2016年5月

ヤマボウシ


土・日の気象情報を担当している南利幸です。

5月も中ごろになって、日差しが強くなってきました。
紫外線は、天気や大気中のオゾンの量で変化します。
基本的に真夏はオゾンの量が少なくなるので、
紫外線が強くなります。
しかし、オゾンは日変化をするため、
5月でも真夏の紫外線とあまり変わらない日もあります。
油断は禁物です。
そんな5月も後半になると、咲き始める花があります。

ohayou20160607_1_1.jpg

渋谷区の代々木公園で見つけました。
白い花がついています。近くで花を見ると

ohayou20160607_1_2.jpg

ハナミズキに似ていますが、
ハナミズキと近い種類のヤマボウシです。
白い花びらに見える4枚は、
花ではなく総苞片と言われる特殊な葉です。
花は中心にある黄緑色の塊になっている部分です。

我が家(兵庫県西宮市)の近くでも咲き始めました。

ohayou20160607_1_3.jpg

ohayou20160607_1_4.jpg

白い総苞片に光が当たって輝いて見えます。
ヤマボウシが咲くころは、紫外線が強い頃です。
ヤマボウシは帽子着用の季節であることを教えてくれています。

「ヤマボウシ 咲くころ 帽子 必需品」

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

不思議なご縁


土日祝スポーツコーナーの向井一弘です。

気がつけば社会人になって16年目。
かつて一緒に働いた仲間と巡り巡って
数年ぶりに再会するなんてことも増えて、
人とのご縁の不思議を実感する今日この頃です。
とりわけ、この1年は“ある仕事のプロたち”との
出会いや再会が多くて、非常に謎を感じています。

まず、「ニュースチェック11」気象コーナーの三宅惇子さん。

ohayou20160523_1_1.jpg

仙台局で、2年間「おはよう宮城」を一緒にやっていた相方です。
平日夜の新番組に抜擢されて活躍しています。
今では遠い存在になってしまったような…
嬉しさ半分、悲しさ半分です(笑)

そして、土日の日中の気象情報を担当する篠原正さん。

ohayou20160523_1_2.jpg

同じく仙台でご一緒させて頂いた
“稀代のエンターテイナー”です。
仙台局のキャラクター「やっぺぇ」との気象コーナーは毎回爆笑の嵐。
宮城県の気象情報に革命をもたらした男が、ついに東京へ!

さらに、土日の「ニュース7」の気象情報担当の菊地真以さん。

ohayou20160523_1_3.jpg

水戸局で新人のキャスターとして迎えたのが
つい最近のような気がしていましたが、
立派な気象予報士として活躍されています。
メイク前に押し掛けたので「写真はこれが限界!」とのこと。
菊地さん、ごめんなさい。

以外なご縁も…
「ニュースウオッチ9」の気象担当の斉田季実治さん。

ohayou20160523_1_4.jpg

実は同じ大学、同じバイト先でした。
その時は分からなかったのですが、共通の友人のおかげで判明。
先日、ついに対面することが出来ました。
ふるさと熊本のことを思い続ける誠実な人です。

気がつけばなぜか気象のプロばかり。
おかげでこれまでより天気予報が頭に入るようになりました。

そして最後に。
土日祝日の朝は、
当然我らが南さんの気象情報もよろしくお願いします!

ohayou20160523_1_5.jpg

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

「チョイス!」


まちかど情報室担当の新井秀和です。
4月29日のまちかど情報室特集では、
まちかど初の試みとして、
視聴者の皆さんにデータ放送の双方向機能を使って
番組参加していただきました。
事前にこのブログで告知させていただいたこともあり、
多くの方にご参加いただきました。
ありがとうございました!
結果としては・・・

ohayou20160601_1_1.jpg

これは、コーナー冒頭で
「私と近江さんの企画、どちらを先に見たいか」を、
視聴者の皆さんにチョイスしていただいた結果です。
まぁ・・・
私としては予想通りでしたが・・・
思ったより、
大差がつかなくてホッとしました。

