2018年12月17日 (月)

気象予報士の星空案内   斉田季実治

20181217_blog_saita1.PNG

ふたご座流星群の流れ星はご覧になりましたか?

12月13日(木)の放送で「星空案内人(準案内人)」として、初めて星空の楽しみ方をご案内させていただきました。星空を見るためには、空が晴れている必要があるため、気象予報士の知識が役に立ちます。ただ、私が星空案内人になろうと思った理由は、それだけではありません。

空を見上げ、空を楽しむ人が増えてほしいという思いがあるためです。そうすることで皆さんが空の変化に敏感になり、気象情報を上手に活用することを願っています。

20181217_blog_saita2.jpg

年明け早々1月4日ごろには、三大流星群のひとつ「しぶんぎ座流星」が見られるほか、1月6日には3年ぶりに日本で部分日食が見られます。新年最初のイベントとして、空を見上げてみてはいかがでしょうか?

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:18:10


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー


RSS

page top