2015年11月

パラスポーツの世界


土日祝日スポーツコーナーの向井一弘です。

来年のリオデジャネイロ五輪・パラリンピックに向けて、
様々な競技で代表が決まりだしています。
10月、私もリオを目指す日本代表の戦いに触れてきました。

「車いすバスケットボール」です。



障害の理解、用語の使い方、選手の特徴、戦術、ライバル国の中心選手など、
春先から多くのアナウンサーで何度も取材と議論を重ねてきました。
障害について理解することは勿論大事ですが、
それをどれだけ正確に伝えるかということも、
これから私たちがずっと考えていかなくてはならない課題だと感じています。
「この選手にとって、これはスーパープレー」であるとか、
「ミスではなく、この選手にとっては難しいプレー」というふうに、
プレーの評価や見方に結び付かなければ「スポーツ放送」としては不十分だからです。

診断名や専門用語ばかり使っていると、ともすれば1人1人異なる状態の人たちを、
単に「ラベリング」してしまう恐れもあります。
一方で、短く分かりやすい言葉がないとスポーツ中継の速さにはついていけません。
とっさにどのように表現できるのか。自分の腹に落とし込むまでの
理解と言葉探しの追求は、これからずっと続いて行くのだと思います。

パラスポーツに関わって行くと、結局のところ、1人1人「この人はどんな人か」を
十分に理解することがいかに大事か、という取材の原点に立ち返る瞬間が多くあります。
頭が下がるほど選手やコーチに時間を割いて話をして頂き、実際にプレーを見て、
彼がどれだけ“超人的な”パフォーマンスをしているのかが分かった時、
その努力や技術の凄さを多くの人に伝えたくなります。
そんな経験を多くのアナウンサーが繰り返して、
今まさに、パラスポーツ放送の礎が作られているのだと感じます。

試合は、私が担当した準決勝のオーストラリア戦は敗れましたが、
3位決定戦で韓国に勝ち、日本は11大会連続のパラリンピック出場が決定。
本番のリオでどんな戦いが見られるのか、そしてテレビがどう伝えることができるのか、
今から楽しみです。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

秋を訪ねて☆


上條倫子です。
先日、母と九州旅行へ!
2人とも運転が好きなので、ドライブしながら、おしゃべり☆
温泉に入って、またまたおしゃべり☆
寝る間際まで、しゃべり尽くし…☆
リフレッシュできました^^♪

パワースポットなのよ♪と、母リクエストで訪ねた高千穂峡。



下に降りて、ボートに乗りながら、景色を楽しめるとのこと…
がんばりましたよ、母を乗せて、ボートを漕ぎ漕ぎ、、



ボート降りた後の感想は、
あぁ、いい運動したな~、と(苦笑)
景色よりボートを漕ぐのに夢中になったのでありました。

空港では、みんなに愛されている、あの人気者と記念撮影。



ハイタッチ!
はしゃいだ表情ですね^^;;
でも、いい思い出になったモン♪(←彼の口癖を真似っこしました)

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

たからもの


リポーターの黒田信哉です。
あくせく生活していると季節のうつろいを見逃しがちになります。
そこで、休みの日はなるべく外に出て自然に触れようと思っています。

ある日散歩していたら、子供が聞いてきました。
「これ何~?」
 


「どんぐりだよ」
と答えると、
「かっこいい!」
と興味津津。
目を輝かせあたりを探しまわります。
数分後には・・・



両手いっぱいのどんぐりが。
「たからもの!!」
と子供は大喜び。
慎重に、一つも落とさないようにしっかりと抱えて家に帰りました。

思い返せば、わたし自身も二十数年前、
登下校中、どんぐりを拾っては学校の道具箱に集めていました。
そのどんぐり、秋を過ぎ、冬を越し、春を迎えるころには・・・。


中から虫がわんさか出てきて、学校の先生を激怒させたのでした。
その思い出も今となっては「たからもの」です。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

講演会


気象キャスターの渡辺蘭です。
おはよう日本でのお仕事以外に、
各地で気象についての講演をすることがあります。
 
先日は蒲田消防署の『秋の火災予防運動 防火のつどい』で講演会がありました。



天気予報の活用法として、
天気図の見方や天気予報でよく使う言葉の意味を解説したり、
気象災害から命を守るための情報についてを1時間お話ししてきました。

大勢の方々を前にしての講演は、
毎回とても緊張してしまいます。
でも、激しく極端な気象現象が増えている昨今、
気象に関する知識や情報を広めることは
ますます大事なことになってきたように思います。
今回もそれが伝わりますようにと、
緊張を無視して張り切りました。
 
