2020年02月03日 (月)

滋賀県 近江八幡市


 

1omi.JPG

これがこんにゃく!?

そうなんです!

滋賀県でこんにゃくと言えば

この赤こんにゃく

逆に滋賀県民からすると

あの灰色のこんにゃくを見ると

「なんで赤くないの?」と驚くそうですよ

今回はのたび自慢は

琵琶湖の東側に面した、滋賀県近江八幡市です!

 

2omi.JPG

市内を走るJR琵琶湖線の安土駅前では

戦後武将の織田信長像が出迎えてくれます

近江八幡市は

信長が「安土城」を築城した場所でもあり

地元の皆さんにとっては英雄なんです

 

3omi.JPG

2017年に新しくなった安土駅

安土城の天主閣をイメージした

八角形の塔が設けられました

明智光秀を主役にした

大河ドラマ「麒麟がくる」が

スタートしたこともあり

安土城のある近江八幡市は

ますます注目されるでしょうね~

 

4omi.JPG

八角形の塔の壁面に描かれた安土城!

 

5omi.JPG

塔の壁面には

標高199メートルの安土山に築かれた

安土城の当時の様子が

再現されていて見応えがありますよ~

熊谷ディレクター

上りたくてしょうがないみたいですね~(笑)

実はこの石垣が今も残っています!

続いては安土城跡に直行!

 

6omi.JPG

と、、、その前に、安土駅の観光案内所で

地元の方が厚紙で作った精巧な冑を被って

テンションアゲアゲの熊谷くん

 

7omi.JPG

さ~っ、こちらが安土城の石垣です!

八角形の塔に描かれていたのが、まさにこの階段

安土城は1579年に完成したと伝えられていますが

その3年後には本能寺の変が起こり

その後、天主などの建物は焼失してしまいます

平成元年から復元作業が行われ

当時の石垣を組み直して整備したそうです

 

8omi.JPG

私が立っているのは

階段の中断左手にある羽柴秀吉邸跡です

信長と秀吉が、この場所を起点に

天下統一に向けて邁進していたんですね~

こうした石垣を組んだ天主閣を備えた城郭は

その後のお城の建築に大きな影響を与え

城郭建築の模範になっていったそうです

 

9omi.JPG

時間の都合で頂上まで登れませんでしたが

中腹からの眺めは最高です

現在人口8万の近江八幡市は

この安土城の築城をきっかけに

商業の町としての歴史を積み重ねていきます

 

10omi.JPG

場所は変わって

安土城跡から西へ5キロほど移動した「八幡掘」

信長亡き後、今度は豊臣秀次(秀吉の姉の子)が

八幡山城を築いて、この地を治めます

安土や近隣から住民を集めて新たな城下町を作り

商業都市としての礎を築きました

当時の町並みを今に残した八幡掘は

ドラマや映画のロケ地としても活用され

観光地としても大人気

 

11omi.JPG

八幡掘周辺には

名物の「近江牛」を食べられるお店もたくさんあります

赤こんにゃくも乗った、彩り豊かな近江牛の牛丼!

 

12omi.JPG

近江牛はサシが細かく入った霜降りですが

脂の口溶けがよくて

私のようなオジサンでもさっぱり食べられました

明治時代にこの近江八幡市から

良質の牛肉が東京に出荷され

「近江牛」の名が広く知れ渡ることになるんです

 

見どころたくさんの近江八幡市

大河ドラマ「麒麟がくる」を見たら

近江八幡市に行きたくなりますよ~~~(笑)

 

投稿者:小田切アナ | 投稿時間:14:46 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2020年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

バックナンバー


RSS