2016年2月

いってきました 四国


どうも。
リポーターの赤松俊理です。

前回、前々回に続き、またまた西日本の話題です。
またか!! 
と思うような方はいない(赤松のブログを読んでいる人は
ほとんどいないはず)と勝手に思っておりますが、
最近、月に一度は緊急報道の会議や研修がありまして、
少しだけ各地を飛び回っております。
決して忙しいフリをしているわけではありません。念のため。

というわけで高松です。
こちら、史跡高松城跡玉藻公園。(この近くの会場で会議がありました。)

ohayou20160229_1_1.jpg

この日は、寒かった。
高松空港では雪が舞っていました。

公園のハトもこんな感じ。

ohayou20160229_1_2.jpg

縮こまっているというか、寒いのか動きが止まっている。
目の前でみると、首を羽にうずめているような感じが切ない感じでした。

と思いきや、その隣で梅を発見!
鮮やかな花を見ると春を感じますね。

ohayou20160229_1_3.jpg

でもやっぱり寒いので、その日の夜は「おでん」。

ohayou20160229_1_4.jpg

そして、香川といえば「うどん」。
大根おろしとお肉のぶっかけ。

ohayou20160229_1_5.jpg

うどん屋さんに、セルフサービスのおでんがあるんですね。
知りませんでした。

ほっこり温まった香川でした。

それでは!!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

おはよう漫才コンビ「モーニング」再び!


どーもー!阿部渉です! どーもー!黒田信哉です!
二人合わせて…「モーニング」でーす!

ohayou20160226_1_1.jpg

黒 「モーニング」という名前でデビューしたのが2年前
  あの名コンビ「ナイ○」の逆の名前を付けたわけですが、
  人気も逆転ですね!

阿 ウソつくな!
  それにお前、やっぱり、雰囲気、真似してるだろ!

黒 さあ今回はね、「モーニング」だけに、
  「おはよう日本」のキャスターについて、
  ヤホーで調べました。

阿 やっぱり、パクってるじゃん!

ohayou20160226_1_2.jpg

黒 まずね、トランプで遊ぶ時、9を引くとびっくりするアナがいますね。
  「わっ、9だ」アナ

阿 「和久田アナ」だよ。なんで9に思い入れがあるんだよ!

黒 それから、いつも腹を立てて怒っているアナがいるね。
  「業腹(ごうはら)」アナね!

阿 「合原(ごうばる)アナ」だよ。お前が怒られるぞ!

黒 関ヶ原の戦いの後、
  領国を減らされた毛利家のつぶやきを表したアナもいるよ。
  「毛利は泣こう」アナ

阿 「もりはなこアナ」だよ!こじつけが、かなり苦しくなってきてるぞ!

黒 大相撲の本場所前、早朝から頑張っているアナがいるね。
  「中村あさげいこ」アナ

阿 「中村慶子アナ」だよ。
  でも確かに合原アナに、ぶつかり稽古してるの見た!これホント!

黒 栃木県南部あたりの生まれだと示しているアナもいるよ。
  「小山系(おやまけい)」アナね!

阿 「小山径(こやまけい)アナ」だよ。読みも、生まれも違うぞ!

ohayou20160226_1_3.jpg

黒 どんなことがあっても決して動じないアナがいますね。
  「落ち着き」アナ

阿 「望月アナ」だよ。
  でもこの前、居酒屋でつまみを発注しすぎて焦ってたよ!

黒 電車で寝込んで目的の駅を通り過ぎちゃったアナがいたんですよ!
  なぁ~にぃ~、やっちまったな!
  男は黙って、「乗り越し」アナ!男は黙って、「乗り越し」アナ

阿 「堀越アナ」だろ!それに、急に違う芸人さん、パクってどうすんだよ!

黒 動物たちがマージャンをしていた時、
  役が出来そうになった動物をはやし立てるアナがいるね!
  「よっ!鹿はリーチ!」アナ

阿 「芳川隆一アナ」だよ!その妄想、かなりわかりにくいな!

