよう日本かここのブログでご報告しますね。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

6月といえば・・・


6月に入りました。くせ毛の田所拓也です。

いよいよ梅雨です。

くせ毛の方はご理解いただけると思いますが、
何とも髪型がまとまらないこの季節。
家を出る前に整えた髪も気がつけば、
うねったり、はねたり、
頭の輪郭も何だか一回りふくらんだ印象に。

そんな梅雨に、この花は私の心を癒してくれます。
紫陽花(あじさい)です。
帰り道の空き地に咲いていました。

ohayou20160613_1_1.jpg

毎年、雨にぬれて鮮やかに咲く姿は、
まるで「雨も悪い事ばかりじゃないんだ、見てごらんよ」と
教えてくれているようです。
くせ毛で悩む小さな自分を思い知らされる季節でもあります。

ohayou20160613_1_2.jpg

ことしも大雨などによる災害が起きないことを願いながら、
恵みの雨となるこの時期を過ごします。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

一度は受けたい!?『奇跡のレッスン』


柴崎行雄です。

背中を押してあげれば、飛躍できる子どもたちがいる。
大人たちにはいったい何ができるのでしょうか…

そのヒントを与えてくれるのが、BS1で放送している番組
『奇跡のレッスン ~最強コーチが導く 飛躍の言葉~』です。
実は、この番組のナレーションを昨年度から担当しています!
ということで、番組宣伝させてください!!

ohayou20160615_1_1.jpg
http://www4.nhk.or.jp/wonderlesson/

世界トップレベルの指導者による1週間の特別レッスン。
子どもたちは「最強コーチ」から技術を学ぶだけでなく、
多彩なアプローチによって、心を動かされ成長してゆきます。
フィールドから飛び出した「生きた言葉」を集めた番組です。

例えば…

「“出る杭”を押し上げ みんな“出る杭”に」
(サッカー編/ミゲル・ロドリゴさん)」

「他人と比較せず 自分を磨きなさい
 他人と競わず 自分自身と競争しなさい」
(テニス編/ダビッド・サンズ・リバスさん)

「カリスマだけがリーダーではない」
(チアダンス編/ドーン・ウォルターズさん)

「居心地のいい場所から抜け出せ」
(バスケットボール編/マグジー・ボーグスさん)

「自分のことを考えると 緊張する
仲間を思うと 緊張から解放される」
(バレーボール編/アントニオ・マルコス・レルバッシさん)

子どもたちが失敗したり壁にぶつかったりしたとき。
その原因を「最強コーチ」たちは一瞬にして見抜き、
自らの経験に裏打ちされた意外性のある言葉を投げかけます。
そのタイミングや伝え方が、絶妙。
子どもたちはスポーツの楽しさを失うことなく、
「次の行動」を変えてゆき、大きな成長を遂げるのです。

ohayou20160615_1_2.jpg

二児(3歳と0歳)の父の私。
子育てに活かそうと「飛躍の言葉」を手帳にメモしていました。
ですが…
アナウンスの仕事や職場の人間関係で役立つことが多いんです!
いまでは、自分のために、必死になって覚えているくらい。
大人が現代の社会を生き抜くための手掛かり、詰まっていますよ。

「私は体育会系じゃないから…」

そんな方でも大丈夫!
今回(6月)収録したのは、アート編!!
『奇跡のレッスン』初めてとなる文化系です。

ohayou20160615_1_3.jpg

「最強コーチ」は、
イタリア人のシルバーナ・スペラーティさん。
絵の描き方を教えるのではなく、
観察、発見、想像…。
「自分の頭で考えること」を徹底指導します。
ぜひ番組をご覧ください!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

さかい菜園


酒井千佳です。

番組内でも何度か紹介している
さかい菜園のやさいたち。

先日は
すでにたくさんの青い実がついている
ミニトマトの様子をお伝えしました。

ohayou20160614_1_1.jpg

トマトが赤くなるためには
積算の気温が1000℃必要なので

これから暑くなってくれると
どんどん色づいてきそうです。

ちなみに
このミニトマトや

これまで番組で紹介した
小松菜やリーフレタス、枝豆以外にも

いろいろなやさいを
栽培しています。

ohayou20160614_1_2.jpg

こちらは中玉トマト。

とまちょんと名づけています。

ちょんってなってるでしょ。

まだミニサイズだけど
これから
大きくなってくれるはず!

ohayou20160614_1_3.jpg

この白いかわいい花は
パプリカ。

すでに
実のなっている株もありますよ!

ohayou20160614_1_4.jpg

かわいい…

親バカでございます。

この子は黄色パプリカなので

これから完熟して
色が変わってくるはずです。

このほかにも
パセリやバジル、ネギなども成長中。

また
我が子たちの成長をお伝えしていくので

みなさまも
やさしく見守ってください♪

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

おはよう日本、それは青春の日々!!


