2018年10月12日 (金)予約しました。


三條雅幸です。

sanjo2018.jpg

もう10月。早いですね。
朝(まだ夜中?)の出勤時の空気感や、
日中のふとした瞬間に吹くひんやりした風に触れるたび、
きっと冬が始まるのもあっという間なのだろうなと感じます。

さて、その冬になるとニュースでお伝えする機会が増えるのがインフルエンザです。
毎年のように「流行が拡大」「学級閉鎖」などの言葉が聞かれます。
今年はどうなるのでしょうか。今から気になるところです。

対策の1つ、ワクチンの予防接種が始まりましたね。

僕もかかりつけの病院で予約をとりました。
ちゃんと毎年予防接種を受けているのです(ドヤ顔)。

実はこの予防接種、僕にとっては一大決心を要するものでもあります。
そうです。
どうも昔から注射が苦手なのです。
何度受けても慣れません。針も見ていられません。
子どもの頃、順番の列で先に終わった子に
「痛かった?痛かった?」と聞いていたタイプです。

接種前に「注射や採血で気分が悪くなったことはありませんか?」と聞かれますよね。
「ありません」と答えています。
ただ、大人ですから実際には言いませんが、心の中ではこう続けています。
「どうかチクッとさせないで下さい」と。
ところが、そんな気持ちをあざ笑うかのように
「はい、チクッとしますよ~」から始まるのが予防接種の現実。

うぅぅぅ。
しかも「チクッ」どころか、結構「ズンッ」ってくることもあるし…。

接種前はいつも心が落ち着きませんが、職場や公共の場で人にうつしてしまったり、
仕事に穴を空けて皆さんに迷惑をかけてしまったりしたら、それこそ大変です。
日ごろから手洗い・マスク着用の対策をするとともに、
今シーズンも意を決して予防接種を受けてこようと思います。

20181012_sanjo_01.jpg

(医師に扮した佐藤誠太アナに付き合ってもらい、
 ボールペンを近づけて予防接種のイメージトレーニング中)

投稿時間:19:00

ページの一番上へ▲