黒 「二宮直輝アナ」は、名古屋人っぽい掛け声で、
  寝ている人を起こすらしいよ!
  「いち、にの、みゃー! なぁ、起きて!」

阿 ウソ言うのやめなさい!実際してたら、すごいけどね。

黒 「二宮直輝アナ」は、名古屋人っぽい掛け声で、
  寝ている人を起こすらしいよ!
  「いち、にの、みゃー! なぁ、起きて!」

阿 ウソ言うのやめなさい!実際してたら、すごいけどね。

ohayou20160226_1_4.jpg

黒 そう言えば、自分の体内にウィスキーとか入れて、
  貯蔵しているアナがいるね!
  「阿部は樽」アナ

阿 「阿部渉」だよ!
  それにどちらかと言えばビールが好きなんだから!
  そういうお前はどうなんだ?

黒 私「黒田信哉」はね、
  田舎の真夜中を表しているね、
  「真っ暗だ深夜!」

黒 黒田で締めたところで、
  今後とも「おはぐろ日本」よろしくお願いします!

阿 いつの時代だよ、いい加減にしろ!

黒・阿 ありがとうございました!

ohayou20160226_1_5.jpg

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

沖縄気象台


土日の気象情報を担当しています南利幸です。

沖縄気象台に行ってきました。

ohayou20160225_1_1.jpg

気象台の方に観測場(露場)を見せていただきました。

ohayou20160225_1_2.jpg

これが雨量計ですが、ビックリポン!
この時期に使われている雨量計と少し違います。

ohayou20160225_1_3.jpg

この時期の九州から北海道で使われている雨量計(少し古いタイプ)

ohayou20160225_1_4.jpg

どこが違うでしょうか?
一つは、周囲のつい立(助炭と呼んでいます)を巻いている結束バンド。
これがないと台風がやってきたときの暴風で雨量計が吹っ飛んでいくそうです。
もう一つは、この時期に本州などで使う雨量計はやや厚みがありますが、
沖縄の雨量計には厚みがありません。
冬は雪が降ります。
雪が降ると雪は溶かして計測するため、温水式雨量計になります。
ヒーターが入っている分だけ、分厚い雨量計になります。
沖縄ではその必要がないため、冬でも夏場に使う雨量計が設置されているのです。
行ってみないと分からないこともたくさんありますね。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

ともだち100人?


リポーターの富永禎彦です。

2月上旬のある日、娘がお菓子作りをしていました。

ohayou20160224_1_1.jpg

バレンタインデーのチョコレートです。

チョコレートを溶かして、お菓子にからめて、
空き箱にあけた穴に、1本ずつ立てていきます。

ohayou20160224_1_2.jpg

それにしても、ずいぶん数が多いような・・・

私 「何人にあげるの?」
娘 「100人ぐらいかな」
私 「100人!?」

クラスの友だちや、部活の同期、先輩など、
“友チョコ”を交換する約束をしていたら、
あわせて100人になっていたのだそうです。

こちらがチョコレート乾燥中の様子です。
家じゅうに、甘い香りが漂っていました。

ohayou20160224_1_3.jpg

友だち100人に喜んでもらえるといいね・・・

娘を見守りながらそう思ったとき、あることに気付きました。
この分量のチョコレートを、“交換する”ということは・・・

しばらくの間、娘のおやつはチョコレート三昧になりました。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

だれだ!?


ohayou20160223_1_1.jpg

望月啓太、中3。
痩せてる。今は・・・あ~あ。

Jリーグ開幕の前年、
山梨でプロを若干夢見てボールを追っていた。
そんなサッカー少年の時代から、
どうやってアナウンサーになり、
スポーツキャスターを経て、
なぜ今、報道アナをしているのか――。
語り尽くします。

・・・いや、すいません。
お恥ずかしいのですが、
NHKアナウンスルームのホームページ「仕事の流儀」。
4回シリーズでお伝えします。

よろしければ、ご覧ください!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

お鍋で優雅気分♪


合原明子です。
暖冬傾向とはいえ、寒い日が続いていますね。
鍋がおいしい季節です。

最近お気に入りの鍋があります。友人に教えてもらって、
あまりのおいしさに驚愕しました…
その名も「ローズマリーしゃぶしゃぶ」!

