2018年7月

2018年07月26日 (木)埼玉県 越谷市


 

1koshi.jpg

おいしそうなリンゴ飴がい~~~っぱい!と勘違いしないでくださいね(笑)。

形をよ~~~く見てください。

答えはだるま!

 

2koshi.jpg

今回は江戸時代から続く工芸品「越谷張子(はりこ)だるま」で有名な

埼玉県越谷市から「たび自慢」です。

 

3koshi.jpg

埼玉県南東部にある越谷市は、

東京都心まで電車で40分と交通に便利!

宅地開発が進んで、現在34万人が暮らしています。

なんといっても10年前に完成したニュータウン

「越谷レイクタウン」が人気なんです。

ニュータウン完成に伴ってJRの駅や、

写真の右手に写る国内最大級のショッピングモールも作られました。

ショッピングモールには700以上もの店舗が入っていて、

年間5000万人が訪れるんだそうです!

町並みを見ると電柱が全て地中に埋められてすっきりしてますよね~。

また「越谷レイクタウン」には、

シンボルにもなっている大規模な人工池もあるんです。

 

4koshi.jpg

越谷市はもともと川や水路が多かった土地柄から水郷としても有名で、

そうした水辺を取り入れた景観づくりをしているんです。

人工池の周りには住宅が建ち並んでいて、

この環境は本当にうらやましい限りです。

この池では「ディンギー」という小型のヨットに乗ることもできるそうで

家族で楽しめるアクティビティーも充実しています。

 

5koshi.jpg

気持ちよさそうにしていますが

実は猛暑が続くさなかの取材で、日差しが熱かった~!

その一方で、宿場町として栄えてきた歴史から

ひな人形や桐箱など様々な伝統的な工芸品が

受け継がれているのも越谷市の特徴なんです。

その一つが、

300年前から作られるようになった「越谷張子だるま」です。

 

6koshi.jpg

越谷のだるまの特徴は、鼻が高いこと。

その昔、江戸まで出荷する間にだるま同士がぶつかり合って

鼻が欠けることがあり、平べったい鼻のだるまが多かったそうです。

越谷は、比較的揺れの少ない水運を利用していたため、

高い鼻が壊れなかったとか。

 

7koshi.jpg

現在も7つの工房で年間40万個ものだるまが作られていて、

職人さんの手によって一筆一筆描かれているんです。

 

8koshi.jpg

だるまの眉毛は「亀」、ひげは「鶴」を

モチーフにして描かれているんですね~。

工房によって一件一件顔の表情が違うそうで、

さりげなく描かれる縁起物を探すのも楽しいですよね~。

 

9koshi.jpg

23歳から40年だるまを作り続けている島田和明さんです。

島田さんたちが作る越谷のだるまは、

明治神宮や浅草寺、柴又帝釈天など、

首都圏を中心に出荷されているそうです。

手書きのりりしい越谷のだるまで縁起を担いで頂きたいですね~。

 

10koshi.jpg

そして! 地元グルメとしてご紹介したいのが「鴨すき」なんです。

越谷で鴨?と疑問に思うかもしれませんが、

もともと水辺の多い越谷は鴨がたくさんやって来る場所なんです。

しかも宮内庁が管理する鴨場もあり、

あの徳川家康が鷹狩りを楽しんでいたのも越谷なんだそうです。

あるとき、家康が鷹狩りで捕らえた鴨を「今食べたい!」と言いだし、

農家の鋤(すき)を借りてその場で焼いて食べたのが

「鴨すき」の始まりなんだとか。

 

11koshi.jpg

鴨肉を焼いた後は、その脂で地元特産の「越谷ねぎ」を

焼いて一緒に食べるんですよ~。

11月からは、冬の地元グルメとして「こしがや鴨ネギ鍋」も

楽しめるんですよ~。

鴨を食べに、越谷に、かも~~~ん!

 

それでは、越谷市ののど自慢の報告です。

トップバッターは中学1年生、12歳のかわいらしい女の子でした!

歌ったのはなんと太田裕美さんの「木綿のハンカチーフ」!