ことしは9月に関東・東北豪雨がありました。
甚大な被害をもたらす気象災害は全国で毎年起きています。
 
関東地方にとってこれから心配なのは雪です。
雨か雪か、または大雪になってしまうのか
毎度悩まされる原因となる南岸低気圧との戦いが待っています。
 
私たちの災害に対する普段から意識、備えが大切です。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

ふじのちから


望月啓太です。



サッカーしてきました。

最近は年間数試合だけですが、
サッカー歴28年になるんでしょうか。

この日のピッチからの景色は、



富士山~!

気分は、
故郷・山梨で富士を臨みながら
駆け回っていた10代!?
足がもつれて転ぼうと、
へろへろシュートになろうと、いいんです。

最高のロケーションで2日間4試合、
楽しくて減量になりました。



後日、こんな“富士山”も臨みました。
強烈です。体重も元通りです。

おそるべし、富士。。。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

旅に出ました


和久田麻由子です。
8月の夏休みに、岐阜県・石川県を旅しました。

飛騨高山の歴史的な街並み。
老舗の酒蔵や、みやげ物店などをめぐって、散策を楽しみました。



名物のお団子も。



特産の自然薯も。



『歩いた分、食べてもいい』というのが、旅の醍醐味ですね。


そして、車を走らせ向かったのは、白川郷。
天気も良くて、とてもいい景色でした!!



翌日、さらに北上!
朝ドラ『まれ』でも話題になった、石川県輪島市まで足をのばしました。
輪島の朝市です。(※ここで、『あさイチ ピカピカJAPAN』の中継に遭遇!!)



そして北陸と言えば、新鮮な海の幸♪



いい景色に、おいしい食べ物に、大満足の旅でした。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

3→8 ~私が恋した5年間~


阿部渉です。
5年前、ある名前でデビューしました!



「ABE43」(エービーイーフォーティースリー)です。

そして今年の誕生日、名称を変更する時がやってきました!


 
まぶしくて、字が読めませんが、
「ABE48」(エービーイーフォーティーエイト)
意味は「阿部渉48歳」です。けっこうジャンプしてます。

では、ここで、これまでの作品を振り返ってみましょう。
<ディスコグラフィー>
2011年、
~若い女性と並んだ時、歳の差をしみじみとかみしめる男。
その哀愁を歌いあげた、衝撃のデビューシングル!
  「ポニーテールとシラガ」
2012年
~仕事終わりに、つい寄ってしまう男の悲しい性を歌った、
  「Everyday、イザカヤ」
2013年
 ~倉庫に積み上げられた製品をチェック中、
  思わず崩してしまった男性職員の驚愕心を描いた実験的な作品、
  「上から在庫」
2014年
 ~食生活改善に取り組み、健康を取り戻した男の前向きなストーリー、
  「さよならコレステロール」
2015年
 ~野菜の部位の中では、茎が美味だと力説する男の頑固さを描く、
  「恋する芳純な茎」

以上、ナウオンセール!

(このブログはフィクションです)

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

秋の旅路


土日担当の近田雄一です。
とある秋の休日、山梨に向かいました。
秋の山梨と言えば・・・



見渡す限りのぶどう畑。



柿。



ほうとう。

という名物はさておき、
狙いは中央線を長年走り続けてきた「115系」。



車両の置き換えが進みその数を減らしています。
写真は青とクリーム色、通称山スカ色を纏ったC1編成。
一際大きなモーター音を響かせ秋の甲斐路を疾走する姿を目に焼き付けました。

帰りは、後継車両である211系のボックスシートに揺られて。



こちらも旅情を味わうには十分。
鉄分を満喫した休日となりました。

ところ変わってこちらは、
茨城県を走る関東鉄道常総線。



9月の関東・東北豪雨では沿線一帯が大きな被害を受け、
常総線も一部区間で不通となりましたが、
復旧工事を受けて先月には全線で運転を再開しています。

記録的な豪雨から2か月、
水害に負けず沿線の文化を守る人たちを
地元出身の女優羽田美智子さんと訪ねることになりました。
(こちらは鉄分は程々に・・・)

