2014年11月

"スズキ"


近田雄一です。



「ダーウィンが来た!」のナレーションも担当しています。

先日、自席で下読みをしていたときのこと。
テーマが“海の生きもの”だったのですが、
台本にこんな一文が。

『あ!こわ~い肉食のスズキです。』



「はい??」
背後で反応する鈴木さん。
いえ、鈴木さんのことではありません。
魚です。魚のスズキ。

さらに下読みを続けると…
『肉食のスズキは名ハンター。
狩りをするのは主に夜。まさに夜の王者です』



「何ですって???」
いえ、鈴木さんとは関係無いですってば。

以降、
草食な私はびくびくしながら
こそこそと下読みを続けたのでした。

なお、放送は来年夏の予定。
小魚を丸飲みする鈴木、
もといスズキの豪快な狩りに乞うご期待!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

頼れる仲間たち


みなさんこんにちは。寺門亜衣子です。

立冬も過ぎ、いよいよ冬がやってきますね。
冬…何が辛いって早起き!布団から出られない~。
まだ暗いうちに起きる生活にも少しずつ慣れてきましたが、
「本当に辛いのはここからだよ~」と先輩たちに脅されています。

でも大丈夫!私には頼もしい仲間がいるのです!
それは目覚まし時計くんたち。

まず第1号はこちら。



一人暮らしを始めた頃に購入。
上品な見た目に惹かれ、置時計として買ったのですが、
目覚まし時計としての機能も十分備えています。
ただ、見た目同様、音も何とも上品なのです…。
ある日、事件は起きました。

新人の時、初任地山形での早出勤務。
やはりあれも年の瀬が迫った冬の日のことでした。
はい、寝坊しました。音に気付かなかったのです!
ぎりぎり遅刻は免れたものの、急いでもう一つ目覚まし時計を買いに行きました。

それがこちら。



見た目はいたって普通。でも、凄いんです。音が!もうサイレンです!
私は彼に絶大な信頼を寄せています。この子が来てから一度も寝坊したことはありません。
むしろこの音が怖くて、タイマーの時間の直前に「はっ!」と起きることもよくあります。

まだまだ!



こちらは、今年の春「あさイチ」を卒業する時に、
有働先輩はじめ「あさイチ」リポーターの先輩方がプレゼントしてくれたものです。
ボイスメッセージ入りです!
さすが遊び心溢れる先輩方。さわやかな目覚めというよりは、
思わず吹き出してしまう、つっこみを入れたくなってしまうメッセージとなっていますが、
“「おはよう日本」でも頑張るんだよ!”というエールのこもった時計に、
見るだけで気合が入ります。大切な宝物です。

これだけあればもう十分だと思われるかもしれませんが、不安は尽きません。
もし奇跡的に3つがすべて同じ日に電池が切れてしまったら…!

そこでこの冬、新たなメンバーが仲間入りしました。



小さいですが、十分力は発揮してくれそうです。

まさか4つ同時に止まることはないでしょう…。
もし私が午前5時に画面にいなかったら、それはそのまさかの悲劇が起こったとお考え…
いやいやいや!そんなことはないよう頑張ります!



目覚まし時計くんたち、一緒に冬を乗り切ろうね!頼りにしてるよ!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

サッカー大会出場


こんにちは。
最近、新しいことを始めたくてしかたがないリポーターの古賀一です。

先日始めた、新しいこと。それは・・・



サッカー大会に出場!

ボールを蹴るのは高校の体育の授業以来、ほぼ25年ぶり。
ちゃんとした大会に出るのは、もちろん初めてです。



美しい富士山が間近に見える御殿場のサッカー場。

オーバー40の大会だったんですが、
年上のはずのみなさんが走ること、走ること。



私のポジションは左のサイドバック。最初は頑張って走ってたんですが・・・



すぐにバテバテ。
体がついていかず、当然攻撃参加なんてできません・・・。
普段運動不足の私は、頭でイメージしたようには体が動かず、
大きく2回転んでしまい、両膝と左のひじをすりむいてしまいました。

仲間からのアドバイスに返事をすることもできないくらい息が切れ、
数日筋肉痛が続くほどでしたが、
ちょっとだけサッカー選手の気持ちがわかった気がしました。
やっぱりやってよかった!!