チョイスと言えば・・・と、強引な展開ではありますが、
私が担当している番組に「チョイス@病気になったとき」があります。
病気になったときに直面する
「チョイス」を考えていく番組です。
たとえば「腰痛」がテーマの回では、
腰痛にならないようにチョイスして欲しいこと、
腰痛になってしまったあとに
チョイスしてほしい治療の例などを紹介しました。
今年度は、できるだけ多くの「チョイス」を
皆さんに知っていただこうと、番組を作っています。

番組は、俳優の八嶋智人さんと大和田美帆さんが
MCとして番組を進行し、
私はチョイスコンシェルジュという役割で、
データの紹介などで進行をサポートしています。
同じくチョイスコンシェルジュとして
番組を担当しているのがこの方・・・。

ohayou20160601_1_2.jpg

中條誠子アナウンサーです。
中條アナは、私にとって「おはよう日本」の先輩でもあります。
収録の合間に、
いつも「朝は大変じゃない?体調は大丈夫?」
と気にかけてくださいます。
同じく朝の番組を担当していた先輩として、
頼りにさせていただいています!

放送は、Eテレで毎週土曜日の夜8時~8時44分までです。

あれ?その時間、総合テレビでは・・・
近江アナの「ブラタモリ」を放送している・・・。
これまた視聴者の皆さんに
「チョイス」していただくことになりそうですね。

でも、安心してください。
毎週金曜日の正午~午後0時44分まで再放送もあります。
「まちかど情報室」とともに、よろしくお願いいたします!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

劇空間アナ野球!


阿部渉です。
この度「おはよう日本」の部屋が
リニューアルされました。
工事中、机や荷物はすべて別室に。
完成までのわずかな時間、
広々とした空間が出現したのでした。

ohayou20160526_2_1.jpg
 
さあ、このスペースを見てしまったら、
やるしかありません!

ohayou20160526_2_2.jpg
 
さあ、勝負だ!
ピッチャー阿部、キャッチャー望月のバッテリーに、
バットを構えた和久田!
新井主審の掛け声でプレイボール!

ohayou20160526_2_3.jpg
 
ショートの芳川も腰を落とした!
ピッチャー阿部、第1球を投げました!
 
ohayou20160526_2_4_2.jpg
 
ohayou20160526_2_5.jpg
 
ohayou20160526_2_6_2.jpg



いい大人が何をやっているんだか!

でも…
ここは、現代の原っぱかも。楽しいです(汗)

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

母の日、思いがけず父から・・・


3人きょうだいの末っ子、中村慶子です。
先日、母の日のプレゼントとお花を届けに、実家に遊びに行くと、、、

ohayou20160525_1_1.jpg

子どもの数だけ、お花がそろいました。
わたしはこの年になっても自分のことで精いっぱいなのに、
3人も子どもを育てた母、恐るべし!

思いがけず父から、、、というのはお花ではありません。
クイズを出されました!

ohayou20160525_1_2.jpg

「これは、何に使うものでしょう?」というクイズです。
高さ17センチの、ステンレスで出来た筒。
大きさの違う穴がいくつもあいています。
「うーん、水槽に入れて、熱帯魚の家にする?」
「中に電球を入れて、穴から漏れるあかりを楽しむ?」
などみんなで考えたのですが、
クイズを出した父の反応がおかしいのです。
「んー、そうかなぁ?どうかなぁ?」
あれ、何かおかしい、と思い、
「正解は??」と聞くと、
「いや、何に使うかは分からないんだよ。
 おもしろいなぁ、何かに使えるかなと思って買った!」と。
詳しく聞くと、ホームセンターの一角で、
1つ30円で売っていたとのこと。
なんと、10個も買ったそうです。
いくら安くても、いくらおもしろそうでも、
用途の分からないものを10個も買うなんて。
父、恐るべし!

