気象キャスター

2018年07月17日 (火)街のシンボル


土日の気象情報を担当しています南です。

minami2018.jpg

関西の3つのタワーです。
何タワーかご存知ですか?


20180717_minami_01.jpg


20180717_minami_02.jpg


20180717_minami_03.jpg


1は京都タワー、
2は大阪にある通天閣、
3は神戸にあるポートタワーです。

街のシンボルは、
住んでいる人にとっては自分の位置を確認するものであり、
帰郷した人にとっては故郷の確認であり、
離れる人にとっては最後まで見送ってくれる存在です。

見慣れた風景は、いつまでもそのままでいてもらいたいですが、
災害が発生すると風景が一変してしまいます。

西日本豪雨により、多くの川があふれ、多くの山が崩れました。
子供のころや学生時代に倉敷や広島で過ごしたことがある私にとっては、
思い出の中の穏やかな風景が荒々しい風景に変わったことに愕然としてしまいました。

天気には「良い・悪い」はないと言いますが、それでも天気は「良い」ほうがいいです。
「良い」天気が続き、いつも「良い」天気予報を伝えることができればと思います。

投稿者:気象キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年06月15日 (金)全部高いです。


気象キャスターの山神明理です。

yamagami2018.jpg

毎朝の高い屋上からの気象中継。
眺めが良くて、晴れた日は本当に気持ちが良いです。

20180615_yamagami_01.jpg

この日は、青空に薄い雲。
快晴よりも薄雲がかかっている空が、個人的には好きです。
穏やかな雲の流れを見ると、なんだかホッとします。

さて、そんな空の様子を皆様にしっかり見て頂くために、
屋上からの気象中継では、私の背景が空になるように
ある工夫がされています。
それは・・・・

20180615_yamagami_02.jpg

台です!
通称、「気象の台」。そのまんまです(笑)

屋上に普通に立つと、背景の半分は塀になってしまうので、
この台に乗って、毎朝気象情報をお伝えしているのです。

もちろん、倒れて屋上から落ちないように
塀からは最低1メートル以上は離れた所に台を設置するなど
安全管理は、バッチリです。

と、いうことで、これも高い位置に。

20180615_yamagami_03.jpg

こーーんなに脚が長いんです。
改めてみると、なんだか面白いバランスです。

照明さんも、大変です。

20180615_yamagami_04.jpg

これは、太陽の光を遮る道具。
こちらも、かなり高さがありますね!
私の立つ位置が高いからです。
こんなに大掛かりな物も用意して頂いて、
日々の気象中継が成り立ってい るのです。

もう各地で、本格的な雨のシーズンですね。
気象の台の上から、しっかりお伝えしていきます!

投稿者:気象キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年05月29日 (火)史上最長!?


気象キャスターの檜山靖洋です。

hiyama2018.jpg

気象キャスターに欠かせないアイテムのひとつは、差し棒です!

20180529_hiyama_01.jpg

私は、このように長~い棒を使っています。

20180529_hiyama_02.jpg

NHKの気象キャスターが使う差し棒には、
いろいろな種類の何本もの棒がありますが、
私が7時台の放送で使っているのが、一番上の差し棒です。

この差し棒、おそらく
NHKの気象情報史上、最も長い棒だと思います。

棒の長さは、先端の球も含めて1メートルあります。
なぜ、長いのかというと、
7時台の気象情報では、スタジオの画面が、とても大きいんです。

20180529_hiyama_03.jpg

身長170センチ(弱)の私としては、
これくらい長い棒でないと、指し示せない部分が出てきてしまいます。
そこで、これまでで最も長い棒をこの春作ってもらいました。

20180529_hiyama_04.jpg

大きな画面の前で、縦横無尽に歩き回り、
体、腕を思いっきり伸ばしながら指し示し、
気象情報をお伝えしていきます!