材料は、ローズマリー、豚バラ肉、エリンギ、レタスに、レモンと塩。

ohayou20160222_1_1.jpg

ohayou20160222_1_2.jpg

塩はさらっとした細かいタイプのものが合います。

作り方もとっても簡単!
① エリンギは薄切り、レタスは一口大に。
② 水にローズマリーを2、3枝入れて、ぐつぐつ。
(一人分ならこれ位です。入れすぎると苦みが出るので注意)

ohayou20160222_1_3.jpg

少し色が出てきたら、準備OK。出汁、要りません!素敵!
③ エリンギとレタス、豚肉を入れて、しゃぶしゃぶ。
④ レモンと塩を合わせたたれで召し上がれ!
(細かい塩なら、結構入れて大丈夫。レモンもたっぷりで!)

口の中にローズマリーの香りがあふれます。
鍋を使った料理の中で、一番さわやかな料理だと思います。

しかも、もれなく、部屋もローズマリーの香りに包まれ、
女子力が上がった錯覚にも陥れます。笑 素敵!

しめはうどんが合うそうですよ。
ぜひぜひ、普通のお鍋に飽きたら、ちょっとオシャレなしゃぶしゃぶ、
楽しんでみてください♪

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

最近の東京散歩から3。


堀越将伸です。
休日は家でじっとしていられない性分で、冬も歩き回ってます。
というわけで、最近の東京散歩から。

 ohayou20160216_1_1.jpg

年明け早々、娘を連れて出かけた多摩動物公園。
園内で、ライオンの展示のど真ん中を走るバスに乗ったんです。
鼻の穴まではっきり見えました。
楽しみにしていた娘は、ブルブル震えていましたが…。

このバス、50年以上続く動物公園の名物なんですが、
実は、施設の工事のため4月から運行を休止するそうです。
降りてから知って、ちょっとしんみり。

 ohayou20160216_1_2.jpg

お酒は飲めませんが、焼き鳥は子どもの頃から大好きです。
大皿に豪快に積まれた串に、思わず足を止めました。
先日ふらりと立ち寄った、西新宿の「思い出横丁」。
小さなお店が並ぶ路地です。初めて足を踏み入れました。
カウンターだけのお店で、焼きたてが5本500円。
アルコールなしでも、この手軽さと風情は味わい深いです。

 ohayou20160216_1_3.jpg

食べ物つながりで、東京で味わった北陸の名物。
福井県のソウルフードといわれる「おろしそば」です。
県のアンテナショップに併設されたお店でいただきました。
以前、福井で食べたのが忘れられずにいたんです。
出かけずして味わえる各地の名物。
東京は文字通り「おいしい」ですねえ。

とりとめのない記事ですみません。
散歩自体が、ぶらぶらととりとめもないものですから。
東京はそろそろ冬の出口も近づいてきますね。
気付けばいくらか日が長くなって、
夕方になってもけっこう明るいのが嬉しいこの頃です。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

冬の北陸路


リポーターの黒田信哉です。
先日、富山・金沢・福井と出張に行ってまいりました。
仕事柄日本全国に行く機会はありますが、富山と福井は初めて!
ということで期待に胸ふくらませ、いざ冬の北陸へ。

折しもその日は都内でも雪が降り、交通機関は大混乱。
東京駅まで行くのにも一苦労。
早めに家を出たはずが、30分遅れで到着。
しかし、新幹線は待っていてくれました!(ダイヤが乱れていただけですが・・・)

ohayou20160218_1_1.jpg

北陸新幹線にも初乗車。
いや、ちょっと待てよ。
都内でこんなに雪が降っているということは、北陸では・・・。
大丈夫か?
不安を抱えて、トンネルを抜けるとそこは・・・。

ohayou20160218_1_2.jpg

雪はありませんでした。
富山駅前、雪がない!
「今年は本当に雪がないんですよ~。ちょっと寂しいくらい」
地元の方も驚くくらいの雪の少なさ。
ん~、運がいいのか、悪いのか。
富山での仕事を終えて、翌日は金沢へ。

ohayou20160218_1_3.jpg

金沢も雪がない。
若干の物足りなさを感じて、仕事へ。
しかし、長い仕事を終えると、外は雪国でした!

