2014年7月

ハバネロの収穫


こんにちは、リポーターの古賀一です。

今年四月に蒔いたハバネロの種のその後です。じゃ~ん!



・・・あきらかに、ハバネロではありません。どうみても、雑草です。

騙されたのか?それとも雑草の勢いの方が強かったのか?
毎日のように純粋無垢な気持ちで信じて水をやり続けたのに・・・(涙)。



実は、思い入れが強かった去年のハバネロも、そのまま育て続けてて、
そちらは早々と実をつけてくれました。



収穫~!!恐ろしい赤さです!!
今年はオリーブオイル漬けにしました。



そして例のごとく、タネも保存します。
部屋で乾かしてたら、せき込むくらいに強烈な独特の匂いが部屋中に充満。
来年はこの種からそだてよ~っと。
今年はあといくつ実をつけてくれるかなぁ~!!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

親父の威厳


池田達郎です。
前回に続いて、お出かけシリーズ第2弾です。

先日、茨城県内の農業公園に行きました。



広々とした敷地に、牛や馬、ヒツジやアヒルなど動物たちがいっぱい。
ボーっとながめたりエサをやったりして、家族みんなでけっこう楽しめました。
施設の中をうろうろしていたところ、面白そうなものを発見!



輪投げです。
子どもが挑戦するのを、内心「下手だなあ」と見ていた私。
「よおし。ちょっと貸してみ」と輪を手にします。
そして、第1投...「よし!」、第2投...「よし!!」・・・



気持ちいいくらいに成功しました。
「すごーい」という声に「フフン」と頬がゆるみます。
なかなか有意義な休日でした。

また親父の権威が失墜したら、家族を誘ってあの農業公園に行こうと思います。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

プ蘭ター その2


気象キャスターの渡辺蘭です。
先月30日のブログでも紹介した、
私が大事に育てているプランターのお花や野菜たち。

ひまわりと、あさがおが咲きました!

20140729_1_1.jpg

♪さーいーたー さーいーたー♪

夏のお花達。
元気な黄色の、太陽みたいなひまわり。
そして紫色のグラデーションが和のテイストな、あさがお。

いよいよもうすぐ夏が来る!
嬉しくなります。
最近は渋谷の気象中継でも蝉が鳴き始めました。

さて、その一方でゴーヤちゃんは、いちど一つ実をつけて、
その様子を7月2日の放送でもご紹介しました。

20140729_1_2.jpg

ところがその後、気づいたときにはその実がなぜかとれていて、
プランターの土の上に横たわっていました(汗)

私、最近は台風対応で忙しい週がありまして、
そのときあまりかまってあげられなかったからなぁ…。反省!
また夏のうちにどこかで実をつけてくれるでしょう。
祈って、大事に育てます。

また随時、プランターの様子を報告させていただきます♪

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

穴の正体は...


糸井羊司です。

東京・練馬区、
住宅地に空いたこの巨大な穴…。



水害から町を守る“地下調整池”。
来年度の完成を目指して
建設が進められています。

地下50メートルまで降りると、
延々とのびるこんな横穴が…。



※東京都の現場担当者・渡辺さんと。
 奥は明るくなっていますが、
 出口ではありません。
 工事用の明かりです。

長さ3.2キロ。
局地的な大雨などによって
近くを流れる川が増水した際、
このトンネルに川の水を流して
一時的にためておくことで、
浸水などの被害を防ぐねらいです。

このトンネル、
より有効活用するための
新たな計画もあります。
詳しくはこちらをご覧ください。

7月9日「おはよう日本」で
 放送した内容をご覧いただけます

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

夏といえば


近田雄一です。
いよいよ夏本番。

夏といえば?



池田「そうめん!」
寺門「紫外線!」


 

吉田「フェス!」
(ロックアーティストが好んで使うサインと共に)

個性が出ますねー。

私にとって夏といえば、
海でも花火でもスイカでもビールでもなく…



セミ!

