2015年9月

2015年09月29日 (火)山梨県 市川三郷町


ichikawa1.JPG

力んで引っ張っても、破れない~~~~~!

わざわざ破る必要もないんですが()、その強度を見て欲しくて挑戦しました。

本当に破れないんですよ、この障子紙。

今回は、障子紙の生産が全国でもトップクラスの、

山梨県市川三郷町にいってきました。

市川三郷町は、富士山や南アルプスに囲まれた、

甲府盆地にある人口1万7千人の町です。

ichikawa2.JPG

おじゃました工場では、こんなに大きな機械で障子紙が作られていました。

戦後、紙作りも機械化が進み、市川三郷町の障子紙のシェアは

全国の半分近くにもなるんだそうです。

障子紙というと、私自身破れやすいというイメージがありあったんですが、

その既成概念が覆されました。

ichikawa3.JPG

見てください、このカラフルな障子!素敵ですよね~。

色や柄を施してあるので、こうした障子がある和室の雰囲気はガラッと変わりますよね~。

冒頭で破れにくい障子紙をご紹介しましたが、

水に濡れない耐水性のあるものや、

熱や光を遮ったりする障子紙もつくられていました。

最近の障子紙はすごいんですね~!

ichikawa4.JPG

そもそも市川三郷町は、平安時代から続く紙作りの町だったんです。

ご覧のような手すき和紙の職人さんがいる工房は、

江戸時代後半には350件にも上ったそうです。

今では、取材させていただいた豊川秀雄さんが、

町内でただ一人、手すき和紙の技術を守り続けています。

ichikawa5.JPG

手すき和紙で作られた葉書です。

見栄えといい肌触りといい、人の温もりを感じさせてくれる和紙でした。

市川三郷町で作られてきた真っ白な和紙は、

「肌吉紙(はだよしがみ)」と言って、

肌のように白くて美しいことからその名がついたそうです。

その美しさから、武将・武田信玄にも献上されていたそうです。

ichikawa6.JPG

こちらは名刺サイズに作られたもので、

なんとブドウの香りがするんです!

しかもブドウの茎を割いた繊維も和紙に混ぜて作られていて、

ブドウの産地・山梨らしさを表現しています。

伝統の手すき和紙に機能性を合わせ持った現代の障子紙と、

市川三郷町の紙へのこだわりを感じることが出来ました。

 

それではのど自慢の報告です。

今回はキャラクター豊かな若者たちが躍動した回になりました。

チャンピオンに輝いたのは、ディズニーアニメ「リトルマーメイド」の挿入歌を、

得意の英語で歌った17歳の女子高校生でした。

歌はもちろんですが、英語の発音の素晴らしさには脱帽!

留学経験があるのかと思いきや、なんと幼稚園で英語を学んだそうです。

インタビューではきはきと受け答えするその姿勢はたくましく、

将来はアナウンサーを目指すそうですよ。

それにしても、若者たちの度胸の良さには驚かされます。

映画「アナと雪の女王」の「生まれてはじめて」を歌った中学2年生の女の子は、

4歳から学んできたバレーを踊りながら歌うというエンターテインメントぶり!

全校生徒25人という地元中学校に通う中学2年生の男の子は、

クラスメイトがメッセージを書いてくれた青いはっぴを来て、

リハーサルでは見せなかった笑顔とステップをいきなり本番で披露!

今回のトリを務めた声楽を専攻する高校1年生は、

坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」を朗々と歌い上げて見事合格!

本場イタリアでオペラ歌手を目指したいと、

自信を持って将来の夢を語る姿は男らしく、

とても高校生とは思えませんでした。

そして特別賞を受賞したのも中学1年生。

彼が歌ったのは、何と美空ひばりさんの「みだれ髪」!

