2019年03月08日 (金)

震災遺構   高橋篤史

今夜のニュースウオッチ9で宮城県の沿岸北部、気仙沼市から中継します。

 

海から300mほどの所にある気仙沼向洋高校の旧校舎が中継場所です。

20190308_blog_takahashi.jpg

この校舎は“震災遺構”として10日、日曜日から一般公開されます。

津波の跡を生々しく残した遺構です。

「震災の記憶を風化させてはならない」という地元のみなさんの強い思いから残されてきたものです。

 

しかし、被災地ではこうした被害の爪痕を残す“震災遺構”をめぐって模索や葛藤が続いています。

震災から8年といっても被災された方の生活状況、心境は様々です。

こうした建物は、単に保存か解体かだけでは整理できない複雑な思いがあります。

 

ただ、今回取材で出会った方みなさんに共通するのは「震災の記憶を伝え、また起こるかもしれない大災害のときに、命を守る行動をとってほしい」という思いです。

 

ぜひご覧になって、その思いを感じてください。

投稿者:高橋篤史 | 投稿時間:16:29


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バックナンバー


RSS

page top