2018年6月

2018年06月26日 (火)三重県 鈴鹿市


 

suzu1.jpg

今回は、三重県の北部

伊勢湾に面した鈴鹿市からたび自慢で~す。

鈴鹿市と言えば、

自動車レースの最高峰「F1グランプリ」が

開かれる鈴鹿サーキットが有名ですよね~。

自動車や繊維関連の製造業が

盛んな人口20万の工業都市である一方で

鈴鹿市には400年以上続く

伝統的工芸品もあるんです。

写真は江戸時代に着られていた裃です。

全体的に紺色に染められているように見えますが・・・

 

 

suzu2.jpg

アップで写真を撮ると

細かい白い点が染め抜かれています。

実はこのデザインこそが

鈴鹿市に伝わる伝統的な技術なんです。

 

 

suzu3.jpg

「伊勢型紙(いせかたがみ)」といって

型紙を彫刻刀で緻密に彫っていく技術です。

指先と比較すると、

切り抜く柄の小ささに驚愕させられます。

この柄は「引彫り(ひきぼり)」という技で

型紙が掘られていて

3センチ幅に31本もの

縞模様が彫られているんです。

丁寧に掘られていく型紙がこちら。

 

 

suzu4.jpg

和紙を柿渋で塗った後、

おがくずでいぶして

水に濡れにくくしたものなんです。

これを10枚重ねて型を掘っていくんですって。

一つの着物で300枚もの型紙が必要なんですって!

なんだか気が遠くなるような作業ですよね~。

 

 

suzu5.jpg

こちらは「錐彫り(きりぼり)」という技法です。

半円形の彫刻刀で穴をあけていく、

有名な「江戸小紋」の柄の型紙です。

最高のものは3センチ四方に900もの穴が

掘られるんだそうです。

型紙で切り抜かれた部分がのり付けされ

のりのついていない部分が

染められて反物が作られます。

 

 

suzu6.jpg

鈴鹿市はこうした型紙による

デザインの発祥の地で

今も20人足らずではありますが

職人さんの手でその技術が

守られているんです。

機械化が進んで型紙による染めの

需要が減っている中で

このデザイン性を生かした

新たな作品作りも進められています。

 

 

suzu7.jpg

型紙をそのまま灯りに生かしてみたり・・・

 

 

suzu8.jpg

ガラスとガラスの間に型紙を挟んで、

窓を装飾してみたりと、

様々な工夫をして伊勢型紙の技術を

残そうとされいました。

 

 

suzu9.jpg

今回「伊勢型紙」の取材をさせていただいたのが

「鈴鹿市伝統産業会館」です。

そこで2人の女性と出会いました。

現在、「伊勢型紙」の職人さんが

70~80歳代しかおらず何とか型紙の技術を残したい

と修行されているのが

大平峰子さん(左)と宮﨑なつみさん(右)です。

お二人とも型紙の柄に魅了されたそうで、

大平さんは「伊勢型紙の魅力は繰り返しの美」だと

教えてくれました。

 

 

suzu10.jpg

大平さんが作ったスマートフォンのケースです。

まだまだ修行が必要と話されていましたが

素敵なデザインですよね~。

ぜひこの素晴らしい技術を

受け継いでいってほしいですね。

大平さん、宮﨑さん、応援しています!

 

