2016年3月

2016年03月30日 (水)岐阜県 安八町


anpachi1.JPG

ご覧ください、このきれいな地下水!

飲んでみるとほんのり甘味を感じるような美味しさでした。

今回ご紹介するのは、岐阜県の南西部にあり、

東側に流れる長良川と西側を流れる揖斐川に挟まれた、

人口1万5000の町「安八(あんぱち)町」です。

この町は豊富な地下水に恵まれていて、

今も自宅で井戸水を使っている方々がいらっしゃるそうですよ。

anpachi2.JPG

この地下水、地下150メートルからポンプで汲み上げているそうで、

「しあわせの泉」という名で地元の皆さんに愛されています。

こうしてたくさんのペットボトルを用意して、町外からも汲みに来るんですよ~。

この水でご飯を炊いたり、コーヒーを入れたりするんですって。

地元に流れる水がキレイって、気持ちも潤いますよね~。

anpachi3.JPG

水に恵まれた安八町。

揖斐川と長良川という二つの川は、安八町を肥沃な大地にしました。

とにかく良質の土からおいしい野菜が育つそうです。

代表的なのがほうれんそう。

ま~~~青々としていること。

見ているだけで食らいつきたくなりますね~(笑)。

anpachi4.JPG

地元の農家のみなさんは、このほうれんそうを使ってうどんを作っちゃいました!

収穫したほうれんそうを刻んでペースト状にしてうどんに練り込むんだそうです。

地元のイベントなどで販売されているそうで、

これから花見の季節ですし、ぜひ安八町のイベント情報をチェックしてみてください。

anpachi5.JPG

特別にほうれんそうのうどんをゆでていただきました。

見事な緑色!なんか体に良さそうですよね~(笑)。

食べてみると・・・うどんです。

あら、でも・・・あとから~・・・ほうれんそうの風味がふわ~~っと、

口の中に広がるんです。ぜひ一度お試しください!

anpachi6.JPG

ほうれんそうのうどんを開発したのは、地元の農家の女性部の皆さんです。

ほうれんそうのうどんだけでなく、よもびや梅を練り込んだうどんも開発したんですって。

地元の食材を多くの方々に触れて欲しいという、皆さんの愛情が詰まったうどんです。

 

さて、安八町からののど自慢ですが、当日は快晴で暖かくなり、

いよいよ春本番だな~と感じさせる日和となりました。

でも、この日ののど自慢はゆずの「夏色」からスタート(笑)。

小学校からの幼なじみの26歳の男女2人組は、

これまで海で泳ぐ経験が無かったそうです。

去年の夏に仲間と初めて海で泳いだときに、みんなで聞いたのがこの曲だったそうで、

元気の良い歌声はまさに「夏色」でした!

今回合格者は6組。

チャンピオンになったのは、松原健之さんの「金沢望郷歌」を歌った38歳の男性でした。

以前ご両親が離婚し、現在愛媛に暮らすお父さんへ、

お母さんの好きな「金沢望郷歌」を歌い、

歌を通じて家族の絆を確かめ合うような温かい歌声でした。

特別賞は86歳のおばあちゃん!

生後八ヶ月でお母さんを亡くし、のど自慢のステージで「おっかさ~~ん!」と

一言言いたくて、台詞のある中村美律子さんの「瞼の母」を歌いました。

「おっかさ~ん」の台詞にいく前に鐘が二つ鳴ってしまいましたが、

それでも最後は強引に「おっかさ~~~~ん!」叫び、

念願の思いを遂げました。よかったですね~。

いつも通学途中に自転車に乗りながら歌っている17歳の女子高生2人組、

別々の中学に通っても変わらぬ仲の良さを歌った14歳の女の子3人組、

高校時代はバレー部のキャプテンと副キャプテンで、

今は共に母となった30歳の主婦2人組と、

変わらぬ「絆」を歌った出場者が多かったのも、安八町の特徴でしたね~。

様々な「絆」に溢れた、温かいのど自慢になりました。

そうそう、土木現場で働く20歳の男性も、

ヘルメットを被ってクマムシの「あったかいんだからぁ♪」を歌って、

会場をさらに温かくしてくれましたよ~(笑)。

岐阜県・安八町の皆さん、ありがとうございました~。

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:14:52 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2016年03月22日 (火)広島県 三次市