そんな父から毎日のように送られてくる、犬の写真。
この前は、こんな写真が送られてきました。

ohayou20160525_1_3.jpg

父の腕まくらで熟睡中の、わが家の犬。
中村家での犬の立場、恐るべし!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

自転車の季節


酒井千佳です。
趣味はロードバイクですが、
暑いのも寒いのも苦手なので(わがままとも言うそうですが)
気持ちがいい季節しか乗りません。

今まさに自転車にはいい季節。

先日も千葉県の外房から内房まで
房総半島を横断してきました!

ohayou20160517_1_1.jpg

まぶしそうにしていますが
かなりまぶしかったです。
でも日差しが気持ちよかった!!

ohayou20160517_1_2.jpg

新緑も鮮やかだし
藤の花も満開だし
長閑な景色を楽しみながら走っていたら
75キロあっという間のツーリングでした。

ohayou20160517_1_3.jpg

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

これからも


望月啓太です。
今年度もニュースリーダーをつとめます。

ohayou20160524_1_1.jpg

4月上旬、新メンバーと撮った写真です。
実は私含め皆、熊本放送局の経験者という
共通点があり、とても頼もしい後輩たちです。
共々どうぞよろしくお願いします。


...間もなくして、その熊本で地震が起きました。

土地を知る3人は、すぐに九州に向かい、
現場や避難所などから状況を伝えつづけました。
私も志願しましたが東京のスタジオ担当で、
新たな被害が出ないよう願い伝えていました。

南阿蘇は当時、取材で度々訪れました。
「なんとか生きてました・・」という知人は、
家や地盤に大きな被害を受け、住めません。
熊本市内でも、家や工場が全壊という方もいました。
家業の再建に1年半はかかると言います。

1か月たってもつづく地震、早く途絶えてほしい。
頑張ろう熊本、負けるな熊本。
自ら励ますように言葉にし前を向く人もいます。
これからも、少しでもお役に立てればと思っています。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

土日の朝は・・・


小郷知子です。
土日のおはよう日本を担当しています。

週末どんな生活をしているのかというと・・・

土曜日は、午前1時30分起床。
起きてからまず始めるのは、

ohayou20160520_1_1.jpg

子供の朝食の準備。
すっぴんを見せられる感じではなかったので
マスクしてみました。
何だか怪しい人ですね。

そして、朝食を食べさせてくれる夫への指示を
付箋で貼っていきます。

ohayou20160520_1_2.jpg

さらにもう一食。
今度は子供のお弁当を作ります。
通っている保育所では給食がなく
お弁当を持参しないといけないのです。

朝ごはんと全く同じメニューというのもかわいそうかなと思い、
できる限り変化をつけるように心がけていますが、
ワンパターンになってしまうのが最近の悩みです。

ohayou20160520_1_3.jpg

完成!
アップに耐えられるお弁当の中身ではないので
怪しい人と込みにしてみました。
地味なお弁当ですが・・・
うちの子はいつも完食してきてくれます。
ありがたい(涙)
キャラ弁とか手の込んだ華やかなお弁当を
作っている人って本当に尊敬します。

それから余り物を私の朝ごはんとしてパクパク。

そしてNHKへ出発!

こうやって長い1日が始まるのです。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

リラの季節


どうも。
リポーターの赤松俊理です。

新年度が始まって桜が綺麗だなぁなんて思っていたんですが、
気がつくと気温が25度近くの日が・・・暑い。
桜の写真でブログに書こうと思っていたらもう季節が合わない!

