2019年05月16日 (木)

雨の季節に変化?   斉田季実治

 今週の14日(火)に奄美地方で最初に梅雨入りの発表があり、きょう16日(木)に沖縄地方で梅雨入りが発表されました。

20190516_blog_saita.png

(2019年5月14日放送のニュースウオッチ9 気象情報より)

 平年の梅雨入りは沖縄地方が5月9日ごろ、奄美地方は5月11日ごろで沖縄のほうが早いですが、最近は奄美地方のほうが早い傾向が続いています。平年というのは1981年から2010年までの30年間の平均です。2008年以降をみると、沖縄と奄美は同じ日か、奄美のほうが早く梅雨入りしています。

 

20190516_blog_saita2.png

 そのほかの平年の梅雨入りは、九州南部で5月31日ごろ、九州北部や四国から東北は6月に入ってからです。ただ、この時期になると、本州付近にも活発な雨雲のもととなる非常に湿った空気が一時的に流れ込んで、局地的に大雨になることがあります。

 地球温暖化の影響などで一度に降る雨の量は多くなる傾向にありますので、大雨への備えは早めに確認しましょう。

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:21:58


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バックナンバー


RSS

page top