mitugi1.JPG

お刺身!って、どこにでもあるじゃんと思われるかも知れませんが、

普段いただいているお魚とはちょっと違うんです。

地元の方々は「ワニ」と呼んでいます。

今回は、このお刺身を江戸時代の昔から親しんでいる、

広島県三次(みよし)市に行って参りました。

三次市は人口が5万5000の町で、中国山地のふもとの盆地にある町です。

朝と夜の寒暖の差が大きく、冬の朝に現れる雲海の景色でも有名な場所なんですよ。

mitugi2.JPG

こちらが「ワニ」の身の塊です。

実は「ワニ」とは、こちらでサメのことをさすんです!

サメって他の魚よりも日持ちがするんですって。

かつて冷蔵技術が発達していなかった当時、内陸で山に囲まれた三次市のあたりでは、

ほとんど生魚を食べられなかった訳で、

日持ちのするサメが刺身で食べられる魚として珍重されたそうです。

mitugi3.JPG

で、食べてみました。

この表情を言葉にすると、「なんだ、おいしいじゃん!」です。

失礼な話ですが(苦笑)、勝手に「臭みがあるのかな~」と思い込んでいました。

でも、非常に淡白で食べやすいんですよ!

地元の方はマグロよりおいしいと言う方もいらっしゃるそうですが、

確かに食感と風味が似てるんですよね~。

しょうが醤油につけておいしくいただきました~!

mitugi4.JPG

最近は「わにバーガー」なるものも登場しているんです。

「わに」をフライにして、照り焼きのような味付けにしてあって、

めちゃくちゃおいしいんです。

若者に大変人気があるそうですよ。

三次の皆さんは「ワニ」をこよなく愛してるんですね~。

mitugi5.JPG

続いて取材に訪れたのは、「広島三次ワイナリー」です。

三次市は寒暖の差がある気候であることはお伝えしましたが、

実は、その気候がぶどうの栽培に適しているんです。

昭和30年代頃からぶどう作りが盛んになり、

20年ほど前からは町をあげてワイン作りにも取り組むようになったんです。

mitugi6.JPG

ご覧ください、豊富なワインの種類!

ぶどうはもちろん三次産のものを使っていて、

シャルドネ、デラウェア、ピオーネ、シラーと、

実にさまざまな品種のぶどうでワインを醸造しているんです。

最近は国内外のコンテストで受賞するほど、

評判のワインが作られるようになったそうですよ。

mitugi7.JPG

何種類か試飲させていただいたんですが、

抜群な醇な香りと繊細な味に驚きました

三次がこんなにも素晴らしいワインの産地だとは露知らず、

こりゃまた失礼いたしました(苦笑)。

これからも国産ワインの知名度を、ぜひ高めてほしいですね~。

さ~今回ののど自慢も盛り上がりましたよ~。

トップバッターは何と2匹?のおサルさんが登場!