リポーターの長野亮です。
おはよう日本のブログはこれで最後となりました。

今月、旭川放送局へ転勤いたします。
これまで、平成8年の入局の時に長崎に赴任して以来、
静岡、愛媛県の松山、名古屋、
そして東京と異動してきました。
そして北海道。
お気づきでしょうか、本州四国九州と北海道、
全部住むことになるのです。
我ことながら、かなりダイナミックな動きです。

旭川に行ってびっくり!
これは旭川放送局前で撮った写真ですが…

ohayou20160621_1_1.jpg

稚内まで250キロの表示。
稚内は旭川局の、いわゆる域内です。
地元取材の範囲です。
それが250キロ先って…
広いとは聞いていましたが、これほどとは。
実は旭川放送局の域内はローカル局としては日本一広く、
四国4県よりも広いのだそうです。

これは楽しみです。
未経験の北の大地でどんな体験が待っているのか。
面白いことがあったら、ぜひおはよう日本でも
紹介したいと思っていますので、お楽しみに!

ところで今、引越しの荷物を整理しているのですが、
自分らしい写真を見せたくなったので、ここで一枚!

ohayou20160621_1_2.jpg

さらにもう一枚!

ohayou20160621_1_3.jpg

ギターたちです。
これでも一部です。
多分、まだ増えます。
妻に怒られています…

大して上手くもないのになんで
そんなにギターがいるのか?
と言われても、好きなのです。
このギター愛は、おそらく一生変わらないでしょう。

その宣言をこのブログの場でするのは如何なものかと
自分でも思いますが、そこはそれ。
自分らしい写真といって思いつくのが自撮りよりも、
この写真だったのです。
最後のブログということで平にご容赦を。

さて、おはよう日本のリポーターを勤めたのは
1年2か月でした。
緊急報道からエンタメ、温泉巡りや気になる@ライブ。
中継やロケで全国を回り、
日本の「今」を追いかけてきました。
その一部はこのブログにも記しましたが、
実に楽しい時間でした。
短い間でしたが、めまぐるしく変わる現代の一面を
体感できたのは貴重な経験です。

45歳という中年のど真ん中の私ですが、
驚きや発見の毎日は、青春真っ盛りの時以上に
新鮮な刺激にあふれていました。

アナウンサーになって20年余りになりますが、
年々、この仕事が楽しくなっています。
人生、いつが一番楽しかったかと聞かれて「今」と
堂々と言える人が幸せだとするなら、
私は今、確実に幸せです。

そう思わせてくれた「おはよう日本」に
またいつか戻ってきたいと思いつつ。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

愛され小山


近田雄一です。

「おはよう日本」の居室で発見!

ohayou20160610_1_1.jpg

小山径アナ(現名古屋局)のパネル。
かつてまちかど情報室で使われたものでしょうか。
スタッフの席に大切に飾られていました。

ohayou20160610_1_2.jpg

番組を卒業したにも関わらず、
しかも先日居室のレイアウト変更が行われ
不要な物はリサイクルや処分に回されたにも関わらず、
生き残ったパネル。
内外から小山アナが愛されている証拠ですね。
アナウンサーたるものこうありたいもの。

小山アナにお伝えしたところ、
「うれし~。鼻毛とか書かないでくださいよ。」

それはフリか?

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

東京は西に広い。


リポーターの堀越将伸です。
5月、新緑を求めて奥多摩にトレッキングに出かけました。
新宿から一路西、快速列車で1時間半あまりの別天地です。

奥多摩と一口に言っても、広大な範囲だとご存知ですか。
恥ずかしながら、私は知りませんでした…。
奥多摩のどこを歩くのか、事前に登山届を書いて提出します。
私が歩いたのは、せいぜいこのくらいの範囲(○印)。

ohayou20160609_1_1.jpg

今回は、その奥多摩の山塊のうち、
御岳山(みたけさん)から大岳山(おおだけさん)にかけ、
前任地の信州にいた時以来、3年ぶりに山歩きしました。
道中のことを話すと延々長くなるので結論だけ言うと、
奥多摩、とっても楽しかったです。

ohayou20160609_1_2.jpg

まず登山鉄道に乗って御岳山の山頂近くまで上がり、

ohayou20160609_1_3.jpg

沢づたいに歩いて、水の音に心癒されたり、

ohayou20160609_1_4.jpg

小さな滝のそばで、山岳信仰の場であることを感じたり、

ohayou20160609_1_5.jpg

東京なのに(?)、山でしか出会えないような花を見たり。
登頂をめざすより、道すがらの景色や地形の変化を楽しみ、
ガツガツ歩きつめるのではなく、ほっとする山歩きでした。

ohayou20160609_1_6.jpg

土曜日だったこともあり、大勢の登山者が来ていました。
都会を少しだけ離れて、山で深呼吸する休日。
東京は想像以上に、西側に広く懐が深いと知りました。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