新しいことを始めるのは、いくつになっても楽しいですね。
さーて、次は何に挑戦しようかなぁ・・・。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

宇宙を感じる秋


秋が好きな二宮直輝です。

天高く馬肥ゆる秋。



この高い空のさらに高いところにあるのは、
そう、宇宙。
と言うことで、先日、JAXA筑波宇宙センターに行ってきました。
(展開が強引ですね。すみません。)

まずは、



H2ロケットがお出迎えです。
お、大きい…。

そして展示スペースへ。



入るだけでワクワクしてきます。
中には、



国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」の実物大モデルや、



ISSへ物資を届ける補給機「こうのとり」の試験モデルなど、
宇宙に関する展示が数多く。



宇宙飛行士にもなれて、大満足でした。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

休息のひととき


鈴木奈穂子です。
おはよう日本の平日は、毎朝4時半~8時まで放送しています。
キャスターは午前1時や2時起きですし、
放送時間に間に合わせるため徹夜をしてVTRを制作するスタッフも多いです。
という事で、放送が終わったあとは皆ヘトヘトで
あちこちからいびきが聞こえてくる…なんて事も、おはよう日本の居室では日常の風景。

でで、私の席の引き出しにはこんなものが。ぎゅうぎゅうですが…。


 
スタッフさんからもらったクッションです。


 
前日なかなか寝付けない日もあり、
放送が終わってホッとするとどうしても睡魔に襲われてしまうので、
そんな時はこのクッションにお世話になって休憩中に10分お昼寝。
(※写真は再現です)


 
そうするとスッキリして、残りの仕事を頑張る事ができるのです。
このクッションでのうとうとタイムが、私の日々の仕事を支えてくれています。


 
今日も頑張るぞ~!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

大人ハロウィン


気象キャスターの渡辺蘭です。

11月…はやくもことしの終わりが近づいてきました!
これから2月にかけてどんどん寒さが厳しくなりますね。
気象中継場所は冬場、とくに冷たい北風が強く吹きつけるようになるので、
より気合いを入れて頑張りたいと思っています!

さて、先月末の10月31日はハロウィン♪
中継スタッフ全員で、ささやかな仮装をたのしみました。



ちょっとちょっと!
うしろの男性陣(カメラマンさん、照明さん、音声さん、カメラ補助さん)
固い固い!
もう一度~はいポーズ。



ガオー!!
気分はモンスター。
私の隣にはフロアディレクターさんがスイートデビルちゃんに。
うーんやっぱり仮装は女子のほうがかわいいな(笑)

毎日メンバーは変わりますが、気象中継は6人で行っております。
雨ニモマケズ、風ニモマケズのチームです。
そんなみんなが楽しんだ、大人ハロウィン。

ちなみに去年はこんな感じでした。



わたくし、わりと凝った仮装をしてしまいました!
イメージはかぼちゃの魔女です。

じつはこれ、20代最後のハロウィンの思い出作りとして頑張ったのです。
ですからことしは、大人ハロウィン。
今回も、素敵な思い出となりました。

 

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

スポーツの秋


この秋ウォーキングを始めたと前回のブログに書いた西堀裕美です。
毎日1万歩歩くのが目標ですが、めったに達成できません。

先日、鎌倉に観光・散策に出かけました。



行楽の秋、多くの人でにぎわっていました。

そのときの歩数計は・・・

1万6000歩。
最近この歩数は見たことがなかったので、嬉しくて、飛び上がりました。

残念ながら証拠写真は撮りそびれましたが、本当の話です。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

高い!