もちろんコスプレなんですが、市販の茶色のパーカーとスエットに耳やシッポを着けて、

さらにお腹やお尻に見立てたピンクの生地を縫い付けた手作りなんです。

さらにピンクの頬紅、おでこに黒い3本の波線、

長めのつけまつげを着けて可愛らしいおサルさんを表現した女性二人が、

ピンクレディーの「ウォンテッド」を歌って盛り上げてくれました。

お二人は地元の道の駅のイベントを盛り上げるために、

干支のキャラクターやピエロなど、毎回手作りの衣装を作って

司会をされてきたそうです。

鐘は1個でしたが、衣装もさることながら、サルの真似をしながら踊るその姿は

愛嬌たっぷりで、会場は大いに沸きました。

また、今回は3月中旬の開催とあって、4月に新たなスタートを迎える

出場者が多かったですね~。

大学の軽音楽部でユニットを組んできた先輩後輩の二人組は、

スピッツの「空も飛べるはず」を歌いました。

先輩は既に卒業し就職も決まっていて、

二人で歌う最後のステージがのど自慢になり、見事合格の鐘を鳴らしました。

既に人生の新たなスタートラインにたっている方もいらっしゃいました。

結婚してまだ2年目の去年7月に夫を亡くし、もうすぐ2歳になる男の子と

三次で生活を始めた女性は、朝ドラ「あさが来た」の主題歌

「365日の紙飛行機」を歌いました。

以前は、大阪で暮らしていらっしゃいましたが、

夫が育った故郷の三次で、子育てをしたかったと引っ越してきたそうです。

子供と明るく元気に生きていきたいという思いから笑顔いっぱいに歌いきり、

特別賞を受賞して感動を呼びました。

4月から幼稚園の先生になる20歳の女性や、

この春小学生になる息子にエール送った34歳のお父さんも、それぞれ合格。

そして4月から小学校の先生になる22歳の男性がチャンピオンに輝きました。

さまざまな希望を胸に歌う出場者の歌声はどれも爽やかで、

この季節にぴったりののど自慢になりました。

広島・三次の皆さん、ありがとうございました!

 

 

 

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:12:49 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2016年03月15日 (火)福島県 広野町


hirono1.JPG

今回は、温州みかんが採れる北限の地と言われる、

福島県南部の広野町に行って参りました。

会場の広野町中央体育館の裏手にある「みかの丘」は、

町が運営しているそうで、実は、町にみかん農家は一軒もないんですって。

東北地方の中では温暖である気候を利用して、

20年ほど前に町役場が町民各世帯にみかんの苗木を配ったのが、

みかんの町としての始まりなんだそうです。

みかんが育つ温暖な広野町のキャッチフレーズは、「東北に春を告げる町」。

このフレーズを聞くだけで、何だかほっこりしますよね~。

hirono2.JPG

去年の12月に、初めてみかんジュース作りにも取り組んだそうです。

完成したジュースとジャムがこちら!

それほどみかんの収穫量が多いわけではないので、

ジュースの本数も限られているんですが、特別にお裾分けしていただきました。

hirono3.JPG

みかんジュースは飲み慣れてますから、普通においしいんだろうな~と思っていたら・・・。

hirono4.JPG

あんれま~!みかんの味が濃厚でびっくり!

酸味もしっかり出ていて、みかんジュースというよりみかん汁って感じ。

これは美味しいっす!

このみかんジュース、広野町の新たな特産品にしようとしていて、

各家庭の庭になるみかんも集めて、

ジュースやジャムの数量を増やしていきたいそうです。

広野町と言えば、東北のみかんの産地!と言われるくらい、

頑張って欲しいですね~。

hirono5.JPG

私が広野町を取材した日は、5年前に東日本大震災が起きた3月11日でした。

太平洋に面した広野町も、津波の被害を受けました。

福島第一原発の事故の影響もあって、現在町内に暮らしている人たちは

震災前の半分に減ってはいますが、

復旧工事を進めて町を元に戻そうと頑張ってらっしゃいます。

写真は、建設を進めている防潮堤と道路です。

写真の右に見えている白いコンクリート部分が防潮堤。

そして防潮堤よりもさらに高い位置に新たに道路を造ることで、

津波被害から町を守ろうとしています。

hirono6.JPG

道路の左側には、苗木を植えて緑を増やすそうです。

町の新しい景観に育っていくといいですね~。

町には去年4月から新しい県立高校「ふたば未来学園高等学校」も開校しました。

復興の道を歩む福島県の今を学ぶことで、

未来を担う人材を育成しようとしています。

広野町がこれからどんな町に変わっていくのか、

そしてこの広野町からどんな若者が育っていくのか楽しみですね。

さて今回ののど自慢は、前川清さん、八代亜紀さん、

そしてスペシャルMCとしてSMAPの香取慎吾さん、

さらには大河ドラマ「八重の桜」をはじめ、

福島とのつながりも深い綾瀬はるかさんをお迎えしての、拡大版でお送りしました。

しかも出場者は普段よりも5組多い25組!

