2019年3月

2019年03月28日 (木)東京都 新宿区


 

s1.jpg

ビヨ~~~~~ンとのびるチーズ!

JR新大久保駅周辺で話題の、チーズ入りホットドック。

年甲斐もなく行列に並んで食べてみました。

ポテトが衣になっていて、中には大量のモッツァレラチーズ。

お好みでソースも選べて、ケチャップとハニーマスタードをかけて大満足。

コレステロール度外視の、体を張った取材です!

 

s3.jpg

入局してまもなく丸1年、演出担当の古島洋太ディレクターのこの笑顔はなんでしょう。

タピオカ入りのミルクティーにホットドック持って「僕は馴染んでますよ~」的な!(笑)

現在、朝の情報番組「あさイチ」でも頑張っているので応援してやってください。

 

今回は、のど自慢の会場となった新宿区の意外な表情をご紹介します!

新宿というと東京都庁のある高層ビル群のイメージが強いんですが、

新宿駅前の昭和レトロな飲み屋街や、歌舞伎町のある「日本有数の繁華街」、

高田馬場・四谷・市ヶ谷にある「大学が集まる街」、

東京オリンピック・パラリンピックの「メイン会場」となる

新国立競技場(現在建設中)もあるんです。

新宿って、本当にいろんな顔があるんです!

 

s4.jpg

驚くなかれ、ここも新宿なんですよ~。

早咲きの桜が花開く妙正寺川が流れる「下落合」というエリアです。

神田川と妙正寺川が合流する、つまり落ち合う場所、

ということで「落合」という地名がついたそうです。

地名の由来を探るとおもしろいですよね~。

この川沿いで昔から盛んな地場産業が~・・・、

 

s5.jpg

なんと染め物なんです!

もともと神田川流域の神田や、隅田川周辺の浅草に染め物業者が集まっていたそうですが、

時代と共に繁華街へと姿を変えていったため、

昭和30年代頃には妙正寺川の水を求めて染め物業者が進出してきたそうです。

 

s6.jpg

お話を伺ったのは、新宿の染め物に携わる吉澤敏(よしざわ さとし)さんです。

1反13メートルの生地を染めるのには様々な行程があり、

吉澤さんは蒸気で生地のシワを伸ばす「湯のし」という行程の専門で、

三代目になるんだそうです。

染め物に関わる工房は、今も新宿区に50以上あり、

その技術がしっかりと受け継がれているんです。

 

s7.jpg

染め上げる柄には昔から伝わる特徴的なものがあります。

江戸時代の武士が着る裃の柄として、単色で染め上げられた「江戸小紋(こもん)」。

遠くで見ると単色に見えますが、

近くに寄ると極めて細かい柄が施されているのが粋であると、

身分を越えて愛されてきた柄です。

 

s8.jpg

こちらは多色刷りの色鮮やかな「江戸更紗(さらさ)」。

もともとはインドやタイなどから持ち込まれた柄だそうです。

小紋にしても更紗にしてもその歴史は室町時代までさかのぼるそうですが、

江戸の職人たちによって染めの技術が精密になり、

貴重な文化として今に伝わっているんですって。

知らなかった・・・(苦笑)。

 

s9.jpg

取材に訪れた工房で、信じられないような素敵な出会いがありました!

お名前は門田しほりさん。

実は彼女、私がのど自慢の司会を担当することになった2013年の11月、

苫小牧市開催ののど自慢に20組の一人として出場したんです!

現在は、苫小牧市の観光大使をされているそうです!

時折着物を着て活動する門田さんの姿が着物専門誌の目にとまり、

新宿の染め物の工房での取材と写真撮影に訪れた際の再会でした。

当時は、確かお母さんと一緒にダンス教室でダンスを教えていると聞いた記憶が・・・。

今や苫小牧の顔ですよ! いや~、本当に嬉しい再会でした。

門田さん、声を掛けてくれてありがとう!門田さんの活躍、応援してますね~!

 

s10.jpg

さて、染め物の取材をした下落合は、

あの「天才バカボン」を生んだ漫画家・赤塚不二夫さんのプロダクションがあった場所で、

赤塚さんの生前のエピソードがたくさん残っている場所でもあるんです。

赤塚さんが足繁く通った洋食屋さんに行くと、

赤塚さん一押しメニューが今でも食べられます。

和風ハンバーグとヒレ肉の串カツ、味噌汁、ご飯、お新香がついた定食。

満足度高いっす! 新宿には、ゆかりの著名人や歴史上の人物が多いので、

足跡をたどる散歩をしても楽しいですよね~。

 