ohayou20160218_1_4.jpg

いつの間に!?
周囲は真っ白。うんうん、冬はこうでなくっちゃ。
新雪に足跡を付けてみたり。

ohayou20160218_1_5.jpg

宿に戻り、一日の疲れを落としていると何やら窓の外がピカピカ。
さすが観光地、金沢。
みなさん雪の夜を写真に収めようとしているのか、と思っていたら。
「ガラガラ、どかーーーーん!!」
雷です。しかも、一度や二度ではなく何度も何度も光り、鳴ります。
まずい。大荒れだ。
「物足りない」なんて思ったばかりに北陸さんが本気を出したんだ。
明日は福井に行かなくちゃいけないのに・・・。

無事に福井に行けるのでしょうか。
続く(予定)

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

犯人さがし その後


12月14日のブログで、
机の上の動物たちにまつわる事件の真相を探っていた、中村慶子です。
ごく簡単にご説明しますと、
横一列に並んでいた子たちが、
ある日、突然この状態になっていた事件についてです。

ohayou201602010_1_1.jpg

まだ、犯人が見つかっていません。
あ、もしかして、小山さん??

ohayou201602010_1_2_3.jpg

なんだかちょっぴり怪しい・・・
ん!!花ちゃん??

ohayou201602010_1_3.jpg

思いっきり怪しい・・・

ohayou201602010_1_4.jpg

でも、違うそうです。

ここで、新たな容疑者が!!
ついこの前、自宅の台所でラップが行方不明に。
10秒前まで使っていたのに、台の上にも、
いつもしまっている棚の中にもない。
どうしてだろう・・・と冷蔵庫を開けると、

ohayou201602010_1_5.jpg

ありました!こんなところに。
野菜たちと一緒に入れてしまったようです。
でも、記憶は一切なし。10秒前なのに・・・

もしかして、動物たちの犯人も、わたし??
絶対に違う!と言い切る自信がありません・・・。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

雪景色


こんにちは。
おはよう日本スポーツキャスターの森花子です。
1月下旬、数十年に一度という非常に強い寒気の影響で日本各地に雪が降りました。
沖縄にも観測史上初めてという降雪が・・・。驚きましたねぇ。

私の地元にも雪が積もり、普段は見ることが出来ない「不思議な景色」を楽しむことができました。

例えばこちら。

ohayou201602011_1_1.jpg

タンポポの綿毛のように見えますが、
枯れ草に積もった雪。
とても神秘的で、雪なのにぬくもりや
温かさを感じます。

「綿雪」や「雪華」、「雪の花」といった季語がありますが、
驚くほどぴったりの表現でした。
言葉一つで周囲の情景まで連想させるのは、
日本語の魅力なんでしょうね。

ohayou201602011_1_2.jpg

ohayou201602011_1_3.jpg

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

ちょっと前の話ですが


芳川隆一です。
ちょっと前の話ですが、今年の正月の事。
実家マンションの部屋から見えたのが、この光景です。

ohayou20160215_2_1.jpg

沿道にできた人だかり。
そこを走るのは、写真の左から、大きな車に、白バイ、
そして・・・1人のランナー。(よ~くみてくださいね笑)。
男子駅伝の実業団日本一を決める、元日恒例の「全日本実業団駅伝」です。
前橋市の群馬県庁をスタートとゴールに
7区間100キロのコースで争われる大会で、
我が家の前の道も、そのコースになっています。
太鼓を鳴らしながらの声援で、元日からにぎやかです。

小学生の頃などは、よく友達と沿道に立って応援したものでした。
いつも思うのですが、ランナーたちが来るまでは
「今か・・今か・・」とドキドキしながら待っているんですが、
ひとたび先頭が見えれば、全ランナーが走り去るまでは
あっという間なんですよね。
その脅威のスピードに驚かされます。
毎回思うんです、「自分も走ろう」と(もちろんあんなスピードじゃなくて)。
ああ、いつの日か、このブログでそんな報告ができたらなあ・・・。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

着替え


土日祝日担当の近田雄一です。

おはよう日本の放送後、
10時ニュースも担当しているのですが
その間に、おはようスタイルからスーツに着替えます。

別室で着替えることもあれば、
時間が無いときはスタジオで着替えることも。
その際、活躍するのがこちら!