どうも、リポーターの黒田信哉です。
古来、人間は高いものに魅せられてきました。
高い山、高いビル、高い塔・・・etc

先日、旅に出ました。
もちろん仕事です。
そこで世界的に有名な高い建物を見る機会がありました。


 
サグラダファミリア!
どうですか!?写真では伝わりづらいんですが本当に高い!
しかもまだ建設中なんです。
1882年に着工して、いまだ完成していません。
日本はその時、明治時代です。

そしてもう一つ、高いものに出会いました。


 
この建物、闘牛場なんですが、その「高いもの」はこの中で見られます。



会場全体を埋め尽くす大勢の人、人、人。
ここにどんな「高いもの」があるのか?

その答えは11月20日放送予定のBSプレミアム「世界で一番美しい瞬間」
http://www4.nhk.or.jp/sekatoki/
で明らかになります。
ぜひご覧ください!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

シュワっとね!


小山径です。毎朝出勤する時に家から持ってくる1本が、炭酸水。



かれこれ3年くらい箱買いして愛飲しています。
味の付いていない炭酸水に、家でレモンエキスを加えるのがポイント。
その日の気分に合わせて酸味の強さを変えて、シュワっと職場で飲みほします。
これでどんな朝も、頭スッキリ!



炭酸水といえば二酸化炭素。二酸化炭素といえば光合成。
光合成といえば、わたしの水草水槽。
強引ですが、今回も写真を1枚。
最近、ちょっとだけ草を入れ替えました。
まだ生えそろっていませんが今はこんな感じ。
うまくいったら次回のブログで、また。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

清流の恵み


こんにちは、土日キャスターの和久田麻由子です。
先日、「旬体感」の取材で、静岡県河津町を訪ねました!
春になると両岸に“河津桜”が咲くことで有名な、清流・河津川。



川底の岩までくっきりと見えるほど、きれいな水が流れています!
山々に囲まれていますが、ここからわずか4キロほど下れば海に出ます。



この“海に近い清流”でとれるのが・・・


 
河津町特産の「モクズガニ」です!10月から12月にかけて、漁は最盛期を迎えます。
甲羅の大きさは、およそ7~8センチ。はさみの部分には、
フサフサの茶色の毛が生えています。
この毛が水中の“藻”のように見えることから名付けられたそうです。

秋になると親ガニは産卵のために海に下り、生まれたカニは川を遡上して、
数年かけて清流の中で育ちます。
“海に近い清流”がある場所でないと、モクズガニは現れないのです!


 
漁に使うのは、このかご。「もじり」と呼ばれるものです。
中央に“魚のアラ”をつるし、夕方、川の中に仕掛けます。
すると、魚のにおいにつられたカニが、
夜のあいだに網のすき間から中に入るという仕組みです!
翌朝早くに、かごを引き上げます。
多い時には、30匹以上のカニが入るとのこと!


 
漁を教えてくださったのは、河津川のすぐそばでペンションを営む
堤國仁(つつみ・くにひと)さん。
堤さんをはじめ、河津町のみなさんは、
子どものころから川で遊びながら、モクズガニをとっていたそうです。
漁を行っているのも専門の漁師ではなく、
堤さんのように民宿や料理店などを経営する方、
川の近所にお住まいの一般の方ばかり!
サラリーマンや農家の方が、早朝、仕事の前にかごを引き上げる姿も見られるそうです。
地域の日常に溶け込んだ、とても身近な食材なのです!


 
また、モクズガニは市場に出荷できるほどの量はとれないため、
ほとんどが地元の民宿や家庭で消費されています。
まさに地元だけの“地産地消”の味です!!

