気象キャスター

2018年04月15日 (日)ねこに癒され頑張ります。


おはようございます。
「おはよう日本」気象コーナー担当の山神明理です。
1日のはじまりの天気予報。
とても責任重大なので、精一杯頑張りたいと思っています!

201804015_yamagami_04.jpg

下の写真は気象予報士の檜山さんと。
いつもテレビで見ていた檜山さんが近くにいるのは、まだ不思議な感じです。
檜山さん、いつも分かりやすく丁寧なブリーフィングをありがとうございます。

201804015_yamagami_02.jpg


さて、自己紹介も兼ねて、今回は私の大好きなものをご紹介します。

それはネコちゃん!
うちでは、2匹のネコを飼っていて毎日癒されています。

201804015_yamagami_03.jpg

手前が「ぞん」、奥が「ミルキー」という名前です。
ぞんは、たまにゾンビのような動きをするのが由来。
ミルキーは、色が白っぽい から、そう名づけました。
(我ながら安易な名付け方笑 性格がバレます。)
それぞれ個性があって、溺愛しています。

いまは、大阪にいた頃より、2時間早起きの生活。
まだ慣れてはいませんが、ネコ達に癒されながら、日々精進します^ ^
今後とも、どうぞ宜しくお願い致します!


投稿者:気象キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年04月13日 (金)イチョウに習って


気象予報士の檜山靖洋です。

hiyama2018.jpg

4月からおはよう日本の気象情報を担当しています。
どうぞよろしくお願い致します。

実は、おはよう日本を担当するのは、
2008年4月~2015年3月以来2度目です。
よく周りから、出戻り?とか、言われますが、
自分では”戻る”という感覚だけではなく、
新たな番組に挑戦するという感じが大きいです。

201804013_hiyama_01.jpg

ことしはサクラの季節が早く終わり、
4月のスタートから、すっかり新緑の季節を迎えています。

201804013_hiyama_02.jpg

201804013_hiyama_03.jpg

指の先ほどしかないイチョウの小さな葉が
かわいくて好きなんです。

201804013_hiyama_04.jpg

大地にしっかりと根付いた古い木でも、
毎年葉は生まれ変わります。

NHK気象キャスター13年目、
そして、2度目のおはよう日本、
過去の経験をしっかり生かしながら、
生まれ変わったかのように、新鮮な気持ちを持って
気象情報をお伝えしていこうと思います。
イチョウを見習って。

201804013_hiyama_05.jpg



投稿者:気象キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年03月23日 (金)2回目の「おはよう日本」も楽しかった!


皆さん、こんにちは。
気象予報士の平井信行でございます。

hirai.jpg

私こと、3月末で「おはよう日本」を卒業することになりました。
3年間、朝早くから私の気象情報をご覧になった皆さま、
そして、番組の皆さま、
大変お世話になりました<m(__)m>

実は、私が「おはよう日本」の気象情報を担当したのは、今回で2回目でした。
1回目は、1998年3月までの3年間でした。
私がNHKテレビに初出演した番組でした。
ですから、2度目のオファーがあった時は、とても感慨深いものがありました。

20180320_hirai_01.jpg

これが、20年前の「おはよう日本」最後の日の写真です。
う~ん、やはり30歳の自分は若かった。
言動も、行動も、放送も。。。随分、やんちゃして、ご指導を頂きました(汗)
 
20年前にこの番組で始めたことが、今も続いていることがあります。
きょうのワンポイントは・・・・、という文字を気象情報で出すのは、
「おはよう日本」がNHKで初めてでした。
当時は、かなり批判がありました。
 
そして、当時はとん挫しましたが、今、実現しているものがあります。
それは、おかえり天気。
私が「お帰りのころの天気」は、と放送すると、
視聴者の皆様からの反響が大きすぎて途中でやめました。
 
このように、「おはよう日本」は昔から自由な雰囲気があり、
それが新しいことへの挑戦につながっているのだと思います。
 
最後になりますが、3+3=6年間、「おはよう日本」には大変お世話になりました。
今後、益々の番組のご発展を心よりお祈りいたします。
 
これからも「おはよう日本」出身者として、誇りを持って走り続けます!

