有馬嘉男

2019年03月21日 (木)

開花宣言?   有馬嘉男

うちにも春が来ました。

20190321_blog_arima.jpg

けさベランダをのぞくと、盆栽の桜が花を咲かせていました。

「開花宣言!」と言いたいところですが、あと4輪足りません。

ふるさと納税で福岡県朝倉市からやってきた「一才桜」。

このあと蕾の数ほど花を咲かせると思うと、ほっこりやさしい気持ちになります。

 

投稿者:有馬嘉男 | 投稿時間:20:52 | 固定リンク


2018年12月06日 (木)

めざせ、ワクチン男子!   有馬嘉男

風疹の流行がとまりませんね。

11月25日までに報告された全国の患者数は2,313人。
さらに増えるおそれがあると心配されています。

風疹でもっとも怖いのは妊婦のおなかにいる赤ちゃんへの影響。
この番組でも、妊娠中の女性が感染すると、赤ちゃんの目や耳、心臓などに障害が出るおそれがあることを繰り返しお伝えしてきました。
そして、その拡大を防ぐのに、もっとも注意すべきは30代から50代の男性だということは、ニュースウオッチ9の視聴者の皆さんであればもうご存じのはず。
なんと、ことしの風疹患者の8割が男性で、その多くが30代から50代です。
こんなデータもあるんです。
5年前に流行したときの感染経路を調べたところ、わかっているケースのうち最も多かったのが「職場」で48%。
次に「家族」で26%、「学校・保育所」が5%でした。
つ、ま、り…。
職場のおじさんが風疹の感染を広げているわけです。
いやだ、いやだ、いやだ!
そんな迷惑なオヤジになるのはなんとしても避けなければなりません。

ということで、先月某日、行ってきました、ワクチン接種。
20181205_blog_arima1.jpg
近所のクリニックでおよそ6,000円でした。
結構な出費ではあります。
ただ、自治体によってさまざまな助成制度が設けられています。
会社によっては費用の一部を補助するところもあります。
これからワクチン接種を受ける方、まずは調べてみてはいかがでしょうか。

もうひとつご留意いただきたいのは、風疹ワクチンが「生ワクチン」だということ。
使用期限が短く、ストックできないため、在庫がない病院がほとんどです。
僕が訪ねたクリニックでも取り寄せるのに1週間かかりました。
思い立ったらすぐ接種、といかないことがありますのでどうぞお気をつけください。
20181205_blog_arima2.jpg

 

NHK『ストップ風疹!~赤ちゃんを守れ~』 ※クリックすると情報ページが表示されます。
風疹や予防接種のガイドや最新のニュースや動画、風疹の危険度チェックなどを掲載しています。

 

投稿者:有馬嘉男 | 投稿時間:18:05 | 固定リンク


2018年09月19日 (水)

88歳のジャズ・ミュージシャン   有馬嘉男

20180919_blog_arima1.JPG

ジャズピアニスト秋吉敏子さんのコンサートに行ってきました。御年88歳の秋吉さんは本場ニューヨークが活躍の舞台。日本でのライブは年に1度か2度と限られているのでそのチャンスを探っていたんです。念願かなったコンサートに心を揺さぶられました。

 

20180919_blog_arima2.png

20代で単身渡米した秋吉さんは、全盛期の「帝王」マイルス・デイビスやデューク・エリントンら巨匠たちと共演し、不動の評価を確立。日本の旋律や楽器を取り入れた楽曲づくりでも独自の世界を開拓してきました。日本人としてただひとり、本場アメリカで「ジャズの殿堂」入りを果たした、まさにレジェンドです。

 

コンサートは、その秋吉さんの「米寿」と、夫君でフルートとテナーサックスの名手として知られるルー・タバキンさんの「喜寿」を記念したもの。秋吉さんが手がけたオリジナルの楽曲がふたりのデュオで次々と演奏されました。

20180919_blog_arima3.png

アメリカで黄色い肌をもつがゆえに味わった苦難への思いが歌われた『ロング・イエロー・ロード』。日本の尺八のように鋭く空気を引き裂くルーさんのフルートが胸に迫る『花魁譚』。「絶望のときこそ上を向こう」というメッセージが込められた代表曲『HOPE』。そしてアンコールの『月の砂漠』…。力強くも心を癒す優しい音色に何度も何度もぽろぽろと涙がこぼれてしまいました。