でも、せっかくなので近所の大学の桜並木を。
散り始めていましたが、桜のトンネルにピンクの絨毯。
散歩にきていた幼稚園の子供たちも
「わぁ~!きれい!!」と喜んでいました。

ohayou20160519_1_1.jpg

座ってコーヒーを飲んでいると、カップに花びらが。

ohayou20160519_1_2.jpg

一人勝手に風流な気分に♪



そして、我が家のベランダからも桜がよく見えるのですが、
ちょっと色の違う花も咲きました。
 
ohayou20160519_1_3.jpg

手前の淡い藤色の花はライラックです。
北海道では街路樹や公園などでよく見かける花です。
「リラ」の花とも言います。
調べるとライラックのフランス語が「リラ」でした。

北海道では5月に桜が散った後に咲くのですが、
東京では桜と一緒に咲いちゃいました。

ohayou20160519_1_4.jpg

そしてこの花は、とてもいい香りがするんです。
我が家は家族みんなが大好き。
息子も「あ~、いい臭いがするぅ♪」と毎日のように嗅いでいました。

北海道生まれの赤松としては、ちょっと不思議な季節感ですが、
なかなか綺麗な共演でした。

それでは!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

子どもと...


もうすぐ34歳になる田所拓也です。

一児の父である私。
子どもと全力で遊ぶ中で、
自然と筋力トレーニングとなっていることに気付き始めました。

子どもをお腹の上に座らせて顔を近づける→腹筋運動、

肩車をしながらの腰を降ろす→大腿筋運動、

ohayou20160518_1_1.jpg

何度も高い高いをする→上腕筋運動。

ohayou20160518_1_2.jpg

子どもの笑った顔を見たい!と続けていたら、
いつの間にか腕が、太ももが太くなっていました。
息を切らす父を見て、子どもは大はしゃぎです。

抱っこできる今を大事にしたいと思います。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

温泉!


リポーターの長野亮です。
先日の祝日特集(5/4放送「進化する温泉」)で放送しましたが、
温泉ロケに行ってまいりました。
場所は東京2か所(上野・品川)と
鳥取県の三朝温泉、兵庫県の城崎温泉です。

自分自身、特に「温泉好き」という意識はなかったのですが、
今回の取材を始めるにあたって振り返ってみると、
かなりの数の温泉に浸かってきたなあと思いました。
学生時代は親戚たちとの旅行や大学のサークル・ゼミで
関東の温泉は結構行きましたし、
長崎時代は長崎県内のみならず、
佐賀や熊本の温泉地巡りをしました。
松山局勤務の時は、自宅が道後温泉のすぐそばでしたし、
将棋番組の担当になって名人戦や竜王戦の生中継で行く先と言ったら、
全国の名だたる温泉地ばかりなのですから、
温泉に関しての経験値はかなりのものになっていたはずです。

さて、今回のロケ、結論から言いますと
「楽しかったけど、きつかった」。
なにせ3泊4日で「東京~鳥取~兵庫」と回ってきたわけです。
毎日早朝から日暮れまで撮影し、
さらに夜間に移動というスケジュール。
事情を知らない周りからは
「いいな~、温泉三昧でゆっくりして美味しいもの食べてきたんでしょう!」
と言われますが、全く違います。
ビジネスホテルでコンビニ飯……。
あっ!恨み節、出ちゃいました。

話を本筋に戻して、写真を。

ohayou20160516_1_1.jpg

こちらは鳥取県の三朝温泉。
「みささ」と読みます。
当時に来た客が、3日目の朝を迎えたころには
見違えるように元気になるという言い伝えから
三朝になったといわれているそうです。
写真は温泉街を流れる川の河原にある露天風呂です。
天然の温泉が、ここから少し上流で湧いていて、
そこからひいています。
足湯も併設されていますが、
どちらも24時間入ることができて無料です。
ほとんど公園のような感じの扱いといいましょうか。
地元の人も、観光客も、結構な数の入浴客がいました。
温泉街のすぐそばなので、
夜は夜でふらりとやってきてはひとっ風呂浴びていく感じなのでしょうね。
もちろん男性がほとんどです。