20180320_hirai_02.jpg

投稿者:気象キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年03月13日 (火)


ことしの冬は、本当に寒かったですね。
カイロ消費量、電気代ともに過去最高記録を更新した酒井千佳です。

sakai.jpg


3月に入っても寒い日がまだまだありましたが
そんななかでも春を探しに
久しぶりに自転車に乗ってきました。

20180313_sakai_01.jpg
 
お寺に咲いていた満開の梅。

とってもはなやか。

20180313_sakai_02.jpg

早咲きの桜、河津桜も満開。

20180313_sakai_03.jpg

公園で一本だけ咲いている河津桜。

20180313_sakai_04.jpg

お花見している人もたくさんいましたよ。

20180313_sakai_05.jpg

やっぱり桜はいいなぁ。

ソメイヨシノの季節まであとすこし。

お花見計画たてよう。

投稿者:気象キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年02月16日 (金)スギ花粉の季節


土・日の気象情報を担当している南利幸です。

minami.jpg

2月半ばを迎えると飛び始めるのが、スギ花粉です。
まずはスギ花粉の写真です。
私が撮影しました。

20180216_minami01.jpg

染色液で染めているので紫色になっていますが、実際は薄い黄色です。
大きさは0.03㎜から0.04㎜、肉眼では見ることはできませんが、
これが手すりや車のボンネットに大量に降り積もると、黄色い粉として確認することができます。

この花粉を生産しているのが、スギの雄花です。

20180216_minami02.jpg

一つが小豆ぐらいの大きさです。
この中に花粉が何とおよそ40万個入っているとのことです。
一枝には100ぐらいの雄花があるので、一枝4000万です。
そうすると木一本は・・・

20180216_minami03.jpg

木一本で小さな枝が100ぐらいはあるので、40億個になります(もちろん木によって異なります)。
山にスギの木が100本あったとすると、一山4000億個。
とてつもない数字です。
これだけの花粉が生産されているので、スギがない街の中にも花粉が大量に飛んでくるのです。

花粉が大量に飛ぶ日は、「風が強く、気温が高い日」です。
スギは風媒花と言って、風によって受粉を成立させる植物です。
気温が高い日は花がたくさん開きます。
そこで風が強くなると、花粉が舞い上がり、遠いところまで運ばれるのです。

今年はスギの雄花が結構ついており、昨年よりも花粉の飛散は多くなりそうです。
花粉症の方、花粉情報をよく聞いてくださいね。

「飛びスギる 強風高温 ご注意を!」

投稿者:気象キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2018年01月12日 (金)この冬は寒いですね~、ご自愛くださいませ


2018年、新年、明けましておめでとうございます。
気象予報士・平井信行です。

hirai.jpg

ことしも、皆さんにとりまして良き一年になりますよう
心よりおイヌりいたします(失)

さて、「三寒四温」という言葉をご存知だと思いますが、
この冬は“六寒一温”というところでしょうか。
三寒四温は冬の季語で、冬の寒さの強弱を表します。
春に使うのは誤りです。

冬将軍は、冬の寒さを擬人化したものです。
この冬は大活躍!冬将軍はあまりお休みしないです。

20180112_hirai01.jpg

小寒は、二十四節気の一つですが、
寒さが厳しくなって行くころ、という意味があります。
これから節分までは「寒の内」といますが、
一年で最も寒い時期になります。
天気予報で“真冬の寒さ”というのも、
このころの寒さのことです。

20180112_hirai02.jpg


ここで登場する冬ちゃんは、実は、冬将軍のライバルになります。
飼っているペットは、フクロウのフクです。

冬ちゃんはクールに見えて、実は。。。。。。

20180112_hirai03.jpg

冬ちゃんのアドバイスは、情熱的!
背後に冬将軍がバックアップ。
実は二人は心が温かい冬の使者なのです。

これからも二人の熱い共演があることでしょう。
皆さんもお身体ご自愛くださいますよう
おイヌりいたします(失)

投稿者:気象キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2017年12月15日 (金)紅葉


カメラ大好き酒井千佳です。
sakai4.jpg
カメラを持ってお出かけするのが好きなので
月1恒例のお出かけ中継でも
空き時間に写真を撮っています。

先月は紅葉が見ごろの熱海梅園から中継しました。

1212_sakai_01.jpg

朝日に照らされた紅葉と
渓流のコントラストが素晴らしかった。

1212_sakai_02.jpg

見事に紅葉した真っ赤な木の下から。

1212_sakai_03.jpg


プライベートでも
いろいろと紅葉狩りに行ってきました。

1212_sakai_04.jpg

青森県の奥入瀬渓流。

1212_sakai_05.jpg

渓流沿いの散策は
とても気持ちがよかった。

雨だったので
靴はどろどろになったけど。

1212_sakai_06.jpg


東京の六義園にも行ってきましたよ。

1212_sakai_07.jpg

青空の映った水面に紅葉
夜空の星みたい。

もう紅葉の季節もおしまいですね。
また来年たくさん写真撮りにいこう。


投稿者:気象キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2017年11月17日 (金)ケヤキの紅葉


