2015年9月

お手本がいっぱい


合原明子です。

夏休み、千葉の動物園に行ってきました。
子供の頃と違って、動物たちが人生の先輩のように見えて仕方ありませんでした。

例えば、



アヒルのように仲良く



子ヤギのように可憐に



ラクダのようにいつも笑顔で



時には象のように凛々しく



…何でしょう、カピバラにはとにかく癒されました笑


あっ、そうそう、その日利用した小湊鉄道の電車もとてもかわいらしく見えました!
電車をかわいいと思ったのは初めてでした。菜の花畑とか、雪景色の中とか、
いいアングルで写真を撮ってみたいなぁと思いながらカメラにおさめました。



年齢を重ねると同じものでも見え方が変わるものなんですねぇ。
何だか感慨深い今年の夏でした。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

5年後へ背中を押す声援


土日祝日スポーツの向井一弘です。

9月上旬、リオデジャネイロパラリンピック出場をかけた
「ブラインドサッカーアジア選手権」が東京・代々木で開催されました。
6チーム総当たりのリーグ戦を行い、決勝に進む上位2チームが
出場枠を獲得するという重要な大会です。

大会を通して日本代表の試合はほぼ満員。
年々スポーツとしての面白さも認知され、代表への期待の高さも感じられました。
また、会場の運営も素晴らしく、「なるほど~」と思うことがたくさんありました。

視覚障害の方のために、トイレは人間のものだけではなく…



盲導犬専用のものも!

また、試合内容を詳しく伝えるために…



会場内で聴けるラジオの貸し出しも!

肝心の試合ですが、最後の1試合を残した時点で、
1位は中国、2位がイラン、日本は3位でした。
ただし、2位との差はほんのわずか。
そして第5戦。2位のイランが引き分け以下なら
日本に逆転の可能性があったのですが、韓国に圧勝。
日本は戦う前にリオへの道が途絶えてしまいました。

4年前のロンドンを逃してからずっとリオに懸けて取り組んできた選手たちです。
勝ってもリオに行けない試合に、どれだけ力を出すことができるのだろう?
どんな精神状態なんだろう?…固唾を飲んで待ちました。
出場権がかかる試合ではなくなったにもかかわらず、
雨の中、スタンドも徐々に徐々に合羽を着たファンで埋まっていきました。
そして、選手入場!



「ああ、背中を押す応援ってこういうものか」と実感する応援でした。
立ち上がって、大きな声と手拍子で迎えます。
アイマスクをした選手たちの表情は余り見えませんが、
どんな気持ちでこの声を聞いたでしょうか。
名前をコールされた選手たちは次々に
「俺は大丈夫だ!」というように大きく手を振っていました。
指示の声もボールの音も聞こえづらい豪雨の中、日本代表のプレーは見事でした。
よく走り、身体を張り、統制されたひし形の守備陣形を保ち、
終始マレーシアを圧倒。2-0の勝利でした。
気持ちを切らさなかった選手たちとサポーター、両方に感動しました。
リオへの道は閉ざされましたが、「いつかこの日の声援に応えたい」という思いが、
きっと5年後の東京パラリンピックまで、ずっと日本の選手たちの背中を
押し続けるはずです。 
代表の加藤健人選手は
「この競技は目が見えないことがルールというだけ。
障害者ではなくブラインドサッカー選手として見てほしい」と話していました。
勝負に懸ける選手の姿勢と、それを支えようというサポーターの存在は
強烈な印象を残しました。願わくば、5年後さらに大きな輪となって
東京パラリンピック全体がこのような雰囲気の中で行われて欲しい。
風邪のひき始めをうっすら感じながら、そんなことを考えた夜でした。
それではまた。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

ひと月待ち


望月啓太です。

とある社員食堂に潜入~。



さて、どこでしょうか?