投稿者:気象キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年05月04日 (金)春の海


土日の気象情報を担当しています南です。

minami2018.jpg


20180504_minami_01.jpg

この海は、瀬戸内海。見えている橋は瀬戸大橋。
4月26日、香川県の高松沖から坂出沖で釣りに行ってきました。

20180504_minami_02.jpg

「春の海 終日のたり のたりかな」 与謝蕪村

春の暖かい日差しのもと、穏やかな海の上でのんびりと魚釣りができました。
狙った魚はタイ。

20180504_minami_03.jpg

一匹だけですが、50センチを超える大物が釣れました。
サクラが見ごろになる時期から5月にかけてのタイは「桜鯛」と言って、
瀬戸内では珍重され、釣り人にとっても人気が高い魚です。
春を満喫できた一日でした。

「春の海 タイとたわむれ ありがたい」 南利幸


投稿者:気象キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年04月15日 (日)ねこに癒され頑張ります。


おはようございます。
「おはよう日本」気象コーナー担当の山神明理です。
1日のはじまりの天気予報。
とても責任重大なので、精一杯頑張りたいと思っています!

201804015_yamagami_04.jpg

下の写真は気象予報士の檜山さんと。
いつもテレビで見ていた檜山さんが近くにいるのは、まだ不思議な感じです。
檜山さん、いつも分かりやすく丁寧なブリーフィングをありがとうございます。

201804015_yamagami_02.jpg


さて、自己紹介も兼ねて、今回は私の大好きなものをご紹介します。

それはネコちゃん!
うちでは、2匹のネコを飼っていて毎日癒されています。

201804015_yamagami_03.jpg

手前が「ぞん」、奥が「ミルキー」という名前です。
ぞんは、たまにゾンビのような動きをするのが由来。
ミルキーは、色が白っぽい から、そう名づけました。
(我ながら安易な名付け方笑 性格がバレます。)
それぞれ個性があって、溺愛しています。

いまは、大阪にいた頃より、2時間早起きの生活。
まだ慣れてはいませんが、ネコ達に癒されながら、日々精進します^ ^
今後とも、どうぞ宜しくお願い致します!


投稿者:気象キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年04月13日 (金)イチョウに習って


気象予報士の檜山靖洋です。

hiyama2018.jpg

4月からおはよう日本の気象情報を担当しています。
どうぞよろしくお願い致します。

実は、おはよう日本を担当するのは、
2008年4月~2015年3月以来2度目です。
よく周りから、出戻り?とか、言われますが、
自分では”戻る”という感覚だけではなく、
新たな番組に挑戦するという感じが大きいです。

201804013_hiyama_01.jpg

ことしはサクラの季節が早く終わり、
4月のスタートから、すっかり新緑の季節を迎えています。

201804013_hiyama_02.jpg

201804013_hiyama_03.jpg

指の先ほどしかないイチョウの小さな葉が
かわいくて好きなんです。

201804013_hiyama_04.jpg

大地にしっかりと根付いた古い木でも、
毎年葉は生まれ変わります。

NHK気象キャスター13年目、
そして、2度目のおはよう日本、
過去の経験をしっかり生かしながら、
生まれ変わったかのように、新鮮な気持ちを持って
気象情報をお伝えしていこうと思います。
イチョウを見習って。

201804013_hiyama_05.jpg



投稿者:気象キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年03月23日 (金)2回目の「おはよう日本」も楽しかった!


皆さん、こんにちは。
気象予報士の平井信行でございます。

hirai.jpg

私こと、3月末で「おはよう日本」を卒業することになりました。
3年間、朝早くから私の気象情報をご覧になった皆さま、
そして、番組の皆さま、
大変お世話になりました<m(__)m>

実は、私が「おはよう日本」の気象情報を担当したのは、今回で2回目でした。
1回目は、1998年3月までの3年間でした。
私がNHKテレビに初出演した番組でした。
ですから、2度目のオファーがあった時は、とても感慨深いものがありました。

20180320_hirai_01.jpg

これが、20年前の「おはよう日本」最後の日の写真です。
う~ん、やはり30歳の自分は若かった。
言動も、行動も、放送も。。。随分、やんちゃして、ご指導を頂きました(汗)
 
20年前にこの番組で始めたことが、今も続いていることがあります。
きょうのワンポイントは・・・・、という文字を気象情報で出すのは、
「おはよう日本」がNHKで初めてでした。
当時は、かなり批判がありました。
 
そして、当時はとん挫しましたが、今、実現しているものがあります。
それは、おかえり天気。
私が「お帰りのころの天気」は、と放送すると、
視聴者の皆様からの反響が大きすぎて途中でやめました。
 
このように、「おはよう日本」は昔から自由な雰囲気があり、
それが新しいことへの挑戦につながっているのだと思います。
 
最後になりますが、3+3=6年間、「おはよう日本」には大変お世話になりました。
今後、益々の番組のご発展を心よりお祈りいたします。
 
これからも「おはよう日本」出身者として、誇りを持って走り続けます!