そんな貴重なモクズガニの味わい方は、シンプルな塩ゆでと味噌汁です。
ゆでると甲羅がぱっと赤くなります。
やわらかく甘みのある身に、たっぷり詰まった濃厚なミソ!コクがあり、なめらかでした。

そして、地元に伝わる味噌汁は“ズガニ汁”と呼ばれ、作り方も独特です。
生のカニを殻ごとすりつぶし、味噌と昆布だしと合わせてこした汁を、とろ火にかけると・・・
鍋のふちからフワフワっと徐々に固まっていき、
“フワフワの具”と“澄んだスープ”に分かれていくのです!
カニのうまみと香りがギュッと凝縮された、濃厚な味噌汁でした。

この“ふるさとの味”を末永く受け継いでいくために、
堤さんも所属する地元の漁協では、
漁のかごは「一人3つまで」とルールを定めたり、稚ガニの放流を行ったりして、
川の恵みを大切に守っていらっしゃいます。
一時、漁獲量が落ち込んだ時期もありましたが、
いまでは少しずつカニの数が増えてきているそうです。
堤さんは、「河津にはズガニが欠かせない。古くからの友達みたいなものだね。」と、
顔をほころばせながらお話しくださいました。

モクズガニは、河津町の食文化に欠かせない、地域の暮らしに溶け込んだ旬の食材でした。
河津町のみなさん、どうもありがとうございました♪

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

もうすぐ放送です!


糸井羊司です。
先日、放送されたNHKスペシャル
「巨大災害 MEGA DISASTER」。



新たな情報を加えた特別版が、
今月17日から、4夜連続で放送されます。
そのナレーションを担当しました。



地球に備わるダイナミックな変動メカニズムから
将来起こりうる巨大災害の脅威に迫ります。
11月17日(月)~20日(木)
BS1・よる9時から、ぜひご覧ください!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

ツキあった


気象キャスターの檜山靖洋です。

10月8日、皆既月食がありました。
ほぼ全国で見られる天文ショーということで、
各地で話題になりましたね。
関東では日中雲が多くて心配でしたが、夕方からすっかり晴れて、
そして7時半ごろ





あ、ツキがありました!
10円玉の色の…
ではロマンないですね。
”赤銅色”の満月を見つけました。


ところで、
朝晩はすっかり寒くて、
先日引っ張り出した上着のポケットに手を入れると、



何か入っていました。



なんと、10円が入っていました!
ほんの少しだけ得した気分です。
”ツキ”がありました!

壮大な宇宙スケールの話からの
ちっぽけな幸せの話でした。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

ロボコンの秋


吉田一貴です。
秋と言えば、高専ロボコンです(断言)

合言葉は「目指せ、国技館!」

11月23日、両国・国技館で行われる全国大会を目指して、
全国各地で手作りロボットによる熱い戦いが繰り広げられる高専ロボコン。
ことしもその関東甲信越地区大会の司会を担当いたしました。

今回の協議課題は「出前迅速」
青色ネコ型ロボットを思い浮かべそうな名前ですが、
ロボットによる蕎麦の出前です。
高く積み上げられた蕎麦のセイロを運んでいくんです。
バランスを取るのが本当に大変!

毎回毎回よくもこんな難しい課題を考えるもんだと思うのですが、
毎回毎回みんなそれをクリアするロボを作り上げてくるんですね。



写真は、今大会の司会陣。
左からリポーターを務めた甲府放送局・広瀬雄大アナウンサー。
司会の森花子アナウンサー。
実況の長野亮アナウンサー
リポーター、長野放送局・打越裕樹アナウンサーです。
国技館にもこのメンバーで臨みます。

その前に、地区大会の様子は
11月16日(日)、総合テレビで各地域ごとに放送されます。
ぜひご覧ください。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

スポーツの秋


土日スポーツの筒井亮太郎です。
すっかり秋ですね♪秋と言えば、スポーツ!
“秋から”盛り上がるスポーツもあります。



こちらは、↑東京の「秩父宮ラグビー場」。
そうです、「ラグビー」のシーズン、真っただ中!
トップリーグや大学ラグビーなど、
毎週末、各地で試合が行われています。

先日、私は、今季、前人未到の大学選手権6連覇を目指す
「帝京大学」対「筑波大学」の試合を取材に行ってきました♪



(試合前の様子です↑)
この日は、快晴。緑の芝が鮮やかです♪

ただ、客席の高い所にある取材エリアで、
薄着で試合観戦していると、ひんやりとした空気ですでに寒いくらい。
ただ、この頬がピリリっとする
“乾いたヒンヤリとした空気”が、ラグビー観戦♪
その空気を半年ぶりに感じていました♪