ポニーテールの髪が躍動するほど元気にステップを踏みながら歌いました。

「赤いスイートピー」や「喝采」など昭和のヒット曲が好きだと教えてくれて、

そのギャップに会場はまさに拍手喝采でした。

 

それにしても今回の出場者の皆さん、元気の良さが光りましたね~!

 

結婚45周年の72歳の男性は、奥様に向けて村田英雄さんの「夫婦春秋」を、

体をカクカク独特な動きで力強く歌いました。

一年に一度、NHKホールで開かれる

「NHKのど自慢チャンピオン大会」を目指すと公言されていて、

NHKの歌番組「うたコン」を観覧して、

NHKホールの様子も事前に見に行くほどの真剣さ(笑)。

鐘は二つ・・・、でもまたチャレンジするそうですよ~。

 

ヒールを履いてそれぞれ金と銀のボディコンを着て登場した

お母さんと娘さんのコンビもいらっしゃいました。

その存在感がダイナミックで、ピンクレディーの「渚のシンドバッド」を

完璧な振り付けで歌い度肝を抜きました。

7月に81歳の誕生日を迎えるおじいちゃんへのサプライズとして

内緒で出場したそうです。

いや~、おじいちゃんびっくりしすぎて

腰抜かしてなければいいですけどね~(笑)。

 

さらにサングラスにアフロへアーのかつらに、

厚底靴を履いてクリスタルキングになりきった60代の男性二人組、

 

番組に初めてゲスト出演していただいた

Little Glee Monsterの「好きだ。」を飛び跳ねながら歌う49歳のお母さん、

 

去年10月に結婚しスイスの新婚旅行から帰ってきたばかりの

50代の新婚夫婦と、みなさん突き抜けた元気の良さを発揮しました。

 

そんな中で特別賞に輝いたのが、

森昌子さんの「おかあさん」を歌った68歳の書道の先生でした。

客席で応援する二人のお孫さんが、

ステージのおばあちゃんに向けて

「おかあ~さ~~~ん!」と叫ぶのでお客さんもびっくり。

普段からお孫さんから「おかあさん」って呼ばれてるんですって。

そのうれしさが素敵な笑顔にあらわれていましたね~。

本当に微笑ましいお孫さんと「おかあさん」でした。

出場者の皆さんの元気な歌声で、連日の暑さを吹き飛ばしてくれました。

埼玉・越谷の皆さん、ありがとうございました~~~!

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:14:52 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2018年07月17日 (火)大阪府 柏原市


 

1kashiwara.jpg

ブドウの季節がやってまいりました!

まるまると実をつけたデラウェアです。

今回は大阪府でもブドウの産地として有名な

柏原(かしわら)市からの「たび自慢」で~す。

 

 

2kashihara.jpg

柏原市は大阪府の東部、奈良県に隣接した人口7万の町です。

信貴山(しぎさん)という地元の山の麓に、

市街地が広がっていて大和川が町を流れています。

大和川沿いにはサイクリングロードがあり、

サイクリングを楽しむ方が多いんですよ~。

 

 

3kashihara.jpg

趣味で自転車を楽しんいでるというこの男性、

大阪市から自転車で40キロ走って来たそうで、

格好も決まっていますよね~。

実は柏原市には、自転車メーカーが3つもあるんです。

また、スイスイと走れるサイクリングロードも、

整備されていることもあって、

自転車の町として人気を集めているんです。

町にはサイクリスト専用の休憩所も設置されていて、

こうして愛好家の皆さんがたくさん集まってくるんですよ。

 

 

4kashihara.jpg

自転車愛好家同士の伝言板もあって、

サイクリングにまつわるイベント情報や伝言が、

書かれていました。

上り坂を走るヒルクライムも楽しめるのが

柏原市のサイクリングの魅力なんですって!

 

 

5kashihara.jpg

その山道がこちら、

自転車愛好家の皆さんに「ぶどう坂」と、

呼ばれて親しまれている山道です。

そうなんです!!