まだ声変わりはしてなく、透明感のあるその歌声に会場はどよめきました。

演歌の良さを教えてくれたおじいちゃんおばあちゃんと

一緒に歌うことが大の楽しみだそうで、

客席にいたおじいちゃんおばあちゃんはニコニコ顔でした。

みんなそれぞれ自分の夢を持っていて、

将来を応援したくなる熱唱と熱演に、マジで!感動させられました。

そして、その若者たちを笑顔で見守る出場者の皆さんの温かさにも

触れることが出来ました。

山梨・市川三郷町の皆さん、感動をありがとう~~~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2015年09月21日 (月)富山県 高岡市


takaoka1.JPG
もう秋なのに(笑)、風鈴作ってみました~。
といっても、流し込んだだけなんですけどね。
何を流し込んだ?それはあとでご説明しましょう。
さ~今回は、北陸新幹線が開業して東京と最短で2時間21分で結ばれた、
富山県高岡市が会場です。
takaoka2.JPG
流し込む・・・、つまり、写真のような砂で出来た型に、
溶かした金属を流し込んで風鈴を作ったわけです。
実は高岡市は、こうした鋳物の技術が全国的にも有名で、
400年の伝統を誇るんです。
takaoka3.JPG
取材に訪れたのは、高岡銅器伝統工芸士・神初祐二さんの工房です。
神初さんがガスバーナーで溶かしているのは、
金属の中でも溶ける融点が低い「すず」です。
冷めるのも早く、型に流してすぐに完成品を持ち帰ることが出来るので、
北陸新幹線の開業以来こうした鋳物の体験が観光客に人気なんですって。 
takaoka4.JPG
高岡の鋳物の技術の神髄はこちらをご覧ください。
「銅」でできた香炉です。
複雑な形が鋳物の技術によって形作られていますよね~。
表面には、銅による複雑な模様が味わい深く浮き出ています。
こうした銅器は「高岡銅器」といって、
特に銅製の茶道具や仏具は全国の9割のシェアを占めているんです。
takaoka5.JPG
なぜ高岡に鋳物の技術が伝わったのか・・・。
400年前、加賀藩主の前田利長が高岡に城下町をつくる際、
7人の鋳物師を連れてきたのが始まりなんだとか。
鋳物職人が集まる町が「金屋町」として今も残っていて、
風鈴作りを教えてくれた神初さんのような現代の鋳物職人さんたちは、
この金屋町でその技術を守り続けているんです。
takaoka6.JPG
いつもは地元の美味しい郷土料理を紹介するんですが、
今回はお皿に注目してください。
こちらは「すず」で作られたお皿です。
高岡の鋳物を広く知ってもらおうと、最近は現代的にアレンジしたものも作られるようになりました。
「すず」は人間の力で曲げることも出来る柔らかい金属なので、
形を思い思いに変化させ、お皿やかごなどを作るようになったそうです。
こうしてランチプレートのように使うとおしゃれですよね~。
北陸新幹線も開業しましたし、ぜひ高岡の物作りを体験しに、
旅してみてはいかがでしょうか。
 
さて、本番ののど自慢ですが、今回は幸せそうに歌う60代の主婦が大活躍。
原田悠里さんの「人生花ごよみ」を歌った69歳の主婦は、お見合い結婚して48年。
なんと「私にしときなさい」と言って今のご主人にアピールして結婚したんですって!
歌い終わった後、会場にいたご主人に「愛してるよ~!」と叫ぶ熱愛っぷりでした(笑)。
こちらも原田悠里さんの「涙しぐれ」を歌った67歳の主婦は、
ご主人の優しさ自慢に花が咲きました。
この方はもの凄い多趣味で、
一週間の内に、カラオケ・卓球・絵手紙・ヨガ・健康体操・マジックと、
ありとあらゆる教室に通っていて、それも全て夫のお陰と、
ご主人の優しさに顔がほころんでいました。
川中美幸さんの「ふたり酒」を歌った67歳の主婦は、結婚45年の記念に出場。
この方も、職場で知り合った今のご主人に猛アピールをかけてデートに誘い、
「お嫁さんにしてください」と逆プロポーズして結婚!
これからも歌のような夫婦であり続けたいと、幸せモード全開でした。
いや~、富山の女性は積極的な女性が多いんですね~。
夫婦のあり方を考えさせられました(笑)。
そして会場を一番盛り上げたのは、特別賞を受賞した中学1年生。
声変わりしていないその声で、石川さゆりさんの「能登半島」を歌ったんですが、
右手を大きく振りながらリズムをとって歌う熱唱ぶりに、
会場は大歓声に包まれました。
おじいちゃんの運転する車の中で聞いた演歌に感動したのがきっかけで、
その演歌とは、冠二郎さんの「人生夢太鼓」だったそうです。
歌い終わった後、おじいちゃんおばあちゃんへの感謝の言葉を
忘れないその優しさに、お客さんから温かい拍手が送られていました。
今回は、笑いの中にも夫婦や家族の温もりを感じさせてくれる歌唱が
多かったように思います。
富山・高岡のみなさん、ありがとうございまいした~。