本当に賑やかな明るい回になりました。

トップバッターは福島第一原発の廃炉作業の最前線で働く男性3人組。

福島に「復興の春」を呼び込みたいと、

歌ったのはキャンディーズの「春一番」でした。

パワフルで勢いのある歌いっぷりだったんですが、なんと鐘は一つ!

3人ともずっこけていましたが、ここは綾瀬はるかさんが「春風、すこ~し吹いてました」と、

会場を笑いに包みながら3人を元気づけていましたよ。

今回は、会津若松から出場した38歳のトラックドライバーの男性も出場し、

堀内孝雄さんの「愛しき日々」を歌い特別賞を受賞しました。

会津が舞台となった大河ドラマ「八重の桜」で主演を演じた綾瀬はるかさんに、

感謝の言葉を言いたかったそうで、

「綾瀬さんのお陰で会津と福島が元気になった」という言葉に、

綾瀬さんは「うれしいなし~」の会津弁で答えました。

お互いに「ありがとなし~」と感謝の言葉を投げ掛け合う姿には、

会場から温かい拍手が送られました。

もちろん、香取慎吾さんもいつも通りのど自慢を盛り上げてくれましたよ。

大学時代の同級生2人組の女性が、福島県の鳥「きびたき」を紙で作り、

棒に吊して回しながらあみんの「待つわ」を歌い、見事合格!

鐘が鳴ると2人は抱き合いながら大喜びした結果、

手作りの「きびたき」はステージの床に置き去りに・・・。

香取さんはその「きびたき」を逃さず、何と「きびたき」にマイクを向けて

おめでとうと言うと会場は大爆笑でした。

県職員と小学校の先生という立場の2人は、

「福島の空を少しでも感じて欲しかった」と、翼は黒くお腹のあたりが

黄色い県の鳥「きびたき」を登場させ、福島愛を表現したんですね~。

今回25番目のラストに登場したのは、

ドリームズ・カム・トゥルーの「何度でも」を歌った女子高生2人組でした。

震災を小学6年生の時に経験し、その後友人達とは離ればなれになってしまい、

今も連絡が取れてない友人が多いんだそうです。

香取さんが、今見てるかもしれない仲間にメッセージをと促すと、

「震災で離ればなれになったみんな、震災で連絡が取れなくなったみんな、

私たちは負けずに頑張ってます。

みんなも未来へ向かって、前に進んでいきましょう」と、

福島の皆さんの言葉を代弁するかのように、

力強いメッセージを仲間達に送りました。

今回ののど自慢をステージの上で見ていた綾瀬さんは、

改めて「歌の力ってすごい!」と感動されていました。

広野町のみなさん、そして福島のみなさんの思いが

いっぱい詰まったのど自慢になりました。

皆さん、素晴らしいのど自慢をありがとうございました~~~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:18:42 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2016年03月01日 (火)福岡県 飯塚市


iizuka1.JPG

桟敷席で大喜びしておりますが、特にステージで

何かが行われていたわけではございません(笑)。

この劇場の雰囲気をお伝えしたくて、ついはしゃいじゃいました。

iizuka2.JPG

取材させていただいたのは、昭和6年に開場した「嘉穂(かほ)劇場」です。

昔ながらの劇場の趣をそのまま残してますよね~。

絵看板も昭和の雰囲気そのもの!

