2015年2月23日

2015年02月23日 (月)大分県 中津市


2015022110470000.jpg

唐揚げといえば!

ここ数年の内に「中津からあげ」が有名になりましたよね~。

今では唐揚げの聖地とまで言われるほどになりました、

大分県中津市が、今回の会場です。

2015022110130000.jpg

と、唐揚げばかり押してる場合じゃありません!

中津には、あの黒田勘兵衛が築城した中津城があります。

そもそも中津市の市街地は、この中津城の城下町として栄えました。

勘兵衛が町の区割りを考え、その区割りを今に残しながら道路が

舗装されているんですって!

2015022109320002.jpg

国の名勝だってあります。

「耶馬溪(やばけい)」という景勝地です。

大昔の火山活動でできた岩が雨や川の流れで浸食されて

今のような景色になったそうです。

写真の川が「山国(やまくに)川」で、

上流や中流のいたるところで、

こうした断崖絶壁や珍しい形の岩が見られます。

紅葉の時期は本当にきれいだそうですよ~。

2015022110450000.jpg

とは言え、中津の唐揚げにはやっぱり驚くことばかり!

この箱詰めされた唐揚げの量を見てください。

これ1キロあります。このお店では2キロ用の箱もありました。

地元の皆さんは「箱買い」されるんですって。

市内に60以上もの唐揚げ店があり、それぞれ下味が違うので、

地元の皆さんお好みの唐揚げ店があるそうですよ。

この唐揚げは塩とニンニクで味付けされていました。

いや~、ホントにうまいっス!!

外はカリッカリで、中はジューシー。

東京で食べる唐揚げと全然違うんです!

2015022111180000.jpg

取材の後、別のお店で唐揚げ弁当買って食べました。

こちらの下味は醤油ベース。これもまたいけるんすよ。

箱買いする気持ちも分かりますね~。

差し入れに、おもてなしに、子供の運動会にと、

箱で買ってみんなでつつく唐揚げは美味しいに決まってますよね~。

さー、唐揚げが大好きな町、中津市ののど自慢は、

様々なキャラクターの持ち主が笑顔いっぱいに盛り上げてくれました。

別々に予選会に出場した親子が共に20組に選ばれるという快挙があり、

お母さんが「じょんから女節」、連続して息子さんが「古い日記」を歌い、

ま~元気のいいお二人が会場を湧かせました!

フィリピンやポーランドから来日し、それぞれ日本人男性と結婚し家族を

もうけた女性もいましたよ。

フィリピンの方は八神純子さんの「パープルタウン」を歌い、

パワフルな歌声で合格。

ポーランドの方は、自分の人生と重ねるように、

朝ドラ「マッサン」の「麦の歌」を歌い、合格。

お二人とも日本で幸せなお暮らしをされているそうです。

とにかく聞いている人を笑顔にしてくれる出場者ばかりて、

楽しいのど自慢になりました。

中津の皆さん、笑顔をありがとう!

2015022216350000.jpg

放送終了後・・・

お昼ご飯食べてなかったので、のど自慢の余韻に浸りながら、

大分空港で食べちゃいました、唐揚げ(笑)。

もう癖になりそう・・・。
 

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:13:48 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2015年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

バックナンバー


RSS