2017年04月07日 (金)

気象キャスター 斉田季実治の天気豆知識

【雪解け進む】

 今週は全国的に気温が上がり、6日(木)は北海道でも20度を超えた所が多くなりました。帯広市の最高気温は22度6分まで上がって、7月中旬並みの「暑さ」になったほか、各地で雪解けが進み、札幌の積雪も6日(木)の夜に0センチとなりました。

 雪がとけることによって、浸水や土砂災害などの災害が発生するおそれがあるときには「融雪注意報(ゆうせつちゅういほう)」が発表されます。春になって気温が上昇し、大雨が降ったときには、雪解けによる水と大雨の水が合わさって川が氾濫することもあります。

 なだれや落雪の被害は積雪が多い地域で起こりますが、とけた雪は川を下ります。融雪による川の増水や氾濫は積雪が少ない地域にも影響を及ぼすことがあるのです。

 ようやく訪れた暖かな春を嬉しく感じている方がほとんどだと思いますが、雪がとけることによる影響も頭の片隅に入れておいて、注意報などの情報を確認するようにしてください。

 

 20170407_blog_saita.png

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:19:38


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー


RSS

page top