つづいての写真は健康料理。

ohayou20160516_1_2.jpg

こちらも三朝温泉。
三朝温泉は街ぐるみで「健康」をテーマにした温泉をアピールしています。
番組でもご紹介しましたが、
当時に訪れる客に「健康メニュー」を出す旅館もあるのです。
この写真では、玄米と野菜だけのヘルシーコースで
肉や魚は使わずに530kカロリーです。
調味料もほとんど使われていません。
それでもボリューム感はたっぷりで、
かなりおなかいっぱいになりました。
こちらの旅館では健康メニュー
(個人のオーダーをきちんと聞いてくれます)の湯治客は
1泊8000円で受け付けているということです
(3泊以上、1泊2食付き!)ので、
私もダイエットのために2週間ぐらい行きたいと思いました。

ohayou20160516_1_3.jpg

場所は変わってこちらは兵庫県北部の城崎温泉。
志賀直哉が愛し、
「城崎にて」を執筆したことでも知られる伝統の湯治場です。
大正ロマンの香る温泉街は浴衣を着てブラブラするだけでも
時の流れが変わったように感じます。
街の端から端まで歩いても2~30分という
小じんまりした温泉街に旅館や飲食店、温泉や土産物屋が並んでいます。
城崎を案内してくださったのは、こちらの方。

ohayou20160516_1_4.jpg

城崎温泉観光大使の月島ほたるさん。
こんな感じで、浴衣を着て街を歩きました。
良い雰囲気の街を浴衣に下駄で、しかも素敵な女性と歩いたら…。
いや~楽しかったですよ、それはそれは。
いろいろと城崎のことを教えてもらいながら、
天気も良く素晴らしい経験ができました。

このほか、東京の温泉では、温泉医学を研究している先生に
温泉の最新情報も教えてもらいました。

大変なロケではありましたが、
様々な出会いに恵まれて忘れられない番組になりました。
また、プライベートで家族とともに楽しみたいと思います。

今度こそ、のんびりと。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

コラボ


近田雄一です。

「おはよう日本」とともに担当している
「知恵泉」(Eテレ火曜夜10時~)が、
ドラマとコラボレーションすることになりました。

ohayou20160513_1_1.jpg

BSプレミアムで火曜夜11時15分~放送の
プレミアムよるドラマ「最後のレストラン」。
田辺誠一さん演じるフレンチシェフのレストランに、
なぜか歴史上の偉人たちがタイムスリップしてご来店!
無理難題な注文にシェフたちが奮闘して…という物語。

一方の「知恵泉」は、
歴史上の人物たちから現代に役立つ知恵を見出し味わう。

共通するキーワードは「歴史」&「火曜夜」。
そこで、番組やチャンネルの垣根を越えて
“歴史的”コラボをすることになったのです。

ohayou20160513_1_2.jpg

ドラマに登場する屋台に、
なぜか知恵泉ラベルの酒樽と瓶。

ohayou20160513_1_3.jpg

ドラマの出演者の皆さんとの対談も。

さらに、
ドラマ本編にほんの少しだけ出演させて頂くことに!

ohayou20160513_1_4.jpg

リハーサルから本番までテキパキと段取りが進む中、
多くのスタッフとカメラに囲まれる異様な緊張感。
あんなに冷や汗をかいたのは後にも先にも初めてでした…。

忙しい撮影スケジュールにも関わらず、
色々と対応してくださった田辺さんが本当に優しかった!
(そして、握手をさせて頂いた手がとても温かかった!)

火曜夜は“歴史三昧”。
「最後のレストラン」と「知恵泉」、
どうぞ合わせてお楽しみください。

ちなみに放送は5月17日。
その日、「知恵泉」にも田辺さんが…!?

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

24歩の「お引っ越し」


柴崎行雄です。
4月はディレクターとして『特報首都圏』の制作をしていましたが、
いよいよ『おはよう日本』ポーター業務に本腰を入れることに。

ということで… 
まずは、お引っ越し!