柏原市ではこうした山の斜面を利用した、

ブドウの栽培が盛んなんです。

 

 

6kashihara.jpg

山のいたるところに太陽の光を反射する

銀盤のようなものが見えるんですが、

よく見るとブドウ栽培のビニールハウスなんです。

実は大阪府は昭和初期に、

奈良県との間にある山々を利用してブドウを栽培し、

収穫量全国一位を誇っていたんです。

高度経済成長期には宅地開発が進んでブドウ農家は、

減っていったそう。それでも柏原市だけで、

200ものブドウ農家さんが頑張っていらっしゃいます。

 

 

7kashihara.jpg

豊かに房をつけるブドウ畑に感動!

そのままかじりつきたくなります。

全体の8割はデラウェアを栽培しているそうで、

柏原産のブドウはどのブドウも

「柏原ぶどう」のブランドで出荷するんだそうです。

 

 

8kashihara.jpg

一粒に蓄えられた果汁のみずみずしいこと!

糖度は20度を超えるそうですが、

甘みだけでなくさわやかな酸味もありくどくなく、

食べだすとパクパク止まらないんですよ~。

収穫はまさに7月から始まったばかり。

8月1日からはブドウ狩りも楽しめるんですって。

8月からの3ヶ月間で6万人も観光客がやってくるそうで、

こりゃ取り合いになりそうですね~(笑)。

9kashihara.jpg

美味しいブドウが育つのにはもちろん理由があります。

雨が少ないため空気中の菌がブドウに接触することが少ないこと。

そして山の傾斜が急なため、空気の抜けがいいことなんだそうです。

いかに急勾配か、演出担当の谷井智彦ディレクターが体で表現してくれました!

この傾斜が、ブドウにとっては最高にいい環境なんですね~。

でも・・・、作業は大変でしょうね~・・・(汗)

10kashihara.jpg

今回取材をさせて頂いたのが、

こだわりをもってブドウを栽培されている天野映さんです。

今は息子さんと協力してブドウ作りに励んでいるそうです。

最近は人気が高まっている皮ごと食べられる種なしの、

シャインマスカットにも力を入れているんですって!

ブドウの艶を見れば美味しいに決まってますよね~(笑)。

天野さん、暑さに負けず、急勾配に負けず、収穫頑張ってくださ~い!

 

さて、ブドウの産地柏原市からののど自慢、

若い力がめいいっぱい会場を盛り上げた清々しい回になりました。

ピアノにクラシックバレーに声楽にとたくさんの習い事をこなしながら、

ミュージカル女優を志す14歳の女子中学生は、

映画「モアナと伝説の海」の「どこまでも~How Far I’ll Go~」を、

中学3年生とは思えない表現力で合格の鐘を鳴らしました。

 

今回最年少の中学1年生の男の子は、

なんと長山洋子さんの「じょんから女節」を、

勢いのある歌いっぷりで会場を沸かせました。

おじいちゃんの影響で歌うことが大好きになったそうで、

カットしたばかりの髪型はおばあちゃんがきっちり整えてくれて、

ステージに臨んだんですって。

のど自慢出場でおじいちゃんおばあちゃん孝行ができましたね~。

 

高校で音楽を専門に勉強している15歳の女子高生は、

大好きな真っ赤なスカートをはいてアンジェラ・アキさんの

「手紙~拝啓十五の君へ~」を、

単身赴任中のお父さんに向けて歌いました。

 

中学2年生の男の子は幼い頃から歌手志望で、

雰囲気たっぷりに清水翔太さんの

「花束のかわりにメロディーを」を歌って合格。

20組の最後に登場した高校3年生の女の子は、

友人とのバンド活動で鍛えた喉で、

なんと「ありあまる富」という椎名林檎さんの難しい歌で、

合格の鐘を鳴らしました。

中高生の情感溢れる迫力の歌声には本当にびっくりさせられます。

 

しかも今回チャンピオンに輝いたのも、

黒地にひまわり柄の夏らしい浴衣姿で登場した、

中学2年生の女の子でした。

今回歌ったのは4年前に亡くなったおじいちゃんが大好きだった、

石川さゆりさんの「能登半島」。

音程の取り方や声量は抜群で伏し目がちに歌う姿は、

中学生とは思えない艶っぽさを醸し出していました。

どの十代も希望に溢れた歌声でしたね~。

 

そんな中でひときわ存在感を放っていたのが、

居酒屋を営む70歳の女性でした。

美空ひばりさんの衣装を見事に再現!