それでは、

鈴鹿市からののど自慢をご紹介しましょう。

先ほど鈴鹿市は自動車関連の製造業が盛んと

お伝えしましたがそうした製造工場の働き手として

およそ50カ国もの外国人の方が

暮らす町でもあるんです。

予選会でもペルーやブラジル、

フィリピン出身の出場者がいて

非常にインターナショナルだったんですよ~。

そして生放送でも、

日本人とブラジル人の仲良し5人組が出場し

THE BOOMの「風になりたい」をサンバ調のリズムに乗せて

突き抜けるような明るさで歌いました。

5人をご紹介すると、

日本に来て28年という日系3世の女性、

ブラジル人の子供が3割を占めるという

鈴鹿市の小学校の先生

妻が日系ブラジル人だという日本人男性

夫が日系3世のブラジル人女性

そして来日30年の日系2世の女性と

ブラジルと日本の絆で結ばれた5人でした。

実は16年前にもこのメンバーで

鈴鹿市の予選会に出場したそうで

今回見事20組に選ばれ

サンバの国の賑やかさで会場を盛り上げました。

さらに

5人のメンバーの一人だった日系3世の女性のお子さんも

本番に出場する20組に選ばれいて、

笑顔が素敵な22歳の大学生のお姉さんと

17歳の高校生の弟さんの姉弟が

今度はブラジルで暮らすおばあちゃんに向けて

「花は咲く」を歌いました。

おばあちゃんは

二人が日本で生まれた頃に

移住先のブラジルから一時帰国して

面倒を見てくれていたそうで

もともとは福島県の浪江町出身なんだそうです。

二人の成長をテレビの画面で見て

おばあちゃんはきっと喜んでいるはずです。

移住先のブラジルで家族を作り、

またその家族が日本に戻って新たな命を

育んできたその事実に感激させられました。

ブラジルほど遠くはありませんが、

北海道のニセコに単身赴任する夫に向けて、

岡山県で一人暮らしをするおじいちゃんに

向けて歌う歌声もあり家族の絆の深さを

歌で表現する出場者が本当に多かったですね~。

 

しかも今回ののど自慢では、

なんと8組の合格者が誕生する

ハイレベルな回になりました。

その中でチャンピオンに輝いたのは、

歌手を夢見る18歳の男性でした。

普段は路上ライブで歌声を磨いているそうで

どんな場所で歌っているのか聞いてみると

少々内気な性格もあって、

鈴鹿市の畑の脇道で歌ってるんですって(笑)。

時々白い目で見られるそうですが

その度胸があるなら大丈夫!

森山直太朗さんの

「生きとし生ける物へ」を語るように歌うその歌声に

会場は聞き惚れていました。

ぜひ夢を叶えてほしいですね~。

それにしても、

今回は気持ちが熱くなるような熱唱熱演の連続でした。

三重県・鈴鹿市の皆さん、ありがとうございました~~~~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:17:13 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2018年06月20日 (水)兵庫県 篠山市


 

shino1.jpg

「ヨ~イヨ~イ デッカンショ」と、

観光案内所で篠山市を説明してくれた酒井さんが

いきなり踊りを交えて教えてくれました(笑)。

今回は有名な民謡「デカンショ節」が

古くから親しまれている

兵庫県の東部にある篠山市(ささやまし)から

「たび自慢」しましょう!

 

 

shino2.jpg

篠山市にある「丹波篠山デカンショ館」に行けば

デカンショ節についていろいろ知ることができますよ。

もともと篠山地方で唄われていた

「みつ節」が起源と言われていて

明治時代に篠山出身の学生たちが

千葉県の旅館で声を張り上げて唄ったのが自然に広まり

全国的に知られるようになったとか。

今では今年66回目を迎える「デカンショ祭り」が

毎年8月に地元で行われ二日間で7万人が集まって

デカンショ節で盆踊りを楽しむんですって!

すごいですね~!

 

 

shino3.jpg

そんな篠山市は現在人口が4万2000。

もともと江戸時代に築城された篠山城の

城下町として発展しました。

伝統的建造物が多く残っていて

昔の商家の町並みを楽しむことができます。

写真は酒蔵だった建物ですが

今では篠山の特産物の卸売店として店を構えています。

何やら軒先に吊されているものがありますが~・・・

 

 

shino4.jpg

その特産品というのが

「丹波黒」と呼ばれる大豆の黒豆です。

お正月の縁起物として甘く煮て食べる

あの黒豆なんですよ~。

篠山市は兵庫県の内陸の山に囲まれた盆地に位置し

その特有の気候を利用して

通常のおよそ2倍もの大きさの黒豆が育つんです。

 

 

shino5.jpg

風情のある町を歩けば

いたるところで黒豆にまつわるお土産に出会えますよ~。

香り豊かな黒豆茶!

 

 

shino6.jpg

黒豆をこれでもかとふんだんに使った黒豆パン!

 

 

shino7.jpg

 レストランに行けば

黒豆アイスに甘く煮た黒豆が乗っかった黒豆パフェ!

演出担当の伊藤ディレクターが目をひんむいて

紹介してくれました(笑)。

 

 

shino8.jpg

ということで

黒豆が栽培されている畑に直行!