 

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:18:58 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2015年09月15日 (火)大分県 豊後大野市


2015091209380000.jpg

今回ののど自慢は、大分県豊後大野市での開催でした。

大分県の南西部、宮崎県との県境にある、人口3万8千の町です。

内陸にあるため自然に囲まれたのどかなところなんですが、

突然轟音を響かせる滝が出現!

落差20メートルの「原尻(はらじり)の滝」です。

2015091209510000.jpg

全体の写真がこちら。幅は120メートルあるそうです。

この滝は、山の断崖絶壁から流れ落ちるのではなく、

市内をなだらかに流れる緒方川に出現します。

回りは田んぼや畑が広がる田園風景で、

なぜこんな場所に滝があるのかと驚かされます。

2015091209390001.jpg

「原尻の滝」は年間60万人が訪れる人気の観光地にもなっています。

その秘密の一つが、滝のそばまで近づけること!

私が万歳しているのがわかりますか?

こんなに接近して流れ落ちる様子を見ることができるんです。

この滝を中心に、川に入りながら御輿を担ぐお祭りが開かれたり、

ライトアップされた滝を楽しめたりと、

地元には欠かせない自然の一つになっているんです。

 

2015091209350000.jpg

これが滝を形作っている岩盤です。

およそ9万年前に大噴火が起き、それによって噴出した火砕流でできたものです。

水の流れで削られ丸みを帯びていることからわかるように、

豊後大野市の地盤は比較的柔らかいそうです。

そのためこうした滝や渓谷が多く、

豊後大野特有の景観を作り出しているそうです。

今回はご紹介できませんでしたが、

加工しやすい岩を利用してできた立派な石橋も数多く残っています。

ぜひ一度、豊後大野市の景色をお楽しみください。

2015091210080000.jpg

豊後大野の豊かな自然は、こんな名産を産み出しています。

「乾(ほし)しいたけ」です。

もともと大分県は、乾しいたけの産地として質・量ともに国内トップクラス。

中でも豊後大野市は、くぬぎの原木が数多く自生していることから、

特に質のいいしいたけが生産でき、

その乾しいたけは農林水産省の品評会で

12年連続で最高の賞を受賞しているんです。

2015091210150000.jpg

こちらは、道の駅で食べた「乾しいたけのチーズフライ」です。

しいたけはもちろん干してあるので、一旦水に戻してから調理するんですが、

この肉厚っぷりには驚きました。

干すことで旨味成分が増加するそうで、確かに味が非常に濃いんです。

出汁にも煮物にも大活躍の乾しいたけの、本物を味わうことができました!

さて、本番のど自慢はというと、今回はトップバッターとトリを中学生が務め、

若い力が躍動しました。

最初に歌ったのは中学1年生の女の子!

ゲストだった長山洋子さんの「じょんから女節」を力強く歌い、

長山さんも驚いていました。

トップバッターの重責の中でも堂々と歌う姿に特別賞が贈られました~!

そしてトリを務めたのは中学3年生の女の子二人組。

保育園時代からの腹心の友だそうで、

朝ドラの主題歌「にじいろ」を爽やかに歌い上げました。

二人は小学生からの合唱仲間でもあり、合格には届きませんでしたが、

二人のハーモニーは本当に美しかったです。

今回、息子を思う父の歌声も炸裂!

