2016年11月 9日

2016年11月09日 (水)広島県 福山市


 fukuyama1.JPG

これぞバラ!といいたくなるような深みのある赤ですよね~。

このバラ、アメリカの大統領にちなんだ「ミスターリンカーン」という品種で、

花は大柄でとにかく香りが強いんです。

そばに寄るだけでかぐわしい香りで包んでくれます。

今回は、バラが市の花となっている広島県福山市に行ってまいりました。

現在人口47万、鉄鋼業が盛んで県内でも広島市に次いで大きな都市ですが、

戦時中は大空襲を受け市街地は焼け野原になったそうです。

その土地に安らぎを取り戻そうと、市民の手で街中に植えられてきたのがバラだったんです。

植えられてきたバラは今年7月に100万本を達成し、

街の植え込みには本当にたくさんのバラが咲いていてきれいでした~。

 

 fukuyama2.JPG

バラの話をしておいて何でアイス?と思うかもしれませんが、

この流れからしてもちろんバラのアイスです(笑)。

福山市では食用のバラも栽培していて、

写真で紹介した「ミスターリンカーン」の花びらで香り付けしています。

アイスだけではありません。お茶にジャムにジュースと、様々な加工品が作られています。

バラのアイスにバラのジャムを乗っけて食べると、もう口の中はバラの香りでい~っぱい!

 

 fukuyama3.JPG

食用バラを栽培加工しているのが、町本さんご夫婦です。

もともと繊維業を営んでいて、

繊維に香りを付けられないかとバラの香りに着目したのが始まりなんだそうです。

やっぱりバラの香りを嗅ぐと、町本さんのような笑顔になりますよね~。

 

 fukuyama4.JPG

福山市の自慢はバラだけではありません。

昔から作られている伝統工芸品があるんですよ。

くりぬいて形作られた桐の木が、ある楽器に生まれ変わるんです。

写真の作業では、熱せられたこてで焼を入れて、きれいな木目を浮き上がらせているんです。

 

 fukuyama5.JPG

出来上がったのが、楽器として初めて国の伝統工芸品に指定された「福山琴(ふくやまごと)」。

江戸時代のお殿様が、福山に音楽芸能を根付かせたいと琴を作らせ始めたのがきっかけで、

今では全国にある琴のおよそ7割は福山産と言われています。

 

 fukuyama6.JPG

琴の音色を聴かせてくれたのは、焼入れ作業を見せてくれた田中秀和さんです。

若干二十歳の職人さんで、琴作りの職人に憧れてこの道に入ったそうです。

楽器店の家で育った田中さんの琴の腕前はなかなかのもの。

若い方が伝統を守り続けようとする姿は本当に頼もしいですね~。

 

それでは、のど自慢のご報告です。

広島県の今年のトピックスは、何と言っても広島カープの25年ぶりのリーグ優勝ですよね~。

そこで今回は、カープのユニフォームを着て応援歌「それ行けカープ」を歌う、

まさにカープ女子の歌声から始まりました。

音楽短期大学に通う1年生で、うららかな澄んだ歌声で見事合格!

いきなり会場のボルテージが上がりました。

客席にもカープのユニフォームを着たお客さんが多かったんですが、

よく一緒に球場に応援に行くという彼女のおじいちゃんも

真っ赤なユニフォームを着て応援していました(笑)。

家族みんながカープファンで、

特に入退院を繰り返しているおじいちゃんを元気づけたかったそうです。

合格の鐘が鳴ると涙を流しながら大喜び。こちらまで嬉しくなるような喜びようでしたよ。

さらにカープのユニフォームを着て歌った40代の主婦二人組もいました。

彼女たちが歌ったのはあみんの「待つわ」。

つまり、25年カープの優勝を待ち続けていたそうで、

今年かなわなかった日本一をこれから待つんだそうです。

その思いを込めての「待つわ」・・・。いや~ファンのカープ愛には本当に頭が下がりますね~。

今回、中年男性のはじけっぷりが半端なかったのも特徴的でしたね~。

福山のバラのイメージキャラクター「ローラ」ちゃんの柄がプリントされた

派手なシャツを着て登場したのが61歳の男性。

RCサクセションの「トランジスタ・ラジオ」を軽快なステップで歌い、

福山では多くの家庭でバラが栽培されていることを教えてくれました。

現在は妻の実家の病院経営にいそしむ元銀行マンの51歳は、

サラリーマン時代のストレス発散に必ず歌っていた光GENJIの「パラダイス銀河」を披露し、

のど自慢初出演のPUFFYのお二人を、自由奔放な歌いっぷりで驚かせました(笑)。

さらには9月に初孫が誕生したという46歳の若い若いおじいちゃんが、

ゲストの鳥羽一郎さんの「兄弟船」を、

建設会社で働く38歳の男性は、保育園帰りに6歳の息子と口ずさむ、

これまた光GENJIの「勇気100%」を歌い、中年パワーをさく裂させました。

 

いや~本当に元気あふれる方が多くて、何だか広島カープの熱が乗り移ったようでした。

というのも、本番の前日にはカープの優勝パレードが行われたばかり。

今年の広島は、熱気ムンムンですね!

広島・福山の皆さん、熱い熱いのど自慢をありがとうございました~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:14:36 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2016年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バックナンバー


RSS