ヒント① 「天の川カレー」



ヒント②「宇宙服」



ヒント③「きぼう日本実験棟・実物大モデル」



答えは、そう「JAXA筑波宇宙センター」です。

一般向けガイドツアーに家族で参加してきたんですが、
社員食堂も利用できるんですよ。
ツアーは8月は人気で1か月待ちました。。
「きぼう」の管制室で
国際宇宙ステーションのLIVE映像など、
リアルタイム運用の様子を見学できちゃいます。
展示館も素晴らしく、興奮しきりでした。



追伸。
家のレモン、6月は指先ほどでしたが、
4~5センチほどに膨らんできました。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

夏から秋へ


土日の気象情報を担当しています南利幸です。
東京を散歩していると、
秋らしい光景が目につくようになってきました。



ヒガンバナが咲き、
彼岸の時期がやってきたことが分かります。
このところ雨が多いので、晴れることが悲願でしょうか?
「ヒガンバナ 晴れてくれぬと いかんがな」




ススキの穂も出そろいました。
各地の気象台からススキ開花の便りも届いています。
秋雨は別名「すすき梅雨」、
今年のすすき梅雨は大雨が多いので、注意が必要です。
「穂が出ても ホッとできない すすき梅雨」




柿の実がオレンジ色に変わり始めています。
実りの秋、夏は終わりかな。
「柿の実が 色づく季節 夏季終了」

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

最近の東京散歩から。


堀越将伸です。
東京に住み始めてちょうど2年になりました。
マイカーを手放したこともあり、外出するとひたすら歩きます。
心に残る風景にも出会います。最近の東京散歩です。



買い物帰りに見つけたコーヒー屋さんです。
アフリカ産の、とてもおいしいコーヒーを飲みました。
その味わいと同じくらい印象的だったのが、
伝統工芸「江戸切子」の美しいカップ。
これぞ東京。ご当地ものに弱い私にはたまらない演出でした。



国立競技場の跡地であり新しい競技場の建設予定地。
取り壊されてからしばらく経ちました。
新しい競技場をめぐる動きは大きなニュースになりましたが、
2020年には世界中の注目を集めることになるこの地は、
いまは静かで、もの寂しい雰囲気です。



秋雨の止み間に、ふと思い立って訪ねた上野動物園。
娘が大好きなパンダとゾウだけなら見るのに間に合う!と、
閉門直前に滑り込み。ゆっくり20分ずつ観察しました。
動物園のアイドルたちに気軽に会いに行けるのは、
なるほど、たしかに東京らしいぜいたくな環境です。

田舎育ちなので、東京に対しては、暮らしてはいても、
どこか「おのぼりさん」のような感覚が消えません。
ただその分、いろんなことに気づいては感動します。
これまでで一番、歩くことを楽しんでいます。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

その後


土日担当の近田雄一です。

我らが師匠小山アナの指導の下、水草水槽を始めて1か月。



どうでしょう!?
順調に育っているような気がしませんか?
(ちなみに、始めた頃の水槽の様子はこちら



一緒に入れた小魚(アカヒレ)も元気。



こちらはエビ(ミナミヌマエビ)。
当初は水質が安定していなかったためか
何匹か死なせてしまったのですが、
最近ようやく定着。先日脱皮もして少し大きくなりました。

師匠によれば、
ある程度水草が伸びてくると今度は剪定が必要になるとのこと。

せっかく育ってきた水草にハサミを入れるのは勇気がいりますが…
挑戦は続く!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

ついに!




小山径です。
ことし初めて、スイレンを育ててみました。
ほかの水生植物はすくすく育つのですが、スイレンは花をつけず
日当たりが悪いところなので、どうかなぁと思っていましたが・・・



ある朝、ふと見ると
ん?



おぉ~~~!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

いつでも微笑みを


二宮直輝です。
何かとせわしない毎日、
気づけば難しい顔していませんか?