6月はちょうど種植えの時期なんですって。

 

 

shino9.jpg

黒豆の苗を植える、筒状の専用の器械がこちら。

筒を土の中に刺して、黒豆の苗を筒の中に入れると

土に植えられる仕組みになっています。

冒頭で紹介した煮豆用の黒豆は

実がなってからさらに枯らして

12月頃に収穫したものなんです。

 

 

shino10.jpg

枯らさずに10月頃に収穫したものは枝豆になるんですよ。

この枝豆が美味しいんだと

取材先の農家さんが

朝からわざわざ茹でで食べさせてくださいました。

大粒の枝豆は食べ応えがありコクのあるお味で

パクパクパクパク止まりません!

ビールのつまみに最高~~~~!

 

 

shino11.jpg

大切に黒豆を育てる農家の皆さんです!

左から林利夫さん、小林郁代さん、坂下紗麻さん、岸本久芳さん。

そして取材に同行してくれた市の観光商工課の麻田英央さん。

皆さんが手塩にかけて育てた黒豆、また食べたいな~。

ぜひ全国の皆さんに味わってほしいですね~!

 

そんな黒豆自慢の篠山市からののど自慢は

本当にいろんなキャラクターの方々が集まった楽しい回になりました。

まず篠山の会場をトップバッターで盛り上げたのは

今回最年少の12歳の女の子でした。

常に笑顔を振りまく元気のいい彼女は

朝ドラ「わろてんか」の主題歌「明日はどこから」を歌いました。

「ありがとうと言えない あなたのために・・・」

という歌詞を伝えたかったのは、

普段はケンカが絶えないという妹さんでした。

客席にいた妹さんはちょっと照れているようでしたけど

微笑ましい姉妹の様子に会場は温かい雰囲気に包まれ

今回の特別賞に輝きました!

 

続いて登場して会場を沸かせたのが、

今回最年長、なんと御年102歳!

いや~、もうその存在自体に拝みたくなるおじいさまが登場し

全国に篠山城を知ってほしいんだと

成世昌平さんのご当地ソング「噫呼篠山城」を歌いました。

背筋をピンと伸ばしてしっかり音程を取りながら歌う姿には感動!

そして見事、合格の鐘が鳴りました。

これには会場も大歓声に包まれました。

若かりし頃にデカンショ節で踊った時の

浴衣を着てらっしゃいましたが

季節外れのニット帽をかぶっているので理由を聞くと、

「頭が涼しくてね~」と

会場をしっかり笑いに誘うおじいさまでした。

102歳の合格するシーンは

そうそうお目にかかれないかもしれませんよね~!?

 

そしてさらに会場を巻きみ合格の鐘を鳴らしたのが

地元の民謡「デカンショ節」を歌った23歳の女性でした。

彼女は市の商工観光課で働いていて、

8月の「デカンショ祭り」では

櫓の上でデカンショ節を歌う保存会のメンバーでもありました。

彼女が歌うと会場のお客さんも一緒に手拍子を打ち

「ヨ~イヨ~イ デッカンショ」と大合唱になりました。

地元の小学校の運動会でも歌われるそうで

さすが地元の皆さん慣れ親しんでいるだけありますね~。

彼女は8歳から民謡を習ってきたそう。

また保存会では最年少のメンバーであることから

もっと若い歌い手が育ってほしいと話していました。

そんな彼女が今週のチャンピオンに選ばれました。

 

また今回は異例中の異例、なんと特別賞が二組誕生したんです。

トップバッターで歌った中学生ともう一人

吉幾三さんの「俺ら東京さ行ぐだ」を

歌った自営業を営む55歳の男性です。

生まれも育ちも篠山市で

去年友人を頼って人生で初めて東京に行ったそうで、

その気持ちを込めて選曲したそうです。

ただ、覚え立ての歌でラップ調にまくし立てるこの歌の歌詞を

なかなか口から発することができず、

唸ったり「ダーッ!」と

奇声(!?)を発したりとほとんど歌唱としては成立せず(笑)…

鐘は1個!

なんとか歌いきろうとするその姿に

お客さんは大爆笑なんですが

ひたむきな歌いっぷりには感動も呼びました。

「まわりは山!山!山! でも東京に出てみてやっぱり篠山がいい!」

と篠山市への愛情たっぷりのコメントにはお客さんから大きな拍手。

2年半前にお見合いで結婚したそうで

ちゃんと篠山で幸せをつかんでいらっしゃいました。

どうぞお幸せに!