席替え


どうも、リポーターの赤松俊理です。

いつも仲が良い「おはよう日本」のメンバー。
最近、ちょっとした変化がありました。

それは「席替え」。

これまで赤松の隣に座っていたのは、
4月から4時台のキャスターの黒田アナ。
共通しているのは2人とも色が黒い。
腹黒いではありません、念のため。
(去年7月10日の阿部キャスターのブログもこのネタです)
 
ohayou20160608_1_1.jpg

リポーター陣は、赤松、黒田、長野、堀越と机が並び、
阿部さんたちもキャスターの皆さんも
それぞれ自席があったわけですが、
最近、こうなりました!

ohayou20160608_1_2.jpg

はい、よく分かりませんね。

説明しますと、フリーアドレス=自由席になったのです。
これまであったそれぞれの机、自席がなくなり、
アナウンサーグループ全体で共有する机になりました。
座る場所は自由。毎日変わります。

今日、赤松の隣は堀越さん。
同じ釧路局経験者同士、北海道談義がとまりません。
その隣はいつもパワフルな望月さん。
向こうには田所アナと柴崎アナが見えます。
全部で12席。
遠くから見ると、こんな感じです。

ohayou20160608_1_3.jpg

写真をとっていると登場したのは、芳川アナ。

ohayou20160608_1_4.jpg
 
深夜2時から勤務しているとは思えない、さわやかな表情。


そして、我らが阿部さんはというと、、、

ohayou20160608_1_5.jpg
 
直前に迫った伊勢志摩サミットの準備に忙しい様子でした。


いつも阿部さんを中心に和気あいあいな「おはよう日本」。
共有席を囲みながら、ますます楽しい雰囲気ですが、
どんな会話が飛び交っているのか?
そして、かつて登場したぬいぐるみ達は、
どこに行ってしまったのか・・・
ボブズの2人は並んで座ることはあるのか?

うーん、恐らく誰かがブログに書いてくれると思います。

すいません、最後はメンバーに丸投げの赤松でした。
それでは!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

収穫の「初夏」


リポーターの富永禎彦です。

わが家では、初夏といえば「収穫の季節」です。
庭に植えた小さな木が、小さな赤い実をつけるのです。

ohayou20160531_1_1.jpg

真っ赤に熟した実を選んで1つ1つ収穫します。

時期が早いと、収穫の時に傷つけてしまいます。
でも、ほどよく熟した実は、鳥たちもねらっています。

鳥と競争しながら1日に収穫できるのはこのくらい。

ohayou20160531_1_2.jpg

冷凍保存して、ある程度の量がたまったら・・・

ohayou20160531_1_3.jpg

手作りジャムにします。
手間をかけた分、一層おいしく感じます。

ちなみに、この木は、桜の開花と同じころ、
白い小さな花で楽しませてくれます。

ohayou20160531_1_4.jpg

秋には紅葉、冬には落葉。

小さな木が、四季の変化を教えてくれます。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

☆ フェアリーJAPAN ☆美しさの秘密


皆さんこんにちは。
平日のスポーツコーナーを担当している森花子です。
先日、人生初の「スキンチェック」を体験しました!

ohayou20160606_1_1.jpg

まずは、チェック用紙で肌の状態をチェック。
「シミ・そばかす・乾燥肌」・・・
気になるものに○をつけたら、
頬にシールのようなものをはって、
肌表面の角質細胞を採取。
それを分析センターに送り、
細かく肌の状態を分析します。
 
実はこの検査、
リオ五輪に出場する新体操の日本代表選手
定期的に行っているもの。
なぜこれほど徹底的に「美」を
追求するのか?
その理由が知りたくなりました。


新体操の日本代表チームには、
「メイクの考案」や「スキンケア」を専門的に指導する
美容コーチ」が存在します。
手足が長く、目鼻立ちのしっかりした海外選手が
有利といわれる新体操の世界で、
日本選手の表現力を高め、
美しさを際立たせるメイクの考案は、
日本のメダル獲得に必要不可欠です。
この日、私のスキンチェックを担当してくれた
「美容コーチ」の田中琴乃さんは、
2012年のロンドン五輪で、
新体操日本代表の主将を務めた元フェアリージャパン!