子どもの頃はとにかく毎日のようにセミ採り。
大人になってからは、セミの「初鳴日」、
その夏初めてセミの鳴き声を聞いた日付を種類別に記録しています。

気象庁の「生物季節観測」にアブラゼミの初鳴日がありますが、
それのごく私的版とでもいいましょうか。

ちなみに今年は…



7月8日に代々木公園でニイニイゼミの鳴き声を観測。
ここ数年と比べると

▼2013年 7月   9日 ニイニイゼミ(代々木公園)
▼2012年 7月10日 ニイニイゼミ(国会近くの並木)
▼2011年 7月   4日 ニイニイゼミ(代々木公園)

ま、ほぼ例年通りですね。

ちなみに一昨年は、ニイニイとは別に、
6月26日にミンミンゼミの鳴き声が聞こえたようで。



セミの中にも気が早い奴がいるのでしょうか。

では逆に、セミはいつまで鳴くのか?



去年はなんと10月30日にアブラゼミの鳴き声を観測!
まさか10月の終わりにセミの声を聞くとは…
ということで、記録も「!」マーク付きです。

今年はいつまでセミの声を楽しめるでしょうか。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

夏といえば・・・


西堀裕美です。
本格的な夏がやってきましたね。
皆さんは、夏といえば恋しくなるものは何ですか?



私は、海が大好きです。
昨年の夏、沖縄・石垣島沖の海でのシュノーケリング写真です。
ラッシュガードの柄は、何とも言えず派手・・・はい、自覚しております。

クマノミとのツーショット写真を撮るためだけに、何度も海に潜る自分がいました。

海は、童心に返らせてくれ、無心になれるのです。



今年は、何度海に行けるでしょうか。

皆さん、くれぐれも、海のレジャーは、安全第一で楽しみましょうね。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

登山!


リポーターの黒田信哉です。
先日「今週の気になる」のコーナーで登山ブームを取り上げました。



私も小さい頃は父に連れられて、
地元の小さな山や富士山に登った記憶があります。
社会人になってからは山に登ることはあまりありませんが、
仕事などで行く機会はたまにあります。
昨年は富士山へ(6合目まででしたが)


 
そして、先月はこちら。

あまり伝わらないかもしれませんが、標高4000m以上の高地です。
ん?富士山でも3776m。ということは日本ではありません。



一体どこなのか?なぜそんな所に行ったのか?

その答えはBSプレミアム「世界で一番美しい瞬間(とき)」をご覧ください!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

挑戦その後


中山庸介です。
前回ご紹介した「夏の挑戦」。
我が家の緑のカーテンはその後すくすく育っています。
ゴーヤーとスイカの葉っぱは、背丈に届きました。


 
ゴーヤーの実も、毎朝目覚めるごとに、大きくなっています。
そろそろ食べてくれよと自己主張しているようです。
 


というわけで、ありがたく最初の一本を試食してみました。


 
二つに切ってみて、熟れ具合もOK!


 
沖縄出身の妻の手ほどきを受けて、
3mmほどに薄くスライスしたあとに塩もみをします。

水切りした豆腐とポークランチョンミートを炒めたあとに、
いったん取り出す。ゴーヤーだけじっくり炒める。
で、ざっくり混ぜ合わせ、とき卵でとじて、カツオブシに
醤油で味付け。
できたー。


 
夏の定番、ゴーヤーチャンプルー。
味は…。
やっぱり自分で育てたものは最高!
市販のゴーヤーとそんなに変わるわけではありませんが、
一口、一口が愛おしい、といった気分です。

ところが、ですね・・・。
食後、ベランダの緑のカーテンを改めて見てみると、
なりかけの小指クラスを入れて10本以上が。
おまけに花もたくさん咲き誇っています。

今年はどれだけゴーヤーチャンプルーを食べ続けるのかと
思うと、若干、複雑な心境でもある今日この頃です。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

だぁれもいない廊下で...