頭にはいくつもの羽根をつけたかぶり物をかぶっていて、

放送スタートから一番目立ってました(笑)。

実は彼女、39歳の若さで事故で寝たきりになってしまった夫を、

30年来、介護されているそう。

「人生一路」歌ってや~!!!というご主人の言葉に一念発起。

100円ショップで買い込んだ羽根などのアクセサリーを使って、

夜なべしながら衣装を完成させたんです。

しかも、このことはご主人には内緒で。。。

ご主人、驚かれたでしょうね~。

「お父ちゃんに一日でも長生きしてほしい」と、

涙ながらにご主人への思いを語る姿には、本当に胸を熱くさせられました。

もちろん、今回の特別賞に輝いたのは言うまでもありませんよね。

 

どの世代の出場者も、歌声に乗せていたのは様々なひたむきな思いでした。

大阪・柏原の皆さん、ありがとうございました~~~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:19:16 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2018年07月03日 (火)長崎県 壱岐市


 

1iki.jpg

香り豊かな麦焼酎。

取材でいつも試飲させて頂くんですが

この瞬間はちょっとしたドキドキ感があるんですよね~(笑)

でも・・・

 

2iki.jpg

飲んでみてびっくり!

原酒の44度は結構きましたね~~~~!

今回は麦焼酎発祥の地と言われる長崎県壱岐市です!

壱岐市は玄界灘に浮かぶおよそ15キロ四方の島です。

長崎空港から飛行機で30分

福岡の博多港から船で行くのも便利で

ジェットフォイルだと1時間あまりで行くことができます。

 

3iki.jpg

仕込みの樽の様子も見せて頂きました。

壱岐の焼酎は麦焼酎とはいうものの

大麦だけでなく米麹が加えられているのが特徴で

米麹の甘みが売りなんです。

その昔、中国から伝わったと言われる蒸留方法を使った

製造技術を今に受け継いでいます。

人口2万7000の島に

なんと7つの蔵元があるんですよ~!

 

4iki.jpg

こちらのラベルは、

7つの蔵元が「壱岐焼酎」をPRしようと

それぞれ同じラベルで発売している焼酎です。

度数は15度と人に優しいんです。

お酒には「ボルドーワイン」「スコッチウィスキー」とか

地名の入った有名なものがありますが

「壱岐焼酎」もWTO(世界貿易機関)によって

地理的表示が制定されているんです。

制定されたのが平成7年の7月1日で

この日を「壱岐焼酎の日」という記念日にして

乾杯イベントを各地で行うんですって!

 

それがなんと!!!

偶然にも壱岐市からの

NHKのど自慢の生放送日だったんです! 

すごい偶然。

 

 

5iki.jpg

壱岐市のこの時期の名物が、ウニ!!!

5月からは写真のムラサキウニ

7月からはさらに大粒のアカウニが

9月まで捕れるそうできれいな海とウニを求めて

観光客が多く訪れる季節がやってきました。

 

 

6iki.jpg

ということで

ウニ漁を取材するために

漁に出発する直前の一人の海女さんに

ついていっちゃいました!

島には17もの漁港があるほど漁業が大変盛んで

ウニ漁をする海女さんは

最高齢82歳を筆頭に50人ほどいらっしゃるんですって。

 

 

7iki.jpg

 

ついて行った海女さんがこの方

藤本彩子さんです。

実は藤本さんは神奈川県出身で

もともと

システムエンジニアの仕事をされていたそうですが

海女さんの仕事をテレビで見て憧れ

心機一転壱岐市に移住されたという経歴の持ち主。

ウニだけでなく、アワビやサザエを素潜りで漁をする

3年目の海女さんなんです!

海女の仕事に憧れて壱岐に移住した方は

藤本さん以外にもう二人いらっしゃるんですって!

このレオタードが海女さんファッション。

今の時期の海水の温度はまだ低く

10枚以上も着込んで潜るそうで

一番上にこのレオタードを着るんですって。

それぞれ好みの色があって

壱岐の海女さんは潜るときもおしゃれなんです!

