2016年07月21日 (木)アクロバット相撲!? 宇良の素顔


おはよう日本スポーツキャスターの森花子です。
2016年の夏場所、
鮮やかなピンクのまわし姿とアクロバティックな相撲で
ひときわ注目を集めた十両の宇良。
体重120キロの小兵力士ながら、
70キロ以上重い相手にもひるむことなく立ち向かう姿に感動し、
名古屋場所を前にインタビューをお願いしました。
岐阜県にある木瀬部屋の稽古場は、
のどかな田園風景の中にあって、
力士たちは自転車で稽古場までやってきます。

見学のためお邪魔した稽古場には、
早朝6時半からファンの姿がありました・・・。
その後、時間が経つ度に人が増え、
午前10時ごろには200人余りの人たちが見学へとやってくる人気ぶり。
そんなお客さんたちをもてなしていたのは、
地元のボランティアの皆さん。

ohayou20160725_1_1.jpg
 
「木瀬部屋の力士たちを応援したい」
「多くのファンに楽しんでほしい」と、
無料でお団子を提供していました。
そんな地域の応援を力に変えて名古屋場所で白星を重ねている宇良。
「ぎゅぎゅっとのポーズ・・・・・頂けますか?」という私のお願いに、
笑顔で応じてくれる一面もありましたが、

ohayou20160725_1_2.jpg
 
相撲に関する話題になると表情も一変。
変幻自在、牛若丸のような身のこなしと、多彩な技で
「アクロバット相撲」で注目される宇良ですが、
本人が目指すのはあくまで、押し相撲。
「相撲の基本は押し。押し相撲で勝てるようになりたい」
と力士としてのプライドを口にしていました。
相撲と真摯に向き合い、勝ちにこだわる宇良。
ますます応援したくなりました。

投稿時間:19:00

ページの一番上へ▲