s11.jpg

新宿のもう一つの顔を最後にご紹介しましょう。

新宿の繁華街の一つ「ゴールデン街」の目と鼻の先にある「花園神社」です。

生放送終了後に立ち寄ったんですが骨董市が開かれていて、

外国人観光客の姿も多く見受けられましたね~。

芸能の神様を祀る神社として有名ですが、そもそもは江戸時代に大火に見舞われ、

再興のために見世物や演劇の興業を行ったのが芸能とのつながりの始まりだそうです。

まさに文化の発信地としての役割も担っていたわけです。

そんな新宿で行われたのど自慢では、

花園神社の氏子さん、新宿の繁華街のバーのママさん、

新宿の大学に通う新宿生まれの大学生、新宿区役所で住所管理をする職員と、

多くの新宿区民が熱い歌声と共に新宿の知られざる営みを披露してくれました。

お隣の渋谷区で働く私にとっては、まさに目から鱗の「たび」となりました~。

 

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:18:02 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2019年03月20日 (水)石川県 小松市


 

1komastu.jpg

市の職員が羽織っていたはっぴの背中に、不思議なロゴ。

歌舞伎の化粧「隈取り」をベースに、

「こまつ」という文字が。

このデザインかっこいいですよね~!

今回は石川県の空の玄関口「小松空港」がある小松市から「たび自慢」です!

人口10万9000、金沢市から南へ車で30分の小松市は、

歌舞伎の演目「勧進帳」の舞台となった「安宅の関(あたかのせき)」が、

あることから歌舞伎の町としても有名なんです。

 

2komatsu.jpg

素敵な和装姿の小学生たち・・・

まさかこの子たちが歌舞伎を演じる!?

そうなんです、彼女たちこそ、

なんと年間20万人の観光客を呼び寄せる

「曳山子供歌舞伎」の役者さんたちなんです!

「曳山子供歌舞伎」は250年の歴史があり、

「日本三大子供歌舞伎」の一つとして名を馳せています。

戦時中は男の子に歌舞伎をやらせている場合ではないと、

女の子が演じることが多くなったんだそうです。

 

3komatsu.jpg

歌舞伎を演じる舞台が、この豪華絢爛な曳山。

市内に8基あるそうで毎年2町が当番町となって、

それぞれ町が持つ曳山でその町の子供たちが歌舞伎を演じるんです。

今回の担当、金沢局の下山貴之ディレクター、

見得を切っているんでしょうが、ちょっと迫力不足かな~(笑)。

 

4komatsu.jpg

曳山は町内を練り歩き、所々で曳山を止めて歌舞伎を披露するんだそうです。

子供たちが演じるときは、もともと曳山に格納されていた花道が、

舞台から伸びる仕組みになっていて良くできてるんですよね~。

今年の「曳山子供歌舞伎」は5月10日から三日間開催される、

「お旅まつり」で披露されます。

子供たちの熱演はきっと大反響でしょうね~!

 

5komatsu.jpg

曳山が展示されていた「こまつ曳山交流館みよっさ」には、

舞台が併設されていて、小さな女の子が能の練習に励んでいました。

3月30日には「のど自慢」の会場となったホールで発表会があるそうです。

そのほかに、地元の小学生も参加する、

「全国子供歌舞伎フェスティバルin小松」や、

市内10の中学校が持ち回りで「勧進帳」を上演する、

「小松市中学校文化連盟古典教室」などもあり、小松市の小中学生は、

必ずといっていいほど古典芸能と触れ合う機会があるんです。

生活の中に古典芸能がここまで浸透しているとは、本当に驚かされました。

 

6komatsu.jpg

説明をしてくださった「こまつ曳山交流館みよっさ」の館長、

橘雅江さんと一緒に見得を切る! ・・・というより、

どう見ても太川陽介さんの「ルイルイ」ですよね~(笑)。

 

 7komatsu.jpg

さて、こちらは小松市の伝統工芸品「九谷焼」です。

この鮮やかな色彩が昔から受け継がれてきていることに感動します。

赤、黄、緑、紫、紺青の「久谷五彩」という色使いが特徴で、

明治時代には世界的にも九谷焼の存在が有名になりました。

もともと石川県の南部にあった久谷村で誕生したと言われる九谷焼は、

小松市で発見された花坂陶石を砕いてつくった粘土を材料にしていて、

小松市でも数多くの窯が誕生したそうです。

花坂陶石には赤い鉄分を含んでいてい、

この鉄分が少し青みがかった深みのある白い素地を生み出すんだそうです。

 

