2019年4月24日

2019年04月24日 (水)北海道 岩見沢市


iwamizawa1.jpg

ドド~ンと鳥肉や鳥モツが豪快に鍋に投入されていきます!

あっさりした醤油ベースのスープに鳥の出汁が利いた最高の鍋料理!

北海道の炭鉱で働いていた人たちがこよなく愛したのが、

鳥モツの料理だったそうです。

今回は、この鳥モツ料理が味わえる北海道岩見沢市から「たび自慢」しましょう!

 

iwamizawa2.jpg

鳥の精肉にモツ、皮、キンカンなどを串刺しにして、

塩コショウで味付けしただけの焼き鳥。

これが不思議と何本も食べられるんですよね~。

先ほどの鍋に蕎麦とこの焼き鳥をいれて締める食べ方もあるんですって!

札幌から車で北へ30分、人口8万の岩見沢市は

かつて近隣の炭鉱をつなぐ交通の要衝として栄え、

焼き鳥などの鳥料理が今も地元で親しまれているんです。

 

iwamizawa3.jpg

そんな岩見沢市で今ブームなのが、ワイン!

岩見沢市を中心とした空知地方では、ここ10年でワイナリーが急増し、

岩見沢市内だけでもワイナリーが4つあるそうです。

 

iwamizawa4.jpg

このブドウ畑をご覧ください。

まもなく春本番を迎える北海道のゆったりとした景色にはいつも感動させられます。

もともとは麦を中心とした畑作が盛んでしたが、

連作障害を防ぐために2000年代始め頃からブドウ作りに着手したそうです。

 

iwamizawa5.jpg

岩見沢の降雪量は毎年7メートルを超えるそうで、

ブドウの木は雪の重みで沈み込んでしまいます。

雪が溶けると、こうして棒をさしてブドウが空に向かって育つように準備をするんです。

雪国でしか行われない手間暇のかかる作業ですよね~。

 

iwamizawa6.jpg

演出担当の札幌放送局・板橋健次ディレクターが、

岩見沢のワインをしっかり口に含んで香りを楽しんでます。

私もしっかり試飲させて頂きましたが、

酸味があって、とても上品な味わいでした。

焼き鳥と合いますね、絶対に!

 

iwamizawa7.jpg

一からブドウ作りを始めた倉内武美さんです。

倉内さんの畑は東京ドーム2つ分の広さを誇り、

自分の畑で作ったブドウでのワイン造りにこだわっています。

倉内さんのような農家の努力によって、

現在の空知地方のワインブームがあるんですね~。

8月にはJR岩見沢駅前で「空知ワインピクニック」というイベントが開かれますし、

普段ワイナリーを巡るならワインタクシーという企画もあるそうですよ。

みなさん、ワイナリーを巡りながら、この笑顔に出会ってみませんか?

 

iwamizawa8.jpg

昔から地元で親しまれてきた食材をご紹介しましょう。

それが「キジ」なんです!

写真のキジは羽根が色鮮やかなオス。農作物を守るために、

野ネズミやヘビなどの害獣を駆除するために放鳥したのがキジだったそうです。

岩見沢市では、この「キジ」を20年ほど前から飼育して

畜産につなげる取り組みを行ってきました。

 

iwamizawa9.jpg

キジ肉の燻製やウインナーといった加工食品だけでなく、

地元のレストランでは様々なキジ料理も提供しています。

こちらはダイナミックなキジステーキ!

肉質はしっかりしていますが歯切れも良くておいしかったですよ~。

 

iwamizawa10.jpg

キジの脂で作ったバターがのった塩ラーメン。

鶏ガラはもちろんキジで、チャーシューもキジ肉。

そのほかに濃厚なキジの卵を使った親子丼に、生姜焼き、カツレツ、ハンバーグと、

ありとあらゆるキジ料理が楽しめます。

その土地の食を知るとその土地ならではの文化や歴史が見えてくるんですよね~。

岩見沢市を通じて、北海道の奥深さを知ることができた「たび」でした。

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:13:34 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー


RSS