2019年11月26日 (火)

青森県 三沢市


1MISAWA.JPG

飛行機と関わりが深い町

青森県三沢市にやって参りました~!

八甲田山を背景に、戦闘機の「F-16」を

こんな間近で見学することができるんです。

戦闘機の向こう側には

航空自衛隊とアメリカ軍が共同使用する三沢基地があり

基地に備わった滑走路は

三沢空港として民間も利用しています。

まさに三沢市は飛行機の町!

 

2MISAWA.JPG

たくさんの飛行機が展示されているのが

三沢航空科学館にある「大空ひろば」。

取材には青森放送局の土田翼アナウンサーが同行しました。

名前が“翼”って、三沢市にピッタリ!(笑)。

 

3MISAWA.JPG

航空科学館の中はひしめき合うように

様々な飛行機が展示されてますよ。

手前の大きな飛行機は

戦後初めて日本で開発された輸送機「YS-11」です。

人類が大空にかけた夢を

様々な飛行機を通じて触れることができます。

 

4MISAWA.JPG

子供たちに人気なのは、体験型アクティビティー。

こちらは自由落下体験装置!

カプセルに乗り、空気の力で浮上したり降下したりします。

 

5MISAWA.JPG

土田アナウンサーと意気揚々とカプセルに乗り込みました!

ベルトで体を固定して準備万端。

 

6MISAWA.JPG

空気の力は凄い! 一気に浮上したと思ったら急降下。

このひん曲がった表情を見たら乗りたくなくなるかな~。

50歳には刺激が強すぎました(泣)。

 

7MISAWA.JPG

三沢市が飛行機の町として歴史を重たきっかけが、

80年前に世界で初めて太平洋無着陸横断飛行を成功させた

この飛行機、「ミス・ビードル号」

航空科学館にはそのレプリカが展示されています。

41時間10分かけて、アメリカワシントン州ウェナッチ市までの

7847キロを見事横断飛行しました。

その出発地が三沢市だったんです。

 

8MISAWA.JPG

三沢基地にはアメリカ軍関係者など

1万人ほどが暮らしているそうで

そんなアメリカ人との交流も盛ん。

アメリカ空軍のシェフ直伝のハンバーガーを

地元の道の駅で食べることができます。

その名も「エアーフォースバーガー」!

紙に包まれたハンバーガーにポテトにサラダ?

 

9MISAWA.JPG

「パテ」と呼ばれる分厚いお肉をご覧あれ。

この厚みがアメリカンですよね~。

お肉も香ばしく焼かれています。

 

10MISAWA.JPG

そして自分の好みで

トマトやレタス、ピクルスなどをお肉の上に乗せ

ケチャップとマスタードをかけてバンズ(パン)で挟むんです。

これがエアフォース流!・・・

それにしてもダイナミックですよね~。

 

11MISAWA.JPG

土田アナが食べます!

口の開きがハンバーガーの大きさに追いつかない!(笑)。

アメリカンサイズを肌で感じました。

もちろんお味は、very good!

 

12MISAWA.JPG

三沢市の中心市街の夜は今

イルミネーションで彩られています。

既にクリスマスの装いですね~。

三沢市にはアメリカの雰囲気を味わえる

イベントがたくさんあるんです。

6月にはアメリカンパレード

10月にはバーベキューやハロウィンのイベント

そして一番の盛り上がりを見せるのが

三沢基地で9月に行われる航空祭。

人口4万の三沢市が10万人の人出で賑わうそうです。

アメリカ文化との交流が深い飛行機の町

三沢市は、“ねぶた”で有名な青森県にあって

国際色豊かな町でした~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:16:30 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー


RSS