2018年03月27日 (火)

茨城県 牛久市


 

1ushiku.jpg

 

写真の真ん中をよ~~~~~~く見てください!

建物の上から何やら頭のようなものが!

 

 

2ushiku.jpg

 

移動中の車のフロントガラスに現れてきました~~~!

中学校の美術で学んだ一点透視法を無視するかのように、唐突に大きい仏像・・・。

写真の電柱や木々と比較しても、その大きさが異様なのが分かりますよね~。

 

 

3yshiku.jpg

 

これが! 高さ120メートルもある、青銅製立像としては世界一とも言われる

「牛久大仏(うしくだいぶつ)」です!

今回の「たび自慢」は茨城県の南部、東京からJR常磐線で1時間の牛久市です。

東京への通勤圏内とあって人口も増え続け、8万5000人が暮らしています。

最近は千葉から茨城~埼玉~東京~神奈川と、首都圏の外環をぐる~っ、とつなぐ

圏央道(首都圏中央連絡自動車道)が整備され、より一層交通の便が増している

場所なんです。

 

 

4ushiku.jpg

 

さて、120メートルの大きさといってもなかなか実感わかないですよね~。

実は私の後ろの大仏様のお顔の1000倍のボリュームが、

実際の「牛久大仏」のお顔になるんだそうです。

 

 

5ushiku.jpg

 

演出担当の富永康介ディレクターと比較しているのは大仏様の足・・・、

というか、親指ですって(爆笑)。ハンパないっすね!

 

 

6ushiku.jpg

 

実は大仏様の胎内にはいることもできるとあって

パワースポットとして人気なんです。

高さ85メートルの胸のあたりに展望室があり、

牛久市内を一望できますし、晴れた日には東京のスカイツリーや富士山も拝めるとか。

「牛久大仏」は浄土真宗の大仏様で、

浄土真宗を開いた親鸞が800年前に常陸の国(茨城県)で布教活動したことから、

この地に大仏を建立したそうです。

ダイナミックな大仏様から、確かにパワーをいただきました!

 

 

7ushiku.jpg

 

今度は雰囲気もがらっと変わって、

こちらは国の重要文化財に指定されている明治36年に建てられた洋館です。

実は牛久市、日本で初めて本格的にワインが醸造された場所なんだそうです。

この洋館は当時のワイナリーのシンボル的な建物で、

板垣退助や榎本武揚、大山巌など、

当時の政治家や財界などの著名人が訪れパーティーが開かれたいたそうです。

 

 

8ushiku.jpg

 

明治44年当時のワイナリーの様子です。

洋館の周りには広大なブドウ畑が広がっていたんですね~。

今も醸造技術はしっかり受け継がれていて、

数は多くはありませんが、

牛久産のブドウで醸造されたワインが毎年11月頃に解禁になるそうです。

すっきりとした味わいだそうで、味わってみたかったな~。

 

 

9ushiku.jpg

 

地元ではワインの醸造技術が地ビール生産にも生かされていて、

併設されているレストランでは地ビールで煮た牛肉を味わうことができます。

ホロホロに柔らかくなったお肉が赤ワインに合うこと!

 

 

10ushiku.jpg

 

ワイナリーのある園内には桜の木がたくさん植えられていて、

すでに開花していました!

毎年園内の「桜まつり」では花見をしながらワインやビールを

楽しめるんだそうです。

4月8日まで開催されているので、

明治時代のワイナリーの雰囲気を味わいながら

花見をしてみてはいかがでしょう。

このブログがアップする頃には満開だろうな~・・・。

 

それでは、天童よしみさん、のど自慢初登場、モーニング娘。`18の皆さんを

お迎えした牛久市ののど自慢をご紹介しましょう。

今回は中学生が4組も登場した若々しい回となった一方で、

最年長はなんと92歳のおばあちゃま!

天童よしみさんの「女のあかり」を、

お嫁さんがハワイで買ってきてくれたというピンクの衣装を着て歌いました。

92歳とは思えない若々しくかわいらしいお声で歌って特別賞受賞!

昔は電話交換の仕事をしたり、

餃子やピアノの販売の売り子のお仕事をしたりしていたそうで、

素敵なお声はきっとお仕事で培われたものなのでしょうね~。

牛久の会場が、92歳の歌声に魅了されました。

そして、モー娘の歌で会場を沸かせたのは、中学2年生の女の子二人組でした。

「泡沫(うたかた)サタデーナイト!」を息も絶え絶え激しいダンスを交えて

歌いきり、歌い終わるとモー娘の皆さんに囲まれて大喜び。

小学生の頃にこの歌をきっかけにモー娘のファンになったそうで、

お母さんが作ってくれた大きな真っ赤な蝶ネクタイを締めて存分に可愛らしさを、

発揮していましたね~。

柔道着姿で登場した中学1年生の女の子は、

吉幾三さんの「津軽平野」を歌ってトップを飾り、

SHISHAMOの「明日も」を歌って最後を締めくくったのもオーケストラ部で

トランペットを吹く中学1年生の女の子で、中学生が大活躍。

Kiroroの「未来へ」を歌ったこちらも中学1年生の女の子は、

将来カフェを開きたいと素敵な夢を披露してくれて、

躍動する10代の出場者たちがのど自慢を盛り上げました。

そんな中で福田こうへいさんの「北の出世船」で合格の鐘を鳴らした

工務店を営む64歳の男性は、

大学と高校に進学を決めた二人のお子さんに向けて歌いました。

合格の鐘を聞くと、お子さんたちの将来を思う父の表情に戻って涙目に。

「お父さんも合格したぞ~!」と喜ぶ姿にはぐっときましたね~。

桜の開花が全国から寄せられ始めたここの時期に、

思いにあふれた歌声が満開ののど自慢になりました。

茨城県・牛久の皆さん、ありがとうございました~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:14:51 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バックナンバー


RSS