2013年8月

2013年08月27日 (火)茨城県 常陸大宮市


omiya1.jpgこの時期美味しい川魚といえば、鮎ですよね~。塩焼きにするとたまりません! この鮎が最盛期を迎えているのが、今回の開催地、茨城県の常陸大宮市です。市内には、那珂川と久慈川という清流が二つ流れていまして、鮎の収穫も全国トップクラス。鮎の漁場としても有名なんです。この時期は身が引き締まっていて食べ甲斐があります。大きいものは25センチにもなるんだとか。この辺りは蕎麦も有名でして、蕎麦をすすりながら鮎を楽しむことをお奨めしますね~。 omiya2.jpg私が取材した日には、ちょうど鮎祭りが久慈川沿いで開かれていました。鮎のつかみ取りをしたりしながら楽しめるお祭りですが、そのかたわらに、何と和紙を作れる体験コーナーが!もちろん挑戦しましたよ~。実はこの常陸大宮市、和紙の生産地としても有名なんです。原料となる良質の楮(こうぞ)が採れ、しかも水のきれいな清流があるとあって、昔から和紙がつくられていました。その質の良さから水戸藩御用達だったんです。昔ながらの製法で和紙を作るお店は市内に二軒しか残ってないそうです。omiya3.jpg

その和紙のお店にもいって参りました。白い和紙だけでなく、見た目にも美しいカラフルな和紙もありました。中には和紙で作ったカバンや財布、置物などもあり、その手触りと風合いが何となく気持ちを和ませてくれます。

私は以前水戸局に赴任していたこともあり、常陸大宮市も何度か訪れたことがありました。川が流れる山間の町は日本の原風景。そこで暮らす人々も本当に温かい方ばかり、なんですが! のど自慢の出場者の皆さん、まぁ~キャラクター豊かな方ばかり(笑)。高校一年生から、今回は92歳まで! 皆さんと一緒の生放送は楽しくて仕方がありませんでした~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:16:48 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2013年08月27日 (火)宮崎県 西都市


saito1.jpgう~~マンゴー! って感じでウキウキするくらい美味しい果物が特産品の、宮崎県西都市にいって参りました。この艶のあるオレンジ色。とにかくジューシーで甘いこと! 西都市のマンゴーは、完熟マンゴーと言って、ブドウと同じくらいの甘さを備えてるんですって。特に甘いものは糖度が17度を超えるんです。 

saito2.jpg収穫は春から夏にかけてで、私がお邪魔した頃には既に収穫が終わってました。地元農家に取材に出掛けると、1個だけなっていたので写真をパチリ。吊るされたネットの中にマンゴーがなっていますが、完熟するとポトリと枝から落ちるんですって。一番美味しい完熟のマンゴーを傷つけないための、農家さんの工夫ですね~。お見事!saito3.jpgそして西都市と言えば、これなんです。古墳! 何と西都には、300以上もの古墳が築かれていまして、その数は日本最大級。「西都原(さいとばる)古墳群」と言って、4~7世紀に作られたそうです。土で盛っただけのものから、長さ80m程のもの、円墳に前方後円墳と、大きさも形も様々。この古墳群を見に、年間100万人が訪れるそうです。また地元の皆さんが、古墳の回りに季節の花を沢山植えるそうで、そうした景色も、観光客が沢山訪れる理由ですね。

マンゴーといい、古墳といい、地元の皆さんの熱意に敬服です!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:16:34 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2013年08月27日 (火)福島県 南相馬市


souma1.jpgどどーんと、お馬さんの登場です。この馬、競馬好きの人なら馴染みのある馬です。2002年、あの皐月賞を勝ち取った馬、ノーリーズンです!なぜこの馬がのど自慢のブログで紹介されるのか…。実は、ノーリーズンは今回お届けした福島県南相馬市で今は過ごしているんですね~。競馬で活躍した馬が、結構南相馬で余生を送っているんですよ。馬たちが活躍するのは、夏に開かれる「相馬野間追(そうまのまおい)」です! 千年もの伝統を誇る、地元で最も盛り上がるお祭でして、今年は400騎もの騎馬が登場し、戦国武将さながらに人馬一体となって駆け抜けていく勇壮なお祭りなんです。 souma2.jpg地元の皆さんが馬に乗るときに纏うのが、こちらの甲冑。私、甲冑の前で思わず正座してしまいました。甲冑ってかなり重いんですよね~。夏場これを着て走り回るとなると大変ですよ。でも、そんな勇猛果敢な姿に、地元の女性も憧れるんですって。 souma3.jpg

今回、野間追について色々お話を聞かせていただいたのが、中ノ郷騎馬会の皆さんです。野間追がいかに地元の皆さんにとって大切で愛されているかがよくわかりました。皆さん、ありがとうございました!南相馬でののど自慢では、野間追の前夜祭のイベントで歌われる「相馬盆唄」で出場された84歳の女性の方もいらっしゃいました。会場のお客さんも一緒に合いの手を入れる盛り上がりっぷり。まだまだ復興には時間がかかりそうな南相馬で、地元の皆さんの力が溢れる歌声と元気の良さに感動しました!南相馬の皆さん、ありがとうございました!

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:15:48 | 固定リンク


2013年08月26日 (月)愛知県 豊川市


 

toyokawa1.jpgのサムネイル画像

商売繁盛を祈願するならこちら、豊川稲荷ですよね~。今回は愛知県の豊川市におじゃましました。日本三大稲荷として有名な豊川稲荷は、室町時代に作られ、地元の皆さんからの厚い信仰を集めました。正月三が日には100万人の人出で賑わうそうです。 toyokawa2.jpg豊川稲荷でぜひ見ていただきたいのがこちら。霊狐塚(れいこづか)です。本堂の裏手を歩いていくと、沢山の狐が迎えてくれます。奉納された狐の数は把握しきれないそうで、いかにこの稲荷が愛されているかが分かりますtoyokawa3.jpgそして、豊川稲荷の門前町で昔から食べられてきたのが、いなり寿司ですね~。とにかくこちらのいなり寿司は変わり種が多いんです。写真のいなり寿司は、左から、おから、わさび、大根がネタになってます。形もネタに合わせて作られてます。もちろん、味噌かつやウナギが乗ったいなり寿司もありますよ。「豊川いなり寿司」というネーミングで、ご当地グルメとして全国にピーアールしているところなんですって。このいなり寿司を食べて予選会に向かいました。力がみなぎりましたよ~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:16:52 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2013年08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー


RSS