2014年10月28日

2014年10月28日 (火)山口県 長門市


2014102615300000.jpg

「こだまでしょうか」の詩でも有名な金子みすゞさんを背景にパチリ!

大正から昭和初期にかけて、多くの詩を残し活躍した、

金子みすゞさんの故郷、山口県長門市が今回の会場です。

2014102615220000.jpg

長門市の仙崎という地域には、みすゞ通りという名の通りがあり、

その通りに面して「金子みすゞ記念館」があります。

長門市の仙崎は、もともと捕鯨や漁業で栄えた町で、

金子みすゞも、鯨や魚にまつわる詩を残しています。

みすゞの詩を通じて、長門市の文化を知るのもいいですね~。

2014102510090000.jpg

続いても長門市の「名物」をご紹介します。

まず、こちらは「えそ」と呼ばれる魚です。

写真はレプリカですが、体長が30センチほどあります。

この魚からなにができるかというと・・・

2014102510040000.jpg

きれいなプリップリのかまぼこ!

「えそ」は小骨が多いことから、古くから練り物の原材料として活用されてきたそうです。

こちらのかまぼこ、とにかく歯応えのあるんです!かむと跳ね返されるほどの弾力性!

でも、しっかりかむと、魚の風味が口一杯に広がります。

2014102510000000.jpg

老舗のかまぼこ屋さんにお邪魔して、作業場を覗かせていただきました。

長門市のかまぼこの特徴は、蒸すのではなく、「焼き抜き」という作り方にあります。

大きなライトが敷き詰められていますが、この上に、板に乗ったかまぼこを、

最高80度の温度で、下から熱を加え、焼いていくんですって。

2014102418460000.jpg

海の幸が豊富な長門市、もちろん新鮮なお刺身も絶品!

その刺身にそえられていたのが、柑橘類の「ゆずきち」です。

地元のみなさんは、しょうゆに果汁を垂らしてお刺身をたべるそうで、

ま~爽やかな風味がお刺身をいっそう引き立てて、非常に美味しかったです!

いや~長門市は本当に名物が多いですね~!

さー本番ののど自慢は、港町ならではの賑わいを、

出場者の皆さんとお客様が作ってくれました。

チャンピオンに輝いたのは、

アメリカから山口県にやってきて8年の黒人女性でした。

とにかく体か大きくてびっくりしましたが、着物を着て頭に花飾りをつけて

「川の流れのように」歌い上げました。

ゴスペルの経験があるそうで、声の厚みはさすがでした。

今は中学校で英語を教えているそうで、大好きになった山口への感謝を歌にしたそうです。

そして特別賞は94歳の男性!ゲストの水前寺清子さんの「三百六十五歩のマーチ」を

拳を振り上げ力強く歌いました。

年がら年中歌っているそうで、「他に水前寺さんの歌は歌わないんですか?」と聞いたら、

いきなり「いっぽんどっこの唄」を歌い出し、会場は沸きに沸きました。

笑いの絶えない長門市からののど自慢でした。

長門市の皆さん、ありがとうございましたー!
 

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:17:06 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2014年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー


RSS