 

さらに、

篠山市でスナックを開いて30年のフィリピン出身の女性や

篠山市で黒豆を作り続ける85歳のおばあちゃま

50年地元篠山で大工を続ける男性

篠山市のお寺の住職に就任したばかりの49歳の男性と

地元を愛する出場者の歌声に満たされたのど自慢となりました。

兵庫県・篠山市の皆さん、ありがとうございました~~~~!

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:13:14 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2018年06月13日 (水)北海道 根室市


 

N1.jpg

茹でると真っ赤に花が咲いたような

「花咲ガニ(はなさきがに)」が特産、

北海道根室市から「たび自慢」で~~す!

 

 

N2.jpg

根室市は北海道の東部、北に根室海峡、

南に太平洋を望む根室半島に位置する、

人口2万6000人の町です。

今回の取材は、

根室半島の一番東にある納沙布岬へ、

と車を走らせました。

するといたるところでコンブの絨毯が!

NHK釧路放送局の廣野ディレクターが、

身をもってその驚きの長さを

表現してくれました(笑)。

廣野さんの体と比較すると長~~~~~い!!!

コンブの長さはなんと10メートル!

 

 

N3.jpg

干されたコンブは、

写真の道具できっちり105センチの長さに

切り分けていくんです。

出荷前のコンブがこちら!

 

 

N4.jpg

保管されている倉庫に入るとコンブの香りいっぱい!

ちょうどコンブ漁が始まったところで、

この時期のコンブは柔らかく、

昆布巻きなどの煮物用に

収穫されたものなんだそうですよ。

 

 

N5.jpg

さ~っ、

納沙布岬を目指してさらに東へ! ・・・と思ったら、

途中真新しい郵便局で一旦停車。

 

 

N6.jpg

廣野ディレクターが笑顔で教えてくれたのは、

「日本最東端」と売りにしている郵便局なんです。

珸瑶瑁(ごようまい)郵便局って、

いや~これは読めなかったですね~(笑)。

廣野ディレクターが指をさしているのが、

珸瑶瑁郵便局の郵便スタンプ。

昆布に納沙布岬と朝日が、

デザインされているんですよ~。

台風の影響で損壊し一時閉鎖していた珸瑶瑁郵便局、

スタンプには新局舎が完成した

平成27年3月30日の日付が記されています。

 

 

N7.jpg

郵便スタンプにも描かれていた納沙布岬の灯台です!

根室の市街地から車で30ほどで到着しました。

こちらも本土最東端の灯台だそうで、

明治5年に北海道で

最初に設置された灯台なんですって。

このあたりはどこへ行っても

最東端になりますね~(笑)。

 

 

N8.jpg

納沙布岬に来た証拠に、

廣野ディレクターと肩組んでパチリ!

「朝日に一番近い町」が

根室市のキャッチコピーにもなっていますが、

この時期は午前3時に朝日が拝めるんですって。

この日は、6月だというのに日中でも気温が10度を下回り、

風も強くて寒い寒い! 根室の海を体感した取材でした~。

 

 

N9.jpg

取材の後は、海の幸いっぱいのお昼ご飯!

お刺身はもちろん、ホタテのバター焼き、

タコの酢の物、

花咲ガニの鉄砲汁と盛りだくさんでしょう~!

そしてメインは焼き魚のサケの「トキシラズ」。

本来サケは秋に日本に遡上しますが、

「トキシラズ」はロシアに遡上する前に、

この時期北海道沖に回遊しているサケで、

産卵する前なので非常に脂ののりがいいいんです。

食べてみて驚愕!

身が非常に柔らかく脂がのりまくっていて、

サケの概念が変わりましたね~。

根室最高~~~~!

