2019年6月

2019年06月18日 (火)山梨県 甲府市


1kofu.jpg

とっても貴重なスパークリングワインを飲んだ瞬間の表情です。

NHK山梨放送局の小玉ディレクター、驚きのおいしさだったんでしょうね~(笑)。

今回は、ワイナリーが90もあるという山梨県の県庁所在地で、

あの武田家がこちらに拠点を移して500年という記念の年を迎えた

“甲府市”から「たび自慢」です。

 

2kofu.jpg

こちらは創業102年目のワイナリー。

甲府駅から歩いてたった5分という近さで、

観光客にとても人気なんです。

品格がある素敵な雰囲気にうっとり。

 

3kofu.jpg

これが先程、小玉ディレクターが飲んでいたスパークリングワイン、

その名も「甲府」。

「こうふ開府500年」を記念して、

産学官が協同で作り上げたスパークリングワインなんです。

地元産のブドウと武田家の屋敷があった「武田神社」から、

採取した酵母を使って出来るんだそうです。

瓶のラベルには武田菱が施され、スペシャル感バッチリですね~。

 

4kofu.jpg

ワイナリーの山本英甲さんが自ら注いでくれた「甲府」の

ゴージャスな色。飲んでみるとスッキリとしていて、

風味が舌にしっかりと落ち着き口の中がシャキッとするお味でした。

 

5kofu.jpg

試飲後の小玉ディレクターのはしゃぎよう。

その気持ち、分かるよ~(笑)。

 

6kofu.jpg

さて、山梨・甲府の郷土料理と言えば、

味噌仕立ての鍋に幅広い麺を煮立てた「ほうとう」ですよね~。

こちらは「ほうとう」の夏バージョン、

「おざら」と呼ばれるいわば「冷やしほうとう」です。

 

7kofu.jpg

醤油ベースの温かいつけ汁に漬けて食べるんです。

売り上げが落ちる夏場のメニューとして考案されたそうで、

地元の方々や出張中のサラリーマンのお昼ご飯に大人気でした。

 

8kofu.jpg

そして甲府市を語る上で欠かせないのが、実は水晶なんです。

山梨県は江戸時代から水晶が多く産出されていました。

以来、甲府に水晶の研磨技術が伝えられ、

ジュエリーの町としての顔も持ち合わせることに。

 

9kofu.jpg

甲府市には、全国で唯一の県立ジュエリー専門学校があるんです。

昭和56年に開校し、これまでに1500人の卒業生が巣立っています。

生徒さんの半分は県外から学びに来るんですって。

 

10kofu.jpg

専門学校では、3年の間に研磨機を使いながらの細かい加工技術や、

宝石をきらびやかに魅せるデザイン、そしてジュエリーの流通についてなど、

みっちり学んでいきます。

 

11kofu.jpg

写真の宝石は、最近編み出された新しいカット技法によるものなんだそうです。

ジュエリーの加工技術は、江戸時代から進化し続けているんですね~。

武田信虎・信玄親子が礎をつくった甲府市は、

歴史に裏打ちされた様々な輝きを放つ町でした!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:15:50 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2019年06月11日 (火)和歌山県 有田市


1arida.jpg

大きな目! 鋭い歯!

まるで西洋の甲冑(かっちゅう)のような銀色の身体が、ぎらぎらと光を反射させています!

この魚の漁獲量が日本一の、和歌山県有田市(ありだし)から「たび自慢」で~~~す!

 

 2arida.jpg

有田市は、和歌山市から電車で南へ30分、人口3万の町です。

この景色最高でしょう~。有田市の中心地を流れているのが有田川。

川の水は紀伊水道へと流れています。

右の島が地ノ島、左に沖ノ島。この2つの小さな島の向こうに見えるのが淡路島です。

四国と紀伊半島に挟まれた紀伊水道は海の幸も豊富で、有田市には5つもの漁港があるんです。

 

 3arida.jpg

有田市を代表する港がこちら、箕島漁港。

漁師さんが網の修理をされていて、ちょうど網を広げているところでした。

先ほどのギラついた魚はこの大きな底引き網で捕るんです。

浮きの部分は長さが10メートル。

袋のようになっている網の深さは8メートルにも及ぶそうです。

魚を好きな方は、あの鋭い歯と銀色の肌を見ればすぐ分かりますよね~。

もったいぶってすいません(笑)。その魚とは・・・、

 