23日(祝)の特集にて、旅の様子をお伝えします。
どうぞご覧ください!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

最近の東京散歩から2。


堀越将伸です。
この秋は小春日和によく恵まれて、出かけるのが楽しいです。
相変わらず散歩で、自転車で、あちこちをぶらぶらしています。
先日も書きましたが、最近の東京散歩から再び。



先日、赤坂の迎賓館の「前庭」が一般公開されました。
門の前を通ることはあるのですが、その中に初めて入りました。
一瞬、ここは外国か?と思ってしまいそうな宮殿のたたずまい。
前庭公開で見ることができるのは建物の表側だけですが、
館内の一般公開も毎年行われ、参観者は抽選で決まるようです。
申し込んでみようかな…。



その迎賓館、四ツ谷駅の近くにあります。
四ツ谷を訪ねるといつも楽しみにしているのが、たい焼き。
お気に入りのたい焼き屋さんがあるんです。
東京には「三大たい焼き」なるものがあるとか。
食べ歩いてみたいですねー。



ほんとの魚も、最近見に行きました。
葛西臨海水族園の名物、大水槽を泳ぐクロマグロ。
少し前、原因不明の大量死がニュースになりましたが、
ことし新しくマグロを補充して展示も「復活」。
なんともいい色つやで、元気に泳いでいました…。
水族館に行くと、不謹慎ながらお寿司を食べたくなります。
関係者の皆さん、ごめんなさい。

最近は他にも、おいしいコーヒーを求めて歩いています。
この記事が出るころには売られ始めているかもしれない、
「石焼きいも」との相性もばっちりです。
これまで寒冷地での勤務が長く、寒さには慣れているので、
私にとって東京の冬は、夏の猛暑と比べれば過ごしやすい季節。
ビル風に負けず、冬も歩きに出たいです。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

京都と私


二宮直輝です。
先日、京都へ行きました。



木々も色づき始めていて、
古都のゆったりとした時間を味わうことができました。

それでは、お送りしましょう。
シリーズ「京都と私」。


「南禅寺・水路閣と私」


「部屋と抹茶と私」


「しだれ柳と私」


「鴨川と私」

いろんな京都を堪能しました。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

なんだ?このポーズは!?


気象予報士 平井信行です。

みなさん、これは何のポーズだかわかりますか?



最近流行の、あのラグビー選手のポーズにも似ていますが。。。
でも、ちょっと違う。



なんだか、空に向かって人差し指を突き出していますね~。



あの世界一足の速い人のポーズにも似てますが、違います!

う~ん、気象予報士だから、
もしかして指先に唾をつけて、風の向きを調べている?
違います!

実は、「雲の観測」をしているのです。
腕を水平に伸ばして、30度の角度まで腕をあげて人差し指を立てます。
そうすると、雲の種類がわかるのです。
 
たとえば、



これは人差し指よりもはるかに大きい雲、
ヒツジ雲などの「高積雲」か、ワタ雲などの「積雲」でしょうね。



これはイワシ雲などの巻積雲ですかね。
人差し指よりもはるかに小さい雲が点在してます。

みなさんも、こうして空を眺めてみてはいかがでしょうか。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

マッサージ券




小山径です。
息子からマッサージ券のプレゼント。
12枚つづりなんですが・・・



10枚目 マサージけん



11枚目 マッサジけん



12枚目 マッ・・・読めん。
このマッサージやさん、券の発行で力尽きたようです。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

マシュマロマン


キャンプが苦手です。

どうも、リポーターの吉田一貴です。
そう、得意じゃないんです。好きとか嫌いとかじゃなく。

何をしたらいいか分らなくなるんですよね。

「よーしテント立てるぞー!!」ってみんな盛り上がってる中で、
組み立て方よく分からないから、触らないようにして、
何の役にも立てないこととか。

「よーしバーベキューだー!!」ってみんな盛り上がってる中で
火の起こし方よく分からないから、触らないようにして、
何の役にも立てないこととか。

じゃあ食材でも切るか、これならできるよーってやってみても
元来人間が小さいからなのか、
肉も野菜もこうバーベキューらしく豪快に切ることができず、
お前、ミネストローネでも作る気かよみたいなサイズで切っちゃうとか。
千切り得意なんですけどね。キャンプで千切り。いらないですかそうですか。

