2018年01月23日 (火)ピョンチャンへ行ってきました


「まちかど情報室」担当の新井秀和です。

arai2.jpg

去年の大みそかから今年の元日にかけて放送した「ゆく年くる年」で中継するため、
韓国・ピョンチャンへ行ってきました。

オリンピック・パラリンピックの開幕を前に、
韓国・金浦空港では、それぞれのマスコットキャラクターが迎えてくれました。

20180123_arai01.jpg

番組では、開会式・閉会式が行われるオリンピックスタジアムから中継しました。

20180123_arai02.jpg

大みそかも、開会式の準備が行われていました。
前日の夜に雪が降ったこともあり、会場内には雪が積もっているところもありました。
年が明け、午前0時を過ぎたころの気温は、手元の温度計で氷点下10度ほど。
積もった雪は、もちろん解けません。
私の顔も・・・

20180123_arai03.jpg

「白すぎる」と数人から言われましたが、寒さのためです。
厚底のブーツに、厚めの靴下を履いていたのですが、
足元から冷たさが伝わってくるような状況でした。
これから観戦に行く予定のある方は、足元の寒さ対策をお忘れなく!

日本から行ったスタッフは、私を含めて3人。
現場では、NHKソウル支局を中心とした現地スタッフと一緒に中継しました。

20180123_arai04.jpg

寒さの中では、機材の電源が突然切れたり、私の口が回らなくなったり(これは言い訳ですね)、
様々なことが起こります。
比較的大人数が関わる「ゆく年くる年」ですが、
少ないメンバーで力を合わせて乗り切った!という感じでした。

これまでに、テレビの「ゆく年くる年」を担当したのは2回目。
年に一度の番組ですから、そう何度も担当することはできません。
今回は海外からということもあり、貴重な経験でした。

せっかくピョンチャンに行ったので、ご当地グルメが食べたいと思った私なのですが、
顔が真っ白になるほどの冷たい風を生かした、「干し物」がありました。

20180123_arai05.jpg

「ファンテ」と呼ばれる、スケソウダラの干物です。
肉料理のイメージがあった韓国ですが、ピョンチャンはファンテが有名だということです。

鍋に入れるとこんな感じ。

20180123_arai06.jpg

20180123_arai07.jpg

↑これです。

干したせいか、噛めば噛むほどうま味が出るようなおいしさで、冷えた体にしみました。
冷たい風をいかし、寒さともに暮らしながら、昔から食べられてきたのでしょう。

まもなく始まるオリンピック・パラリンピックを前に、
少しだけ会場の雰囲気を感じられたのと食文化にも触れられ、
大会を、より身近に感じられそうです。

ちなみに、ピョンチャン周辺では、あの韓国ドラマのロケも行われたということで・・・

20180123_arai08.jpg

これでは、冬のドナタ?という感じですね。

投稿時間:19:00

ページの一番上へ▲