2019年02月08日 (金)平日の私は・・・


こんにちは。
土日祝日キャスターの新井秀和です。

arai2018.jpg

「おはよう日本」には土日祝日だけしか出演しないため、
「平日は何してるの?」とか、「週休5日なの?」なとど
冗談交じりに聞かれることがあります。

先日は、平日を使って、
総合テレビで毎週日曜夜7時30分から放送している
「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」の取材に行ってきました。
(私は番組でナレーションを担当しています)

場所は、広島県東広島市豊栄町。
世界最大の両生類で、
国の特別天然記念物でもある「オオサンショウウオ」に会いに行ってきたのです。

20190208_arai_01.jpg

あっ、オオサンショウウオじゃなく私の写真でごめんなさい。
私のブログでは、一応お決まりかと思って(笑)
オオサンショウウオは、この後ろを流れる川に、ちゃんといましたよ。

なぜオオサンショウウオなのか。
2018年7月の「西日本豪雨」によって、
オオサンショウウオが暮らす環境に異変が起きました。
豪雨の影響で川の護岸が崩れて巣穴が壊れたり、
上流にいたオオサンショウウオが下流に流されてしまったりしたのです。

20190208_arai_02.jpg

今でもこのように、護岸が崩れたままの場所も多くありました。
ところが取材をしてみると、こうした見た目でわかりやすい場所だけでなく、
大雨による増水で大きな石が流れるなどして川の流れが微妙に変わるだけで、
オオサンショウウオの暮らしに影響しているところもありました。
はじめて見る私には、その違いがわからないほどでした。
そんな中、オオサンショウウオを保護するため、地元の皆さんが活動しています。
番組ではそうした取り組みもお伝えする予定です。

実は去年に続いて2回目の取材なのですが、
その時産まれた卵が無事幼生になっている姿も見ることができました。

20190208_arai_03.jpg

ちなみにこの写真は、去年訪れた時に見つけたオオサンショウウオです。
周りに比較する物がないのでわかりづらいかもしれませんが、
1メートル近い大きさで、間近で見るとかなりの迫力です。
これほどの大きさになるには何十年もかかります。
その間、災害等によって環境が変わると、命をつないでいくことが難しくなります。
だからこそ、地域の宝である特別天然記念物を守ろうと、
地元の皆さんが生態の調査や保護に取り組んでいるのです。

「おはよう日本」でも、西日本豪雨を受けたその後の取り組みなど、
関連するニュースやリポートをお伝えしていますが、
今回は、“生きものから豪雨被害を考える”取材に行ってきました。
私は、去年とあわせて一週間ほどのロケでしたが、
取材クルーは数か月にわたってオオサンショウウオの暮らしに密着し、
貴重なシーンもたくさん撮れています。

今回の取材の模様は、3月3日の「ダーウィンが来た!」で放送する予定です。
是非ご覧ください!
毎週日曜日は、朝7時から「おはよう日本」。
夜7時30分から「ダーウィンが来た!」と覚えて下さいね。

投稿時間:19:00

ページの一番上へ▲