あと寝袋でぐっすり寝る自信がないとか、
なぜかえらい虫にさされるとか、
火を囲んで語らうような話題がないとか、
そもそも車もないとか、
みんながウェーイってなってると、こういう時どんな顔すればいいかわかんないのとか、
様々な一身上の都合からキャンプを苦手としてきました。

そりゃね、キャンプが得意な男って、かっこいいと思いますよ。
複雑なテントをささっと組み立てちゃったり、
火なんて簡単に起こせちゃったり、
そうかと思ったらダッチオープンで、ほーらローストチキンだよーなんて
そりゃ素敵ですよ、わーかっこいーってなりますよ。
何なんですかあの人たち、ええ!?もう誘わないでよ!巻き込まないでよ!!
 
・・・・自分でも何を言っているのかよく分からなくなってきましたが、
ここからようやく本題。写真の一つもなく長文駄文で本当にすみません。

さて、先日「気になるLIVE」で紹介した「グランピング」。
「グラマラス=魅力的、魅惑的」な「キャンピング(キャンプ)」ということで、
手軽さや豪華さなど、キャンプに新しい魅力を加えることで、
これまでキャンプをしてこなかったような方たちを取り込もうというものです。



お邪魔したのは、手軽なキャンプを楽しめる場所。
テントも備え付け、寝床には枕もマットもあり、
バーベキューでは、火の起こし方も調理法もマニュアルがあり、
食材もあらかじめ切って用意してある!
何とも私にぴったりじゃないですか。千切りの腕が披露できないのは残念ですけどね。

中継では紹介しませんでしたが、
キャンプらしいこともしてきましたよ。



焼きマシュマロ!
うわあアメリカに来たみたい。行ったことないけど。





僕の人生観くらいとっても甘くて、美味しかったです。

こういうキャンプなら僕のようなインドア派でも安心です。

こうして一つ一つ苦手意識を払しょくしていけば、
いつか私も、キャンピングカーにダッチオーブンで
ほーらローストビーフだよー、
わー吉田さんすごーい、かっこいー。
なんて日が来るのも夢ではないのではと感じます。
グラマラスですね!

それでは!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

サクラの紅葉へ


土日の気象情報を担当しています南利幸です。
兵庫県西宮市夙川のほとりです。



阪神間では桜の名所です。川沿いは桜並木になっており、
そのサクラの葉が色づき始めました。
まだ緑色の葉が多い中、赤や黄色い葉が目立ち始めています。



日当たりの良い葉は赤色に、日当たりがあまり良くない葉は黄色になっています。



赤色になるのは、日当たりがよく光合成が盛んにおこなわれている葉です。
光合成により葉の中に赤色成分に変わる糖が多くなるため、赤色に染まるのです。
一方、日があまり当たらない葉は、作られる糖が少ないため、赤色になりません。
黄色になるのは、もともと葉の中には緑色の成分と
黄色の成分があります(緑色が多いため葉は緑に見えています)。
この時期になると緑色が無くなっていくため、黄色が目立つようになるのです。



さて、紅葉の時期ではありますが、もうつぼみができあがっています。
サクラは、来春に向けた準備は万端です。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

漬けました


どうも。
北海道ネタが多いリポーターの赤松俊理です。
というわけで今回もこちら。


 

生の筋子です。
我が家の秋の味覚。
毎年、イクラの醤油漬けにしています。
市販のイクラも美味しいのですが、
やはり慣れ親しんだ味が一番!ということで、
母親を真似て一人暮らしを始めた頃から自分で漬けるようになりました。
うまいんですよ!これが。

ただ筋子をほぐすのが一苦労。
いや、かなり面倒くさい。


 
難しくはないんですが、
一つ一つほぐしていくのが、
かなりの手間です。
そして、ややグロテスク・・・
小さなスジのようなものが、
なかなか取りきれない。
奮闘すること30分。
筋子がイクラになってきました。


 

いろいろな方法があるようですが、
赤松は、
まず塩を大さじ2杯くらい入れたお湯でほぐし、
そのあと何度も水洗いします。
毎回、かなり適当。
水を取り替えている時に、
気を抜くと何粒も流れていくのが悲しい・・・

そして水洗いしていると、
イクラは白くなるのです。
大丈夫!?
でも塩をふると・・・、




あら不思議。
綺麗なオレンジ色に戻ります。
なぜでしょう?
仕組みはよくわかりませんが、
美味しそうに見えるので毎回、塩をふっています。

この後、醤油とお酒で一晩漬ければ完成。
 



「毎朝、イクラ丼!」と喜ぶ6歳の長男。
あっという間に無くなりました。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

運動会!