試合は、見事に帝京大学が勝利!
今年も、かなり強そうです☆

来年には4年に1度のワールドカップ。
そして、その4年後の2019年には、
ここ日本で初めてのワールドカップが行われます!
みなさん、ラグビーにも注目してください☆

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

秋は秋田。~勝手にpart2~


阿部渉です。
秋田との出会い。
堀越アナもブログで綴っていました。
私も先日仕事で行ってきました、秋田!私の初任地です。



空港で出迎えてくれたのが、なまはげ!
なぜか、
パフィーの「渚にまつわるエトセトラ」の振り付けみたいなポーズ!



そして近くで見ると…
やっぱり怖い…
もしも、こんな美容師さんがいて、背後から一緒に鏡をのぞき込みながら
「今日はどんな感じにします?」なんて聞かれたら、怖い…

そして、今回初めて出会ったものがこれ!



「きりたんぽラーメン」
秋田名物のきりたんぽ鍋とラーメンを合体させたメニューでした。

美味しかった!
久しぶりの秋田。よみがえる新人時代の様々な思い出。
こみあげるものがあり、目も潤んできます。

「泣ぐ子は、いねぇがー」
なまはげの声が聞こえたような気がしました。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

緊急報道で...




高木康博です。
この夏から秋にかけて、何度もこのレインコートを着ました。
相次いだ台風の上陸。
中継を出すために、熊本、高知へ。
そして、広島の土砂災害、御嶽山の噴火。
今月、都心を襲った台風では、東京駅から中継を出しました。

あまりにも続く災害。

災害が起こらないことを願いつつ、
もし起きた場合に、
少しでも被害を減らすための情報を的確に伝えられるように。
気を引きしめて、備えておこうと思います。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

秋は夕暮れ


土日の気象情報を担当しています南利幸です。
秋が深まり、朝晩は寒くなってきましたね。
「秋は夕暮れ」と、清少納言が枕草子の中で述べておりますが、
秋の夕暮は本当にいいですね。
先日10月16日に高知県の安田町に行ってきました。
安田川沿いから見た、薄明、黄昏時の写真です。



辺りが暗闇に包まれる前のほのかな明るさの中、ススキが風に揺れて、
コオロギの澄んだ虫の声が川の音に混じりながら聞こえ、
一番星が見え始め、ひんやりとした空気に包まれ始めるこの瞬間がたまらない。
都会の喧騒から離れ、このような場所に身を置く時間があったことに感謝です。

そこで一句、「サンセット 星・虫・ススキの 三セット」

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

イモに恋する季節


中山庸介です。秋も深まってきました。
先日放送の「けさの知りたい」では、旬のサツマイモがテーマ。
というわけで、私も取材にいってきました。



江戸時代からサツマイモの産地だった、埼玉県川越市。
いまも、街道沿いにはサツマイモ農園が点在しています。
この日は、幼稚園児のイモ掘り遠足と重なり、子供たちにまじって
イモ掘りに挑戦。



イモ掘りをするなんて、30年ぶりでしょうか。
素手で土をかきわけるのも、どこか懐かしい…。
すぐに指先にゴロンとした芋の感触が。
あったぞー。



でも残念!
親指より少し大きいミニサイズでした。
さらに深く掘り進めると…。



ほっ。
ようやく焼き芋に手ごろなサイズが掘れました。
小さいのや大きいの、形もさまざま。
掘り出すまではどんなものが出てくるのかがわからない。
そこがまた、イモ掘りの醍醐味だと実感しました。

この農園では、昔からの幼稚園児の遠足のほかに、
最近では若いカップルが増えているのだとか。
一緒に掘って、仲良く味わえる。
サツマイモが恋しくなる季節、あなたも掘ってみませんか?

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

ページの一番上へ▲