2014年6月26日

さようなら、ツガルさん


糸井羊司です。
写真は3年前の冬、取材で訪れた
横浜市・野毛山動物園でのひとコマ。



おそるおそる
エサやりをしている相手は
メスのフタコブラクダ「ツガルさん」。
「まもなく世界最高齢のラクダになる」
と話題になり、「おはよう日本」で
生中継させていただきました。



※当時の飼育担当
櫻堂由希子さんとともに

誕生日プレゼントのリンゴに
興味津々の様子…
食欲旺盛な、おばあちゃんラクダで、
毛並みがまるで高級じゅうたんのように
ふわふわで温かかったことを、
いまでもよく覚えています。

そのツガルさんが、
先月(5月)23日、
息を引き取りました。
推定年齢38歳。
人間だと120歳ぐらいだといいます。
前日までは変わらず食欲もあって
元気だったそうです。
突然のお別れでした。



先日、野毛山動物園を訪ねると…



あれ?ツガルさん!?



いや、ツガルさんと
ほぼ同じ大きさの写真パネル。
まわりには花がいっぱい…
飼育小屋が開放され、
献花台が設けられてありました。



先日行われたお別れ会には
500人あまりが集まったとのことです。

会には参列できなかったので、
遅ればせながら、花を手向けました。
するとそこへ、取材の際、
お世話になった櫻堂さんが…。



動物園で働き始めてから6年間、
ツガルさんの飼育を
担当してきたという櫻堂さん、
「お別れ会には、毎年の誕生日会と同じくらい
大勢の人たちが集まって下さいました。
ツガルさんはもういないのに…
いかに愛されていたかがわかりますね」と話していました。



いつまでも長生きしてくれて、
ここに来ればいつでも会えるような
気がしていたんですが…

動物も人も、命は限りあるもの、
生かされている存在に過ぎないことを
改めて教えられた思いです。



ありがとう。
さようなら、ツガルさん。

投稿時間:19:00 |  カテゴリ:キャスター | 固定リンク

ページの一番上へ▲