「いつも微笑みを忘れないで」
そう心に語りかけてくれる動物に、
先日、千葉県の水族館で出会いました。



シロイルカ(ベルーガ)です。
優雅に泳ぐ姿も美しいのですが、
引き込まれたのは、とにかくその表情。



なんと安らかな微笑みなのでしょうか。
心が洗われます。



「だいじょうぶ、全てうまくいくさ。
 だから、険しい顔してちゃだめだよ。
 そう、大事なことはいつも笑顔でいることだ。
 Keep smiling!!」
 そんな声が聞こえた気がしました。

シロイルカ、ありがとう。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

聖なる怒り


どうもリポーターの吉田一貴です。

先日、「アンガーマネージメント」についてお伝えしました。
アンガー、つまり怒りの感情をうまくコントロールし、
よりよい人間関係を築いていこうというものです。



世の中、どうしてもイライラしてしまうことってありますよね。

仕事の場なら
「部下が指導を守らない」「上司に理不尽に怒られた」
「会議が無駄に長い」「やっと終わりか」「おいなんで蒸し返す」
などなど。
いやあくまで一般論ですよ。

日常生活でも
「エレベータがなかなか来ない」
「友人の寝てないアピール」
「ATMがなかなか空かない」「何件目の振り込みだそれ。」
などなど。
私はそんなことで怒りませんけどね。

時期的なものもありますよね。
「ハロウィンの渋谷センター街」
「クリスマスの渋谷センター街」
「日本代表戦後の渋谷センター街」
などなど。あくまで一般論ですよ。
私はそんなことで怒ったりしません。怒らないって言ってるじゃないですか!

他にも、
「『ヘビメタ』という言い方」
「『BABYMETALはメタルじゃない』とかしたり顔でいう人」
「『サバスが来る』って言ってたのに、フタを開けたらやっぱりオジーだった」
というような誰もが一度は感じたことのあるイライラもありますね。

いずれにせよ、人間、怒りの感情を無くす、というのは不可能です。
ですからアンガーマネージメントで大切なのは、
怒るべき所と、そうでない所をしっかりと区別しておくことだそうです。

あとは自分でどうにもならないことについては、やり過ごす方法を身につけること。
例えば「渋滞にはまった」→「イライラする」「無駄に車線をかえる」ではなく
「渋滞にはまった」→「自分では変えられないのだから、好きな音楽でもかける」
というようなことだそうです。
私もハロウィンのセンター街は、Helloweenを聴いてやり過ごそうと思います。



さて、
長いだけで意味のわからない文章を読んでしまった方こそ
怒りの感情を覚えてしまったかと思いますが、申し訳ありません。
ただ、皆様が怒るべき所は、かような駄文についてではないはずですので、
ブログの内容についてのご批判はどうぞ控えめにお願いたします。

毎日穏やかに過ごせるといいですよね。

それでは!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

パンダがいてくれる幸せ


二宮直輝です。
前回のブログのテーマは「猫」でしたが、
今回は、「熊猫」、パンダについてです。

以前、上野動物園で一目見たときから、(詳しくは、こちら
その姿を思い出すだけで、
胸がときめき、
会いたくて会いたくて震える。
そんな、恋のような思いを抱き続け、
いてもたってもいられず、
和歌山県へ行ってきました。



いやぁ、相変わらず愛くるしい。
心が穏やかになります。

さらにさらに、
双子の赤ちゃんまでいたのです~!!



右上の子、
この後、すべり台をツツーっと滑り降りていったのですが、
それがまた、
かわいくてかわいくて震えました。



やさしい気持ちにさせてくれるパンダ。

「猫カフェ」ももちろん良いですが、
「熊猫カフェ」があれば毎日でも行きたい。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

梨の季節


芳川隆一です。
最近、我が家には梨がたくさんあります。


 
先日、地元・群馬県の果物園で買ってきました。
梨が大好きなので、箱で注文しました。
全部で12~13個ぐらい入っていたと思いますが、
あと残り6個になってしまいました。


 
前回8月のブログで、トマトの丸かじりについて書いた私ですが、
さすがに梨は皮をむきます。瑞々しくて、甘くて、芯の近くはちょっとすっぱい。
最近の日照不足で野菜の値段が上がるのでは!?と言われていますが、
これから多くの果物も旬を迎えます。
梨などの果物にも影響があるのかと心配ですね・・・。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

脳のふしぎ


土日祝日スポーツの向井一弘です。

8月、ほとんど外出しない私が選んだ先は



科学館! 