実はこの3年間、首都圏エリアのリポーターを務めておりました。
「首都圏放送センター」の自席がこちら。

ohayou20160512_1_1.jpg

結構キレイでしょ。
立つ鳥跡を濁さず。
感謝の気持ちを込めて、しっかり拭き掃除しましたからね。

パソコンや資料など荷物を持って、
いざ、「おはよう日本」の居室へ。
実は…

ohayou20160512_1_2.jpg

お隣さんなのです。
この扉の手前が「首都圏放送センター」で、
奥が「おはよう日本」の居室。

ohayou20160512_1_3.jpg

銀色の線から下が「首都圏」。
ここまで9歩。
そこから15歩進むと…

ohayou20160512_1_4.jpg

新たな自席に到着。
たった24歩で、引っ越しを終えました。

とはいうものの心機一転。
気持ち新たに頑張ります!


ちなみに…
パソコンの右側にクリップでとめているのは、
ショートカットキーの一覧。
事務作業の効率が高まると聞いて特訓中です。

ohayou20160512_1_5.jpg

塗り潰しているのは、すでに使える操作。
丸がついているのは、意識して使っている操作。

必要以上にショートカットキーを使用して、
作業が遅くなっている感じもしますが…

情報を「少しでも早く」届けるためにやることは色々ある。
そう思わせてくれる、日々です。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

熊本の皆さん一緒に"がんばるばい!"


気象予報士 平井信行です。
今回の「平成29年熊本地震」の被害に遭われた方、
心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
明るくて負けず嫌いな県民性の熊本県のみなさんであれば、
きっと復活することでしょう。
私も応援いたします。

私は熊本県八代市の出身です。
八代市も市役所など大きな被害を受けました。
“災害は忘れたころにやってくる”といいますが、
実は約400年前に八代市でも強い地震で城が壊れてしまいました。
八代市のパンフレットの記述によれば、
1619年麦島城倒壊と記されています。

ohayou20160509_1_1.jpg

詳細はわかりませんが、これも断層の仕業ではないでしょうか。

今年の正月に帰郷し、二つの断層のようすを写真に収めてきました。
一つは、日奈久断層(ひなぐ)です。

ohayou20160509_1_2.jpg

奥に九州山地が見えますが、
直線状に山が断層に沿うように平地から突き出ています。
山と麓の境目付近が断層です。

ohayou20160509_1_3.jpg

奥に布田川断層に沿うように連なるのが、三角(みすみ)半島です。
このような、二つの活断層のある熊本県は、
実は直下型地震がかつては多かったと推測されます。

今回の地震で、熊本では水が不足する事態になりました。
熊本は“日本一”と言えるほど、
水道水がきれいで街中でもあちこちで湧水があります。
私は水の豊富な熊本県でも、
地震の時は水が不足することにショックを受けました。

そこで、雨水の活用をお勧めいたします。
熊本はこれから梅雨にかけて一年で最も雨の降りやすい季節になります。

ohayou20160509_1_4.jpg

我が家では雨水タンクを備え付けています。
屋根に降った雨が、雨どいを伝ってタンクに溜まるようになっています。
水道水も元々は空から降ってきた雨水ですよね。

ohayou20160509_1_5.jpg

雨水タンクの水で、
非常時にはトイレ用水など生活水として使用できます。
平常時は、植木の水やり、車洗い、打ち水、洪水の緩和など
様々なメリットがあります。
阪神・淡路大震災の際には、
雨水タンクが活用されたと聞いております。

皆さんもいかがでしょうか。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

イチョウ発芽


こんにちは、土日の朝に気象情報を担当している南です。
東京の桜も散ってしまいましたが、
いろいろな木々が芽吹き始めました。
気象台ではイチョウの木の発芽を観測しています。
今年、大阪は4月4日、東京は4月6日、仙台4月12日に発芽しました。
気象台の観測における発芽日とは、
全体の20%の葉っぱが出てきた日としています。
20%ぐらい芽が出ると、
木がほのかに緑色に覆われ始めているのが分かります。