 

そして、共演50年となるルーさんとのデュオがすばらしかった。ステージで繰り広げられるピアノとサックスの掛け合いは押したり引いたりの円熟の極み。お招きを受けたご自宅のキッチンで交わされるふたりのおしゃべりを聞いているような不思議な感覚すら味わいました。

20180919_blog_arima4.png

「奇跡のデュオ」、秋吉敏子さんとルー・タバキンさんのコンサートの全編はことし12月から始まる4K放送やBSの番組でたっぷりとお伝えします。どうぞお楽しみに!

20180919_blog_arima5.JPG

投稿者:有馬嘉男 | 投稿時間:17:04 | 固定リンク


2018年05月18日 (金)

有馬さんの眼鏡コレクション   番組スタッフ

日々変わるニュース、

藤井聡太四段はいつの間にか藤井聡太六段になってるし、(なんならもうすぐ7段になりそう)、

大谷翔平選手はもうホームラン6号を打ったし、

有馬さんのメガネはまた増えてるし!

 

え?有馬さんのメガネ?

ということで、きょうはスタッフの私が、有馬さんのメガネコレクションをご紹介します!

 

ウオッチ9をご覧いただいている視聴者の方の中には、有馬さんのメガネに注目しているかたも多いはず!

そして、ついつい桑子さんばかり注目してしまう桑子ファンのみなさん!

桑子さんの衣装やヘアメイクが日々変わるのと同じく、有馬さんのメガネも変わってるんですよ。

 

仕事中の有馬さんに、メガネコレクション見せてください!とお願いしてみました。

 

引き出しから、出てくる出てくる、たくさんのメガネケース。

20180518_blog_arima1.jpg

 

厳選したメガネコレクションの一部を並べてみました!

20180518_blog_arima2.jpg

 

有馬さん、こんなにたくさんのメガネ、どのくらいかけて集めたんですか?

「10年くらいかなぁ。」

度が合わなくならないんですか?

「古いのはもう見えないね(笑)。」

毎日どうやって選んでるんですか?

「ニュースの内容に合わせてかけかえてるよ。」

 

へっっっ?!(゜-゜)??

 

政治だったら黒!国際ニュースなら丸メガネ!とか??

正直よくわかりませんが(._.)

有馬さんのメガネの法則を見つけた方は教えてくださいね(^-^)

 

最後に・・・

せっかくなので、こんな画像もつくってみました。

20180518_blog_arima3.JPG

 

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:20:44 | 固定リンク


2018年04月13日 (金)

上を向いて歩こう   有馬嘉男

街路樹の木々を見上げることがますます多くなりました。

つんつるてんに剪定されていた欅に淡い緑がもどってきました。


20180413_blog_arima1.JPG

枯れ枝ばかりが目立っていた楓は日に日にその緑を濃くしています。

20180413_blog_arima2.JPG

上を見上げて歩く…、気持ちいいですよね。

 

2年目に入ったニュースウオッチ9もますます上向きです!

新年度からスタジオをリニューアルしました。

20180413_blog_arima3.JPG

お気づきでしたか?

より広く、よりわかりやすく。

壁を彩っていたアルファベットや棚の小物たちがなくなり、

全体としてすっきりした印象になりました。

20180413_blog_arima4.JPG

照明の工夫でスタジオに奥行きも出たと思っています。

 

ただ、やることは変わりません。

番組が掲げるコンセプトは「その先が知りたい」「そもそもを大事に」。

親しみやすく、わかりやすく、ニュースの本質がわかる番組を目指します。

20180413_blog_arima5.JPG

 

投稿者:有馬嘉男 | 投稿時間:18:12 | 固定リンク


2018年03月16日 (金)

キーワードは「先回り」   有馬嘉男

全国の花粉症のみなさん、この季節をどう乗り切っていますか?

辛いですよね~。

ぼくも、10年以上、アレルギーと戦い続けています。

そこで、ぼくがこれまでの経験で培ったアレルギー対策を紹介します。

 

キーワードは「先回り」

とにかく症状が出る前に、抑え込む!

あらゆるものを総動員して抑え込む!!