今も歌謡ショーや落語、大衆演劇などが披露され、

地元の皆さんに愛され続けている劇場なんです。

今回は、この劇場がある、福岡県のほぼ中央に位置する飯塚市が

のど自慢の会場となりました。

「嘉穂劇場」がのど自慢の会場になったわけではないので

勘違いしないでくださいね、念のため(笑)。

でも、ここから放送したらどんなのど自慢になってたんだろうな~。

iizuka3.JPG

劇場に掲げられていた地図をご覧ください。

これ、明治から昭和にかけて存在した芝居小屋や劇場の数なんです。

驚きの数ですよね~。

こうした劇場があったエリアが、かつて250以上もの炭坑で栄えた

筑豊炭田のエリアと重なっているんです。

つまり、危険と隣り合わせの炭坑で働く人たちには、

娯楽の場としてのこうした劇場が欠かせなかったんですね~。

飯塚市はこの筑豊炭田の中心都市として栄え、

「嘉穂劇場」は炭坑の歴史を伝える重要な劇場なんです。

iizuka4.JPG

二階席から見た劇場の中をもう一度ご覧頂きましょう。

柱や天井、手すりなど、ほとんどが木で出来ています。

平成15年には大雨で浸水の被害にあい、

過去にこの劇場に出演したこともある芸能人の皆さんや

地元の皆さんの後押しもあって復旧にこぎつけたそうです。

取材した日は、3月まで行われている雛祭りのイベントで劇場が活躍していました。

iizuka5.JPG

ステージが使われない休演中は、奈落(舞台の下)も見学することが出来ます。

私とスタッフとで木の取っ手を押していますが、これが手動式の廻り(まわり)舞台。

ステージ上でお芝居やショーが行われるときは、

12人が舞台の下に入り込み、こうした廻り舞台やせりなどを

手動で動かしていくんだそうです。

何だかお芝居やショーを作り上げる熱気が伝わってくるようでした。

「嘉穂劇場」、ぜひ残していってほしいですね~!

iizuka6.JPG

炭坑の歴史を今に伝えるのは昔ながらのものだけではありません。

こちらは炭坑の町だった飯塚市ならではの、新たなグルメです。

その名も「ほるホル丼」!

炭坑で働く人たちにとって安価なスタミナ源として

大変人気があったのがホルモンで、

そのホルモンを掘る(ほる)ようにして食べる、

との意味合いで「ほるホル丼」が誕生したそうです。

お店によっては、卵とじにしたり、キャベツをふんだんに使ったり、

カレー風味にしたりと様々で、私はチャーハンに甘辛のホルモンを乗せた丼でした。

ホルモンが柔らかくて、いや~本当においしかったです。

さて、飯塚市からののど自慢ですが、今回はお年寄りパワー炸裂の回でした。

何と言っても100歳のお爺さまの登場は、会場が沸きに沸きました。

現役時代は婦人服のお店を営んでいたそうで、

地元のお祭り「山笠」のはっぴを着て、

村田英雄さんの「無法松の一生」を歌いました。

百人一首を全て覚えているのが自慢で、

一首披露していただき、その記憶力にも脱帽でした。

実際に炭坑で使われていた銀色のヘルメットを被って、

木村隆衛さんの「筑豊一代」を歌ったのが、今度は88歳のお爺さま。

お父さんが飯塚の炭坑で働いていたそうで、

真っ黒になって炭坑から帰ってくる姿が目に焼き付いているそうです。

炭坑が今の日本の礎になっていると、炭坑を語り継ぐ大切さを教えてくれました。

そして今回特別賞を受賞したのが、娘さんと登場した82歳のお母さま。

娘さんがディック・ミネさんの「旅姿三人男」を歌い、お母さまは股旅姿で、

3歳から習ってきたという見事な踊りを披露しました。

そのキレのある踊りに会場は拍手喝采!

12年間も夫の介護を続けてきて、踊る機会がほとんどなかったそうで、

娘さんがステージで踊らせてあげたいと今回応募したそうです。

特別賞の受賞には、涙ながらに喜んでらっしゃいました。

今回トップバッターを飾ったのも73歳の男性でした。

歌ったのは何とプリンセスプリンセスの「Diamonds(ダイヤモンド)」! 

来年結婚50年を迎えるそうで、妻にダイヤモンドのように

いつまでも輝いて欲しいと選曲したそうです。

リズムを取りながら楽しそうに歌うその姿は、

トップバッターに相応しいはつらつとした歌いっぷりでした。

いや~みなさん本当に元気!わたしたちの世代も 負けてられませんよね~。

これからも、元気をお届けできるよう、頑張らねば。

福岡・飯塚の皆さん、ありがとうございました~~~。

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:20:05 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2016年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー


RSS