20180320_hirai_02.jpg

投稿者:気象キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年03月13日 (火)


ことしの冬は、本当に寒かったですね。
カイロ消費量、電気代ともに過去最高記録を更新した酒井千佳です。

sakai.jpg


3月に入っても寒い日がまだまだありましたが
そんななかでも春を探しに
久しぶりに自転車に乗ってきました。

20180313_sakai_01.jpg
 
お寺に咲いていた満開の梅。

とってもはなやか。

20180313_sakai_02.jpg

早咲きの桜、河津桜も満開。

20180313_sakai_03.jpg

公園で一本だけ咲いている河津桜。

20180313_sakai_04.jpg

お花見している人もたくさんいましたよ。

20180313_sakai_05.jpg

やっぱり桜はいいなぁ。

ソメイヨシノの季節まであとすこし。

お花見計画たてよう。

投稿者:気象キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年02月16日 (金)スギ花粉の季節


土・日の気象情報を担当している南利幸です。

minami.jpg

2月半ばを迎えると飛び始めるのが、スギ花粉です。
まずはスギ花粉の写真です。
私が撮影しました。

20180216_minami01.jpg

染色液で染めているので紫色になっていますが、実際は薄い黄色です。
大きさは0.03㎜から0.04㎜、肉眼では見ることはできませんが、
これが手すりや車のボンネットに大量に降り積もると、黄色い粉として確認することができます。

この花粉を生産しているのが、スギの雄花です。

20180216_minami02.jpg

一つが小豆ぐらいの大きさです。
この中に花粉が何とおよそ40万個入っているとのことです。
一枝には100ぐらいの雄花があるので、一枝4000万です。
そうすると木一本は・・・

20180216_minami03.jpg

木一本で小さな枝が100ぐらいはあるので、40億個になります(もちろん木によって異なります)。
山にスギの木が100本あったとすると、一山4000億個。
とてつもない数字です。
これだけの花粉が生産されているので、スギがない街の中にも花粉が大量に飛んでくるのです。

花粉が大量に飛ぶ日は、「風が強く、気温が高い日」です。
スギは風媒花と言って、風によって受粉を成立させる植物です。
気温が高い日は花がたくさん開きます。
そこで風が強くなると、花粉が舞い上がり、遠いところまで運ばれるのです。

今年はスギの雄花が結構ついており、昨年よりも花粉の飛散は多くなりそうです。
花粉症の方、花粉情報をよく聞いてくださいね。

「飛びスギる 強風高温 ご注意を!」

投稿者:気象キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年01月12日 (金)この冬は寒いですね~、ご自愛くださいませ


2018年、新年、明けましておめでとうございます。
気象予報士・平井信行です。

hirai.jpg

ことしも、皆さんにとりまして良き一年になりますよう
心よりおイヌりいたします(失)

さて、「三寒四温」という言葉をご存知だと思いますが、
この冬は“六寒一温”というところでしょうか。
三寒四温は冬の季語で、冬の寒さの強弱を表します。
春に使うのは誤りです。

冬将軍は、冬の寒さを擬人化したものです。
この冬は大活躍!冬将軍はあまりお休みしないです。

20180112_hirai01.jpg

小寒は、二十四節気の一つですが、
寒さが厳しくなって行くころ、という意味があります。
これから節分までは「寒の内」といますが、
一年で最も寒い時期になります。
天気予報で“真冬の寒さ”というのも、
このころの寒さのことです。

20180112_hirai02.jpg


ここで登場する冬ちゃんは、実は、冬将軍のライバルになります。
飼っているペットは、フクロウのフクです。

冬ちゃんはクールに見えて、実は。。。。。。

20180112_hirai03.jpg

冬ちゃんのアドバイスは、情熱的!
背後に冬将軍がバックアップ。
実は二人は心が温かい冬の使者なのです。

これからも二人の熱い共演があることでしょう。
皆さんもお身体ご自愛くださいますよう
おイヌりいたします(失)

投稿者:気象キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

ページの一番上へ▲