小学生の頃に熱中し、今も愛してやまない「宇宙戦艦ヤマト」の

主題歌を歌った46歳の会社員は、

通販で買ったヤマトの戦闘服の柄のトレーナーを着て熱唱。

会場に来ていた1歳の息子さんの名前を呼んで会場はビックリ。

「やまと~、お父さん歌ったよ~!」とメッセージを送り、

大歓声に包まれました(笑)。

「よこはま・たそがれ」を歌ったJA職員の男性は、

東京で就職活動を頑張る息子さんにメッセージを送りましたが、

大分弁の言葉に会場は大爆笑。

私には、大分弁がわからず、?マークでしたが(苦笑)、

息子さんには父のエールはきっと届いたはずでしょう。

そして、印象的だったのは「昴-すばる-」を歌ったタクシーの運転手さん。

こちらのお父さんも、息子さんに「すばる」と名付けたほどこの曲が大好き。

16歳になったその息子さんは、幼い頃から難病を抱え、

今は寝たきりだそうです。

病気に負けるなと歌った歌声は優しく包み込むようで、

見事合格の鐘を鳴らしました。

お父さんの思いが鐘とともに届くといいですね~。

今回も、笑いと感動に包まれた素晴らしいのど自慢になりました。

大分・豊後大野市の皆さん、ありがとうございました!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:12:45 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2015年09月08日 (火)北海道 浦河町


DSC_0103.JPG

颯爽と!・・・とまではいきませんが、お馬さんとたわむれてきました。

今回は、北海道南部にある太平洋に面した浦河町におじゃましました。

海からの風の影響で夏は涼しく、

冬は北海道の中でも温かいという気候が馬には過ごしやすく、

浦河町はサラブレッド(競走馬)の繁殖・育成がとても盛んな町なんです。

DSC_0110.JPG

実は、私が乗っていた馬も、ハイエストフォースとい名前で

競走馬として活躍していたんです。

見てください、このしっかりとしたお尻!

毛並みもきれいですよね~。

馬の人生としては半分を過ぎた13才だそうですよ。

DSC_0055.JPG

私が取材で訪れたのは、浦河町にある競走馬の育成調教センターです。

なんと、東京の渋谷区とほぼ同じ広さ!

浦河町を含めた周辺の牧場で育った馬が、

ここで競走馬としての訓練を受けます。

その数、年間15万頭にのぼるそうです。

DSC_0046.JPG

こちらは、馬の走るタイム計測ができる、

全天候型の1000メートルの直線馬場です。

それ以外にも、1600メートルのトラック馬場、

2000メートルの直線馬場、

地形うまく利用した2400メートルの坂道の馬場と、

様々な訓練ができる馬場がいくつもあり、

そのスケールの大きさには本当に驚かされました。

00010004.JPG

この写真は、ここで訓練を受けG1レースで優勝した馬の数々です。

すごい数ですよね~。

しかも浦河町は、日本ダービーの優勝馬を全国一

排出している町なんです。

町にはサラブレッドを繁殖させる生産牧場や、

訓練を受けさせながら育てる育成牧場など、200もの牧場があり、

浦河町はまさにサラブレッドとともにある町だということが

よくわかりました。

DSC_0117.JPG

浦河町は太平洋にも面していますし、もちろん海の幸は美味しいんですが、

今回滅多に食べられないものをいただいたのでご紹介します。

これ、何だかわかります(笑)? お店の方は「コロ」と呼んでいました。

イカの内臓のお刺身です!

いったいどんな機能を果たしてる内臓なのかよくわかりませんが(笑)、

イカの塩辛にも使われてますから、

あの風味をイメージしていただければいいと思います。

ちょっと苦味があって、口のなかで溶けるように広がって、

私は好きですね~。ご飯にも、日本酒にも合いますよ。

さて、今回のど自慢では、北海道ならではのゲストにお越しいただきました。

のど自慢初出演の松山千春さんです!

島津亜矢さんとのダブルゲストが実現し、

250組が歌う予選会ではお二人の歌を歌う出場者が

本当に多かったんですよね~。

本番のトップバッターは、

北島三郎さんの「北の漁場」を歌ったトラックの運転手さん。

でもよく見ると、ピンクのシャツに真っ赤な作業用のズボンを履いたその姿は、

松山千春さんのデビュー当時の格好そのまま。

しかも頭はスキンヘッドで風貌もそっくり!