ohayou20160212_1_1.jpg

スタジオ備え付けの簡易型テント。
着替えやマイクの付け外しの際に
各アナウンサーが利用しています。
しかしなぜか迷彩柄。

ohayou20160212_1_2.jpg

入ります。

ohayou20160212_1_3.jpg

着替え中。

ohayou20160212_1_4.jpg

覗かないでください。

ohayou20160212_1_5.jpg

完了。

ohayou20160212_1_6.jpg

片付け。

組み立てるのも折りたたむのも
だんだん上達してきました。
いつかバーベキューで役立つ日が来るかもしれません。

(撮影:芳川隆一)

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

流行りのものにあやかりたい


吉田一貴です。
先日、大阪に行ってまいりました。
担当している「土曜スタジオパーク」の公開放送です。

テーマは、連続テレビ小説「あさが来た」。
「おはよう日本」に続いて毎朝ご覧頂いている方も多いかと存じます。

当日のゲストは
波瑠さん、玉木宏さん、三宅弘城さん、友近さん、清原果耶さんとまあ豪華。
皆さんの仲良しトークも最高でしたが、
セットも力を入れておりまして。

ohayou20160208_1_1.jpg

ドラマに登場する加野屋をイメージしたステージ。
見なれた暖簾も飾ってあります。

ohayou20160208_1_2.jpg

実はこれ、実際にドラマで使われた「本物」
ですからよく見ると、傷や汚れがあることが分かります。
長期間の撮影、その苦労が滲んでいるようです。
でも「びっくりぽんや!」って書いたら何か負けた気がするのでやめておきます。

ohayou20160208_1_3.jpg

そんなわけでくぐってみました。
新次郎はんみたいな粋なお人になりたいものです。
あの器の大きさの10分の1でいいから欲しい。
新次郎さんが年代物の大皿だとすれば、
私なんてペットボトルのフタみたいなもんです。

ちなみに私、玉木宏さんと同い年です。生まれ月も同じ。
ゲストの資料を読んでいて知ったんですけどね、
事実がこんなに悲しいなんて思いもよらなかったよ。

人生は紙飛行機。
上手く折らないと全然飛ばないんだよ!びっくりだね!

・・・・明日から頑張ろう。うん。

それでは!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

素敵な「おひとりさま」


二宮直輝です。

ひとり焼き肉、ひとりカラオケなど、
「おひとりさま」の楽しみ方も色々ありますが、
先日、究極の「おひとりさま」を味わいました。

それは、
「ひとり猫カフェ」。

最初こそ、
「隣にいるカップル、俺のことどう思ってるんだろうな。」
なんて、一抹の恥じらいを感じてしまう自分もいました。
でも、そんなもの、
跡形もなくなってしまうものです。
猫たちを前にすると。


ohayou201602009_1_1.jpg

後光がさしてます。
神々しい…。

ohayou201602009_1_2.jpg

お客さんのバッグの上が気に入ったようです。

ohayou201602009_1_3.jpg

この子は、ねこじゃらしの相手をしてくれました。

ひとり猫カフェ、
完全に味を占めてしまいました。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

ラブ・イズ・オーヴァー


最近なんだか音楽づいている、中村慶子です。
いきなりですが、クイズ、イントロ ドン♪
「Love is over 悲しいけれど 終わりにしよう きりがないから~」
さあ、どなたの曲でしょう??
チッチッチッ・・・

皆さん、大正解!!
そう、オーヤン・フィーフィーさんの大ヒット曲です。
大人の恋の終わりを歌い、1980年代にヒットした「ラブ・イズ・オーヴァー」。
それをなんと、15歳の美少女が、カバーすることになりました!

ohayou20160215_1_1.jpg

台湾出身の、オーヤン・ナナさん。4月に日本デビューを控えています。
カバーと言っても、歌手の方ではありません。
ナナさん、このきゃしゃな体で、大きな楽器を演奏しているのです。
天才○○○スト、と言われています。

美少女なだけでなく、性格もとてもかわいらしいナナさん。
ナナさんが演奏する楽器とは?
フィーフィーさんとの関係とは?
そして、○○○で奏でられる「ラブ・イズ・オーヴァー」の音色とは?
詳しくは、10日(水)放送予定の「チェック!エンタメ」でご覧ください。
日本で活躍する、美人○○○ストにもお話を伺っています。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

