キャスター

2017年03月22日 (水)念願かなって・・・


芳川隆一です。
私が中学~高校時代、世の中を席巻していたもの、
そう、それは小室哲哉プロデュースの音楽でした。
globe、TRF、安室奈美恵、篠原涼子・・・
挙げればきりがありません。
今でも、カラオケに行けば歌うという同世代の人(私は36歳です)も
多いのではないでしょうか?
それだけ、私たちの世代の青春を彩った小室哲哉!!
その小室さんに、先日、インタビューでお会いすることができました。

ohayou20170316_1_1.jpg

私も、小室さんの大ファンで、
家には、TM NETWORKのCDやビデオ(VHS)がたくさんあります。
「あの曲の初期のプロモーションビデオ、香港で撮影したやつ、持ってます!」と、
ファン丸出しのご挨拶をしたところ、
「良く知ってますね~」と言ってくださいました。
これだけでテンションは最高潮です。
インタビューでは、大ヒットを連発していた80年代、90年代当時の様子や、
小室さんが考える当時と今の音楽業界の違い、
さらには今後、挑戦していきたいことなどを約40分にわたって伺いました。
このときの様子は、3月29日(水)の「チェック!エンタメ」で放送予定ですので、
ぜひごらんください。

ちなみに、収録は午後だったのですが、
NHKのおはよう日本のインタビューと聞いて、
朝の生放送だと当日まで勘違いしていたという小室さん。
「出演者の皆さんには会えないのですね。
僕が(VTRで)一方的に見られるだけなんですね」と少し残念そうでした。
おはよう日本を知ってくれているようで、それもまた嬉しかったです!!

投稿者:キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2017年03月17日 (金)犬見知り


ohayou20170310_1_1.jpg

近江友里恵です。
かわいいチワワ!

ohayou20170310_1_2.jpg

かしこいゴールデンレトリーバー!

最近、ワンちゃんを飼いはじめました!
・・・というわけではありません。

今度の春分の日、3月20日(月)放送の
「まちかど情報室」スペシャルに向けて、
最新ペット事情を取材すべく、
ワンちゃんたちに会いに行ってきました。

今回、「ワンちゃん取材」担当となった私ですが、
実は、犬と触れ合った経験がほとんどありません。
今まで家で飼った生き物といえば、
金魚、カメ、ザリガニ、鈴虫くらい・・・

犬と触れ合うことができるのか、
コミュニケーションが取れるのか、
かなりドキドキしながらロケに臨みました。
「人見知り」ならぬ「犬見知り」です。

果たして、その結果はいかに・・・!?

3月20日(月)春分の日の「おはよう日本」をご覧ください!

投稿者:キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2017年03月10日 (金)こんなもの作りました


和久田麻由子です。こんなものを作りに行きました。
 
ohayou20170308_1_1.jpg

友人の結婚式やパーティーに呼ばれた際など、
ドレスを着たときに、シールのように肌に貼るアクセサリーです。
 
ohayou20170308_1_2.jpg

もとになるのは専用の透明のシート。チョウの形を選びました。

ohayou20170308_1_3.jpg
 
小さくて見えづらいですが、好みの色のカラーストーンを選んで、
ピンセットを使ってシートに貼っていきます。

ohayou20170308_1_4.jpg

トパーズ系の色を選びました。小さいので一粒ずつつかむのが難しい…!
パールなども使い、配置やバランスを考えながら作業すること1時間弱。

ohayou20170308_1_5.jpg
 
完成しました!(私のは、右上です。)
友人たちは、青系のチョウに。
また、リボンの形を選んだ人もいました。

眉間にしわを寄せながら作ったこのシール・・・。
近いうちに貼って出かける機会があればいいなあ、と思って眺めています。

投稿者:キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2017年03月07日 (火)


人生の壁にぶち当たりたくないと常々思っている、
早朝キャスターの田所拓也です。

3年後の東京五輪で正式種目となる「スポーツクライミング」。
どんな種目なのかずっと気になっていたところ、上司からお誘いが。

先日、横浜の某スポーツクラブを訪れました。
高さ7mの人工壁に無数の突起物。
新人時代に一度だけ山岳の取材をしたことはありましたが、
登るのは初めて。
 
ohayou20170306_1_1.jpg

なんとか上まで登れましたが、
手足と身体の使い方にポイントがあります。
右手→左足のように手と足を左右に交互に動かすこと。
さらに、壁側に身体をひねる。
慣れない私は苦戦・・・次回までの課題です。