 

まずは、内服薬。

20180316_blog_arima1.jpg

これは花粉症持ちには、鉄板ですよね。

寝る前に飲んで、眠くなる症状をうまく睡眠に利用します。(笑)

仕事中に眠くなると辛いですからね。

 

つぎに、鼻用洗浄器。

20180316_blog_arima2.jpg

こちらは自宅用。

花粉が少しでも鼻に入ったと思ったら、すぐに鼻を洗います。

自宅でも仕事場でも、気にせず洗います。

20180316_blog_arima3.jpg

ミント入りを使うと、よりすっきり。

洗ったらその後は、点鼻薬。(写真右)

朝、そして夜寝る前にシュッシュしています。

 

そして、眼の洗浄液。

20180316_blog_arima4.png

眼に入った花粉は洗い流すと効果的!

20180316_blog_arima5.jpg

目薬も、もちろん常備しています。薬局で購入したものと、病院でもらったもの。

 

そして最後に、とっておきのおすすめがこちら。

20180316_blog_arima6.jpg

「はっか油」です。

使い方のコツは、鼻の下にちょっと塗る、もしくはマスクにワンプッシュ。

これで、鼻の通りがスースーして、とっても気持ちよくなります。

長い会議で眠くなったときに、こっそり使用して目を覚ましています。

20180316_blog_arima7.jpg

ついでにミントのタブレットも食べて、スースーです。

 

とここまで書いて、気付いたんですが、対策というよりもう趣味ですね。

花粉グッズを見ると可愛くて可愛くてたまりません。(笑)

20180316_blog_arima8.jpg

でも、これだけ「先回り」すると、気付いたときには花粉の季節が過ぎているんです。

回り込んで抑え込む!総動員して抑え込む!!

そうすると、花粉シーズンを「あれ?」っと、気付かずに終えてしまうことがあります。

10年越しのノウハウ、お試しあれ!

 

投稿者:有馬嘉男 | 投稿時間:19:50 | 固定リンク


2018年02月27日 (火)

イスラエルで見つけた春の訪れ   有馬嘉男

20180227_blog_arima1.jpg

こんにちは、有馬です。先週、イスラエルの都市エルサレムを訪ねました。

穏やかな地中海気候のイスラエルにあって、標高800メートルのエルサレムの街はセーターが必要な肌寒さでした。

でも、春の訪れも見つけましたよ。

20180227_blog_arima2.jpg

郊外に広がる丘陵地のあちこちで目にする小木。

20180227_blog_arima3.jpg

こんな白い花が満開を迎えようとしていました。何の花かわかりますか?

桜?梅?

ヒントはこちら!

20180227_blog_arima4.jpg

かた~い、上の写真のような実をつけるんです。

20180227_blog_arima5.jpg

NHKエルサレム支局のカメラマン、コビーさんが慣れた手つきで中身を取り出してくれました。

20180227_blog_arima6.jpg

もう分かりましたよね。

そう、アーモンドです!

食べてみるとしっとりとした歯ごたえ。やさしい甘みがありました。

このアーモンドの花、地中海沿岸では春の訪れを告げる花と呼ばれることもあるそうです。

20180227_blog_arima7.jpg

全長450キロという高い壁がユダヤ人地区とパレスチナ人地区を真っ二つに分断しているエルサレム。壁の向こうでもこちらでも、区別なく可憐な花をつけるアーモンドがとても切なく見えました。

20180227_blog_arima8.jpg

 

投稿者:有馬嘉男 | 投稿時間:18:38 | 固定リンク


2018年01月19日 (金)

エレカシ宮本浩次さんインタビュー 有馬嘉男

 

先週放送したエレファントカシマシ宮本浩次さんのインタビューに多数のご意見やご感想をいただきました。

ありがとうございました。

「宮本さんの言葉がしっかり届いた」

「同世代、等身大のやりとりに共感した」

「熱すぎるお話しっぷりにこちらも熱くなった」

デビューから見守ってきたものとして感慨深い」

「30年試行錯誤したこと、しかし本質が変わっていないことがうれしかった」

などなど、デビューから一貫して「届ける」ことにこだわってきた宮本さんの熱い思いを伝えることができたようでホッとしました。

 20180119_blog_arima.JPG

インタビューでは、デビュー当時の葛藤の日々について、初めての紅白歌合戦出演について、そして、これからのエレカシについて話を聞きましたが、特に印象に残ったのは放送でも紹介した「50代には50代のスタートがあり、新しい世界に踏み出そうと思っている」という言葉です。