作れました


和久田麻由子です。
見てください、私でも、こんなものが作れました。

ohayou20160205_1_1.jpg

カップケーキの上に、マシュマロで作った生地を使ってデコレーションをしたもの。
「マシュマロフォンダント」というデコレーションだそうです。
世の女性たちの間では、こんなにかわいいものが流行っていたのですね・・・!(知らなかった・・・)

まず、マシュマロに水と粉砂糖を混ぜた生地に、好みの色をつけます。

ohayou20160205_1_2.jpg

そして、薄くのばしてから、型などで模様をつけたり、くり抜いたりします。
デザインを考えながらの作業です。

ohayou20160205_1_3.jpg

出来上がったパーツはこの通り。

ohayou20160205_1_4.jpg

これを、カップケーキの上に配置していきます。水を糊代わりにして、くっつけます。

ohayou20160205_1_5.jpg

細かな作業に格闘しつつ、3個作るのにかかった時間は、およそ3時間半・・・!!

ohayou20160205_1_6.jpg

せっかく作れたので、食べずに、自宅のテレビの前に飾っております。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

杉戸町新春マラソン


気象予報士 平井信行です。

埼玉県杉戸町新春マラソンのご報告です。
杉戸町は、私の住んでいる埼玉県春日部市の隣にある町です。
私も結婚と同時に3年間住んだことのある思い出の場所です。
20年前、一回目に「おはよう日本」に出演したのは、ここに住んでいる時でした。
この時、長男が誕生しました。
ご縁があって、杉戸町新春マラソンには毎年ゲストランナーとして参加しております。

ohayou20160204_1_1.jpg

これは、杉戸町のマスコットキャラクター「すぎぴょん」と
気象キャスター井田さんとの記念写真です。
私と井田さんは共にゲストランナーとして10kmを無事完走しました。

ohayou20160204_1_2.jpg

これは、杉戸町新春マラソンのスタッフ帽子です。

ohayou20160204_1_3.jpg

「杉戸宿」、実は杉戸町は日光街道の日本橋から数えて5番目の宿場町なのです。
日本橋からちょうど42km付近です。フルマラソンの距離ですね。
一度、走ってみたいです(汗)

ohayou20160204_1_4.jpg

ことしは杉戸宿400年記念。写真は、この記念のエンブレムシール。
10月30日に記念イベントがあるそうです。
みなさんもお越しになってはいかがでしょうか。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

アコースティックギター!


リポーターの長野亮です。
今回は、いちばんの趣味の話です。

それは、ギター。
中学の頃からギターに目覚め、高校生の時は、まさに「ハマリ」ました。
バンドを組んでエレキギターを担当し、
文化祭にとどまらず、ライブハウスで演奏していたのも今は昔。
社会人になり、転勤も多いことからバンドを組むのは
難しくなり(それでもイベントなどで何度かやったことはあります)、
ひとりで楽しむのにうってつけなクラシックギターや
アコースティックギターを弾く機会が多くなっています。

ということで、アコースティックギターの話を中心に進めてまいりましょう!
まずは、この写真をご覧ください。

ohayou20160203_1_1.jpg

私が弾いているところですが、よく見ればわかるように、
いろいろなアコースティックギターに囲まれていますよね。
そうなんです。
たくさん欲しくなってしまうのです。
ここに写っているギターだけでも一部なのです。

何本所有しているかは置いておくとして、
長年いろいろとアコースティックギターを試してきて、
最近思うことがあります。(以下、私個人の自論ですので。念のため)
それは、「1970年代の日本製のギター」が狙い目、ということ。
よくジャパニーズ・ヴィンテージなんて言い方をしますが、
これが本当にいい音です。

簡単に理由を申し上げますと、
一つはギターは古い(だけではダメですが、新しいよりは)ものの方が
音がいいこと。
バイオリンもそうですよね。
木がなじんでくるとか乾いてくるとか言いますが、
(良いギターをきちんと弾きこんで、ちゃんと保存してあることが条件ですが)
新品のギターは硬い音がすることが多く、
数年しないとマイルドな艶のある音がしないものがほとんどです。
これはメーカーにもよりますが、エレキギターにも言えます。