 

 

さ~根室市からののど自慢、

やはり漁業にまつわる出場者が多く、

活きのいい歌声が響き渡りました。

 

漁業歴50年という恰幅のいい80歳のおじいさまは、

北島三郎さんの「大漁船」を力一杯歌いました。

サケ・マス漁の船団長として

ロシアの海原で活躍されていたそうで、

「漁師は度胸が勝負なんだ」と、

歌に重ねた思いも語ってくれました。

 

根室市の漁協で46年勤めてきた65歳の男性は、

三山ひろしさんの「お岩木山」を

ハスキーボイスで威勢良く歌いました。

彼は地元の歯舞漁協で働いていて、

豊富な海の幸それぞれを

ブランド化する推進協議会で尽力してきたそうす。

今年を最後に定年退職するということで、

記念の出場となりました。

 

今回特別賞を受賞したのは、

地元の高校1年生二人組でした。

彼女たちのお父さんはタコやコンブ漁をする漁師さん。

漁師の娘としてLittle Glee Monsterの「好きだ。」を

歌って根室を盛り上げました。

はつらつと笑顔で楽しそうに歌う姿に、

お客さんも一緒に乗せられてましたね~。

花咲ガニが大好きなんですって(笑)。

 

生命保険会社の5人組は、

根室市の大漁を願って

天童よしみさんのご当地ソング「北海めおと節」を、

 

根室の高校の先生は全国で活躍する卒業生に向けて

千昌夫さんの「北国の春」を歌い、

 

地元で酪農を営む57歳の男性は、

乳搾りをしながら牛舎で口ずさむスターダスト・レビューの

「夢伝説」で合格の鐘を鳴らしました。

 

根室市の24歳の保育士さんは、

最近寂しさにこらえながら一人暮らしを始めたそうで、

Kiroroの「未来へ」を歌って涙の涙の合格となり、

今週のチャンピオンに輝きました。

今回は、根室の元気の良さがはじけたのど自慢になりましたね~。

 

北海道・根室市のみなさん、ありがとうございました~~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:15:37 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2018年06月06日 (水)福岡県 那珂川町


 

nakagawa1.jpg

700系の新幹線がずら~~~~~~~っ!

なかなかお目にかかれない風景ですよね~。

 

今回の「たび自慢」は、

西日本最大の新幹線車両基地がある福岡県那珂川町です!

那珂川町は福岡市の南に隣接する人口およそ5万の町。

昭和50年に山陽新幹線の岡山―博多間が開通しましたが、

それに伴い昭和49年に那珂川町に造られたのがこの車両基地なんです。

 

 

nakagawa2.jpg

こちらは以前使われていた連動表示板といって、

どの線に新幹線が待機しているかが、

分かるようになっているんですね~。

表示板を見ると30もの線路が横並びに設置されているんです。

なんと70もの新幹線、合わせておよそ1000両の、

修理点検が行われているんですって。

さすが西日本最大!

 

 

nakagawa3.jpg

車両を洗う機械もダイナミック!

車の洗車機とは比べものにならない大きさと水の量!

 

 

nakagawa4.jpg

実はこの新幹線車両基地には、

「博多南駅」が併設されています。

修理点検を済ませた新幹線は、

この車両基地を出発して、

山陽新幹線の始発駅である「博多駅」まで移動するわけですが、

どうせだったら近隣住民を乗せてほしいと町からの要望を受け、

平成2年に新設された駅なんです。

 

 

nakagawa5.jpg

土曜日の朝9時だというのにお客さんが多かったですね~。

1日の乗降客数は1万5000人を越えるんだそうです。

というのも、

運賃が200円に特急料金が100円でトータル300円!

しかも8分で隣の「博多駅」に到着するとあって通勤通学客には超便利!

この駅が完成してから人口も増え続け5万人を越えたことから、

那珂川町は今年10月に市に移行することが決まりました。

那珂川町の皆さん、

おめでとうございま~~~す!

 

 

nakagawa6.jpg

うって変わって水遊びをする楽しそうなカップル・・・、

いやいや、私が強引に頼んで戯れてもらいました(笑)。

今回演出担当の福岡放送局の大村ディレクターと、

応援に来た長崎局の釜井ディレクターです。

同期入局なので仲良しだね~!