ohayou20160606_1_2.jpg   

選手たちが「美」にこだわる理由について・・・・・
「選手にとってメイクは戦闘服のようなもの。
メイクが気持ちを切り替えるきっかけになり自信にも繋がる。
素肌の状態が悪ければメイクのノリが悪くなり不安が生まれる。
その不安は演技に悪影響を及ぼす」と教えてくれました。
「新体操の選手は、どんなにつらく厳しくても笑顔を求められる。
その辛さや苦しさが痛いほど分かるから、
オリンピックという大舞台で
選手たちが最高の笑顔で輝けるよう最大のサポートがしたい」
スポーツキャスターとして、五輪に挑む選手たちはもちろんですが、
選手を一番近くで見守りサポートする
「コーチ」や「監督」、そして「家族」の思いにも寄り添いたい。
そう改めて感じた瞬間でした。
「スキンチェック」の結果は2週間後・・・。
日頃の不摂生がスキンチェックで
見抜かれないよう祈りながら、
結果を待つ今日この頃です!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

満たされました


和久田麻由子です。
先日、長野県を訪ねた際、
ずっと食べたいと思っていた「そば」を食べました!

さっそくそばを注文すると、
まず出てきたのが、地元の野菜などを使った小鉢。
大根にはよーく味が染みていて、お豆もホクホク。
上の白いものは、そば湯を寒天で固めたもの。
ほんのり甘く、これもおいしかったです。
 
ohayou20160603_1_1.jpg

そして念願の十割そば!

ohayou20160603_1_2.jpg
 
そばの香りがふんわり♪
少し太めで、噛みごたえ、食べごたえがありました!

ohayou20160603_1_3.jpg
 
店の外に出ると、目の前には芝桜が。紫色がなんとも鮮やか!
お腹も心も満たされたひとときでした。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

あの頃の気持ち


芳川隆一です。

先日、東京・大田区にある、
東京消防庁の訓練場に行ってきました。

ohayou20160530_1_1.jpg

子供の頃から「かっこいいな~」と思っていた
消防の特殊車両の前で1枚パチリ・・・と、
記念写真を取りに行ったわけではありません。
この日は、今年の新人アナウンサーの研修がここで行われ、
僭越ながら講師役としてお邪魔したのです。
NHKでは、新人アナウンサーや記者などが、
火災や震災現場を想定した東京消防庁の訓練にお邪魔して、
現場リポートをするという研修を毎年行っています。
目の前で繰り広げられる本番さながらの訓練を前に、
何をリポートしようか考える新人アナウンサーたち。

ohayou20160530_1_2.jpg

この日は、地震で住宅が倒壊して
人が閉じ込められているという想定でした。
熊本地震を受けた今、現場を見つめる
アナウンサーたちの眼差しは真剣そのものでした。
実は、私自身も新人時代に同じ研修を受けました。
訓練とはいえ、初めて本物のレスキュー隊員の皆さんが
活動する様子を前に、
その迫力に圧倒された事を覚えています。
何をどう伝えれば良いのか。人命は。
建物の被害は・・・。
伝えなくてはいけない事はたくさんあるのに、
うまく言葉にできません。
新人アナウンサーたちの真剣な顔を前に、
自分のあの頃を思い出しました。

ohayou20160530_1_3.jpg

新人アナウンサーたちは、
来月からそれぞれ全国の赴任地に旅立ちます。
皆様、どうぞ温かく迎えていただけますよう、
よろしくお願いいたします!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

お引っ越し


黒田信哉です。

ある日、職場に行くと・・・。

ohayou20160526_1_1.jpg
 
怖い。
あれ?部屋を間違えたかな?
いや、確かに「おはよう日本」の部屋のはず。

そういえばメールが来ていました。
「職場のレイアウト変更をします」と。
私が来る前から、
それよりもっともっと前から変わらなかった
「おはよう日本」の部屋のレイアウトが変わるのです。

しまった、急いで荷物をまとめなければ。
そうは言っても、取材メモや資料など机の上にも、
机の下にもいろんなものがあります。
簡単には荷物は整理できません。
とりあえず段ボール箱に詰め込み、完了。

ohayou20160526_1_2.jpg
 
どんなレイアウトになるんでしょう?
毎日、行くたびに景色が変わっていきます。

ohayou20160526_1_3.jpg
    
みんな興味深々です。

ohayou20160526_1_4.jpg
 
部屋のレイアウトも変わった「おはよう日本」。
是非放送もお楽しみください!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

ページの一番上へ▲