リポーターの長野亮です。
スポーツの秋、運動会に参加した話をいたします。
子供の運動会に参加したということではなく、
「大人の私がしっかり参加する運動会」です。

私の住んでいるところは、地域レクリエーションに力を入れていて、
春から初夏にかけては球技を中心としたスポーツ大会を週末に行っています。
その集大成として、年中最大の行事が、秋に行われる大運動会なのです。
子供が参加する競技もたくさんありますが、中心はなんといっても大人。
いくつかにわかれた地区別の対抗戦という形をとっているため、
ポイントの入る競技では、みんな真剣に取り組みます。

ちなみに、春から行われる週末の競技でも、
すべて順位付けが行われ、ポイントを競っています。
私が今年参加した競技は、ソフトバレーやインディアカ、キックベースなど。
行ける種目にはすべてエントリーしました。
優勝すると、本当にうれしいのです!

年中最大の運動会がそれまでのポイントに加算されますので、
年間総合優勝がかかっている有力地区は、いやがうえにも力が入ります。
我が地区は、去年は総合優勝を果たし、今年は2連覇がかかっていました。
これまでの球技大会の成績も優勝や準優勝を重ね、
ポイントは上々、運動会の結果次第では十分狙える位置です。

10月某日。天気も良く、運動会日和でした。
この日に備え、普段からのジョギングに加え、
週1~2回、短距離ダッシュのトレーニング1か月余り行ってきましたので、
体調も万全です。
44歳ですが、まだまだ50m7秒ちょっとで走れる気持ち(だけ)はあります!

今年も「出られる種目は全部出る」をモットーに、頑張りました。
大縄跳び、障害物競争、綱引き、親子レース、(妻との)二人三脚リレーなどなど。
結果はいいものも悪いものもありましたが、
和気あいあいとしながら、あくまでも真剣に。
いや~、運動会っていくつになってもいいものです。

そして、目の色が変わるのが、最後の種目、地区別対抗リレーです。
いい年をした大人たちが、意地と名誉をかけてのかけっこ。
去年、一昨年と、リレーで連覇を果たした我が地区は(自称)優勝候補なのです。
リレーのメンバーはかなり前から指名されているのが普通です。
だから私もトレーニングをしてきたのです。
1周が200mほどのトラックを、女性が半周、男性は1周します。
この年で200mを全力疾走するしんどさと言ったら、すさまじいものです。

その姿がこちら。



一応、練習の成果が出て、抜かれることなく、前の選手と差を詰めることには成功。
残念ながら3連覇は逃しましたが、今年も精いっぱい走りきり、爽快な気分で運動会を終えました。

リレーだけでなく、運動会自体のポイントが残念な結果になった我が地区でしたが、
球技大会の結果も加味され、年間総合2位を獲得。
その後の打ち上げは大いに盛り上がりました。

地域のみんなが一体となって取り組む運動会。
仕事も年齢もバラバラですが、毎年顔を合わせているうちに、
仲間としてのつながりが深まっています。

来年も元気に出場できるように、冬の間もトレーニングに励もうと思います!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

秋桜と秋の空


気象キャスターの渡辺蘭です。

空気が乾いてさわやかな秋の季節になりました。



『春雲は綿の如く、夏雲は岩の如く、秋雲は砂の如く、冬雲は鉛のごとし。正岡子規』

もくもくとした入道雲もみられる夏の空から移り変わり、
秋は上空高いところにさーっとひと刷毛したような雲がみられるようになります。
砂のように見えることもありますね。

そしてこんな空をずっと眺めていたくなるほど、暑さも落ち着き過ごしやすい気候に恵まれます。
一年の中でもわずかで貴重な、とても良い季節ですね。



東京・渋谷のNHK花壇にもコスモスが咲いていました。
気象中継でも何度か共演させていただきました。
濃いピンク、薄いピング、白。
かわいらしくて大好きな花です。



どーもくんも、心地よく快適な季節を楽しんでいそう♪

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

ページの一番上へ▲