実は松山千春さんの大ファンだったんです。

番組冒頭で、その男性がトップバッターとして

千春さんの背後に立って準備していると、

すでに会場から笑いが起きていました(笑)。

しかも力強い歌声で合格の鐘が鳴り響き、千春さんとその男性は抱き合って大喜び。

いや~冒頭からボルテージが上がりました!

でも「そんなにファンなら何で俺の歌歌わないんだよ」と千春さんのコメントで

爆笑を誘いましたが、「北海道が誇る北島三郎さんの歌だから許す」と、

千春さんの優しさにも触れた素敵なシーンになりました。

今回は松山千春さんの「長い夜」「君のために作った歌」「君を忘れない」と、

3曲が出場者によって歌われました。

特に「長い夜」を歌った41歳の針灸マッサージ師さんは、

生まれつき目に障害があり、松山千春さんの歌を励みに頑張ってきたそうです。

3年前に長年付き合ってきた今の奥さんと結婚し、

ずっと支えてくれた奥さんに向けて歌いました。

その熱唱から、見事特別賞に輝きました。

また、「君のために作った歌」を歌った37歳の男性も見事、合格。

松山千春さんは「何だか若かった頃の自分を思い起こさせてくれたよ~」と、

初心を思い出させてくれたその歌声に感激されていました。

そして今回のチャンピオンは、サラブレッドの生産牧場を営んでいる

48歳の男性でした。

当時付き合っていた今の奥さんと結婚するため、サラリーマンを辞めて、

奥さんの実家の牧場を継いだそうです。

いつか活躍できるサラブレッドを自分の手で育てたいと、

夢を熱く語ってくれました。

いや~、本当に北海道でしかできないような、

北の大地にぴったりののど自慢になりましたよ。

番組放送後、戦後半年も経たないうちに始まったのど自慢について、

松山千春さんが「平和を願ってできた番組なんだよ」と、

客席に語りかけた言葉は本当に印象的でした。

番組が続いて70年。

ずっとのど自慢が続くといいな~と感じさせてくれた言葉でした。

北海道・浦河町の皆さん、素敵なのど自慢をありがとうございました~~~!

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:17:58 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2015年09月02日 (水)神奈川県 秦野市


hadano1.JPG
 
 
今回は神奈川の中西部にある、丹沢山系に囲まれた自然豊かな秦野(はだの)市に
行って参りました!
まずは秦野市で、引っこ抜いてきました~!
 
hadano2.JPG
 
何を引っこ抜いたかというと、落花生です!
秦野市でお暮らしの山口さんの畑におじゃましまして、
ご自慢の落花生を見せていただきました。
今がちょうど旬の時期を迎えていて、10月頃までが収穫期だそうです。
実は秦野市は、神奈川県内一の落花生の生産量を誇るんです。
落花生の出来に、山口さんもうれしそうですね~。
 
hadano3.JPG
 
地元の皆さんは、取れたての落花生を殻ごと塩ゆでにして食べるんですって。
お店で売っている落花生は煎った状態で販売されてるので、
実はもちろん堅いんですが、
山口さんが作った塩ゆで落花生は実がしっとり柔らかく、食べたら止まらない!
 
hadano4.JPG
 
パックに入ったこちらは「みそピー」。
乾燥した落花生の実を、味噌で和えながら煎っていきます。
最後に砂糖をまぶしてできあがり。
この「みそピー」がまた止まらない!!
香ばしくて甘辛くて、何とも言えない風味がたまらない!!!
ついつい手を伸ばして食べてしまいました。
 
hadano5.JPG
 
山口さん(前列右から2番目)のご家族やご近所さんと記念撮影。
山口さん、美味しい落花生をありがとうございました~。
 
hadano6.JPG
 
秦野の自慢は落花生だけではありません。
こちらは「秦野戸川(とかわ)公園」。
なんと東京ドーム11個分の敷地を持つ広大な公園なんです。
自然のままの綺麗な川「水無川」が流れていることから、
川遊びやバーベキューが楽しめ、休日は家族連れで大賑わい。
年間60万人が訪れるレジャースポットになっています。
丹沢山系の麓に広がる秦野市ならではの公園ですよね~。
東京から電車で1時間。
東名高速道路の秦野インターチェンジも近いですし、
ぜひ一度家族でいらっしゃってみてください。
 