次に、当時は良い木材が豊富に使われていたこと。
1960~70年代、木工産業が盛んな日本に、
国内のものはもちろん、海外からも良質な木材が入ってきたそうです。
現在はワシントン条約で輸入が禁止されている
最高級の「ハカランダ」という木材も含め、良い材料で作られていたのです。

さらには、当時の日本のギター職人の技術力の高さです。
フォークブームに乗って量産された日本製のギターですが、
さすが日本の職人といえる、いい仕事をする制作会社が次々に誕生しました。
私の好きなメーカーもいくつかありますが、
残念ながら、いずれも現在では存在していません。

最後の理由は、「安い」ことです。
同じ時期に作られたアメリカ製の(G社やM社ですね)
ちゃんとしたヴィンテージは、数十万円から軽く100万円を超える
金額がついていることも少なくない中、数万円で手に入ります。
ちなみに、去年オークションで手に入れた70年代後半に
作られたとみられる、「M社」っぽく作られた日本製のギターは数千円!でした。
そして音は、M社に勝るとも劣らないきらびやかさ!
M社のギターを2本持っている私が言うのですから信じてください。
(その日本製のギターは、ここには写ってないのですが…)

さて、写真のギター、私が手にしているのは
1970年ごろに制作された日本製のギターです。
最近手に入れました。
ハカランダを使ったなかなかの逸品。
こちらも現在はギターを作っていませんが、クラシック楽器のメーカー製です。
「G社」のそっくりさんなのですが、その音には衝撃が走りました。

もともとの値段は数万円でしたが、いろいろとガタが来ていたこともあり、
リペア(修理と調整)をすることに。
以前吉祥寺で取材をしたギター職人さんに預けること1か月。
最高の技術でリペアしてもらったことで完全にポテンシャルを開花させたのです。

一概に「良い音」という定義はないのですが、
「コシのある音」「きらびやかな音」「つや」などなど、
いろいろなタイプの「良い音」があります。
私の手にしているギターは、「コシがあって低音が響きながら、
繊細なガラスをガチャンと割ったような音」がします。
分かるでしょうか?

いずれにしても、何本もギターを所有している私が追い求めていたものに
かなり近いということは言えます。
最近は、この1本ばかり弾いています。
弾き語りをするのが大好きなのですが、なんだか気持よすぎて、
歌まで上手くなった気がしてきます。

良い音のギターって、本当に弾いていると幸せなのです。
それを聴かされている家族からは、「ジャイアン」と呼ばれています

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

そろそろ花粉


土日の気象情報を担当しています南利幸です。

年が明けると花粉のシーズンがやってきます。
今年は暖かい日が多かったため、
スギの花芽の生長は例年よりも早く進んでいます。

ohayou20160202_1_1.jpg

我が家(兵庫県西宮市)の近くにあるスギの木を見ると、
12月4日の段階ではまだ緑色でしたが、1月20日に行くと

ohayou20160202_1_2.jpg

花芽の色は茶色に変わっていました。例年よりも10日ぐらい早いでしょうか。
白い筋がはっきりと見えています。
この筋のところが割れて、中から花粉が飛び出します。
一つの粒(花芽)の中に30万ほどの花粉が入っています。
私は花粉症ですが、これを観察しているだけで、いつも目がかゆくなります。
1月末から2月にかけては気温が高い予想です。
例年よりは早く飛び始めると思いますので、早めの予防が大切です。
では一句「飛び出しが 早スギ注意 スギ花粉」

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

どんど焼き


  • リポーターの富永禎彦です。


先日、「どんど焼き」に行ってきました。

正月飾りなどを燃やして1年の無事を祈る行事で、
お住まいの地域によって少しずつ呼び名が異なるかと思います。

ohayou20160201_1_1.jpg

赤く燃え上がる炎を見つめていると、
去年1年間の出来事がゆっくりと頭をめぐり、
心が落ち着くとともに、感謝の言葉で胸が満たされます。

どうか、今年1年、みなさんにとって平穏で幸せな年でありますように。

追記:
前回のブログで記載した、「百人一首」家族大会ですが、
私は「2位」でした・・・(優勝は、娘)
子供の成長を感じ、うれしいような、どことなくさびしいような・・・

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

ページの一番上へ▲