涼しくて何時間も楽しめる優れた施設の1つです。
束の間、愛知に帰った時に訪れました。
そこでちょうど面白い特別展をやっていました。

人間の五感の「錯覚現象」を体験して楽しむ、というものです。
錯覚で最もポピュラーなのは、錯視(さくし)。
(分からない人はインターネットで検索してみて下さい)

直線ばかりなのに曲がっているように感じる。
同じ色なのに明るさが違って見える。
静止画なのに動いているように見える。などなど…

分かっていても、そう見ないようにしようとしても、見えてしまう不思議。
優れているはずの人間の脳が、なぜこのような情報処理をするのだろう?
他の動物は違う見え方をするのだろうか?
あれこれ考えながら、あっという間に時間が経ってしまいました。


誰もが同じように見えるこのような場合は、「面白いね~」と共有して楽しめます。
しかし、ヒトの脳の神経細胞は大脳皮質だけでおおよそ140億個と言われています。
そのつながり方によって、認知、情動など様々な個人差もあるはずです。
日常生活に困難が現れるような特徴は「障害」とされる場合があります。
計算や記憶の能力が平均より優れている場合は「天才」と言われるかもしれません。
「怒りっぽい」、「忘れっぽい」、「運動が苦手」という人もいるでしょう。
そうした“個性”も脳から生み出されます。

特徴や個性の、分かりあえるところと分かりあえないところの
境界線はどこにあるのでしょうか?
人の営みの延長線上を見ていけば、それは国や地域の理解や交流の在り方にも
つながっているような気もします。
出来るだけ、出来るだけ、色んな事に寛容でありたいと思いました。

そして、8月の名古屋の街を汗にまみれながら歩いていた僕は、
なぜか「味噌煮込みうどん」がどうしても食べたくなって、店に入ったのでした。
分かりあえる人がいれば嬉しいです。



それではまた。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

雨の休日の過ごし方


気象キャスターの渡辺蘭です。

ことしの夏は、7月の終わりから8月上旬にかけて、猛烈な暑さになりました。
かと思ったらその後、8月中旬からは一転して気温が平年より低く、
天気もくもりや雨で日差しも少ない状態が続いています。(9月上旬現在)

極端な変化に身体がついていかず
体調を崩した方も多かったのではないでしょうか。

雨が続くと気分もどんよりしてしまいますが、
雨でも楽しめることを探して、
休日こそリフレッシュすることが心身の健康に繋がります♪

私のお気に入りの過ごし方は、以下のとおりです。


①雨のなか郊外の大型ショッピングモールまで車を運転。
 (安全運転!ゆっくりドライブ)

②モール内をショッピング。
 (残暑が厳しくないのでいつもより早く秋物のお洋服を楽しめます。)

③全店舗をまわってウォーキング運動する。
 (施設が巨大なのでけっこう疲れます。)

④施設内映画館で映画鑑賞。
 (映画大好き!とくに邦画をよく見ます。)

⑤映画館隣のゲームセンターで遊ぶ。
 (いつもUFOキャッチャーしかしません。)



んんー!?これはEテレでよく見るキャラクター!
このぬいぐるみは初めて見ました…これはゲットせねば~!

