2018年11月28日 (水)

福島県 古殿町


 

 furudono1.jpg

愛嬌のあるゴリラが2匹! いやいや1匹と1人でした(笑)。

町役場の玄関に展示されている、杉の木でできた巨大なゴリラの木像と、

取材と演出を担当した福島局の曽原達裕ディレクター。

このツーショット、いいでしょう~(笑)。

今回の「たび自慢」は、杉の木にまつわるお話が盛りだくさんの、

福島県古殿町で~す!

 

 furudono2.jpg

furudono3.jpg

町にある道の駅に立ち寄ると、ここにもイノシシの木像が!

木の色をうまく生かして作られていますよね~。

実はゴリラもこのイノシシも、木を伐採するときに使うチェーンソーで

作られたもので、いわゆるチェーンソーアートなんです。

イノシシの躍動感あふれる毛並みが見事に表現されていますよね~。

福島県の南部にある人口5000の古殿町は、

面積の8割が森林に囲まれた林業が盛んな町。

町の活性化につなげようと、

毎年11月にはチェーンソーアートのイベントを開いて

町おこしをしているんです。

町役場や道の駅には見事なチェーンソーアートの木像が展示されているので、

ぜひご覧ください!

 

 furudono4.jpg

古殿町は、戦前から盛んになった林業によって、

植林された杉の木がたくさん育っていますが、

中にはこんな杉の巨木に出会えます。

高さ40メートル弱、幹周りは8メートル近くもあります。

近くで見上げると圧倒される巨木で、

樹齢は定かでなく250~500年とされています。

 

 furudono5.jpg

杉の巨木が鎮座するのがこちら、古殿八幡神社です。

古殿町のシンボルといってもいい神社で、

800年以上続く流鏑馬が今も行われている神社なんです。

 

furudono6.jpg

その流鏑馬を、曽原ディレクターが走りながら再現してくれました!

ちょっと無理があったかな~(笑)。

曽原君の背後にある神社から続く参道を、

200メートルほど馬にまたがって走りながら三つの的に矢を射る流鏑馬。

1194年に源頼朝から領地を授かったことを記念して、

八幡神社に奉納する神事として始まったそうです。

毎年10月に行われる勇壮な流鏑馬を見に、多くの観光客が訪れるそうですよ。

 

 furudono7.jpg

こちらが古殿町で伐採された杉の木!

古殿町を取材していると、

この杉の木を積んだトラックが走る様子を何度も見かけました。

それもそのはず、町内には100件以上もの事業所で

杉の木の加工や伐採が行われているそうです。

 

 furudono8.jpg

お邪魔したのは、鈴木春雄さんの製材所です。

鈴木さんが指を指しているのが、ご自身の自慢の山。

地元の皆さん、代々受け継いだ山を守りながら、林業に取り組んできたそうです。

この山の脇にはきれいな川が流れ、本当に自然豊かな場所でした。

 

 furudono9.jpg

鈴木さんご家族勢揃いです!

春雄さんの左隣が妻の喜代子さん、

右隣が家業を受け継ぐ息子さんの文晴さん。

文晴さんの妻の祐貴さんと、長男の雅文くんに長女の良佳ちゃん。

ご家族との写真を何枚も撮ったんですが、

良佳ちゃんが正面を向いてくれてたのはこの1枚だけでした(笑)。

良佳ちゃんかわいく写ってるよ~。

ゆくゆくは、雅文くんが製材所を支えていくのかな~。

林業を通じた家族の堅い絆が感じられました。

ありがとうございました!

 

furudono10.jpg

最後に、古殿町の郷土料理をご紹介しましょう。

その名も「揚げまんま」!

ご飯と味噌をすりつぶして油であげたおやつです。

昔の人は、お腹が空いたときに「揚げまんま」をおやつにほおばりながら、

農作業や山仕事に精を出していたそうです。

なんとも素朴なお味で飽きのこないおやつでした~。

5000人が暮らす古殿町は、人口は少ないながらも、

人と人とをつなぐ文化にあふれる、温もりある町でしたね~。

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:16:49 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー


RSS