鈴木奈穂子です。
毎日の出勤時間は午前3時前。外は真っ暗で、世間は静寂に包まれています。
朝から晩まで番組を放送しているNHKも、この時間帯は…


 
ニュースセンターや番組を制作する部屋以外ほとんど人がいません。
眠い目をこすりながら着替えを行う部屋に向かう廊下も…


 
ヒトッコヒトリいない。ちょっと…こわい。
なんて思っていると、ふと廊下に置いてあるホワイトボードが目に入りました。
 




  
「…ぷっ」
無人の廊下で思わず噴き出しちゃった。
一体誰のしわざ?
でも、今日も頑張る元気をもらえた瞬間でした。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

ウォーキング


檜山靖洋です。
半年前の健康診断の結果。
基準値を飛び出した要素がいくつか・・



※写真はイメージです
 
そこで生活改善。
 
ウォーキングはじめました!
 
半年前からほぼ毎日、仕事帰りに2駅、3駅歩きます。
途中、おいしそうなランチのお店の誘惑に、
負けそうになりながら・・・



負けながら。
 
これではあまり意味ない気がしますが。
ウォーキングの効果が出ているのか、
少々食べ過ぎたあとでも、体重が増えにくくなりました。
抵抗力も強まっている気がします。
 
では、歩きます、お疲れ様でした!



暑くなってきたので、水分補給は忘れないようにします。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

全国アイスクリームめぐり


どうもリポーターの吉田一貴です。

「おはよう日本」で取材に行ったり、
「BS日本のうた」で旅をしたり、
全国各地にお邪魔しておりますが、
時間ができると、その土地の甘いものを探しております。
特に冷たいものが好きです。



高知市、高知城すぐそばで食べたアイスクリン。
地元ではおなじみのお菓子で、
アイスとシャーベットを合わせたような味わい。
口に広がるノスタルジー。



宮崎市でいただいたマンゴーソフトクリーム。
マンゴーたっぷりまあ豪華。
口に広がるゴージャス感。



こちらも同じく宮崎の都城市でいただいた
これはちょっと珍しい、
「蘇(そ)」という古代のチーズのようなものを活かしたソフトクリーム。
口に広がる歴史ロマン。



わーい。

一人アイスを食べながら、
自分撮りをする男。
たまにほくそ笑んでいる34歳。
どこかで見かけられたら、どうぞそっとしといてやってください。

それでは。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

ほおずき アジサイ NHK


小山径です。先日、東京港区愛宕山にある愛宕神社を訪ねました。



高層ビルが立ち並ぶオフィス街のど真ん中ですが、
神社は木々が茂る小高い山の上にあります。
坂道をのぼっていくと、
ちょうど恒例の「ほおずき縁日」が行われていて賑わっていました。
有名な浅草寺のほおずき市のもとになったとされています。



この時は、まだ色づいていないほおずきの代わりに、
境内のアジサイがきれいで。
季節の移ろいを感じられる貴重な都心のオアシス。
心も歩き方も自然にゆったりしてきます。



神社の隣には、忘れちゃいけないNHK放送博物館。行ってきました。
愛宕山はNHKの本放送が始まった場所。来年90周年です。
貴重なラジオの録音なども聴けて楽しいですよ。
入場無料、みなさまもぜひ!と、ちゃっかりPR。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

七分な季節


二宮直輝です。
7月に入って本格的に夏になってきましたね。
我が家にある夏服を並べてみました。



何か、気付きましたか?
そう、すべて、袖が七分なのです。

今、自分の中で“七分袖”が空前の大ブーム。
なぜ七分袖がいいのか。

半袖だと…、



腕がスースーする感じがしてダメなんです。

長袖だと…、



袖をまくるのが面倒でダメなんです。

すべてを解消してくれるのが、



“七分袖”なんです。

腹は八分、
袖は七分に限ります。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

あめのままで


阿部渉です。
今年も雨の季節です。
先日、傘を忘れて雨に濡れながら歩いていたら、
道の向こうからやってきた小学生がすれ違いざまに一言。
「おはよう日本の人だっ!」
(よりによってこんな時に…)
雨粒とも汗とも知れぬ滴が、私の額を流れ落ちていったのでした。