格闘することおよそ15分。





わーい獲得しました!けっこう大きいでしょ?
コツをつかんだらこれくらいの大物でもわりとスムーズに落とせます(ドヤ顔)

次に来るときはどーもくんとか
おじゃるまるのぬいぐるみがあったらいいなーと思いました。




雨に全く濡れることなく楽しめるこんな過ごし方、おすすめです。
(でもこれ、猛暑の夏でもやっています…涼しくて快適なんですもの。)

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

旧清水測候所


土日の気象情報を担当しています南利幸です。

夏休みを利用して、高知県の足摺岬に行ってきました。
足摺岬は高知県南西部の土佐清水市にある太平洋に突き出た岬です。



青い海と青い空がきれいな岬の先端には、



足摺岬灯台がそびえていました。
この足摺岬灯台の近くにあるのが、清水測候所。
1940年(昭和15年)に観測を始めていますが、
2007年(平成19年)10月1日に無人化となり、
現在は清水特別地域気象観測所になっています。



太平洋が一望できる場所にあります。



気象測器は建物の海側にあります。
今年の4月13日は1時間雨量114㎜を記録しました。
激しい雨の降りやすい場所に観測所があるとも言えるでしょう。



長い期間にわたる観測データがあるおかげで、
正確な気象情報が発信できているのです。
有難さを感じながら写真を撮らせてもらいました。
「長期間 気象のデータ 希少価値」

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

海に行きました


リポーターの富永禎彦です。

季節が少しずれてしまいますが、8月に家族で海水浴に行きました。



天候にも恵まれ、絶好の海水浴日和となりました。

海に入り、おだやかな波に体をゆだねていると、
日頃の疲れや悩みが、じわっと溶け落ちていくのを感じます。

子供たちは、宿で借りたボディーボードに夢中になっていました。



私もチャレンジしましたが、なかなか難しいものですね。

ちょっと疲れたので、浜辺で砂遊び。



娘は一緒に「遊んでくれました」が、
息子は、もう砂遊びには興味がないらしく、ずっと海の中にいました。

季節のイベントは、子供の成長を感じさせてくれます。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

猿が髭揉む、2015夏


阿部渉です。
今年の夏休みも、伸びてしまいました!


 
イメチェンしたところで、公園で運動!
でも、特に、強くなってはいませんでした…

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

童心にかえって


望月啓太です。

先日、夏休みを頂きました。



冷た~い川に入って、子どもと生き物を追いかけました。





花火大会、かき氷、海水浴、ひまわり畑、キャンプ、BBQ・・・

毎日、どこかへ行ってましたね。

夏、味わい尽くしました。

英気を養い、



あすへジャーーーンプ!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

弟子入り


近田雄一です。

水草水槽が趣味の小山アナ。



この夏、私も念願の弟子入り!



まだまだ分からないことばかり。
居室で師匠と顔を合わせる度に
水槽メンテナンスについて相談しています。

順調に育ってくれたらいいなぁ。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

中村犬


中村慶子です。


ぼくの名前は、中村デューク。



慶子ちゃんが、6月25日のブログを見てびっくりしたんだって。
なんだか、ぼくにそっくりの子が出てたとか。
とくにこの写真が似てるんだって。



でも、ピースくんは部屋のすみっこに寝てたのに、ぼくはずうずうしいって。

ぼくは茨城に住んでいて、慶子ちゃんとはふだん離れてるから、
たまにお手紙だしたりするんだよ。



ぼくの切手もあるくらい、中村家のアイドルなんだよ!

ぼくはね、お散歩よりお家にいるのが好き。
とくに好きなのが、ここ。



お父さんのひざの上。
ママのだっこも大好き!
慶子ちゃんが帰ってきたときは、ここ。



とにかく、みんなとくっついてたいんだよね。
みんなに甘えん坊でわがままって言われるんだけど、
そんなこと言いながらも、みんなぼくにメロメロだよ。

だって、パパのベッドには、ぼくのまくらがあるんだから!
毎日、パパとママのベッドを行き来しながら眠るのが幸せなんだ~。
それじゃあ、おやすみなさーい☆

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

ページの一番上へ▲