さ~、今回ののど自慢は、放送時間を拡大して
スペシャルバージョンでお送りしました。
坂本冬美さん、そして、番組開始70年の応援企画に参加してくれている
SMAPの皆さんが5人全員そろっての出演ということで、
会場は冒頭から割れんばかりの大歓声でした。
 
しかも今回の出場者の皆さんは本当に個性豊か!
SMAPの皆さん、坂本冬美さんとの共演という“化学反応”もあって、
大いに盛り上がりました。
 
まずは、これまでにもスペシャルMCとして参加してされてきた香取慎吾さん。
いつも明るく楽しく番組を盛り上げてくれている香取さんですが、
今回は、出場者はもちろん、SMAPのメンバーのお話しも
上手に引き出してくれました。
さすが、香取さんです。ありがとうございます。
また、「瑠璃色の地球」を歌った23歳の女性、
実は、香取さんのファンだったそうで、
合格の鐘が鳴ると香取さんに抱きついて大喜び!
いい記念になりましたね~。
 
SMAPの「らいおんハート」を歌って合格した29歳の男性に対して、
「うまく歌われると困るんだよな~」とコメントしたのは、中居正広さん。
笑いを誘いながらも出場者を祝福するというコメント力、本当に脱帽です!
さらに、その男性に対して「その歌唱力が欲しい」とか、
「SHAKE」を歌い終えたところで、
「鐘2つ、鳴らなくてよかった~」いう赤裸々な(!?)発言に、
会場中が何度も大爆笑の渦に包まれました。
 
会場を温かい雰囲気にしてくれたのは、草彅剛さん。
「長崎は今日も雨だった」を歌った75歳の男性が、
結婚45年の記念に奥様のためにと熱唱したのですが、
演奏に関係なくマイペースで、とにかく先へ先へと歌うもんですから、
なんと結果は鐘が1つ!
でも、草彅さんの「演奏を引っ張ってリードするように歌ってましたね~」という
見事なフォローの言葉に、大きくうなずく演奏者のみなさん。
「のど自慢」らしい素敵なシーンとなりました。
 
稲垣吾郎さんが「心に染み渡るような歌声でしたよ」と
率直に感動を表現されていたのは、
「さとうきび畑」を歌ってチャンピオンになった
9歳の息子さんを持つお母さん。
子供にとって平和な未来が続いて欲しいという、
願いを歌に込めたとのお話しに聞き入る、
稲垣さんの表情が印象的でした。
 
そして、出場者や客席に寄り添いながら、
「のど自慢」を存分に楽しんでくださったのが、木村拓哉さん。
特に、社交ダンスを踊りながら長渕剛さんの「乾杯」を歌い、
会場を盛り上げてくれたお二人が鐘二つだった時には、
鐘の秋山気清さんのもとに、駆けつけていました!
秋山さんが鐘の数を決めているわけではないことはわかりつつも、
「鐘三つ、鳴らしほしい」という思いをストレートに表現されていました。
そんな木村さんを見ると、
「この人は、鐘いくつなんだろう?」とハラハラ、ドキドキ、
さらにその結果に一喜一憂しながら楽しむのが、
のど自慢の原点なんだなぁ、と改めて感じてしまいました。
 
今回は、感動を誘うシーンが多かったのも特徴でした。
2年ほど前に、病気のために片足を切断し、
現在、義足を使っている女性は、坂本冬美さんの「風うた」を歌われました。
杖をつきながらも、しっかりとそして情感豊かな歌声で歌い上げ、見事合格!
その方は、地元の障害者の会に参加しはじめてから友達が増えて、
今が人生の中で一番楽しいとおしゃっていました。
前を向いてお話しになるその姿に、坂本さんも涙を浮かべながら、
笑顔で応えていました。
 
今回は22組の出場者のみなさんと共にお送りしました。
ゲストの皆さんが本当に盛り上げてくださった回でしたが、
やはりその中心で「明るく楽しく元気よく」、光輝いていたのは、出場者のみなさんでした!
神奈川県・秦野の皆さん、本当にありがとうございました~~!
 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:14:10 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2015年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バックナンバー


RSS