恥ずかしさをかみしめながら、
今年も雨にまつわる物語をお送りします。




 
「私ったら、どうしていつも傘を忘れちゃうのかしら…」



 
「君、今年こそ、僕の傘に入ってみようよ!
 傘は、人生を教えてくれて、かつ女王様気分も味わえるぞ!」
「え?この傘が?どういうこと?」



 
「我が国の深刻な将来より、今の問題は、
彼女に会いに行くための傘がないことなのだ、
という井上陽水さんの心の叫び!
お前もいつかは世の中の傘になれよと母から教わったと、
熱唱する森進一さん!どうだ、泣けてくるだろう!」

「ちょっと意味が…? 長い話聞いてるうちに
私、雨で濡れちゃっているんですけど


「つまり僕たちは『阿部アナと雨の女王』さ、なんちゃって!」

20140711_1_5.jpg

「♪少しも、面白くないわ~」
「待ってけろ~」




出演 鈴木奈穂子 阿部渉
撮影 平野哲史
挿入歌 「傘がない」「おふくろさん」「Let It Go」
エンディングテーマ「最後の雨」BY 中西保志
企画・製作 「雨の劇場」製作委員会

この物語はフィクションです。
第3回はこちら

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

シバの花


こんにちは、土日の朝に気象情報を担当している南利幸です。

先日、新宿御苑を散歩しました。芝生の緑がきれいです。



フカフカで気持ちの良い芝生です。
寝転んでいる方もいらっしゃいました。
私も荷物を置いて芝生に座って、芝生をよく見ると花が咲いていました。



白く見えるのがおしべです。シバはイネ科の植物で、稲の花に似ています。
5月から6月に花を咲かせます。
この時季、花粉症の症状が出る方は、イネ科の花粉症の疑いがあります。
シバは背丈が低いので、大量の花粉が遠くまで飛ぶことはありませんが、
芝生の上でくしゃみが出たら気を付けてください。

そこで一句、「シバが咲き ゴルフをしても パッとせず」

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

毎朝、かかさず


高木康博です。
最近、健康を意識して、毎朝、かかさずに出てくるのが…



野菜のたっぷり入った、スムージー。
ちなみに、この日の中身は…



チンゲンサイ、サラダホウレンソウ、バナナ、パイナップル
そして、牛乳、ヨーグルト、亜麻仁油。

砂糖やハチミツは入れなくても、十分に甘く、美味しく飲めます。
中学生の子どもたちも、毎朝、しっかりと野菜をとっています。

そして、最近、昼食は…



たっぷり野菜の入った弁当です。
子どもが学校に弁当を持っていくため、
私も、職場で、弁当を食べています。

これだけ、野菜を食べていれば、体重も…

まーーーったく、減りません。

運動もしてないし、たくさん食べてたら、当たり前か。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

ワールドカップ真っただ中


土日スポーツの筒井亮太郎です。
サッカーワールドカップ、盛り上がっていますね~♪
残念ながら、日本は1次リーグで敗退となりましたが、
今は決勝トーナメントも始まり世界各国のスター選手達のプレーも目が離せません!


 
おはよう日本でも連日のように、ワールドカップについてお伝えしております♪
私は、中学・高校とサッカー部に所属していた、“元サッカー小僧”。
これまでのワールドカップも、子供のころからテレビにかじりついて視てきました♪


 
果たして、この優勝トロフィーをどこが手にするのか!?
まだまだ寝不足の日は続きそうです・・・(嬉し涙)
生中継を見られなかった方!
是非、毎朝、「おはよう日本」で試合結果のチェックを!