この清らかな水辺も那珂川町の自慢なんですよ。

 

 

nakagawa7.jpg

町の名前にもなっている那珂川です。

川沿いに造られた中之島公園では、

安心して川遊びができるように整備されています。

子供たちのはしゃぐ声であふれていました。

今の時期はたくさんの蛍も飛び交うそうで、

観光スポットとして人気なんです。

 

 

nakagawa8.jpg

こちらは那珂川から水を引いた水路です。

実はこの水路、日本書紀にも記されている、

日本最古と言われる農業用水路なんです。

その名も「裂田の溝(さくたのうなで)」。

 

5.5キロに渡って造られていて、

地元の皆さんが古くから大切に守ってきました。

水路沿いには民家があり、

庭先から水路につながる洗い場が設けられていて、

今もお野菜を洗ったり、

普段の生活に利用されているんです。

nakagawa9.jpg

「裂田の溝」は水路をせき止めて、

田んぼに水を流し込めるように造られていて、

いよいよこれから田植えが始まります。

那珂川の恵みは、豊かな作物と那珂川町ならではの、

美しい風景をつくりだしていました。

nakagawa10.jpg

民家の洗い場から、

ま~かわいらしい男の子が顔をのぞかせてくれました。

小学校4年生の泰雅(たいが)くんと、

2年生の隆雅(りゅうが)くんの兄弟。

二人とも野球を頑張っているのかな~。

那珂川に育まれた素敵な笑顔の少年たちに出会えました。

nakagawa11.jpg

 那珂川沿いでは地下水を利用して作るうどん屋さんもありました。

うどん屋さんの大将は、那珂川のおいしい水に惚れて、

わざわざ移住してうどんを作っているんだそう。

エッジの効いたしっかりとしたコシのあるうどんで、

品のあるお味に感動!

水によってこんなにも味わいが変わるのかと驚きました!。

那珂川が生み出す豊かな営みに、

なんだか嫉妬しちゃいました(笑)。

さて、そんな那珂川町からののど自慢ですが、

町を愛する出場者の歌声で盛り上がりました。

 

トップバッターは地元の高校1年生の女の子。

AIさんの「みんながみんな英雄」を大好きな友達に向けて歌いました。

小学校5年生の時に那珂川町に引っ越したことで、

仲のいい友達がたくさんできたんですって!

 

那珂川町が市になることをお祝いしたくて、

出場した2歳の娘さんのお母さんもいました。

長山洋子さんの「博多山笠女節」を勢いよく歌い、

待ちに待った10月の市制施行を喜んでいました。

 

那珂川町で友情を育んだ中学時代の同級生二人組は、

学ラン姿でET-KINGの「ギフト」を歌い、

「きっと きっと こいつは宝物」と、

お互い指を指し合いながら歌う様子は固い友情の賜。

那珂川町の学び舎が、

友情というまさに「ギフト」をプレゼントしてくれたんですね~。

 

那珂川沿いの農家にお嫁に来て10年という30歳の主婦は、

3人の娘さんたちに向けて絢香さんの「にじいろ」を歌いました。

那珂川の水の恵みを受けて、福岡県のブランド米「ゆめつくし」を、

作っているそうです。農業とは全く縁がなかったそうですが、

農業を営む旦那さんに一目惚れして結婚したんですって!

子育てに農作業に、これからも頑張ってくださいね~!

故郷愛にあふれるのど自慢でひときわ会場をわかせたのは、

ジュディ・オングさんの「魅せられて」を歌った53歳の女性でした。

両手を広げると翼のように衣装が広がるあのドレスを完璧に再現し、

会場は拍手喝采。「魅せられて」が大ヒットした当時から、

いつかあの衣装を着て人前で歌いたいと夢見るようになったそうです。

もともとベリーダンスを習っていた彼女は、真っ白なドレスに、

ベリーダンスで使用する“イシスウィング”を組み合わせるアイデアを思いつき、

念願叶っての晴れ舞台。見事特別賞に輝きました。

 

そして合格者は中学1年生が二組に、高校1年生、さらに23歳と24歳の5組と、

若い力が躍動しました。

 

その中からチャンピオンに輝いたのが、

生放送当日が結婚記念日というご両親に、

歌をプレゼントした高校1年生の女の子。

お母さんが大好きだというクリス・ハートさんの「I LOVE YOU」を、

しっかりとした音程と丁寧に言葉を紡ぐ歌声で、

チャンピオントロフィーを獲得しました。

今回も笑顔いっぱいに花が咲いたののど自慢になりました。

 

福岡県・那珂川町の皆さん、ありがとうございました~~~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:13:55 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー


RSS