2019年07月31日 (水)

埼玉県 新座市


 

1niiza.jpg

まさにニンジンの収穫祭!

取材させて頂いた栗原貞一さんの畑で育ったニンジンは、

まっすぐ育って形が良いですね~!

今回の演出担当・田中ディレクターは、

ニンジンを掴んでるだけなのに、この喜びよう!(笑)。

今回はニンジンが自慢の、

埼玉県新座市から「たび自慢」で~す。

 

2niiza.jpg

それにしてもきれいなニンジンでしょ~。

水はけのいい土壌の新座市は、

特に根菜類の栽培が盛んなんです。

長さ30センチほどのまっすぐ伸びた形の良さと色艶が、

新座のニンジンの特徴なんですって!

 

3niiza.jpg

新座市は東京・新宿から電車で40分と都心に近いことから、

16万人が暮らしています。

ベッドタウンとして住宅地が広がる新座市は、

もともと乾燥した土地だったそう。

そんな水不足を解消するために250年前に引かれたのが、

「野火止(のびとめ)用水」です。

 

4niiza.jpg

全長は24キロ。

昭和30年代まで生活用水として新座市を支え、

今も町に清涼感を与えています。

鴨の親子も涼んでいましたよ~。

 

5niiza.jpg

新座市の自慢の野菜はニンジンだけではありません!

栗原さんの畑は、

高さ50センチを越える大きな葉っぱが埋め尽くしていました。

これ、なんだかわかります?

 

6niiza.jpg

収穫するのは、葉っぱの根っこです。

根っこの❝きわ❞を掘削機で一気に土を掘り起こします。

そうすると、地中に伸びた根が顔をあらわし、

一つ一つ引き抜いていくんです。

 

7niiza.jpg

こちらも長~く成長したゴボウ!

自分で引っこ抜いたわけでもない田中ディレクターがまたまた登場。

今度はその長さに驚いてるのかな~(笑)。

都心に近い新座市で、

こんなにも作物が豊かに育つことに驚きでした!

 

8niiza.jpg

そんな新座のゴボウ汁を小麦粉とまぜてつくったのが、

「ごぼううどん」。

まるでおそばのようですが、

食べた瞬間にゴボウの香りが口の中に広がる、

“うどん”なんです。

 

9niiza.jpg

 「にんじんうどん」もあるんです!

すりおろしたニンジンと小麦粉を一緒に練り込んでいて、

彩りもきれいですよね~。

この「にんじんうどん」は地元の学校給食にも登場するんです。

新座市ではもともと小麦の栽培が盛んで、

人が集まると、

うどんを打っておもてなしをする文化があったそうです。

地元の野菜とうどん文化の融合によって生まれた、

まさに新座市の特産品ですね!

 

10niiza.jpg

最後にご紹介したいのが “ゾウ”のようで、

“キリン”の柄をした動物です。

その名も「ゾウキリン」。

新座市には、国の天然記念物に指定されている雑木林があり、

その雑木林にいつからか住みついた生き物なんですって。

新座市のイメージキャラク・・・もとい!

 穏やかで心優しい生き物だそうですよ(笑)。

ゾウキリンに逢いたい方は、新座市に行ってみましょう!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:14:36 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー


RSS