土日の気象情報を担当しています南利幸です。

minami.jpg


11月上旬、我が家(兵庫県西宮市)の周囲のケヤキが色づいています。

1117_minami_01.jpg

電線はともかく、青空をバックに赤色の葉が浮き出て見えます。

一方で落葉も進んでいます。
道路際の吹き溜まりには、葉っぱがこんもりと積み重なっています。

1117_minami_02.jpg

掃いても掃いても、翌日には葉っぱが積み重なり、掃除が大変な時期です。

そこで、一句
「落葉の掃除 楽よと言わせない」

この時期は葉っぱを手に取ってみることが多いのですが、
落ちているケヤキの葉っぱを集めてみると、一枚一枚大きさや形、色も違います。

1117_minami_03.jpg

黄色もあれば赤色もあり、大きな葉っぱもあれば小さな葉っぱもあります。
同じ種類の一本の木なのに画一的ではなく、それぞれに個性があり、
我が家の子供を見ているような気がしました。

ここで、一句
「晩秋のリーフは フリーに色づいた」

投稿者:気象キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2017年10月10日 (火)秋ちゃんのペットは?


みなさん、こんにちは。
気象予報士・平井信行です。

hirai.jpg

すっかり秋本番となり、さわやかな陽気の日が訪れるようになりました。
今回は、秋のお天気キャラクターの「秋ちゃん」のことを紹介いたします。

秋ちゃんは、私が発案した天気キャラクターの一つです。
秋ちゃんは、この夏からしばしば登場していたのをお気づきでしょうか。

8月は天候不順のため、東京や仙台では雨の日が多かったですよね。
それは、秋ちゃんがいつもより早くから、みなさんにご挨拶をしたかったからです。
秋ちゃんに代わって、私から謝っておきます。ごめんなさい<(_ _)>

これは、8月16日におはよう日本で放送した画像です。

1010_hirai_01.jpg

8月はオホーツク海高気圧の勢力が強く、
涼しい空気が北日本や東日本を中心に流れ込んでいました。
夏将軍が率いる太平洋高気圧は南に後退し、
その間に入った日本列島は曇りや雨が多くなりました。

ここで、秋ちゃんの秘密をばらしましょう。

1010_hirai_02.jpg

実は、ウサギを飼っているのです。

なぜでしょうか?
私の想像の範囲なのですが、秋と言えば月見。
月見と言えば、月の中にはウサギがいますよね。

1010_hirai_03.jpg

十五夜、この秋は10月4日でしたね。
みなさんは、お月見できましたか?
秋ちゃんが月見をするコスチュームもやはり古風ですよね。
 
そういえば、前回に私が書いたブログで訂正があります。
またまた、ごめんなさい<(_ _)>
夏ちゃんが飼っている動物は、ネズミではなく、犬でした(汗)

1010_hirai_04.jpg

ネズミと書いたら、管理人さんに怒られちゃった。。。
もう、来年までは夏ちゃんは見られないでしょうから、
今のうちにお知らせしておこうと思いまして訂正しておきました。
 
では、みなさん、楽しい秋をおすごしくださいませ。

投稿者:気象キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2017年09月19日 (火)おはぎ


甘いもの大好き酒井千佳です。

sakai4.jpg

気象情報のコーナー内でも何度か甘いものを食べていますが、
9月20日は彼岸の入り
ということで、おはぎを用意しました。

おはぎは
秋のこの時期、萩の花が咲くことから「おはぎ」
春のお彼岸の頃はボタンの花が咲くことから「ぼたもち」
と呼ばれています。

こちらはシロバナハギ、かわいい花ですね。

0919_sakai_01.jpg

暑さも寒さも彼岸まで
今年もこれから秋らしい空気になっていきそうです。

投稿者:気象キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

ページの一番上へ▲