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

国立みれん


リポーターの堀越将伸です。
長野から去年転勤してきて、東京暮らしも10か月になりました。
この二つの土地の共通点は、町なかでよく見かけるこのマーク。
そう、オリンピック・パラリンピックの開催都市だということです。

 

しかも東京は、2020年に2回目の開催を控えています。
五輪マークを目にするたびに思わず晴れがましい気分になりますが、
ひとつだけ、なんとも口惜しいことがあるんです。
建て替えのための、国立競技場の取り壊しです。

もともと国立に特別な思い入れはなかったんですが、
東京に来て競技場のある神宮外苑を歩いてからは、
日本のスポーツの歴史そのものみたいなあの威容を見られなくなることが、
なんだかたまらなく寂しく感じるようになってしまいました。

 

工事が始まる前にやっぱり足を運ばねばと、
去年12月には「国立最後のラグビー早明戦」を観戦しました。
秋の色を残す青い空に、ああ聖火台(うっとり)。
こんな空間に身を置けるからこそ、スポーツ観戦はうるわしい。
これ壊しちゃうのかあ。国立への未練をより強くしてしまったのでした。

 

先日はこんなこともありましたよね。
中止になったポール・マッカートニーの国立競技場公演。
その初日のチケット、持ってました…。
実は私、同世代の中ではかなりの「ビートルズおたく」です。
ポールのステージと国立を一度に堪能できる夢のような公演で、
個人的にはこれを国立との「お別れ式」にすると決めていたのですが、
本人の体調不良によるキャンセルとあれば、仕方ないですよね。
(その後ポールは回復し、72歳の誕生日を迎えました。良かった。)

 

なんか湿っぽくてすいません…。
そうそう、最近「だっこひも」を購入し、5か月の娘と散歩しました。
この時に出かけたのも国立競技場の近くでした。
2回目の東京オリンピック・パラリンピックのころ、娘は6歳。
本人にとっては記憶に残るか残らないか微妙な年ごろでしょうが、
ぜひ観戦に連れてきて、今の国立の思い出を話してあげたいなあ。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

こ、こんなところに!!


和久田麻由子です。
先日実家に帰った際、「チュンチュン」という鳥の鳴き声に誘われて、
久しぶりにバルコニーに出てみました。
すると・・・もう終わりかけでしたが、ピンクのバラが♪


 
そして、梅♪


 
さらに、ブルーベリーがなっていました♪


 
ガーデニング好きの母が育て始め、気がつけばこんなに緑がたっぷり。
いまでは父も一緒になって、せっせと世話をしています。


 
そして、ブルーベリーやサクランボなどの木があるせいか、
最近よく鳥たちがえさを求めてやって来るんです。
この日は、ブルーベリーの木に、緑色の体をした鳥の姿が。


 
ほほえましい光景です。


・・・しかし!!鳥たちの目的は、“えさ”だけではなかったのです!!


 
なんとこの植木鉢の中に・・・!!!!


 
小さな「巣」ができているではありませんか!!
植物の茎や枯れ草でできた、フカフカの寝床です。


巣を作ったのは、いったいどんな鳥なんだろう??と、しばらく見張っていると・・・


 
やってきました!!黒っぽい体に白いお腹の、小柄な鳥。
図鑑を調べると、どうやら『ハクセキレイ』のようです。体が小さく、かわいい姿でした。

こ、こんなところに巣が!!とびっくりしましたが、
この巣でゆっくり卵を産み、ヒナがかえるのか♪これからが楽しみでなりません。
(母は、驚かせてはいけないと、洗濯物を干すのにも気を遣っています。)

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

うどん打っちゃいました


こんにちは、リポーターの古賀一です。趣味は料理です。

先日、高松局勤務時代の友人から、うどんが送られてきたせいなのか、
突然どうしても自分でうどんを打ちたくなり、
思い立ったが吉日と、スーパーで中力粉を購入、自己流で打ってみました。