 

宮本さんは、ヒット曲「俺たちの明日」のなかで、10代は世間をののしり、20代は街をさまよい、30代で愛する人のためにある命だと知ったと、これまでを振り返っていますが、いまの境地は「RESTART」だというんです。

 

そしてもう一言、こう話してくれました。

 

「40代は愛する人のためにがんばるということを実践してきたんですが、50代のこれからは少しわがままに自分のやりたいことをやりたいようにやってもいいかなとも思っています」。

 

僕も52歳。おおいに勇気づけられました。そして、ひとりのファンとして、エレファントカシマシのこれからの活躍にますます期待したいと思います。

 

20180119_blog_arima2.JPG

投稿者:有馬嘉男 | 投稿時間:16:21 | 固定リンク


2017年11月09日 (木)

惚れ惚れ   有馬嘉男

ある日の3時のおやつ。

20171109_blog_arima.JPG

柿を手に、満足気な私たち。

喜びの表情は、「美味しそうな柿が食べられる!」という思いからだけではありません。

 

この柿、今年7月の九州北部豪雨の被害にあった、

福岡県朝倉市の柿なんです。

 

あれから4か月、取材で出会ったJA筑前あさくらの関屋純男さんから届きました。

20171109_blog_arima2.JPG

見てください。この艶、色、大きさ!

惚れ惚れします。

 

添えられた手紙には「まだ青かった柿の実が大きく成長し鮮やかに色づきました。例年とは違う思いで心を込めたのでご笑味ください」とありました。

 

胸の奥がじんと熱くなりました。

 

投稿者:有馬嘉男 | 投稿時間:19:22 | 固定リンク


2017年10月12日 (木)

海から考える日本の未来   有馬嘉男

 

昨日の放送では、医療や介護の最前線から「日本の未来」を考えました。

 

そして、きょうお伝えする最前線は…

20171012_blog_arima01.JPG

青森・八戸港。

 

この日、取材したのは出港を控えたイカ釣り漁船です。

20171012_blog_arima02.JPG

テーマは、日本の「安全保障」。

20171012_blog_arima03.JPG

 

これから漁に出るという漁船に聞きました。

ことし7月に北朝鮮のミサイルが落下した、北海道の日本海側の漁場に向かうと言います。

20171012_blog_arima04.JPG

「対策は?」と聞くと、驚きの答えが返ってきました。

20171012_blog_arima05.JPG

今年に入ってから、会社が「戦乱等特約」を充実させたと。

「戦乱等特約」には、青森県だけでも8月と9月だけで31隻が加入していて、

北海道や東北、それに日本海側でも加入する動きが出ています。

 

 

そして、連続ロケの最後に向かったのは、

20171012_blog_arima06.JPG

こちら、

20171012_blog_arima07.JPG

沖縄・石垣島です。

 

20171012_blog_arima08.JPG

巡視船みずき、7年前に尖閣諸島沖で中国の漁船に衝突された、巡視船です。

 

その後、尖閣諸島は国有化され、

いまではおよそ170キロ離れた、ここ石垣島が警備の最前線になっています。

20171012_blog_arima09.JPG

専門に警備する巡視船が10隻配備されています。

 

20171012_blog_arima10.JPG

一方、島では、陸上自衛隊の警備部隊やミサイル部隊の配備計画が浮上。

この計画をめぐり、賛否が大きく分かれていました。

 

20171012_blog_arima11.JPG

「結果的に中国をけん制する抑止力になる」という賛成の声や、 

20171012_blog_arima12.JPG

「有事の際に標的になるのではないか」という反対の声がありました。

 

 

経営する農園が、建設の予定地に組み込まれ、すっぽり入っているという木方基成さん。

20171012_blog_arima13.JPG

「1945年の沖縄戦で負った悲劇の道を、歩かされているんじゃないかという不安がある」と、最前線で感じる思いを語ってくれました。

 

こんやのニュースウオッチ9では、「安全保障」から「日本の未来」を考えます。

 

投稿者:有馬嘉男 | 投稿時間:20:14 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー


RSS

page top