9komatsu.jpg

取材をさせて頂いたのは、九谷焼の窯元・三代目浅蔵五十吉さんです。

初代はもともと素地作り専門の職人さんだったそうですが、

二代目から絵付けも行うようになり、

三代目の五十吉さんは深みのある黄色の絵付けに特徴のある九谷焼で、

有名な方なんです。

手に持っているのは、なんとNHKアナウンサーだった宮田輝さん自身が、

絵付けをした皿。宮田輝さんというと「のど自慢」の司会も担当し、

「ふるさとの歌まつり」という番組で全国行脚しながら、

郷土の芸能や文化を紹介された方です。

肩に担いでいるのは当時のマイク。

大先輩のエピソードを五十吉さんから伺いながら、

仕事は違えど受け継ぐことの大切さを改めて痛感させられました。

 

10komatsu.jpg

小松市では、九谷焼を発展させた「花坂陶石」のみならず銅などの鉱山もあり、

採掘用の重機を造る会社が成長した地でもあるんです。

JR小松駅前には世界最大級のダンプトラックが展示されていて、

その大きさに圧倒!

高さは2階建ての建物よりも高く、

タイヤの高さでさえ3.8メートルあるんです。

最大積裁量は297トンと、驚愕の数字ばかりならびます(笑)。

小松市の伝統産業は、大変なものを生み出しましたね~。

 

11komatsu.jpg

そんな小松市のご当地グルメが、

あの松尾芭蕉も賞賛したと伝わる「小松うどん」。

江戸時代、加賀藩から幕府御用達品として贈られた品の一つが、

うどんだったそうで、正直北陸の地で「うどん」の名前が登場するとは

思いもよりませんでした。

白山系の伏流水で仕込むうどんは細く、

まさに「つるつる」の表現がぴったり!

市内には70店舗以上もうどん屋さんがあるそうで、

取材の後、生放送の後と、2回も食べに行っちゃいました(笑)。

この「小松うどん」も300年の歴史を数えるそうで、

小松市に伝わる文化の息の長さに感服した「たび」となりました。

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:14:22 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2019年03月13日 (水)宮城県 気仙沼市


 

1kese.jpg

宮城県気仙沼市にやってまいりました~!

灯台の灯りがともっていますが、ここはJR気仙沼駅前。

さすが三陸の漁業の中心地は違いますね~(笑)。

今まで見たことない駅前風景でした。

今回は宮城県の北東部に位置する人口6万5千の漁師の町から、

「たび自慢」で~す!

 

2kese.jpg

日本有数の漁港がある気仙沼は沿岸や近海だけでなく、遠洋漁業も盛ん。

気仙沼で古くから親しまれてきた魚が、太平洋で捕れる「メカジキ」なんです。

全国で水揚げされる70%以上が気仙沼で水揚げされていて、

シェアは日本一! 薄いピンク色がきれいな「メカジキ丼」。

特に冬の「メカジキ」は脂の乗りが半端なく、光りに反射して輝いています!

ねっとりとしつこいお味かなと思いきや、

身は張りがありあっさりしていながら脂が、

ジュワーッと口の中で溶け出すんです。

いや~これ絶品です!

 

3.kese.jpg

マグロよりも速く、時速100キロものスピードで泳ぐ「メカジキ」は、

大きいものは体長が4~5メートルにもなるそうす。

特徴は鼻先に伸びた剣のような部位。「吻(ふん)」といって、

実はアゴなんですって。

取材に同行してくださった市役所の斉藤さんが、

わざわざ観光施設から借りてきてくれました。

実物を見ると迫力ありますよね~!

この「メカジキ」はお刺身だけでなく、

焼いたり煮たりしゃぶしゃぶにしたりすき焼きにしたりと、

まさに地元の家庭に根ざした魚なんです。

 

4kese.jpg

実はね~、メカジキ丼と一緒に出てきた味噌汁も絶品!

これサンマのつみれ汁なんですよ~。

気仙沼のサンマは有名ですよね~。

カキやホタテやワカメの養殖も盛んですし、

マグロ、カツオ、フカヒレと、気仙沼の代名詞となるような海の幸は、

数え切れないほどあります。

まさに三陸漁業の一大拠点ですね~。

 

5kese.jpg

さて気仙沼での、のど自慢開催は3月11日の前日でした。

あの東日本大震災から丸8年になるんです。

海沿いでは現在かさ上げの工事がいたるところで行われていて、

重機がひっきりなしに動いていました。

写真の遠くに見えるのが「海の殉難者慰霊塔」です。

当時、慰霊塔とほぼ同じ高さの津波が気仙沼を襲い、

市内で1300人以上の方々が犠牲になりました。

 

6kese.jpg

あの時の教訓を次世代につなげていこうと、

のど自慢放送の当日、3月10日に一般公開となったのが

「東日本大震災遺構・伝承館」です。

今回、公開前に特別に取材させていただきました。

この伝承館、映像や写真、当時の証言など、

様々な展示によって震災の記憶を伝えています。

そして被災した気仙沼向洋高校の校舎と併設される形で建てらていて、

遺構として保存されることになった向洋高校の当時のままの校舎を、

見学することができるんです。

 