何本か登っていると、やはり腕、指の筋力に限界がやってきます。

ohayou20170306_1_2.jpg
 
さらに、翌日。食事時に新たな壁が立ちはだかります。

ohayou20170306_1_3.jpg
 
あまりの筋肉痛に「焼きうどん」の麺がうまくつかめませんでした。

投稿者:キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2017年03月03日 (金)引き継ぎ


土日担当の近田雄一です。
4月から大阪放送局に勤務することになりました。
最近はすっかり思い出作りモードです。
番組でお世話になった人、高校時代の同級生、
会食につぐ会食で時間が足りない。
会いたい人、行きたい場所。
普段の時間をもっと大切に過ごせばよかったなと思うのは
ひとつの転勤族あるあるではないでしょうか。

ohayou20170303_1_1.jpg

「おはよう」と「知恵泉」は二宮アナに、
「ダーウィン」は新井アナにそれぞれ引き継ぎます。

ohayou20170303_1_2.jpg

ohayou20170303_1_3.jpg

大好きな番組を離れる淋しさの一方で、
信頼できる後輩たちが引き継いでくれる頼もしさ。
彼らなら間違いなく番組を盛り上げてくれる。
頼んだよ、にの!新井ちゃん!

そして新たな生活拠点となる関西。
関東生まれの鉄道ファンにとって憧れの地でもあります。
JR・私鉄問わず魅力あふれる鉄道がたくさん。
仕事はもちろん、鉄分補給にも今まで以上に力を入れますよ。

ohayou20170303_1_4.jpg

関西の皆さま、今後ともどうぞ宜しくお願いします。

投稿者:キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2017年02月28日 (火)そのジャンプはどこへ向かうのか!


阿部渉です。
「飛び跳ねてみたい!」折に触れて、なぜか、そんな衝動にかられます。
今回は、「おはよう日本」でのジャンプを振り返ってみましょう。
まずは、2011年、43歳時のジャンプから。

ohayou20170228_1_1.jpg
 
「ABE43」(エービーイーフォーティースリー)としてのデビューでした。
続いて、引っ越し作業中のアナウンス室でのジャンプ!(With鈴木アナ)
とぅりゃー!

ohayou20170228_1_2.jpg

夏の日、NHK前で飛べ!

ohayou20170228_1_3.jpg

続いて、2012年、NHKホール前での立ち幅跳びだ!

ohayou20170228_1_4.jpg
      
当時のおはようメンバーでジャンプ!

ohayou20170228_1_5.jpg

時は流れ…、2017年のジャンプ!

ohayou20170228_1_6.jpg
 
こんな一瞬一瞬が積み重なり、気がつけば長い年月が過ぎていました。

明日に向かって、未来に向かって、飛べっ!

投稿者:キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2017年02月27日 (月)プチ書道


近江友里恵です。
久しぶりのブログ当番です。

なかなか特筆すべき出来事がないなぁ・・・
と、パソコンとにらめっこしていたら、
こんなものが目に入りました。

ohayou20170227_1_1.jpg

机の上にあった付箋と、筆ペン。
何か書いてみたくなりました。

折角なので、思い出の言葉を!

ohayou20170227_1_2.jpg

断層崖。
複雑な形の漢字の組み合わせが、
荒々しく切り立った断層崖の景色を
まさに表しているかのよう(な気がする)。

ohayou20170227_1_3.jpg

テーブル状の台地を表す「メサ」、
花崗岩が風化した「マサ」。
並べて書いてみると、
なんだか艶のある響きと曲線(のような気がする)。


出来栄えはまだまだですが、プチ書道を楽しみました。

投稿者:キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2017年02月23日 (木)3月1日の「チェック!エンタメ」


芳川隆一です。
3月1日放送予定の「チェック!エンタメ」のコーナーでは、
ディズニーのアニメーション映画「モアナと伝説の海」をご紹介します。

ohayou20170223_1_1.jpg

製作を手がけたのは、
ロン・クレメンツ監督(左)とジョン・マスカー監督(中央)。
これまでも「リトルマーメイド」や「アラジン」などを世に送り出してきた2人が
今回描いたのは、南太平洋の架空の島を舞台にした物語です。
主人公の少女モアナ(私が持っているのがモアナです)が、
古くからの教えに背く形で島を飛び出し、大海原で大冒険を繰り広げます。
そんな彼女をサポートするのが、
伝説の英雄マウイ(中央:ジョン・マスカー監督が持っています)。
ポリネシアの人々の考え方や伝説、海との絆を元に描かれた今回の作品。
実際、監督2人は、その文化や伝説を学ぶためにタヒチやフィジーなど
南太平洋の島々を訪問したそうです。