ohayou20160428_1_1.jpg

ohayou20160428_1_2.jpg

東京のNHKの周囲のイチョウの木も、
小さな緑色の葉っぱが出はじめました。
顔を近づけてじっくり見るとかわいらしい葉っぱです。
季節の進みは順調です。

「イチョウの葉 芽吹いて季節 イイチョウシ」

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

私のふるさと・熊本


近江友里恵です。
私はNHKに入局後、
初めて勤務した初任地が熊本放送局でした。
2012年に入局し、2014年春まで約2年間を、
熊本で過ごしました。

最初に震度7を観測した日の翌日から5日間、
災害報道応援で熊本に行ってまいりました。
熊本に到着してすぐの夜中に、
本震の揺れが発生しました。
大好きな大好きな熊本の人々、
街並みが傷ついて行くのを目の当たりにし、
「お願いだから、もう、これ以上揺れないで」と、
心の中で祈り続けました。

被災した熊本の皆さんは、こんな時にも関わらず、優しかったです。
取材している私たちの身を案じて、
言葉をかけてくださる方までいらっしゃいました。
「近江さん、お帰り」
「近江さんの野球実況を覚えているよ」
「久しぶりに戻ってきたふるさとは、どうですか?」
と、声をかけてくださる方々もいらっしゃいました。

「ふるさと」という言葉が、頭の中でこだましました。

社会人として、放送人として、
何の経験もなかった私を大きな心で包み込み、
温かく支えてくださった熊本の人々の優しさを、
改めて思い出しました。
優しい熊本、九州の皆さん、
苦しいときには、たまには弱音も吐いてくださいね。

私は避難所での取材や中継リポートなどを担当しましたが、
被災した方々のために、どこまで役に立てたのか、
もっともっと何かしたかった、
そんな思いを抱えながら、今、東京で仕事をしています。
私がめそめそしていても、何も物事は進まないので、
私なりにできることを頑張って行こうと思います。

心はいつも、ふるさと熊本、そして九州とともに。

ohayou20160502_1_1.jpg
(去年、阿蘇を訪れた時の写真です。また必ず訪れます。)

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

おいしいぞ静岡。


堀越将伸です。
今年度は、おととしに続いて再びリポーターを務めます。
「おはよう日本」を担当して3年目に入りました。
また1年、よろしくお願いします。

新しい年度の始まりは、春の訪れとともにやってきます。
で、春の訪れとともにやってくるのが、
妻の地元・静岡の旬の「おいしいものたち」です。
これがもう毎年、楽しみで楽しみで楽しみで。

ohayou20160511_1_1.jpg

4月の帰省時、甘味処で、静岡の名産を使った
イチゴのかき氷と煎茶と牛乳の飲み物を味わいました。
あまーいイチゴも、もう終わりの近い時期でした。
そして、次にやってくるのが新茶。胸おどる季節です。

ohayou20160511_1_2.jpg

大型連休ごろには、毎年サクラエビを食べに行きます。
国内では駿河湾でしか獲れないという特権みたいな味覚で、
ちょうど春に漁が行われるんです。
かきあげ、釜揚げ、そしてもちろん生でも。
ぷちっ、ぱりっ、ざくっ。あー幸せ。

ohayou20160511_1_3.jpg

あと、季節は関係なく…、
静岡では、名物のおでんばかり食べています。真夏でも。
好物は「黒はんぺん」。青魚のすり身がギュッと詰まった、
歯ごたえのいい、香り高い練りものです。
…と書いている間にも、食べたくなってきた。

おはようリポーターは体力勝負。
静岡で元気をチャージして、全国を飛び回ります。
がおーっ。(静岡市立日本平動物園にて)

ohayou20160511_1_4.jpg

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

大人のぬりえ!


