2016年11月22日

2016年11月22日 (火)北海道 幕別町


makubetsu1.JPG

「チャー・・・、シュー・・・、メン!」の「シュー」のあたりが写真に写ってます。

この表現、古いかな(笑)?

よ~く見ると、ドライバーの長さは短いし、ゴルフボールも大きめですよね~。

私が興じているのは「パークゴルフ」です!

今回ののど自慢の会場は、「パークゴルフ」発祥の地、北海道幕別(まくべつ)町です。

人口2万7千、北海道東部の十勝平野にある幕別町は、とにかく芝生に覆われた公園がたくさん!

私がクラブを振っているのも、今回ののど自慢の会場がある「スマイルパーク」という公園で、

南北500メートルに東西500メートルという広さ!

「パークゴルフ」ができる公園は、公共・民間合わせて17もあるんですよ~。

 

 makubetsu2.JPG

こうしたたくさんの公園をもっと町民に利用してもらおうと、

幕別町は短いホールをクラブ1本で楽しめる「パークゴルフ」を、30年ほど前に考案したんです。

今では毎年国際大会も開かれていて、

今年は世界22か国の選手が幕別町に集い競い合ったそうです。

 

 makubetsu3.JPG

町内にある「パークゴルフ」専用クラブの工房にお邪魔しました。

ずらーっと並んだ修理中のクラブ。

これだけ見ても、町民がどれだけ「パークゴルフ」を楽しんでいるかがわかりますよね~。

2万7千人の町で、およそ30万人の方が「パークゴルフ」を通じて

幕別町の公園で交流しているそうです。

町の狙いは大成功ですよね~。

 

makubetsu4.JPG 

クラブのヘッドに使われているのは、「かば」や「たも」の木。

皆さん自分でいい木を見つけては工房に持ち込んで、オーダーメイドで作ってもらうんですって!

いや~「パークゴルフ」愛が深いですね~。

 

 makubetsu5.JPG

続いて幕別町の特産品をご紹介しましょう。

十勝の肥沃な大地で育った甘みの強い「インカのめざめ」というジャガイモと、「ユリ根」です。

特に「ユリ根」は、日本一の生産量を誇る北海道の中で、幕別町は有数の産地なんです。

「ユリ根」というと高級料亭の茶わん蒸しなどで出てくるイメージですよね~。

ほくほくして甘みのある「ユリ根」はあまり普段使いする作物ではありませんが・・・、

 

 makubetsu6.JPG

幕別町ではコロッケになっちゃいます!

しかも「インカのめざめ」と「ユリ根」のコラボという、ほくほくと甘みのダブルパンチ!

幕別町に訪れたらぜひお試しください。

 

 makubetsu7.JPG

そしてもう一つ、「豚丼(ぶたどん)」です! 

幕別町の西側に隣接する帯広市のご当地グルメのイメージが強いかもしれませんが、

もともと道東の郷土料理として、幕別町を含む十勝地域で昔から食べらていたそうです。

もちもちした豚肉の味付けがたまらんのです!

甘辛く焼いた豚肉でご飯がすすむすすむ。帰りの帯広空港でも食べちゃいました(高笑)!

 

それでは、十勝平野の各地や幕別町から集まった選ばれし20組ののど自慢をご報告しましょう。

最近は4~5組の合格者数が普通でしたが、何と7組が合格の鐘を鳴らし、

クオリティーの高い回となりました! その7組をご紹介しましょう。

北海道出身のGLAYの「BE WITH YOU」を、

ボーカルのテルさんになりきって歌った29歳の高校の数学の先生。

秋吉真実さんの「流氷夜噺し」を、

病気がちだったお母さんのために歌った51歳のケアマネージャーをする女性。

十勝を代表する民謡「十勝馬唄」に、

馬とともに農作業を頑張ってきた人生を重ねて歌った農業一筋の74歳。

初めて買った着物を着て絢香さんの「にじいろ」を歌った雑誌編集社に努める26歳の女性。

清水翔太さんの「化粧」で高校時代に共に野球部で頑張った亡き友人に歌声を届けたいと、

今回のチャンピオンに輝いた製造会社で働く19歳。

日野美歌さんの「あなたと生きたい」を歌って初孫誕生を祝った、カラオケ喫茶の42歳の女性店長。

スピッツの「チェリー」を歌って歌声を故郷の埼玉に届けた、帯広市役所で働く26歳の男性。

以上の7組の皆さんは、気持ちの乗った素晴らしい熱唱ばかりでした。

特に19歳のチャンピオンの歌声には、ゲストの石原詢子も

「どこからその余裕の歌声が出てくるんでしょう。見習いたいくらい」とべた褒めでした。

そんな中で、幕別町で農業を営む親子3人組は、北海道に元気と勇気を与えてくれました。

今年は6月の長雨、8月の4つの台風、11月の積雪と、

十勝地域の農家の皆さんには試練の連続でした。

お父さんとお母さんに中学1年生の娘さんが、

おそろいのつなぎを着て肩を組みながらAKB48の「365日の紙飛行機」を歌い、

十勝で頑張る農家の皆さんにエールを送りました。

家族力を合わせてエールを送るその歌声には、本当に感動させられました。

 

十勝や幕別の皆さん、微力ながら私も応援しております!

力みなぎる歌声の数々をありがとうございました。

北海道・幕別の出場者の皆さん、お疲れ様でした~!

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:20:25 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2016年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バックナンバー


RSS