 4arida.jpg

太刀魚(たちうお)で~~~す! その名の通り、まさに刀のような形をした細長~い魚です。

この太刀魚が紀伊水道にはたくさん生息していて、有田市と言えば、この太刀魚なんです。

仲買の仕事をず~っと続けてきたこちらの女性も、自慢の太刀魚を手にニンマリ(笑)。

お名前はみのりさん。箕島漁港の看板娘、75歳。お若いですよね~。

太刀魚も、みのりさんの笑顔に引き寄せられて揚がってきたのかな~(笑)。

 

 5arida.jpg

この日水揚げされていた太刀魚は、全長が50~60センチくらい。

大きなものになると、2メートルを超えるんだとか。

5~6月と9~10月が旬で、今の時期は産卵期とあって子持ちの太刀魚も水揚げされます。

太刀魚料理は焼いたり煮たりと様々ですが、

「やっぱり刺身が一番」と、漁師さんが鮮度の良さを自慢してくれました。

 

 6arida.jpg

その漁師さんたちの勇ましい姿・・・といっても、実はこちらの皆さん、徳島県の漁師さんなんです。

同じ紀伊水道を漁場にする漁師同士、定期的に交流されているそうで、

日帰りで徳島からフェリーに乗ってやってきたそうです。

箕島港の漁師さんたちとすごく仲良く談笑されていました。

紀伊水道と有田の船をバックに徳島の漁師さんがガッツポーズ。

漁協は違えど、同じ海を共にする漁師仲間の絆は固い!

 

 7arida.jpg

ここで太刀魚料理~、といきたいところですが、アイスです!

このオレンジ色はそう、「有田みかん」です!

果汁の甘みを存分に味わえて、これからの季節にピッタリ。

チョコでコーティングしたアイスもあるのでお好みでどうぞ~。

 

 8arida.jpg

和歌山県の紀伊半島は山が海に近く、平地が非常に少ないのが特徴です。

有田市もそうした地形をしていて、有田川に沿って山々が連なっています。

その山肌には「有田みかん」の段々畑の景色が絶え間なく広がっています。

伊東孫左衛門という人が、熊本県からみかんの苗を持ち込み400年。

年間平均気温16度という温暖な気候と、山の斜面の水はけの良さを利用して栽培される

「有田みかん」は全国的にも超有名すよね~。

 

 9arida.jpg

収穫期は10月くらいなので「有田みかん」を味わうことはできませんでしたが、

地元では「有田みかん」を活用した商品開発も盛んです。

地元の7件の農家が協同でみかんの加工品を販売しているお店に行くと、商品の種類の豊富さにびっくり!

おしゃれな店内には、私が食べたアイスを始め、ドライフルーツ、果汁100%ジュース、

みかんが丸ごと入ったゼリー、みかんのポン酢、スムージー・・・。

パッケージのデザインも含め、本当に工夫しているな~と関心させられました。

 

 10arida.jpg

はち切れんばかりの笑顔でお客さんを出迎えてくれるのがこちらの皆さん!

生産から加工、販売まで全ての工程をみんなで力を合わせて行っています。

様々な年代の知恵で農業を盛り上げている姿はたくましい!

皆さん、頑張ってください!

 

 11arida.jpg

お昼ご飯はうな重~、のように見える「太刀重」です! 最後に太刀魚料理をご紹介しましょう。

ふんわりとした食感の太刀魚の蒲焼きはウナギよりもあっさりしたお味。

非常に食べやすかったです。

その他に太刀魚の押し寿司や、太刀魚を骨ごとすり潰してかき揚げ風にした丼など、

様々な太刀魚料理を求めてやってくる観光客も多いそうです。

地元では「太刀魚」のことを「たっちょ」と呼ぶそうで、

有田市の「たっちょ」に会いに行くなら、今です!!!

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:15:08 | 固定リンク


2019年06月04日 (火)大分県 宇佐市


 

1usa.jpg

今回の主役は、こんがりきつね色の「唐揚げ」!!!

大分県北部にある人口5万6000の宇佐市にやってまいりました!

宇佐市は、ローマ字で書くとU・S・Aなんですよね~。

笑顔の女性は、“大統領”のタスキを掛けた「USA☆宇佐からあげ合衆国大統領」の吉武裕子さんです。

この肩書き、自称です(笑)。

実は宇佐市役所・林業水産課の課長さんなんです!

大分県内の唐揚げのことならなんでも知ってる“女性大統領”で、

自ら宇佐市の唐揚げのPRに尽力されています。

そして私の左隣にいらっしゃるのが、

取材させていただいた唐揚げ専門店の二代目、吉田孝史さん。

毎日200キロの唐揚げの注文を受けるそうで、

大晦日には1トンも売り上げるんですって!