袋の後ろに書かれていたうどん打ちのレシピが唯一の頼り。
どうやら300gの粉に対して、水140cc、塩6gらしい。
高松のうどん屋のおやじさん達は
「水や塩の加減は季節によっても変わるんよ」と言っていたので、
あまり細かく気にせずに混ぜます。



・・・どのくらい踏むんだろう?
とりあえず5分くらいにしておきました。



そして伸ばしていきます。



あっという間に伸びました。
我ながらナイスな手つき。
結構簡単じゃ~ん、と思っていた矢先・・・。



きっ、切れない。
と言うか、切ったそばからくっついていく・・・。



ええい、ままよとばかりに鍋に投入!
でも、何分茹でるんだろう・・・?!



鍋から出すと、麺は短いものの、なんとなくいい感じ。



完成!!
あんまりコシはありませんが、自分で作ると、とっても美味し~!

でも、もうすこし美味しく打つコツを高松局に勤務している間に聞いとくんだったと後悔。
当時は「ここの店はあんまりコシがないんだよね~」とか偉そうなこと言ってましたが、
自分で打ってみて、初めてあの質の高いうどんに囲まれた生活の贅沢さに気付きました。

後日、「急にうどんを打ちたくなって打っちゃったんだよね~」
と鈴木奈穂子キャスターにこの話をしたところ、
「ブログ書くために打ったんじゃないんですか?」と言われました。

私が高松局勤務時代に新人で迎えた後輩、鈴木アナウンサー。
ありがとう、鈴木アナウンサー。



ちなみに、こちらは一週間後にもう一度打ったうどん。
我ながら、なかなかの学習能力、あまりのうまさに、はまっちゃいそうです。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:リポーター | 固定リンク

思いは通じる


池田達郎です。
先日、上野動物園に行きました。
パンダやゾウ、サル山などを見て回ったのですが、
なかでも印象深かったのがこちら。



フクロウです。
真っ白できれい。
しかも、じーーーーーーっとして置物みたいです。
「こっち向いて」「おーい」などいろいろ呼びかけたところ、
意外な形で思いが通じました。



ウインクしてくれたのです。
これは友達になろうというサインなのか?
君のメッセージは受け取ったよという合図なのか?
少しだけ、ハリーポッターの気分を味わいました。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

忘れられない『父の日』


寺門亜衣子です。
梅雨らしい、ぐずついた天気が続いていますが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

先日は父の日でしたね!
日頃の感謝の気持ち、伝えられましたか?

私はというと…今年は忘れられない父の日になりました。

日曜日の昼下がり、自宅でテレビを見ていると、
ピンポーンとインターホンが鳴りました。
「宅配便でーす」
ん?なんだ?最近通販では買い物していないし…。
ドアを開けると、
「お花のお届け物です!」
えっ!お花!私に!?きゃーっ誰から誰から…
と舞い上がりそうになった次の瞬間。
一気に血の気が引きました。

これ、もしかして…
放心状態で受け取り、恐る恐る箱を開けると、やはり。



お父さんごめんなさーい(涙)

そう、私が父の日のプレゼントにと、インターネットで注文したお花でした。
実家に送ったはずが、間違えて自宅の住所を入力してしまったのでしょう。
なんということ…!

せっかくメッセージもオリジナルで発注したのに。



がっくり肩を落としつつも、すぐに父に電話すると…
「疲れてたんだよ。気持ちは届いているよ。」
母も「ミスしたのが仕事じゃなくてよかったよ!お花から元気もらって頑張れ!」

両親への感謝を胸に刻んだ、父の日。
そして何より、自分のそそっかしさを再認識した、父の日。

母の日と比べ父の日はつい忘れがちといわれますが、
この出来事をもって、私は今後父の日を忘れるということはないでしょう。

来年の父の日は倍返しだな。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

ページの一番上へ▲