映画に登場する、青い海や緑の島など、自然の描写がとても印象的です。
自然を敬うことの大切さも描きたかったと話す2人は、
実は、宮崎駿監督の作品に大きな影響を受けたとか!
きれいな星空のシーンもあるのですが、実はよ~く見ると、
実際に南太平洋の島で見上げた星空を忠実に再現しているそうですよ!

主人公モアナの成長だけでなく、色鮮やかな背景描写にも注目の「モアナと伝説の海」。
3月1日の「チェック!エンタメ」のコーナーでご紹介する予定です。
ぜひご覧ください!!

投稿者:キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2017年02月20日 (月)今考えると・・・


受験シーズンですね。
なにげに中学受験をした、中村慶子です。
当時、わたしの通っていた小学校で私立中学校に進学した人は、
1学年5人くらい。
そんな中、わたしが中学受験をした理由は・・・
憧れの女の子が中学校受験をしたからです。
今考えると、なんという不純な動機。

この時期になると毎年思い出すのは、
小学4年生の終わりころの、ある夜の光景。

慶「5年生になったら、○○さんと同じ塾に行きたい!」
母「塾に行ったら、お友達と遊ぶ時間減っちゃうよ。
  せめて、6年生になってからでいいんじゃない?」
慶「○○さんがいるのに、どうして5年生から行けないの~(;_;)」

理由にはなっていない文言を繰り返し、泣いて母に反抗をしました。
今考えると、よく母が折れてくれたものです。

晴れて塾に通うことになったものの、
‘塾は友達を作る場所だ’と勘違いしていたわたし。
6年生の夏も、講習を抜け出して学校のプールにすべて参加したのですが、
プール後、塾に戻って友達にノートを写させてもらうのが、
‘友達と一緒に頑張っている’感がして好きでした。
今考えると、ただ優しい友達に甘えていただけですね。
大事な時期に、よくノートを貸してくれたものです。

そんなわけで、憧れの女の子と同じ中学校を受験すらしなかったものの、
塾はとってもとっても楽しかったです。
でも・・・塾って‘勉強するところ’ですよね。
今考えると、塾に行かせてくれた親にも、巻き込んでしまった友達にも、
申し訳ない気持ちでいっぱいです。
おとなになってから子どものころの自分を振り返ると、
反省することだらけ。
そして、そんなわたしを受け止めてくれた周りの人たちのあたたかさを改めて感じます。
ごめんなさい・・・そしてありがとう!

ohayou20170214_1_1.jpg

(注:デュークは何も悪くありませんが、反省しているっぽいデュークです)

投稿者:キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

2017年02月17日 (金)カエル


近田雄一です。
水草カメに加えて、うちにはカエルがいます。

ohayou20170207_1_1.jpg

去年6月にとある田んぼから連れて帰ったこの子。
当時はまだオタマジャクシでした。
前述の水草水槽でしばらく飼ううちに…

ohayou20170207_1_2.jpg

足が生え、手が生え…

ohayou20170207_1_3.jpg

1か月もすると上陸!
その後はすくすくと育ち、今では小指の先ほどの大きさになりました。

ohayou20170207_1_4.jpg

見てください、この愛らしい表情…。
時々、「クロノ・トリガー」というゲームに登場する
その名もカエルというキャラクターを思い出します。
(ちなみに「カエルのテーマ」は個人的にゲーム音楽屈指の名曲!だと思います)

さて、うちのカエルは食欲旺盛、最近は小さなコオロギが大好物。
口に入りきらないサイズのコオロギを
両手で押し込もうとする仕草の可愛いらしさと言ったら…!
自然界では冬眠する季節ですが、飼育下で冬眠させるのは難しいらしく、
水草とカメのお世話にもなっている
親切なショップの店員さんからアドバイスを貰いながら、
ヒーターを使用して冬眠させずに面倒をみています。
うまく飼えば5~6年は生きるとのこと。
長生きしてほしいですね。

ohayou20170207_1_5.jpg

投稿者:キャスター | 投稿時間:19:00 | 固定リンク

ページの一番上へ▲