 

2usa.jpg

それもそのはず、大分県は一人あたりの鶏肉消費量が全国トップクラス!

宇佐市は、テイクアウトサービス中心の唐揚げ専門店発祥の地と言われていて、

そうした唐揚げ専門店が市内になんと53店舗もあるんです!

唐揚げ専門店・二代目の吉田さんによると、

写真のようなフライヤーさえあれば少ない投資でお店を開業できることと、

昭和30年代に中華料理店の店主が調理法を広めたことが、

唐揚げ専門店が増えた理由だそうです。

吉田さんのお店では6つのフライヤーを稼働させて、

骨なし、骨あり、手羽先、手羽元、砂づり、軟骨と、

あらゆる部位の唐揚げを提供しています。

このこんがり揚がる感じ、最高っすね~!

 

3usa.jpg

一番人気の、胸肉の骨なし唐揚げです!

吉武“大統領”によると、宇佐市の唐揚げはニンニク醤油が味付けのベースだそうです。

もちろんお店によって様々で、それぞれ家庭の好みの唐揚げがあるそうです。

吉田さんは、

醤油・ニンニク・生姜など十種類以上のスパイスを使用したタレで味付けしていて、

先代の味を守り続けているそうです。

取材の最中にもひっきりなしにお客さんが買いに来ていて驚きました。

み~んなお持ち帰りしていくんですよ(笑)。

 

4usa.jpg

NHK大分局・寺井純玲ディレクターの幸せそうなこの表情!

宇佐市では、冠婚葬祭、お盆、大晦日、お正月、誕生会、

そしてクリスマスにと、人が集まるときは必ず唐揚げをテイクアウト

するのが普通なんだそうです。

また運動会のときにはほとんどの家族が注文するそうで、

唐揚げを積んだトラックが学校にやって来るんですって!!!

 

5usa.jpg

こちらの笑顔の主は、2ヶ月前に大分局に赴任してきたばかりの、

ホルコムジャック和馬アナウンサーです。名前が外国風なのは、

お父さんがオーストラリア人だからなんです。

大分ではニュース番組「いろどりOITA」のキャスターを担当しています。

こちらは、年間150万人の参拝客が訪れるという、宇佐市のシンボル「宇佐神宮」。

全国に4万社ほどある「八幡神社」の総本宮で、創建は奈良時代だそうです!

 

6usa.jpg

こちらが本殿に通じる道の入口にある「勅使門」。

宇佐神宮に祀られている神様は、

「八幡大神(はちまんおおかみ)」

「比売大神(ひめのおおかみ)」

「神功皇后(じんぐうこうごう)」

ですから、本殿も3つ並んで建てられているんです!

 

7usa.jpg

寺井ディレクターとホルコムアナウンサーが参拝の仕方のお手本を披露してくれました。

まずは一つ目の御殿前。

こちらはあの元寇のときに神風を吹かせたと言われる「八幡大神」が祀られています。

合格祈願など、必勝を願うならこの神様ですね。

 

8usa.jpg

二之御殿に祀られているのは、「八幡大神」よりももっと古い「比売大神」。

学問や財運、交通安全などを祈願します。

こうして一つ目の御殿から順番に参拝していくんです。

 

9usa.jpg

寺井ディレクターとホルコムアナウンサー、楽しそうですね~(笑)。

最後に“三之御殿”で、母神としての「神功皇后」にお詣りします。

こちらの神様は、安産や教育などを守ってくれるそうです。

 

 

10usa.jpg

「宇佐神宮」は14万坪の敷地があります。

屋根に覆われた豪華な「呉橋(くれはし)」や、

夏に蓮が咲き誇る「初澤池(はつざわいけ)」など見どころも満載です。

この日は毎月1日と15日に行われる恒例祭が行われていて、

「祓所(はらえど)」でのお払いの様子を見ることができました。

木漏れ日が降り注ぎ、木々の茂みの先に神様が降りてきているような情景に心奪われてしまいました。

そんな神聖な気持ちで次に向かったのは~・・・、

 

11usa.jpg

唐揚げ定食を食べに!!!(笑)

そりゃ宇佐市に来たら食べ比べないとね~。

こちらの唐揚げも外はサクサク、中はジューシー、もうたまりません!

熱々はもちろんおいしいんですが、冷めてもおいしいのが特徴なんだそう。

もしかしたら、宇佐市民の笑顔を守る神様は、この唐揚げに宿ってるのかもしれませんね~。

大分県宇佐市からの「たび自慢」でした~!

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:16:22 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バックナンバー


RSS