次回の『この1枚』は、11月末に発表いたします。

審査員が選んだこの1枚

8月の

写真タイトル シンメトリーな朝
ニックネーム 写楽
撮影場所 印旛沼(いんばぬま)
エピソード 朝焼けをシンメトリー構図にし、波紋アクセントにしてみました。
審査員の一言 とにかくキレイですよね。シンメトリー(上下対称となるような構図)な感じが上手く撮れています。時間帯や雲も狙ったのだと思いますが、なかなか狙っても撮れるようなものではないですね。色もいいし、ボートをしっかり入れていたり、捉え方がステキです。静まった沼の水面の波紋が「静」のなかの「動」というか、それが逆にすごく神秘的で、飾りたくなるような写真です。

佳 作

神奈川

写真タイトル 黄昏(たそがれ)
ニックネーム なんちゃん
撮影場所 江の島
エピソード 一日の終わり。たそがれ時の片瀬漁港。
審査員の一言 江ノ島というと何となくサーファーとか神社とかというイメージなんですが、ここにもしっかり漁業に打ち込んでいる人がいる。遠近感があって手前で作業している人から紅白の灯台まで、どこから見ればこういう風にできるのかなと、配置のバランスがすばらしいです。直線のなかにロープの曲線が入っていて、完全なシルエットでなく多少の色を残している。船の入れかたも巧さを感じます。すばらしい写真です。

埼玉

写真タイトル 坂戸 夏 よさこい(雨にも負けず)
ニックネーム まーまー
撮影場所 坂戸北口 サンロード
エピソード 大雨の中で 夏よさこい を決行
秋にもよさこいを開催します
雨具をお忘れなき用に
審査員の一言 インパクトの強い写真ですよね。このどしゃ降りの中で、この彼女の表情をとらえたっていうのが、それだけで決め手ですね。逆光の光で大雨が引き立ち、みんな後姿なのに彼女だけがこちらを向いていてなおさら目立つ、で、この笑顔は強いよね。イキイキした若さを感じます。衣装の黄色もイイよね。風景の写真が多い中でこういうヒューマンなものはとても良いですね。動きのあるすてきな写真です。

神奈川

写真タイトル 誘い
ニックネーム nuits d'encre
撮影場所 横須賀市 白赤(はくせき)伏見稲荷
エピソード
審査員の一言 今までに無いというか、ちょっと面白くて不気味な感じが「見に行ってみたい」という感じです。このローアングルといい斜めの構図といい、不安定感を与えていて巧いですね。くすんだ、時代を感じさせる「赤」。これはもしかしたら狙って四隅を少し暗くしているのでは。この奥はどうなっているのか?暗くて見えないのが面白く魅力的な一枚です。

埼玉

写真タイトル おじいちゃんと一緒に
ニックネーム おはなはん
撮影場所 埼玉県秩父
エピソード おじいちゃんおばあちゃんの住んでいる秩父に遊びに行った時の写真です。
武甲山にまだ雪が残っていました。
審査員の一言 雪をかぶった武甲山を背景にして、おじいちゃんとお孫さんが手を繋いでいる。ほのぼの温かい空気感と実際の寒さが感じられて良い写真ですね。スクエア(正方形)の構図がこの写真には合っていて、人物との関係性が引き立ってます。ポニーテールが揺れているのも子どもらしい、ウキウキした感じが伝わります。この瞬間はなかなか撮れない。繋がりや愛情とかがないとこの一瞬にレンズ向けてシャッターを押せないと思います。

神奈川

写真タイトル 砂上の丸ポスト
ニックネーム mkiyo
撮影場所 逗子海岸
エピソード シーズン限定利用となるが、この夏も現役として登場。海水浴客に重宝がられている。
審査員の一言 「えっ?」と驚かされる面白さのある写真ですね。回収に来られるのを狙って待っていたのでしょう。これまで何枚もポスト(ブルーちば幸せの黄色いポスト)を撮られてますが自分でテーマを決めて撮り続けているというのがステキですね。空の感じも良いし、赤いパラソルに色味の分配もすごくイイですね。ポストって手紙をやりとりするためのものだから、そもそもドラマがあるんですけど、そのポストにまつわるドラマをmkiyoさんが作っているような感じですね。

みなさんから寄せられた写真の中から、審査員のみなさんと「この1枚」を選びました。

審査員紹介

皆様からの投稿写真は、3名の写真家とNHKスタッフで審査いたします。

写真家 山田愼二さん
内面に迫る人物描写を得意とし、ジャンルを問わない人物写真を数多く手がける。カメラメーカー、カメラ機材メーカーで講師を務める。公益社団法人日本広告写真家協会正会員。
写真家 杉本恭子さん
日本の四季折々の風景を撮影。全国に会員2000名のフォトサークルを主宰し、写真の楽しさや大切さを伝えている。個展、著書多数。公益社団法人日本写真家協会正会員。
自然写真家 いだようさん
水、森、花を主な被写体として、日本ならではの美をもとめて撮影している。ネイチャー写真講座で定評。作品は写真集、写真展の他、ポスター、雑誌等で発表。