 

 

8iki.jpg

朝10時頃に

8人前後の海女さんを船に乗せて

ウニを捕りに行くそうで

船頭さんはニコニコ顔の優しそうな浦田繁喜さん。

赤いパンツがお似合いですね~。

 

 

9iki.jpg

浦田さんは船の上で焚き火の準備をされていました。

海に潜った海女さんの体を温めるもので

船で焚き火ができるように

(関係機関に)許可を得るんだそう。

この焚き火の上でバーベキューしながら

お昼ご飯を食べるんですって。

明るい海女さんが多いそうで

おしゃべりに花が咲くそうですよ~。

 

 

 10iki.jpg

藤本さんが捕ったウニを入れる桶がこちら。

5メートルほどの海底でウニを捕った後

海面に出たときにこの桶に捕まって体を休めるそうです。

一日に潜る時間はおよそ3時間。

過酷な仕事ですね~。

でも、ウニが捕れるこの時期が一番楽しいんですって!

藤本さん、美味しいウニをいっぱい捕ってきてくださいね!

 

 

11iki.jpg

私は食べるだけで申し訳ありません…(汗)。

藤本さんが捕ったウニかどうかはわかりませんが

ウニ丼をしっかり味わうことができました。

でも、これも取材なんです!

お邪魔した日本料理屋さんのウニ丼は

ご飯が見えないくらいウニに満たされていました。

ムラサキウニ一粒の大きさはさほど大きくなく

これだけの量を海女さんたちが

どれだけの時間をかけて捕っているのかと

丼を目の前にして思いを巡らしてしまいました。

濃厚な甘みが口の中いっぱいに広がり

壱岐の恵みに感謝感激の瞬間でした~。

 

さて、壱岐市でののど自慢は

島民の皆さんの元気のいい熱唱熱演で大盛り上がりでした。

ウルフルズの「バンザイ~好きでよかった~」を

歌った壱岐市の警察官はまるでミュージシャンのように

会場を盛り上げ合格の鐘を鳴らしました。

 

サッカー部のキーパーとして頑張っている壱岐市の高校2年生は

試合前にいつも聞いている

サンボマスターの「できっこないをやらなくちゃ」を

白い歯を見せながら思いっきり笑顔で歌いました。

夏は壱岐の海に飛び込みに行くんですって。

いや~青春だな~!

 

壱岐市の小学校の教頭先生は

子供たちは“みんな何らかのチャンピオンなんだ!”と

アリスの「チャンピオン」を歌ってメッセージを送りました。

歌の合間に「センキュー!」「ありがとう!」を

連発する元気の良さでした。

 

特別賞を受賞したのは

壱岐焼酎の7つの蔵元から

それぞれ代表者を募って出場した7人組でした。

もちろん放送日の7月1日が

「壱岐焼酎の日」ということもあり

夜7時1分に行われる乾杯イベントをPRしました。

普段はそれぞれの蔵元で働く7人ですが

今回は肩を組んで長渕剛さんの「乾杯」を歌い

壱岐焼酎でつながる絆を披露しました。

壱岐で育まれた絆を胸に

遠くにいる人に向けて届ける歌声も多かったですね~。

 

27歳の地元の保育士さんは

2年前に亡くなったおじいちゃんの写真を携えて

「花*花」の「さよなら大好きな人」を歌いました。

壱岐でイカ釣り漁をする68歳の男性は

大好きな鳥羽一郎さんの「来島海峡」を歌いながら

何十年も会えていないという東京の弟に

「弟よ~!元気しちょるか~~!俺に便りをくれ!」と

カメラに向かって訴えました。

 

そして現在福岡に暮らす24歳の女性は

壱岐で暮らす入院中のおばあちゃんと

2年前に亡くなったおじいちゃんに向けて

絢香さんの「手をつなごう」を明るい笑顔で歌い

毎年のように祖父母に会いに来ていた壱岐の地で

合格の鐘を鳴らしチャンピオンに輝きました。

今回は、家族への思い、島への思いに溢れた歌声が響き渡る

のど自慢になりましたね~。

壱岐の皆さん、ありがとうございました~~~!

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:18:33 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー


RSS