2013年7月

2013年07月29日 (月)北海道 根室市


NEMURO1.jpg北海道根室と言えば、これでしょ!今回は、サンマの水揚げが日本一の漁師町、根室市からののど自慢です。予選会が始まる土曜日のお昼までに、いつも町の取材に出掛けているんですが、根室は今、カニづくしでした。花咲ガニですよ~! 根室近海で非常によく獲れるそうで、この7月から漁が解禁され、今が旬です。なぜ花咲ガニと言われのか…。 NEMURO2.jpg

写真のように、茹でると一気に真っ赤になるんですね~。花が咲いたように赤くなることから、その名がついたと言われているんです。たらば蟹のようにダイナミックなカニではありませんが、とにかく身がムッチリしていて、濃厚なお味はカニ好きにはたまらないそうです。9月には、さんま祭りやかに祭りが開かれるそうです。是非皆さん、これからの季節、涼しさと海の幸を求めて根室はどうですか?NEMURO3.jpgそして根室と言えばこの風景。写真がボヤけているようにも見えますが、夜霧です! 土曜日の予選会が終わった後の、夜9時くらいだったかな~。街灯や車のヘッドライトが霞むこの感じ、素敵ですよね~。翌日の根室も霧が出たり霞んだりの1日でしたが、やはり漁師町!20組の出場者の皆さん、ま~元気のいいこと。それぞれのキャラクターが際立ったのど自慢になりましたよ~。

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:17:39 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2013年07月22日 (月)大阪府 貝塚市


丸々太ったナス! このナスが特産の、大阪府貝塚市に行ってまいりました。写真のナスは水ナスと言われているもので、最近東京のスーパーでも見かけるようになりましたが、食べたことあります?名前の通り、非常に水分が豊富で果物のようにジューシーなんです。地元では5~6月が旬ですが、夏が最盛期で、今は収穫で一番忙しい時期なんだそうです。もちろん煮ても焼いても美味しいんですが、糠漬けや浅漬けにするとみずみずしくて最高です。地元の皆さんは、一度煮立てた後、冷蔵庫で冷やしてしょうが醤油で食べることが多いんだとか。ぜひジューシーなナスの味を試してみてください。 Kaizuka2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kaizuka1.jpgそしてもうひとつ、特産品として有名なのが、900年もの昔から作られてきた、伝統工芸品の「和泉櫛(いずみぐし)」です。つげの木で作られていて、髪の毛が痛む原因の静電気を防いでくれるとあって、髪や地肌に非常に優しいんですって。最近はインターネット上で評判が広がって、10代や20代の若い女性にも大変人気だそうですよ。母の日や奥さんの誕生日プレゼントに喜ばれそうですね。今回ののど自慢も、様々な曲が飛び出し、五木ひろしさんも驚く、美空ひばりさんの隠れた名曲も歌われました。貝塚もやはり大阪、出場者の皆さんおしゃべりが達者で、大変盛り上がりました!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:16:20 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2013年07月16日 (火)山梨県 富士吉田市


P1000652.jpgこの山の稜線、見覚えありますよね、皆さん。先月、世界遺産に登録された富士山です! 見事に左右対称、綺麗な輪郭の富士山を拝めるこちらは、山梨県の富士吉田市です。夕方の富士山も、素敵ですね~。P1000659.jpg地元の北口本宮冨士浅間神社の裏手にあるこの鳥居を抜けると、4つある富士山の登山道の一つ、吉田口登山道につながります。吉田口登山道は一合目から歩いて登れる唯一の登山道なんですって。平安時代から続く昔ながらの一本道には、様々な文化財を見ながら歩けるそうで、一合目から挑戦される登山者も多いんだそうです。この先をずっと歩いていくと、富士山が顔を見せてくれる瞬間がやって来るわけですよね~。感動するんだろうな…。私、まだ登ったことないもんで(汗)、一度は登りたいですね~。  

P1000661.jpg少しでも富士山にあやかりたい! あやかれるのかどうかわかりませんが(苦笑)、富士吉田市の名物、「吉田うどん」を食べました! このうどん、麺が非常に噛みごたえがありまして、醤油と味噌を合わせたお汁で美味しいんです。具は馬肉にキャベツに油揚げが定番。もともとは、地元で盛んに行われていた機織りをする女性のために、男性が作る男料理だったそうです。確かに男でも手早く作れそうなガッツリ系のうどんですよね。なぜ富士山の麓でうどん?と思っていたんですが、ちゃんと歴史があるんですね~。今回は、この「吉田うどん」を食べて予選会の面接に臨みました。うどん食べたよ~とお客様に話したら、拍手で返されました(笑)。富士山とうどんを愛する富士吉田の「のど自慢」の本番は、高校生から95歳の出場者で、今回も盛り上がりました~!

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:17:38 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2013年07月08日 (月)鳥取県 境港市


sakaiminato1.jpg大きな丸い石! どこかで見たことありませんか? そうです、目玉おやじです。もちろん「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクター。今回お邪魔したのは、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、漫画家水木しげるさんの故郷、鳥取県境港市です。境港駅前からから、水木しげるロードという通りがあり、その通りを歩くと150体以上の妖怪がブロンズ像となって迎えてくれます。梅雨時で雨が降るなかでも、沢山のお客さんが妖怪と戯れていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sakaiminato2.jpg

境港が水木しげるさんの故郷というのは、朝ドラ「ゲゲゲの女房」で随分知られるようになりましたが、実は日本海側では有数の漁港がある港町でもあるんです。港のそばには水産物の直売センターもあり、新鮮な魚や水産加工品が沢山売られていて、目移りしちゃうほど。ここで意外な事実を知らされました。なんと境港は生のクロマグロの水揚げ量が日本一! 知ってました? 日本海にもクロマグロは回遊していて、6月から水揚げが始まり、今くらいが脂の乗りもよく旬なんですって。

sakaiminato3.jpg

で、試食用のクロマグロをいただきました! いやいやいや~、脂乗りまくり! とろける美味しさ。日本海にマグロというイメージがなかった私はびっくり!本当に美味しかったです。今、生のマグロを食べるなら、境港に直行ですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:13:11 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


2013年07月01日 (月)岐阜県 下呂市


GERO1.jpg

岐阜県下呂市に行って参りました。下呂市と言えば、年間100万人を越える宿泊客が訪れる、下呂温泉! 温泉街は川が流れ、柳が緑を増し、お湯だけでなく、気持ちも洗われる、非常にきれいな町並みでした。もちろん温泉も気持ち良かったですよ~。アルカリ性の単純泉で、お肌がスベスベになる美人の湯としても有名ですよね。

 

GERO2.jpg

 

 

こちらが湯元です。1日7000リットル湧き出すんだそうです。ここから下呂温泉にある58軒の温泉宿に、3000リットルのお湯が分配されるんですって。温度は55℃!結構熱かった~。

 

 

 

 

 

GERO3.jpg下呂市を流れる飛騨川の河原です。こんなところに露天風呂が! 水着で入れるそうです。いやいやいや~これは気持ち良さそう。水着持ってきてたら入ってましたね~。温泉街を歩くと、至るところに足湯もあり、どちらも無料で入れます。色々紹介したいものが沢山あったんですが、やっぱり下呂は温泉ですな~!

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:14:39 | カテゴリ:小田切アナの~のど自慢でたび自慢~ | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2013年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー


RSS