リポーターの長野亮です。
今回は「大人のぬりえ」をご紹介します。

この1年ほど、大人むけのぬりえが大ブームなんです。
おはよう日本の特集でリポートするために取材しました。

ぬりえといえば、誰もが子供のころ、親しんだと思います。
特に小さな女の子はみんな大好きですよね。
女の子同士がワイワイ言いながらぬりえをしているのは
何ともかわいらしいものです。
私も子供のころ、マンガやアニメのキャラクターの
ぬりえをした記憶があります。
小学校の図工の時間だったような気もします。
色鉛筆やクレヨンでぬったのでしたっけ?
というぐらいの昔。

しかし、今流行っているのは「大人向け」。
最初に取材にむかった河出書房で
ぬりえの本の多さにびっくりしました。

ohayou20160510_1_1.jpg

大人のぬりえ第1号を出したのが11年前。
その1作目が思いがけないヒットを飛ばし、
以来現在までに毎月新刊を発行、通算140タイトルを超えているのです。
写真はそれを全部並べたもの。まさに壮観です。

大人のぬりえを出すきっかけとなったのが、
ある女性編集者の友人の一言だったそうです。
高齢者の介護施設で働いていたそのご友人。
レクリエーションで使うぬりえに子供向けのものしかなく、
大人でも塗りごたえのあるものがほしいとのことでした。
ならばと企画し、発行。
社内の当初の反応は、どうせ売れないからと、
赤字を恐れて初版6000部の発行だったそうです。
それが現在では毎月のように増刷を繰り返し、
第1号だけでなんと90刷を超えています。

次に取材に向かった先はぬりえ美術館。
東京は荒川区にある小さな美術館ですが、
昭和20~40年代に大ヒットした
蔦谷喜一氏のぬりえが展示されています。

ohayou20160510_1_2.jpg

60~70代の女性たちは懐かしく思うでしょう、
「きいちのぬりえ」です。
日本全国の駄菓子屋や文房具店に置かれ、
毎月100万部以上も売り上げたそうです。
蔦谷喜一氏の姪御さんである金子まささんが
当時のぬりえを集め、美術館を開きました。
展示しているのは当時発行されたもの。
時代を感じます。

ohayou20160510_1_3.jpg

ふと、金子さんに「ぬりえの原画は展示していないのですか?」
と聞きますと、ほとんど残っていないとのこと。
理由を聞いて驚きました。
あまりの売れ行きで、1か月に8シリーズも新作を発行していて
(1シリーズで表紙なども含めると10点近くの絵が描かれています)
すさまじい数の絵を描かなければならない状況だったそうです。
そこで、早く印刷するために、なんと原版に直接描いて、
そこから直接何万枚も印刷したとのこと。
つまり原画イコール原版だったため、原画がないんだそうです。
すごい時代ですね~。

そのほかにも、下の写真のような、
アニメキャラクターのぬりえを発行している会社や、
大人のぬりえを趣味にしている方にも取材で伺いました。

ohayou20160510_1_4.jpg

そして、私も挑戦することになりました。
場所は千葉県幕張のショッピングセンターにある大きな書店。
ブームになっている大人のぬりえの特設コーナーを設置し、
実際にその場で体験できるブースも設けられていたのです
(体験ブースは不定期で開催です)。

担当のぬりえマイスターに教えてもらい、
数10年ぶりに塗りました。
こちらがその時の私。

ohayou20160510_1_5.jpg

豊富な種類の色鉛筆や細かい部分も
スイスイ塗れる専用のサインペンもお借りしてぬりぬり。
ぬりぬり、ヌリヌリ。
没入、忘我。
いやはや、楽しいのです、これが。

ohayou20160510_1_6.jpg

どんな色にしようか。
バランスは?
濃く塗る?うすく?
お!グラデーションもいいかも…

なんと2時間も塗りっぱなしでした。

そして完成!

ohayou20160510_1_7.jpg

どうでしょう?
出来るだけ多くの色を使うこと。
色鉛筆とサインペンのバランス。
シンメトリーっぽく見えるようで、実はアシンメトリーに。
ということを意識して塗った成果が出ているでしょうか。

今後も末永く続けていけそうな趣味が、
またひとつ見つかりました。

近日、「おはよう日本」の7時台で放送します。
そちらもぜひ、ご覧ください!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

ページの一番上へ▲