7kese.jpg

向洋高校は校舎の4階の床から25センチのところまで水没したそうです。

校舎の4階部分の外壁がえぐられています。

津波によって流されてきた冷凍工場の建物とぶつかってできたものです。

 

8kese.jpg

3階の教室には車が突っ込んで横転していて、

津波の凄まじさをまざまざと見せつけられました。

津波が襲った時、校舎には学校の先生や工事関係者などが、

残っていたそうですが全員無事だったそうです。

こうした被災した校舎を語り部の皆さんの話を聞きながら、

見学することもできます。

 

9kese.jpg

気仙沼を訪れて、復興はまだ道半ばであることを思い知らされましたが、

地元の皆さんの頑張りも形になってきています。

こちらは、4月7日に開通する「気仙沼大島大橋」。

およそ2300人が暮らす大島と本土が橋でつながります。

震災後、島民の皆さんは電気ガス水道が全て止まった状態で、

20日間孤立してしまったそうです。

橋の建設は50年前からの悲願だったそうですが、

震災をきっかけに見直されいよいよ開通に至りました。

 

10kese.jpg

海沿いにある魚市場周辺では水産加工工場も多く再建されていて、

フカヒレが天日干しされていました。

こうして地元の皆さんの営みも感じることもできました。

 

11kese.jpg

地元の居酒屋の大将がサービスしてくれた、

マグロの心臓と心臓の弁のお刺身!

こんな珍しい部位、食べたことありませんよ~!

大将がにこやかに、気仙沼で水揚げされたマグロを自慢してくれました。

のど自慢では毎回2泊3日の旅ですので、

気仙沼の皆さんの8年分の思いを感じ取るには時間が少なすぎます。

でも、地元の方々の人懐っこさに触れて、この場所にもう一度来たい!

気仙沼の海をもう一度見たい! そう思わせてくれた貴重な「たび」になりました。

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:17:33 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2019年03月01日 (金)NHKのど自慢チャンピオン大会2019 出場者紹介動画


いよいよ明日に迫りました。
「NHKのど自慢チャンピオン大会2019」

出場する13組のチャンピオン受賞時の歌唱動画を公開します!

 

1.栃木県宇都宮市のチャンピオン 小森谷姫向さん
 植村花菜 の「トイレの神様」を歌います。

動画の掲載は終了しました


2.福島県古殿町のチャンピオン 大縄暁子さん
 五輪真弓の「恋人よ」を歌います。

動画の掲載は終了しました


3.長野県駒ヶ根市のチャンピオン 小池立基さん
 尾崎豊 の「I LOVE YOU」を歌います。

動画の掲載は終了しました


4.大阪府柏原市のチャンピオン 藤井舞乃空さん
 石川さゆりの「能登半島」を歌います。

動画の掲載は終了しました


5.富山県魚津市のチャンピオン 山本智暁さん
 ポルノグラフィティ の「ハネウマライダー」を歌います。

動画の掲載は終了しました


6.栃木県矢板市のチャンピオン  地島悦子さん
 島津亜矢の「感謝状~母へのメッセージ~」を歌います。

動画の掲載は終了しました


7.秋田県由利本荘市のチャンピオン 茂木 空さん
 秋田県民謡の「秋田草刈唄」を歌います。

動画の掲載は終了しました


8.山口県下関市のチャンピオン 森川 薫さん
 川野夏美の「悲別~かなしべつ~」を歌います。

動画の掲載は終了しました


9.大分県大分市のチャンピオン 松井照一郎さん
 チューリップの「青春の影」を歌います。

動画の掲載は終了しました


10.山梨県甲州市のチャンピオン 斉藤花耶さん
  絢香の「みんな空の下」を歌います。

動画の掲載は終了しました


11.千葉県勝浦市のチャンピオン 大根田 岳さん
  秦基博の「ひまわりの約束」を歌います。

動画の掲載は終了しました


12.鳥取県北栄町のチャンピオン 平田美貴さん
  大橋純子の「愛は時を越えて」を歌います。

動画の掲載は終了しました


13.佐賀県伊万里市のチャンピオン 篠﨑大輔さん
  指田郁也の「花になれ」を歌います。

動画の掲載は終了しました


 

以上の13組があすグランドチャンピオンをかけて歌います!

放送中はNHK MUSICのTwitterでも
実況ツイートをしますのでぜひチェックしてください▼

nhk_music_bnr_1.png

 

3月2日(土)午後7:30~NHK総合・ラジオ第1

投稿者:のど自慢スタッフ | 投稿時間:15:15 | カテゴリ:のど自慢チャンピオン大会2019 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー


RSS