2019年06月13日 (木)

栗の木から思い巡らし......   篠原恵美

梅雨入り直前、近くにある栗の花が満開になっていました。匂いは多少気になるものの、青空とのコントラストがあんまり綺麗だったので思わずパチリ。

20190613_blog_shinohara1.JPG

秋には美味しい栗の実がなるんだろうな。同じように、早い春を告げた梅の木は、まさに今、たわわに実をつけ、桜と競い合うように花を咲かせていた花梨も、秋には大きな実をつける。

余所様の木なので実を失敬するわけにはいきませんが、その様を眺めるだけでも、季節の巡りって素敵だな、と感じます。

 

気候変動は、ただ暑くなるだけでなく、こうした自然のリズムを大きく傷つけることになるんですよね。年々春と秋が短くなっているような気がするし、猛暑や集中豪雨など、厳しい災害が増えている。なんとか今のうちに防がねば!一個人として何ができるだろう……と、

同じく気になるプラスチックごみによる海洋汚染。ごみを分別しながらいろいろ考える梅雨の一日でした。

20190613_blog_shinohara2.JPG

 

 

投稿者:篠原恵美 | 投稿時間:13:50


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー


RSS

page top